火曜ナイトパーク 「グサッとアカデミア〜中山&林先生の女性に刺さる幸せ講義〜」

放送日 2019年7月17日(水) 1:59~ 4:01
放送局 よみうりテレビ

番組概要

オープニング (その他)
02:02~

林修が、人気美女芸能人20人の恋愛、教育、夫婦関係の問題を辛口解決。

林先生 vs 人気美女芸能人 (バラエティ/情報)
02:03~

バラエティー番組で大活躍の村上佳菜子。平昌オリンピックでは解説者としても活躍した。しかし解説者をやっていきたいが、うまく話せないことが悩みだという。他の解説者のように上手く話せるようになりたいという村上。これに対して林修は、世の中のあらゆる問題は2本の軸を使い4つに分類すると解決しやすくなると話し、「村上さんはバラエティー対応ができる人。自分が楽に戦えるフィールドで戦うべき」などとアドバイスした。

渡辺美奈代は、ヒップホップアーティストとしてデビューした息子の愛弥くんと、仲良くテレビ出演している。その渡辺は、息子が2世と言われることが可哀想だという。愛弥くん自身も、「成功させて成し遂げても自分の努力が認められない」などと話していた。

キーワード
平昌オリンピック
荒川静香

林先生 vs 人気美女芸能人 (バラエティ/情報)
02:14~

息子が2世と言われることが可哀想だという渡辺美奈代。林修は、「距離感に問題がある」などと話し、息子に自立してもらうなら日常は自分でやってもらうべきなどと話した。反論する渡辺に、林修は「一番問題なのは本人が問題だと認めないこと」などと述べ、手切れ金で子離れをすることや、息子と完全にタッグを組んで芸能界で戦っていくことなどを提案した。

Let’s Go!みほちゃんねる (その他)
02:18~

「衝撃のアノ人に会ってみた!」の番組宣伝。

偽装不倫の番組宣伝

林先生 vs 人気美女芸能人 (バラエティ/情報)
02:20~

父親だった林修。2歳の子どもがいるという。

中山秀政と白城あやかさん夫婦。2人は約3年の交際を経て1998年に結婚し、当時は演じていた役柄になぞらえて「お姫様と平民の結婚」などと報道された。白城さんは結婚を機に宝塚を対談し、専業主婦に。結婚20年目となった昨年には、パートナー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。

子ども4人全員男の子で野球部に入っているという白城さんは、朝5時半から3人分の朝食と弁当を毎朝用意している。子ども4人全員野球部だという白城あやかさん。朝7時15分、小学生の息子2人が出発すると、中学生の次男が起きてきた。次男が出発しようとすると、白城さんが「遅刻大丈夫?」と声をかけた夫の中山秀政にダメ出しを始めた。

子ども4人全員野球部だという白城あやかさん。朝7時15分、小学生の息子2人が出発すると、中学生の次男が起きてきた。次男が出発しようとすると、白城さんが「遅刻大丈夫?」と声をかけた夫の中山秀政にダメ出しを始めた。

キーワード
パートナー・オブ・ザ・イヤー
宝塚

林先生 vs 人気美女芸能人 (バラエティ/情報)
02:28~

子ども4人全員が野球部だという白城あやかさん。中学生の次男が出発しようとすると、白城さんが「遅刻大丈夫?」と声をかけた夫の中山秀政にダメ出しを始めた。我が子を甘やかしがちな中山と、我が子をたしなめる白城さん。夫婦水入らずの時間の後、白城さんは起きてから3時間後に朝食を食べ、夜にはステージに立った。長男の成長を機に21年ぶりにステージに立ったのを始め、オイルソムリエとして本を執筆するなどしている。この日のディナーショーには、昔ならのファン約300人が来場。そこには中山と息子の姿もあった。

翌日、息子の練習に付き添う白城さん。中山も練習を見に来ていた。息子全員が野球をするようになったのは母親の白城さんがきっかけで、長男は高校時代に投手で活躍。父とジャンルは違うものの、大物2世として注目された。高校から大学へ内部進学した長男は、名門の大学野球部への入部を希望。野球部のレベルの高さから入部に反対の声もあったが、白城さんは「自分がどうやって生き残っていくかを考えることがすごく必要。そういう経験をして欲しいと思った」などと、入部を促した。

結婚20年、我が子が巣立った後の夫婦はどうなるのか。卒婚を思わせるほど、子どもが巣立った後を見据える妻と、それを優しく見守る夫。林修は、「妻の方が子どもを見る視点が夫より高い。夫婦で子どもを見る視点が違う」などと話した。

モデルの東原亜希さんと、柔道監督の井上康生さん夫婦。2人は4年の交際を経て、2008年に結婚した。東原さんは小2長女・小1長男、2歳双子を育てる4児の母。特に大変なのが食事の準備で、1日中食事のことを考えているという。東原さんの1日に密着した。

早朝5時、東原さんはすでに洗濯をしていた。その後、お弁当作りを終え、7時に上の子2人を学校に送り出した後、再び洗濯。家族6人分の洗濯は1日3回だという。8時、2歳の双子を保育園に送ると、すぐにトイレとお風呂を掃除し、10時に仕事に出かけた。子どもが学校にいる間、ファッション誌VERYでモデルをしている。モデル撮影を終えると、食品・コスメを扱う自身の会社で会議。午後3時に仕事を終えると、長男・長女を小学校から柔道場へと送り迎えした。長男と長女は週2回、柔道を習っている。

キーワード
井上康生
VERY

林先生 vs 人気美女芸能人 (バラエティ/情報)
02:44~

4人の子どもを育てる東原亜希さんの1日に密着。長男と長女は週に2回、柔道を習っていて、練習が始まるまでの短い時間で学校の宿題をしていた。長男は県の少年柔道大会で3位になり、長女も男の子相手に何度も立ち向かっていく精神力を持っている。なぜ長男と長女が柔道を始めたのか、東原さんは「柔道は礼儀正しさを学べる。基本的に主人がだいたい決めている」などと話した。夜8時に帰宅した東原さん。長男と長女の練習を見ている間、2歳の双子の面倒は東原さんの両親が見ていた。東原さんは、昭和の2世帯協力型子育てをしている。

2歳の子どもがいる林修。水卜麻美が「お子さんにやらせたいことはありますか」と質問すると、「何かをやらせるということはない」などと話し、「全部分かるように教える必要はなくて、分かる部分だけ分かりなさいという考えで教えている」などと述べた。

昨年7月に結婚した横澤夏子。夫婦で食の好みが合わないことが悩みだという。林修は、「食が合わないことは重大な問題」と話した。

キーワード
VERY

林先生 vs 人気美女芸能人 (バラエティ/情報)
02:55~

昨年7月に結婚した横澤夏子。夫婦で食の好みが合わないことが悩みだという。林修は、「食が合わないことは重大な問題」と話した。結婚25か条を上げている佐藤仁美。これを見た林修は、「結構当てはまっている」などと話した。結婚する際、日本語と食を基準に結婚相手を決めたという林修。「1日一緒にいたら3回一緒に食事をする。その食事で小さなズレがあり、10年20年積もったらどれだけ大きなヒビになるか」などと述べた。既婚男女863人に対し、何に対する価値観が夫婦で一致していることが重要か調査したデータでは、1位がお金、2位が子育て、3位が食となっている。料理の時にダシを取っていないという横澤夏子に、林修は「ダシを取れ」とアドバイスした

一般男性と結婚して6年になる若槻千夏。夫の声が小さいことが悩みだという。林修は、「芸能界に染まりすぎ」と話した。おしゃれイズムに妻と呼ばれた時、妻が上田晋也の声の大きさに衝撃を受けていたという。

映画「高校教師」でヒロイン役を熱演し、その年の賞を総なめした遠山景織子さん。現在、遠山さんは未婚のシングルマザーとして16歳の息子を育てている。息子のお弁当を作るため、複数のスーパーを自転車で回り野菜を買っていた。お弁当作りの助けになればと、自宅でも豆苗やネギを育てているという。お弁当の準備のためおかずを作り置きしていて、息子の予定を考慮してメニューを決めている。遠山さんは、女優業を続けながら小中高とPTA役員もしていた。

1日があっという間に過ぎるという遠山さん。息子が寝た後の晩酌を楽しみにしているという。お酒を飲みながら、中学卒業時に息子が書いてくれたという手紙を読んでいた。

息子が巣立った後の人生が不安だという遠山さん。息子にかけてきた時間をどう過ごすか、最近になって考えるようになったという。

息子が巣立った後の人生が不安だという遠山景織子さん。林修は、人間の関わり方には3通りあり、「忙しい人同士の関わり、暇人同士の関わり、忙しい人と暇人の関わりの3種類に分けられる」などと話した。親と子どもで違う時間の重みから、親子関係のトラブルが生じるという。林修は、「時間の重みのズレを自覚しないとトラブルになる。自分の時間を重くすればズレをなくせる」などと述べた。

老いた父に5棟の家をプレゼントしたというバービー。北海道・夕張郡栗山町に、父へのプレゼントとして敷地面積約2500平米の5棟の家を購入した。しかし家は住める状態ではなく、バービーによると住むためのプレゼントではないという。

キーワード
おしゃれイズム
上田晋也
高校教師
ブルーリボン賞新人賞
日本アカデミー賞新人俳優賞
ゴールデン・アロー賞映画新人賞
栗山町(北海道)

林先生 vs 人気美女芸能人 (バラエティ/情報)
03:24~

老いた父に5棟の家をプレゼントしたというバービー。バービーの家族は6人家族で、郵便局に勤めていた父・孝雄さんは、家の中では典型的な亭主関白だったという。仕事に関する情熱は強く、家族のため仕事に打ち込む父の背中を、バービーは尊敬の眼差しで見つめていた。そんな父も、42年勤めた郵便局を定年退職。しかし今から1年前、久しぶりに帰省したバービーが目にしたのは、威厳に満ちた父から変わり果てた父の姿だった。当時の72歳という実年齢より老け込んで見えたという。

1年前に帰省したバービー。その日の晩、父から「俺はどういう風に死んでいったらいい」と聞かれた。その2か月後、実家の近所のご老人が家を売りたがっているという電話がバービーに入る。価格は土地代含め100万円という安さ。しかし家は持ち主の老人が住んでいた時のままで、老朽化も進んでいた。するとバービーは、この家を利用した親孝行計画を考え出した。連絡を受けたバービーは早速帰省し、家を購入。中の片付けを無理やり父にお願いし、父は家の片付けを引き受けることになった。日曜大工をしていたこともあって家のリフォームも始め、家の解体を始めると、同時に新たな家具の手づくりも始めた父。今では家から出て毎日通い、活力を取り戻した。

反抗期が長く、今になって父と2人で飲みに行くようになったという川田裕美。「親孝行の仕方が分からなかったので参考になる」などと話した。堀田茜は、「アイデア次第で色々な愛をプレゼントできると思った」などとコメント。林修は、「上手だったのはお願いしたこと。しょうがねぇなを引き出したことが、軽くなった父の時間の重みを増すことにつながった」などと述べた。

恋愛の始め方が分からないというブルゾンちえみ。高田万由子が「好きでドキドキしたらそれだけ」と話す一方、川田裕美は「結婚したいけどその後の話を聞いていると、独身生活が楽しく思えてきて前に進まない」などと話した。昨年に和田正人と結婚した吉木りさは、TKO木本の紹介で和田と知り合いになり、交際を始めたという。林修は、「他者評価を聞けば恋愛できる。お節介な他者評価が多くのカップルを生む」などと話した。

和田正人が夫の吉木りさ。夫の家事のフォローの仕方が下手なことが悩みだという。林修は、「和田さんが悪いと言えば悪いけど、吉木さんに非がないわけでもない」などと話した。家事の分担に関しては全面的に男性が悪い場合が多いが、妻の作ったルールが分かりにくいことも多いため、具体的なルールを明確にすることが大切だという。林修は、「明文化するために食器棚に貼り紙をすればいい」とアドバイスした。

キーワード
川田芳弘さん
和田正人
TKO木本

林先生 vs 人気美女芸能人 (バラエティ/情報)
03:44~

葉加瀬太郎が夫の高田万由子。免許を持っていない夫が運転に口出ししてくることが悩みだという。林修は、「運転する人しない人で根本的な違いがある」と話し、「空間認識が違う」と述べた。車に乗らない人は駅と路線でイメージする一方、車に乗る人は交差点名でイメージするという。運転しない方が黙れば問題は解決するが、葉加瀬太郎はタクシーの運転手並みに道に詳しいため、林修は、「自動運転ロボが開発されたら運転席に置いてください」と話した。

キーワード
葉加瀬太郎

林先生 vs 人気美女芸能人 (バラエティ/情報)
03:51~

夫が不倫しているかもしれないという中澤裕子。「やっていないが前提で、不倫はバレなければいいと思っている」などと話した。中村仁美も、「不倫は墓場まで持っていってほしい」などと述べた。林修は、「夫は安心して浮気する、妻は不満で浮気する」とコメント。夫の浮気が遊びか本気かが問題だという。浮気が生じた時、パートナーと分かれ不倫相手と付き合ったという男性は44.4%。中澤裕子は、「夫の不倫は絶対許さない。幸せにさせないために離婚しない」などと話した。

キーワード
不倫

番組宣伝 (その他)
03:58~

「秘密のケンミンSHOW」の番組宣伝。

「超問クイズ」の番組宣伝。

林先生 vs 人気美女芸能人 (バラエティ/情報)
03:58~

スナック菓子がやめられないという野呂佳代。林修によると、精神的に満たされない部分を食べることで埋めようとするエモーショナルイーティングの可能性があるという。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 7月17日 放送
  3. 次回の放送