緊急引退特番!男・金本知憲覚悟のとき 2012年10月14日放送回

放送日 2012年10月14日(日) 12:35~14:00
放送局 よみうりテレビ

番組概要

オープニング (その他)
12:35~

きょうは「男・金本知憲覚悟のとき」を放送。

金本知憲がスタジオに登場。引退後について金本知憲は、トレーニングをしなくて良いので気楽だが、寂しい気持ちとホッとしている気持ちがあると話した。

緊急引退特番!男・金本知憲覚悟のとき (バラエティ/情報)
12:37~

11月18日に阪神甲子園球場で開催予定の「阪神×巨人OB戦」のお知らせ。

2012年9月12日、金本知憲は10日間悩んだ末、この日に引退会見を行った。会見では涙ながらにファンへの想いを語った。番組はこの日から残された19試合に密着した。

9月14日~16日、阪神タイガースはジャイアンツとの3連戦を行った。16日には東京ドームでの現役最後の試合を行い、金本の3連戦初のスタメンにスタンドが沸いた。4回には投手・宮國椋丞と対戦し金本はホームランを放ち単独10位を記録した。

金本は1991年、広島カープにドラフト4位で入団、当時体重80キロに満たない華奢な体格だった。金本は自らの肉体改造に取り組み、6年目でホームラン数30本を超えチームの主軸となった。阪神移籍後、2005年には40本を突破した。

金本知憲は、身体を大きくしないと1軍には上がれないと考え、身体を大きくしているうちに3年の後半だけで14本のホームランを放った。2003年に行われた日本シリーズ第4戦の時に放ったホームランが一番印象深いと話した。

ジャイアンツとの3連戦が終わった9月17日、阪神タイガースは甲子園球場で横浜DeNAベイスターズと対戦した。先発マウンドには金本とプロ同期の横浜・三浦大輔が立っていた。入団2年目、金本は三浦と対戦した際に放ったホームランが第一号だった。

9月21日~23日、中日との3連戦を行った。金本は常々、中日との対戦はキャッチャー・谷繁元信捕手との戦いだと思っていた。2人は20年間対戦しており、レギュラー前から腹の探り合いをしていた。また、中日・岩瀬仁紀投手も金本と数々の勝負を繰り広げてきた。岩瀬投手はかつて死球により金本の左手首はく離骨折を負わせてしまったが、金本は翌日の巨人戦では右手だけで2本のヒットを放ち鉄人伝説を作り上げた。

金本知憲は、怪我をしたまま試合に出たので怪我の治りが遅くなり、それにより打率が下がったことを考えると勿体無かったと話した。赤星憲広は、金本は骨折したあと弱音を履くどころか、片腕でも打てるバットを探していたと話すと、金本は監督に出ろと言われていたと話した。

打撃のイメージがある金本だが、守備のイメージもある。中でも拘りがあるのがホームでランナーを刺す捕殺プレーだった。

赤星憲広は、金本が広島から阪神に移籍してから肩が強くなったと話した。これについて金本は、それは意識の違いで甲子園球場は広島市民球場より広かったので、大きく投げることを意識したと話した。

9月25日~28日、神宮球場でヤクルトと4連戦を行った。26日の2戦目に通算476号を放ち、長嶋茂雄の通算打点記録にあと1と迫った。神宮での最終戦は東京でのラストゲームだった。

9月30日、この日の試合前、金本は元広島カープ監督・故三村敏之氏の墓参りを行った。故三村敏之氏は3年前の11月に61歳の若さで他界した。

このあと、故郷・広島ラストゲーム

キーワード
阪神
巨人
阪神×巨人 OB戦
阪神タイガース
ジャイアンツ
宮國椋丞
広島カープ
横浜DeNAベイスターズ
三浦大輔
中日
谷繁元信捕手
岩瀬仁紀投手
広島市民球場
ヤクルト
故・三村敏之氏

緊急引退特番!男・金本知憲覚悟のとき (バラエティ/情報)
13:05~

9月30日、金本はマツダスタジアムで古巣カープとの試合に臨んだ。金本はカープのルーキ野村祐輔投手と対戦、ヒットを放ち先輩としての面目を守った。試合後、ホテルにはファンたちからの花束が届けられた。

キーワード
カープ
阪神タイガース
野村祐輔投手

緊急引退特番!男・金本知憲覚悟のとき (バラエティ/情報)
13:11~

このあと、金本知憲の素顔に迫る。

10年前の2002年11月、金本は星野監督の説得に応じ阪神タイガースに入団した。2009年オフの時にはテレビ番組の取材で移籍当時、説得された場所を紹介した。金本を慰留した当時のカープ監督・山本浩二氏は、広島でのスタイルを阪神でも貫き通していたと話した。

赤星憲広は金本が阪神に移籍してきたことについて、金本が移籍してきたことにより後輩やスタッフたちと食事に行くようになったのが一番変わった部分だと感じたと話した。この話に関して金本は、チーム人たちの本音が聞きたかったから様々な人を誘ったと話した。

キーワード
阪神タイガース
旧広島市民球場

緊急引退特番!男・金本知憲覚悟のとき (バラエティ/情報)
13:23~

金本は周りから「兄貴!兄貴!」と呼ばれているが実は4人兄弟の末っ子。そんな金本の普段の素顔を紹介。新井貴浩が練習している最中にこっそりチャチャを入れたり、ドッキリ企画に出演するなどユニークな一面を持っている。

ココリコ・遠藤章造は金本について「金本さんが野球をやっている時代に野球を没頭して見れて、幸せだったと思っている。」と話し、金本の引退を労った。

キーワード
新井貴浩

緊急引退特番!男・金本知憲覚悟のとき (バラエティ/情報)
13:28~

2年前の2010年、金本は度々奇妙なスイングを見せていた。この時、金本は右肩直上筋断裂を起こしており、開幕前の守備練習で肩を強打したのが原因だった。医師からは手術を勧められていたが、スポーツ選手として復帰した例はなく戸惑っていた。不安を抱えながら強行出場を続け、2010年4月17日の試合を最後に連続試合フルイニング出場がストップした。

金本は最後の3年間について、人生全体で考えると苦しみは後から生きてくるが、やっている時はマスコミなどから好き放題言われて恥さらしをされている気分だったと話した。

その年のオフは日常生活にも支障をきたす痛みが続き、「トレーニングクラブ アスリート」でのトレーニング中には何度も顔を歪ませた。この時の状況を金本は「腕は上がらなし、夜は眠れないし、もう駄目なんだろうなと思った」と語った。

キーワード
右肩直上筋断裂

緊急引退特番!男・金本知憲覚悟のとき (バラエティ/情報)
13:36~

このあと、10.9 ラストゲーム。

2011年ペナントレース開幕日。自宅を訪れる。神棚にお供え物を上げる肩が痛々しい。不安を抱えての開幕。全盛期には遠く及ばず他人が野球をしているようだった。前半戦終了後、金本は本音を漏らす。「自分の思うところにバットはいかない、守りでも行きたいところにいけない」「せめて納得行く動きをして辞めたい」と語った。2011年はレギュラー定着後最悪の成績に終わる。覚悟の時が来た。9月12日現役引退を発表。

金本知憲の引退を覚悟したエピソードをスタジオで話す。不調の3年間さえなければ良い選手のまま終われた。しかし、この3年間があったことで少しでも勇気を与えることはできたかなぁとも思うと話した。

金本が慕っている広島入団時代の恩師、山本一義氏からのメッセージ。「野球人生に区切りをつけることができたのはめでたいこと、まだやりたい気持ちはあっただろうが、けがに勝てない自分の弱さは嫌だったんだと思う。君は控えでやったんじゃない、レギュラーでやってきたんだ。だから胸を張りなさい」「金本が決心したということはチームを思ってのこと、非常に英断だったと思う」と語った。

恩師、山本一義氏からのメッセージを受けてスタジオトーク。監督に自分を推してくれて影で支えてくれていたのが山本一義氏だという。こいつはモノになるから使えをずっと監督に売り込んでくれた。

キーワード
山本一義氏
広島カープ

緊急引退特番!男・金本知憲覚悟のとき (バラエティ/情報)
13:45~

金本知憲は引退を発表してからも、試合への気持ちは変わらなかったとコメントした。さらに、優勝の夢は後輩に託したと話したことや、自分自身にとって野球がどんな存在であったのかなどを語った。

金本知憲にとってラストゲームとなる10月9日の試合前に、現在の心境などを聞いた。そして、金本知憲が最後の試合の終わり方として、自分の理想を語った。

10月9日、金本のラストゲーム。阪神対横浜DeNA戦。甲子園を埋めた4万7千のファンの目がたった一人の主役に集まる。そんな中、金本知憲が第3打席で通算2539本目のヒットを放った。さらに、盗塁も成功。最後になるかもしれない第4打席はキャッチャーフライに終わり、これが甲子園の左バッターボックス最後のフルスイングとなった。そして3点リードで迎える最後の守備を終え試合は3-0で阪神の勝利。兄貴らしいラストゲームに拍手は鳴り止まなかった。

ラストゲーム終了後、引退会見を行った。「甲子園の左バッターボックスでフルスイングすることはもうない。ダイヤモンドを必死に走ることもボールを必死に追いかけることもない。正直言って寂しい。」と話し、最後に「夢をありがとうございました」と深く一礼をした。そして「野球の神様、ありがとうございました」と締め、笑顔で場内を1周。チームメイトに胴上げをされ、金本は野球人生に幕をを閉じた。

キーワード
横浜DeNA
阪神
阪神タイガース

告知 (バラエティ/情報)
13:58~

11月18日に阪神甲子園球場で開催予定の「阪神×巨人OB戦」のお知らせ。

キーワード
阪神
巨人
阪神×巨人 OB戦
  1. 10月14日 放送