鳥人間コンテスト 2018新時代突入SP!大波乱の展開…ヘタレ小宮も参戦!

放送日 2018年8月18日(土) 12:53~13:24
放送局 よみうりテレビ

番組概要

オープニング (その他)
12:53~

「鳥人間コンテスト2018」の番組宣伝テロップ。

オープニング映像。

鳥人間コンテスト2018 新時代突入スペシャル (バラエティ/情報)
12:54~

「鳥人間コンテスト2018」の番組宣伝テロップ。

鳥人間コンテストはこれまで多くの有名人が挑戦してきた。2008年、宮根誠司が301.30mという芸能人最高記録を出した。今年は三四郎・小宮が挑戦する。ヘタレイメージを払拭したいという。2014年の鈴木拓のフライトをみて自分も飛べると思ったという。小宮は高校時代フィールドホッケーの選手で東京代表に選出されたほどの運動神経の持ち主。6月某日、チャレンジに協力してくれる福森啓太さんの元を訪れ、羽ばたき飛行を教えてもらう。スケートボードの上で体重移動することで推進力を出せるのだという。羽ばたき飛行に芸能人ではじめて小宮がチャレンジする。小宮はボヤキながらも訓練をはじめる。まずは風に慣れる。ロープで引っ張ったハンググライダーに乗り飛ぶ感覚を養う。

果たして 小宮の挑戦どうなる?

キーワード
宮根誠司
鳥人間コンテスト
鈴木拓
浜松市(静岡)

鳥人間コンテスト2018 新時代突入スペシャル (バラエティ/情報)
13:04~

「鳥人間コンテスト2018」の番組宣伝テロップ。

三四郎・小宮が鳥人間コンテスト2018にチャレンジする。メンバーと息の合った助走と乗り込みが重要。小宮が実際にメンバーと一緒に乗り込みをしてみる。次のトレーニングは羽ばたき飛行。水上で波に乗るホバーボードにチャレンジするがなかなかうまくいかなった。大会前日、プラットホーム高さ10mに慣れる。小宮はプラットホームの下見をした。大会当日、準備中の小宮の前でプラットホームから落下していく人を見てしまった。

「鳥人間コンテスト2018」の番組宣伝。

キーワード
鳥人間コンテスト2018

鳥人間コンテスト2018 新時代突入スペシャル (バラエティ/情報)
13:11~

「鳥人間コンテスト2018」放送中に、dボタンでゲームに参加すると、出演者Tシャツが当たるチャンスがある。

「鳥人間コンテスト2018」の番組宣伝テロップ。

三四郎・小宮が鳥人間コンテスト2018にチャレンジする。大会当日、緊張していないがメディカルチェックで血圧が高かったという。いよいよプラットホームにむかう。

去年人力プロペラ機部門で前人未到の40km飛行達成したBIRDMAN HOUSE 伊賀。今年から三角形の60kmのコースに変化し、史上最も過酷な挑戦となった。過去40回鳥人間進化の歴史を紹介。1977年に第1回大会が始まり、1983年第7回大会で人力プロペラ機が初登場した。1990年の第14回大会で飛行距離1kmを突破した。1998年第22回大会では琵琶湖北岸到着23688.24mという記録が出た。第27回大会では琵琶湖大橋到達の34654.10mの記録が出た。翌年から折り返しルールが追加された。折り返し40kmのレースになったが、折り返しは高すぎる壁となった。2017年に前人未到の40km飛行が達成された。

「鳥人間コンテスト2018」の番組宣伝テロップ。

今年、三角形の60kmのコースに変更となった。ディフェンディングチャンピオンの渡邊悠太パイロットは確実に狙っていきたいという。

今年、三角形の60kmのコースに変更となった。ディフェンディングチャンピオンの渡邊悠太パイロットは確実に狙っていきたいという。さらに肉体を仕上げ、機体の精度を高めていた。テストフライトでは、バランスを崩した時のため、多くの補助員が必要だが、渡邊らは補助なしで余裕のフライトをしていた。

「鳥人間コンテスト2018」の番組宣伝テロップ。

渡邊の最強ライバルを紹介。日本大学理工学部航空研究会はこれまで人力プロペラ機部門で最多8度の優勝をしている。今年はフライト予定の6日前から琵琶湖入りをしていた。続いての優勝候補は、東北大学Windnauts。10年間で最多4度優勝している。今年のパイロット越野くんは出力体重比がこれまでの優勝パイロットを超えている。大会当日台風12号が琵琶湖に接近し、強風が波乱を呼ぶことになった。

キーワード
鳥人間コンテスト2018
琵琶湖
日本大学理工学部航空研究会
東北大学
台風12号
  1. 前回の放送
  2. 8月18日 放送
  3. 次回の放送