ナカイの窓 お笑い事務所SP

『ナカイの窓』(ナカイのまど)は、日本テレビ系列で2012年10月11日から2019年3月27日まで、水曜日の『プラチナイト』枠で放送されていた心理トークバラエティ番組。カタカナではあるが中居正広の冠番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年12月20日(水) 10:25~11:25
放送局 よみうりテレビ

番組概要

お笑い事務所SP (バラエティ/情報)
10:25~

中居正広がオープニングの挨拶、ゲストMCの陣内智則を紹介した。

今回は「お笑い事務所SP」。コカドケンタロウやナイツら、有名お笑い事務所4社の芸人がゲストとして登場した。

ワタナベエンターテインメントからコカドケンタロウとブルゾンちえみが登場した。ブルゾンちえみを知らないという中居に、ブルゾンは「人生、損してる」と独特の言い回しを披露。ネタの中でブルゾンが振り返って発するオチの言葉を予想し、ナイツ・塙のヒントを元に「36億」と近い数字を言い当てた。

浅井企画からは天野ひろゆきとみやぞんが登場した。みやぞんのキャラクターに、天野は「キャイ~ンと変わらない。デビュー当時の感じを思い出した」と笑いを誘った。

マセキ芸能社からはナイツが登場。前回、塙が一緒に出演したビッグボーイズ・なべかずお師匠の出演後について、「露骨に天狗になった。全部、計算だったと言い始めてる」と報告した。

サンミュージックからはダンディ坂野と小島よしおが登場した。ダンディ坂野は、織田裕二や天海祐希と同じ50歳になったと紹介した。

所属する事務所の良いところを紹介する。まずは事務所のホームページで所属芸人を確認。浅井企画には小笠原ミニ大というモノマネ芸人がいた。続いて、天野は浅井企画の良いところは「変な人でも入れちゃう」ところだと話す。みやぞんは吉本で笑いの勉強をしようとしていたが、元踊り子で前座として活躍するなどお笑いに通じていた母親に「笑いは学ぶものじゃない。訓練しても成長しない」と説教されたと明かした。さらに、良いところは人が優しいところだと話し、最高月収も明かした。

まずはマセキ芸能社のホームページで所属芸人を見た。続いて、塙は事務所の良いところとして、「芸人を大事にしてくれるところ」と発表。マネージャーを通さずに自分で取ってきた仕事のギャラは全て自分に入ると明かした。

サンミュージックの所属芸人を確認。一発屋と言われる芸人が多く、小島は「一時期の事務所ライブの楽屋は仮装大賞のようだった」と笑いを誘った。さらに、サンミュージックは各事務所で落ちこぼれた芸人がやってくる駆け込み寺のようになっているという。しかし、所属するのは芸人だけではなく、ダイヤモンド☆ユカイやベッキーもいて、現在のような風土になった筆頭であるダンディ坂野から、マネージメントの悪いところを修正しながら脈々と続いていると紹介した。その他の良いところとして、サンミュージックは営業に強い事務所だと紹介し、ダンディと小島のギャラを明かした。

ワタナベエンターテインメントの所属芸人を確認。ブルゾンちえみ with Bとしてブレークしたブルゾンは養成所出身と明かした。

ワタナベエンターテインメントのお笑い養成所「ワタナベコメディスクール」専攻お笑い芸人コースを紹介。授業料はコース別に59万円からとなっていて、お笑い芸人コースのカリキュラムは、ネタ見せやテレビを意識した実践的な授業のほか、演技、ダンスなども含まれる。さらに、相方探しイベントという一風変わった授業も行われる。生徒の中には、かつてテレビ番組「学校へ行こう!」に出演したことがあるという元ラッパーのCo.慶応さんもいた。

サンミュージックのお笑い養成所「サンミュージックアカデミー東京校」を紹介する。アカデミーは東京の他、全国6ヵ所で展開。受講コースも様々だ。今回はお笑いコースの授業を紹介。講師を務めるブッチャーブラザーズのぶっちゃあさんは、生徒たちに「変なキャラクターを作ったらそれに縛られる」、「音や照明に頼るのはダメ。自分の力だけで笑わせるのがブロ」などと指導した。授業料は年間約40万円だという。ぶっちゃあさんは、売れている卒業生としてアンジャシュやアンタッチャブルなどを挙げたが、所属芸人は1人もいなかった。

ワタナベエンターテインメントは活躍している女性芸人が多いため、女芸人を目指すとなるとまずワタナベを考えるのだという。一方、吉本に所属する陣内智則は吉本の養成所の生徒はほとんど授業に行かず、オール巨人らが講師として訪れることもあるネタ見せの時だけ来ると明かした。

コカドケンタロウは、ワタナベエンターテインメントの良いところは「社長との距離が近い」点だと発表した。浅井企画の社長も所属芸人と食事するなど仲は良好で、天野は「せっかちで、寿司を直接手でもらって食べる」と話して笑いを誘った。マセキ芸能社のナイツは、何年か前に代わった社長は非常にシャイで、肉声を2年ほど聞いていないという。陣内は最近、よしもとクリエイティブエージェンシーの新社長に藤原寛さんが就任したと明かした。

続いては、各お笑い事務所の変なところを発表。マセキ芸能社についてナイツは「罰ゲームがある」と明かす。お笑いライブで下位になると、事務所でマネージャー業の手伝いなどのタダ働きをさせられるという。現在もポイント制で最終的に罰ゲームという仕組みがあり、ニッチェ・近藤くみこは遅刻などでポイントがたまり、いまだに罰ゲームとして若手ライブの誘導員などをしているという。さらに、謹慎中の狩野英孝も事務所でタダ働きをしていたと明かした。ナイツは、そんなマセキ芸能社の若手ライブのランク付けが迷走していると紹介。「エクストラシルバー」を筆頭に奇妙な名前が並び、下位に「オリーブゴールド」があるなど理解に苦しむと話した。

コノアト、各事務所のお笑いライブに潜入!

「ナカイの窓」の番組宣伝テロップ。

キーワード
ワタナベエンターテインメント
浅井企画
キャイ~ン
ANZEN漫才
あらぽん
なべかずお
ナイツ
ビッグボーイズ
マセキ芸能社
漫才協会
織田裕二
天海祐希
サンミュージック
関根勤
小堺一機
小笠原ミニ大
ウド鈴木
吉本
内海桂子
出川哲朗
バカリズム
ウッチャンナンチャン
聖子ちゃん
ダイヤモンド☆ユカイ
ベッキー
スギちゃん
ブッチャーブラザーズ
ゴー☆ジャス
中山秀征
ブリリアン
ブルゾンちえみ with B
ワタナベコメディスクール
学校へ行こう!
アンジャッシュ
アンタッチャブル
ドランクドラゴン
北陽
サンミュージックアカデミー
エチュード
バービー
イモトアヤコ
平野ノラ
オール巨人
ハイヒール・リンゴ
ほんこん
藤原寛
よしもとクリエイティブエージェンシー
近藤くみこ
狩野英孝
ニッチェ
サンミュージックプロダクション

お笑い事務所SP (バラエティ/情報)
10:54~

マセキ芸能社のお笑いライブ「ライラックブルー」を紹介する。開演までライブハウス前で出演者らが呼び込みを行うのがマセキの特徴だが、若手の中に交じるニッチェ・近藤くみこの姿を発見。近藤は自分がMCをするライブのエンディングに出忘れたことなどが積み重なり、2019年までこうしたペナルティが続くという。他に、2020年までという芸人や、2022年という芸人もいた。ペナルティのある芸人は、満席だったライブ終了後の後片付けもしていた。

ワタナベエンターテインメントLIVE「WEL」を紹介。所属芸人によるライブが毎月、第2日曜日に自社で運営するライブハウスで開催されるもので、テレビで活躍している芸人から若手までが実際のステージで経験を積んでいる。

サンミュージックの事務所ライブ「GETライブ」には、強烈なキャラ芸人が続々と登場すると紹介した。

浅井企画のお笑いライブ「55☆NEXT!!」を紹介。毎月第1木曜日に開催される定期ライブで、流れ星などの人気芸人が登場する。今回はANZEN漫才の2人に芸人を紹介してもらった。どぶろっくは「みやぞんファンの女性」についての歌を歌った。さらに、番組3回目の出演となる中居大好き芸人のジャイアントジャイアン・コマタツは「カレーはカツカレー」という中居の名言を紹介した。そんな芸人たちはみやぞんについて「純粋すぎて疲れた顔が出たりしている」などと指摘した。

マセキ芸能社のペナルティについて、ナイツは「マナーに厳しい」と話し、塙は「メールに『了解しました』とだけ返すとペナルティーだった。でもマネージャーからの返信は『了解しました』だけだった」と笑いを誘った。

4事務所対抗のネタ見せを行う。事務所の特徴を意識し、番組のためだけに作ったネタだという。トップバッターはマセキ芸能社のナイツ。漫才「マセキヤホー」を披露した。

サンミュージックから、ダンディ&小島よしおがコラボネタを披露した。

コノアト、みやぞんとブルゾン ネタ披露!

「ナカイの窓」の番組宣伝テロップ。

キーワード
ニッチェ
マセキ芸能社
ライラックブルー
超新塾
ワタナベエンターテインメント
WEL ワタナベエンターテイメントライブ
ガリベンズ矢野
サンミュージック
GETライブ
浅井企画
55☆NEXT!!
ナイツ
小島よしお
ダンディ坂野
みやぞん
ブルゾン

お笑い事務所SP (バラエティ/情報)
11:08~

みやぞんが即興ソング「浅井企画の良い所」と「ナカイの窓の思い出」を披露した。

ワタナベエンターテインメントから、ブルゾンちえみがコカドケンタロウと陣内智則を引き連れてブルゾンちえみ with KJとしてネタを披露した。

キーワード
みやぞん
浅井企画
浅井企画の良い所
ナカイの窓の思い出
ブルゾンちえみ
ワタナベエンターテインメント

心理分析 (バラエティ/情報)
11:12~

心理分析の結果、分かったことは「事務所を辞めた方がいい人」。気になる誰かはCMのあと。

「ナカイの窓」の番組宣伝テロップ。

心理分析 (バラエティ/情報)
11:18~

事務所を辞めた方がいい人は、みやぞんだった。心理カウンセラーの小高千枝さんは、みやぞんの依存的傾向と甘えん坊気質な点を指摘した。

コノアト、みやぞん汚名返上なるか?

「ナカイの窓」の番組宣伝テロップ。

キーワード
みやぞん

エンディング (その他)
11:24~

みやぞんが今の気持ちを歌うことになったが、ギターを弾いただけで終わり、笑いを誘った。

「ナカイの窓」の次回予告。

  1. 前回の放送
  2. 12月20日 放送
  3. 次回の放送