1番ソングSHOW 日テレ60年テレビが生んだ名曲SP

『1番ソングSHOW』(いちばんソングショー)とは、日本テレビ系列で2011年10月19日から2014年7月2日まで水曜日19:00 - 19:56(『1900』水曜枠)に放送されていた音楽バラエティ番組。キャッチコピーは「なにかと1番な歌番組。」。

出典:goo Wikipedia

放送日 2013年5月15日(水) 19:00~20:54
放送局 よみうりテレビ

番組概要

オープニング (その他)
19:00~

今夜は、日本テレビ60年を記念して、日テレバラエティーが生んだ名曲SPをお届け。

矢部浩之らが挨拶し、小林麻耶らゲストを紹介。また、妊婦の辺見えみりのために上島竜兵が胎教にいい1発ギャグを行った。

日テレ60年分の名曲&名場面SP (バラエティ/情報)
19:02~

伝説の日テレバラエティー1981年は「ザ・トップテン」。中森明菜の「少女A」や松田聖子の「ピンクのモーツァルト」などの映像が流れた。また、近藤真彦は通算148回出演しており、少年隊の放送ハプニングなど映像が流れた。

伝説の日テレバラエティー1985年じゃ、「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」。島崎俊郎が闘犬とキスに挑戦する映像などが流れた。また、番組からは、兵藤ゆき&高田純次が「CHANCE!心ときめいて」でCDデビューした。

伝説の日テレバラエティー1995年は「THE 夜もヒッパレ」。中山秀征がシャ乱Qの「ズルい女」を熱唱するシーンなどが紹介された。また、KAT-TUNの若がりし頃の映像も流れた。

今から12年前の2001年にスタートしたのが「マネーの虎」。素人が金持ち社長に事業プランをプレゼンして、投資してもらおうとするドキュメントバラエティ。番組名物は社長との激しいやり取りだった。

今から22年前に放送がスタートしたのは「DAISUKI!」で、中山秀征・松本明子・飯島直子による元祖街ブラ番組。このあと、素人時代のあのタレントの貴重映像を紹介。

キーワード
中森明菜
ザ・トップテン
少女A
松田聖子
ピンクのモーツァルト
近藤真彦
ヨイショッ!
少年隊
ABC
天才・たけしの元気が出るテレビ!!
兵藤ゆき
島崎俊郎
高田純次
清川虹子
CHANCE!心ときめいて
THE 夜もヒッパレ
シャ乱Q
ズルい女
GLAY
とまどい
中山秀征
つのだ☆ひろ
The Rolling Stones
Jumping Jack Flash
白竜
工藤静香
土田晃之
RIP SLYME
楽園ベイベー
太田プロ
KAT-TUN
田中聖
中丸雄一
亀梨和也
上田竜也
田口淳之介
マネーの虎
DAISUKI!
松本明子
飯島直子

日テレ60年分の名曲&名場面SP (バラエティ/情報)
19:15~

大人気番組「DAISUKI!」で、外国人家族のお宅にホームステイする企画で素人時代のベッキーが出演した映像を紹介。

中山秀征がスタジオで、「DAISUKI!」で素人時代のベッキーの家にホームステイしたのは偶然だったと話した。さらに、CM前の「DAISUKI!」には辺見えみり・篠原涼子・仲間由紀恵が登場したと話した。

今から36年前にスタートしたのが「史上最大!アメリカ横断ウルトラクイズ」。参加者2万人が憧れのニューヨークを目指す大規模なクイズ番組で、番組テーマンソングとなった映画「スタートレック」のテーマ曲だった「ULTRA QUIZ Main Theme 」が流れた。

このあと、伝説のバラエディー映像がたっぷり。

「THE 夜もヒッパレ」では完璧にやらなくてはいけないと話し、NGが許されず、ちょっと音がずれると後で残されて録音していたと話した。番組と同じスタジオで、メインセットやライブセットの他にもバーが設置されていて、そのバーにいたバニーガールの一人がはるな愛だったと話した。

スタジオに兵藤ゆきが登場し、出演した「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」で兵藤ゆきが素人をいじるコツを語った。その素人をいじるコツを、スタジオでKAT-TUN田口に試していた。さらに、枡アナにリポートのコツをレクチャーしていた。

キーワード
DAISUKI!
ベッキー
篠原涼子
仲間由紀恵
福留功男アナウンサー
史上最大!アメリカ横断ウルトラクイズ
徳光和夫アナウンサー
THE 夜もヒッパレ
はるな愛
天才・たけしの元気が出るテレビ!!
ULTRA QUIZ Main Theme
スタートレック
ニューヨーク(アメリカ )

日テレ60年分の名曲&名場面SP (バラエティ/情報)
19:26~

今から42年前の1971年にスタートしたのが「スター誕生!」で、数多くのスターを輩出した伝説のオーディション番組。萩本欽一はこの番組で司会に初挑戦。番組内で当時14歳の柏原芳恵が決勝で歌った清水由貴子の「お元気ですか」や、山口百恵が歌った「青い果実」の映像を紹介。

今から18年前の1995年にスタートしたのが「ザ!鉄腕!DASH!!」で、人気アイドルTOKIOが体当たりげ限界に挑戦した。現在、人気企画となっているDASH島では、様々なハプニングが起きている。

今から38年前の1975年にスタートしたのが「カックラキン大放送!!」で、アイドル歌手が歌にコントに大活躍した。大人気コント「ナオコ婆ちゃんの縁側日記」には近藤真彦が出演。番組内で近藤真彦が歌っていた「ケジメなさい」や西城秀樹が「ギャランドゥ」を歌っている映像を紹介。

今から30年前の1983年にスタートしたのが「スーパーJOCKEY」で、ビートたけし司会の日曜お昼の大人気バラエティー。名物「ガンバルマン」では面白い健康法がよく紹介されていて、熱湯コマーシャルでは上島竜兵と辺見えみりがコーナーを仕切り、歌のコーナーには様々なアーティストが登場。番組内でWinkが歌っている「Sexy Music」や岡本夏生が「するNO?しないNO?」を歌っている映像を紹介。

スタジオに萩本欽一が欽ちゃん走りで登場。「スター誕生!」が初めての司会だったが本当はやりたくなくて、司会をクビになるために放送中にわざと素人の子どもを無断で舞台に上げたりしてスタッフに嫌われる事ばかりしていたというウワサについて、萩本欽一は司会が出来ないんで派手にいろんな事をやって気持ちよくクビになろうと思ったが、逆に視聴率がよくてクビにできなかったと語った。

「スター誕生!」のウワサで、オーディションを受ける素人はほとんどの方が、放送前に欽ちゃんの楽屋にあいさつに来るのだが、欽ちゃんの楽屋に来なかった方が長い歴史の中で山口百恵とピンク・レディーというウワサについて、欽ちゃんは「自分が有名になる事はないから欽ちゃんの楽屋に行くのは失礼だ」「私なんか100%有名にならない」と思った2組が1番有名になったと語った。

このあと、伝説のバラエディー映像が続々。

スタジオで熱湯コマーシャルに挑戦した中山秀征が、熱湯が51℃で感覚がなくなってしまうと話した。

欽ちゃん無くして今日のテレビは無いと語る中山秀征から、ピンマイクは欽ちゃんが発注して作ったと語った。さらに、欽ちゃんが観覧客の頭が画面に映るようにしたなど、欽ちゃんの伝説を語った。

今やってる日テレの番組の中で好きなバラエティー番組はという質問に、欽ちゃんは「イッテQ!」と答えた。イモトアヤコはコント55号以上に走っていると話し、汗かいて動いている人大好きと語った。

キーワード
萩本欽一
スター誕生!
お元気ですか
柏原芳恵
山口百恵
青い果実
山口達也
城島茂
ザ!鉄腕!DASH!!
研ナオコ
近藤真彦
カックラキン大放送
ケジメなさい
西城秀樹
ギャランドゥ
スーパーJOCKEY
ガダルカナル・タカ
グレート義太夫
辺見えみり
浅香光代
上島竜兵
中山秀征
鈴木早智子
相田翔子
Wink
Sexy Music
岡本夏生
するNO?しないNO?
井手らっきょ
ピンク・レディー
清水由貴子
イッテQ
イモトアヤコ
コント55号

日テレ60年分の名曲&名場面SP (バラエティ/情報)
19:43~

これまで日テレで放送したバラエティー番組の中で、1番高い視聴率をとったバラエティーを紹介。ノミネートされた「笑点」は今年で48年目に突入する国民的番組で、長い歴史の中で全員の座布団が取られてしまった映像を紹介。この全員の座布団が取られてしまう事件は、桂歌丸司会になって3回もあるという。

続いてのノミネートは「投稿!特ホウ王国」。後藤俊哉特派員など日テレアナが仰天スクープを突撃リポートするバラエティー番組で、羽鳥慎一特派員も突撃リポートに挑戦している。番組には、Mr.マリックが栗間太澄として登場していた。

続いてのノミネートは「マジカル頭脳パワー!!」で、数々の大ヒットゲームを生んだ伝説のクイズ番組。番組では所ジョージさんが大活躍していた。

続いてのノミネートは「底ぬけ脱線ゲーム」で、旬な芸能人が珍ゲームで対戦。水の入っていないバケツを当てるゲームに、当時37歳の宍戸錠が挑戦した映像を紹介。

続いてのノミネートは「世界の果てまでイッテQ!」。世界を舞台に様々な企画にチャレンジする番組で、宮川大輔のお祭り男ではイギリスのチーズ転がし祭に挑戦。この番組から大ブレイクしたのがイモトアヤコで、番組内でコモドドラゴンと走って対決。

このあと、本歌の正体は?

キーワード
三遊亭円楽
笑点
林家木久扇
桂歌丸
後藤俊哉特派員
投稿!特ホウ王国
羽鳥慎一特派員
Mr.マリック
所ジョージ
マジカル頭脳パワー!!
金原二郎アナウンサー
宍戸錠
底ぬけ脱線ゲーム
宮川大輔
イモトアヤコ
世界の果てまでイッテQ!
チーズ転がし祭
イギリス
コモドドラゴン

日テレ60年分の名曲&名場面SP (バラエティ/情報)
19:51~

これまで日テレで放送したバラエティー番組の中で、1番高い視聴率をとったバラエティーを紹介。ノミネートされた「世界の果てまでイッテQ!」の中で、イモトアヤコのテーマソングでお馴染みの曲は破壊魔定光OPテーマ「破壊魔定光」が元歌だという。手越祐也も番組内でバンジージャンプに挑戦していて、中丸雄一は24mのバンジーをギブアップしたと紹介。

これまで日テレで放送したバラエティー番組の中で、1番高い視聴率をとったバラエティーをスタジオで予想。スタジオ出演者たが笑点やマジカル頭脳パワー!などを予想し、羽鳥慎一が投稿!特ホウ王国でリポーターとしての評価や小林麻耶アナの評価について水卜アナが語った。

これまで日テレで放送したバラエティー番組の中で、1番高い視聴率をとったバラエティーは「笑点」。1974年10月27日の放送で視聴率36.1%を記録。現在、その日のテープは見つかっていないという。

24年前の1989年に放送をスタートさせたのが「ビートたけしのお笑いウルトラクイズ!!」で、人気芸人が超過酷なゲームに挑戦。司会のビートたけしも体を張っていて、人気どっきりコーナー「人間性クイズ」では出川哲朗が仕掛け人となって、後輩の岡村隆史を騙すはずが岡村の逆ギレで逆ドッキリをする映像を紹介。

今から9年前の2004年にスタートした「天才!志村どうぶつ園は、かわいい動物たちと触れ合う人気動物バラエティー。番組に出演した芦田愛菜は子犬に夢中になりすぎてカメラを遮ってしまった。さらに、相葉雅紀が動物たちを楽しませるコーナーでは、ペンギンやラマなどに攻撃されてしまった。

今から35年前の1978年にスタートしたのが24時間テレビ「愛は地球を救う」で、現在までに35回放送されている日テレの看板番組。初代司会者は萩本欽一と大竹しのぶで、チャリティーマラソンには北斗晶や萩本欽一ら多くのランナーがZARDの「負けないで」などの応援歌に支えられて走ってきた。

24時間テレビの「元々1回きりの予定で始まり、欽ちゃんも1回だけのつもりで司会を引き受けた」というウワサに、欽ちゃんは「そうです」と答えた。「ただ1回目の放送のエンディングで当時の日本テレビの社長が生放送中に『こういう番組は毎年やらないといかん!』と突然言って、欽ちゃんはじめスタッフ全員ズッコけた」。そのことから10年連続で司会をやることになった欽ちゃんは、この番組は日本テレビの宝と語った。

今から37年前の1976年にスタートした「お笑いマンガ道場」で、中京テレビ製作の漫画版 大喜利バラエティー。名物といえば富永先生と鈴木先生のバトル。

今から21年前の1992年に放送をスタートさせたのが「進め!電波少年」で、アポ無しロケやヒッチハイクの旅で人気となった。松村邦洋がジャッキー・チェンは本当に強いかを試す企画や、ユーラシア大陸を猿岩石がヒッチハイクする旅ではサンプラザ中野くんとパッパラー河合が2人に応援歌「旅人よ~The Longest Journey~」をプレゼント。帰国後、猿岩石は大ブレイクして「白い雲のように」で歌手デビューした。

派生番組「雷波少年」からは、解散をかけて合宿生活で曲を作ったSomething Elseの「ラストチャンス」がオリコン1位を獲得して大ブレイクした。お笑い芸人の坂本ちゃんが大学受験挑む「雷波少年的東大一直線」に登場したケイコ先生は、現在春野恵子の芸名で浪曲師をしている。ケイコ先生のスーツ姿にドキドキしていたというKAT-TUN亀梨に、ケイコ先生がメッセージを送った。

ケイコ先生のスーツ姿にドキドキしていたというKAT-TUN亀梨は、ケイコ先生の家庭教師みたいなものに子どもながら憧れていたと話し、コメントをくれたケイコ先生にKAT-TUN亀梨がスタジオでメッセージを送った。ナオト・インティライミは、普通の居酒屋でケイコ先生と一緒にバイトしていたと語った。

キーワード
イモトアヤコ
世界の果てまでイッテQ!
男の道は喧嘩道
破壊魔定光
手越祐也
中丸雄一
イッテQ
笑点
マジカル頭脳パワー!!
投稿!特ホウ王国
上島竜兵
ビートたけし
ビートたけしのお笑いウルトラクイズ!!
岡村隆史
芦田愛菜
相葉雅紀
天才!志村どうぶつ園
大竹しのぶ
北斗晶
24時間テレビ「愛は地球を救う」
ZARD
負けないで
丸山弁護士
杉田かおる
赤井英和
大事MANブラザーズ
それが大事
槇原敬之
どんなときも
爆風スランプ
Runner
ダチョウ倶楽部
中京テレビ
お笑いマンガ道場
松村邦洋
ジャッキー・チェン
有吉弘行
猿岩石
進め!電波少年
サンプラザ中野くん
パッパラー河合
旅人よ~The Longest Journey~
白い雲のように
電波少年
ラストチャンス
Something Else
ペンギン
ラマ
世界中の誰よりきっと
中山美穂&WANDS

スタジオライブ (演技/演奏)
20:11~

サンプラザ中野くんがスタジオで、「電波少年」から生まれた名曲「旅人よ~The Longest Journey~」を披露。

続いて、「24時間テレビ」マラソン応援歌でおなじみの「Runner」を披露。

サンプラザ中野くんがスタジオに登場し、「電波少年」で思い出に残っていることとしてインドの公園で歌った時に有吉が泣いていたが、旅で終わった時に「うまく泣けてよかったです」と言われたことを告白。

キーワード
旅人よ~The Longest Journey~
Runner
24時間テレビ
電波少年
有吉

日テレ60年分の名曲&名場面SP (バラエティ/情報)
20:15~

19年前の1994年に放送がスタートした「ものまねバトル」は、「ものまねグランプリ」として今も続く大人気ものまね番組。岩本恭生が沢田研二のものまねで「勝手にしやがれ」やコロッケが河村隆一本人の前で「Glass」などを歌っている映像を紹介。

このあと、伝説のバラエディー映像が続々。

キーワード
沢田研二
ものまねバトル
岩本恭生
勝手にしやがれ
コロッケ
河村隆一
Glass
石田純一
萩原健一
大阪で生まれた女
キャイ~ン
天野ひろゆき
ウド鈴木
チェッカーズ
涙のリクエスト
関根麻里
宇多田ヒカル
Automatic
山本リンダ
どうにもとまらない
IKKO

日テレ60年分の名曲&名場面SP (バラエティ/情報)
20:20~

10年前の2003年に放送をスタートさせたのが「エンタの神様」で、旬の芸人の新ネタを見られるお笑い番組。テツandトモのネタやはなわが「佐賀県」を歌っている映像を紹介し、スタジオにいる次長課長とアンジャッシュのネタを紹介。

今から40年前の1973年に放送をスタートさせたのが「木曜スペシャル」で、ビッグフットやイッシーなど未確認生物(UMA)特集が人気だった。当時、一大ブームとなったのがツチノコで、日本中でツチノコの目撃情報が相次いだ。

今から34年前の1979年に放送をスタートさせたのが「ズームイン!!朝!」で、ズームイン!!SUPERへ受け継がれた朝の情報番組。生放送ならではの色んなハプニングがあり、道行く人に英語で話しかけるコーナーでは一人もインタビューできないままコーナーが終わってしまったことや、福澤朗アナウンサーは小渕総理大臣について話していると直電話がかかってきたことなどが挙げられた。ズームイン!!SUPERでは、羽鳥慎一アナウンサーが決めポーズを忘れてしまった。現在の日テレ朝の顔「ZIP!」の桝太一アナウンサーは、番組内でリズム感の悪さがクローズアップされているが、日テレ昼の顔「ヒルナンデス!」の水卜麻美アナウンサーは、超がつくほどの運動オンチだという。

続いて1979年に放送をスタートさせたのが「全日本仮装大賞」で、視聴者がユニークな仮装で優勝を争う。貴重な1回目の映像を紹介し、歴代優勝作品の中で特にキレのある名作TOP5を紹介した。

このあと、今も語られる伝説の名作。

キーワード
テツandトモ
エンタの神様
はなわ
佐賀県
アンジャッシュ
次長課長
井上聡
河本準一
渡部建
児嶋一哉
木曜スペシャル
福澤朗アナウンサー
ズームイン!!朝!
小渕総理大臣
羽鳥慎一アナウンサー
桝太一アナウンサー
水卜麻美アナウンサー
萩本欽一
全日本仮装大賞
ツチノコ
ズームイン!!SUPER
ZIP!
ヒルナンデス!

日テレ60年分の名曲&名場面SP (バラエティ/情報)
20:30~

数多くの名作を生み出した「全日本仮装大賞」で、近年の大傑作と言われる第69回優勝作品を紹介。優勝した梶原比出樹さんはこれまでに優勝経験6回の常連なのだという。

今から27年前に1986年に放送をスタートさせたのが「鶴ちゃんのプッツン5」で、片岡鶴太郎が司会を務める 土曜夕方の生放送バラエティー。番組の名物といえば素人が腕相撲で争う腕柔道大会で、 レフェリーはチャック・ウイルソン。人気歌手のスタジオライブも名物で、KANの「言えずのI LOVE YOU」やMi-Keが「想い出の九十九里浜」を」歌っている映像を紹介。

今から19年前の1994年に放送をスタートさせたのが「ぐるぐるナインティナイン」で、ナインティナイン初の冠バラエティー。1998年には人気コーナー「グルメチキンレース ゴチになります!」が誕生し、2005年には大竹一樹が54万6200円でゴチ史上最高自腹額を記録。年間自腹額が最も多かったレギュラーがクビになるというルールなのだが、番組メインであるはずの矢部が2回もクビになっている。

「仮装大賞」のウワサで欽ちゃんはやっていたテレビ番組を全て降りた時期があったのだが、仮装大賞はやめられなかったという。その理由は、仮装大賞を始める頃に欽ちゃんが「僕は脇役 作品を見せる人が主役だ」と言っていて、それを逆手に取った仮装大賞のスタッフが「主役がやめないのに脇役がやめるのはおかしいでしょ」と言われて辞められなかったという。

「ぐるぐるナインティナイン」なのに矢部が2回クビになっていることに、クビにならないと思っていたのにスタッフから「来なくていい!」と言われてしまったという。

スタジオのアンジャッシュ渡部は、エンタの神様でネタを96~97本をやったと話した。常に汐留でネタ作りをし、ズームイン時代の羽鳥よりも日テレにいたと語った。友達のアンジャッシュ児嶋がいないことに、渡部は自宅待機と話した。

VTRで紹介した番組の中から、「鶴ちゃんのプッツン5」に出演していたチャック・ウイルソンがスタジオに登場。現在66歳でその体に驚き、小林麻耶がチャック・ウイルソンの体を触った。さらに、KAT-TUN田中がチャックと腕相撲で対決したが、余裕でチャックの勝利。

キーワード
全日本仮装大賞
片岡鶴太郎
鶴ちゃんのプッツン5
チャック・ウィルソン
言えずのI LOVE YOU
KAN
Mi-Ke
想い出の九十九里浜
大竹一樹
ぐるぐるナインティナイン
梶原比出樹さん
仮装大賞
ナインティナイン
エンタの神様
アンジャッシュ児嶋

スタジオライブ (演技/演奏)
20:39~

KAT-TUNが最新1番ソング「FACE to Face」を披露。

このあと、亀梨はチャック・ウィルソンに勝てるのか。

キーワード
KAT-TUN
FACE to Face

日テレ60年分の名曲&名場面SP (バラエティ/情報)
20:44~

66歳のチャック・ウイルソンと27歳の亀梨和也が腕相撲で対決したが、2戦目でもチャックが余裕で勝利した。さらに、いつもの団体芸で上島竜兵がチャックと腕相撲で対決することになり、やはりチャックが勝利となった。

スタジオライブ (演技/演奏)
20:45~

ナオト・インティライミが最新1番ソング「恋する季節」を披露。

このあと、上島とやべっちがチュー。

キーワード
恋する季節
上島
やべっち

日テレ60年分の名曲&名場面SP (バラエティ/情報)
20:50~

チャックとの腕相撲が終了し、負けてしまった上島竜兵は編集を口にした矢部と口喧嘩のあとのチューで締めくくった。

エンディング (その他)
20:52~

1番ソングSHOWの次回予告。

  1. 前回の放送
  2. 5月15日 放送
  3. 次回の放送