NNNドキュメント 八ッ場 長すぎる翻弄 ふるさとは壊され続けて

NNNドキュメント(エヌエヌエヌドキュメント)は、1970年から放送を開始したNNN系列のドキュメンタリー深夜番組である。放送時の番組タイトルでは「NNNドキュメント'○○」(○○は西暦の下2桁)と表記される。

出典:goo Wikipedia

放送日 2012年2月20日(月) 0:50~ 1:45
放送局 よみうりテレビ

番組概要

オープニング (その他)
00:50~

オープニング映像。

八ッ場 長すぎる翻弄 ふるさとは壊され続けて (バラエティ/情報)
00:50~

群馬・長野原町は八ッ場ダムの建設予定地となっているが、ダム本体となる場所は谷の片側が固められただけで放置されている。ダム湖に沈む人々が移り住む代替地は工事が進んでおり、前田武志国土交通相が来た時は民主党がマニフェストでうたった中止とは正反対の結論を持ってきた。街ではダム計画に振り回された住民が街を去っていた。

この地で食堂を営む水出耕一さんと息子の力さんは取り壊し中の民家を訪ねた。水出さんは町から消えた家を記録し続けており、地図にある家の7割が街を出ていた。

2005年前、取材班は八ッ場ダムの予定地を取材している。近くには絶景の吾妻渓谷があり、800年の歴史があるという川原湯温泉は当時13軒の旅館があった。温泉街には古くから伝わる湯かけ祭りがあり、裸の男達が源泉の湯を掛けあい湯の恵を祝い総大将を久保田雄治さんが務めた。

2005年になると、2000年に完成するとされていた代替地は造成のさなかだった。ダムの総事業費は当初の倍以上となる4600億円まで膨れ上がった。川原湯館を家族で営む竹田博栄さんは、代替地計画をめぐって国と交渉にあたった人で、未だに引越しができない状況がネックと話す。さらに、代替地の価格は周りの町の2~3倍と高くなっていた。

2005年4月、川原湯の住人は代替地の価格を下げるよう求めたのに対して、国交省からはこれ以上の見直しはできないという回答が届いていた。住民の採決は賛成が27で反対が11となり、久保田雄治さんは不動産屋と一緒だと話す。ある夜、唯一残った寿司屋に竹田博栄さんが現れ、ダム計画に疑問を持ってきた人たちに追い詰められた地元の思いを伝えたかった。

2006年になると竹田さんの旅館は無残な姿となり、高すぎる代替地でも再建を諦めて出ていった。竹田さんは群馬・中之条町に移り住んでおり、保証金でカフェ ビスケットを開店。代替地の値段が決まると地元を離れる人が増えた。なくなった家を地図に書き続けている水出耕一さんの家も借地人で、母親の水出こうさんも借地に建てた家に住んでいた。

2008年になるとダム本体に掛かる橋が出来始めており、ダムの建設はまだ始まっていないが総予算の半分以上がすでに使われていた。しかし、2007年の朝日新聞の記事によると、ダムの建設は5年先延ばしされ2015年にされた。やまた旅館を営む豊田拓司さんは川原湯を訪れた著名人が集う席で胸のうちを明かした。

長野原町では取材を始めてから7年間で住民の4割が去った。住民は長すぎる翻弄から痛みを抱えていた。

久保田雄治さんは川原湯で一番新しい旅館を営んでおり、代替地に移り住んでも家族で旅館を続ける予定にしている。旅館を始めたのは父親の久保田賢治さんで、かつては街を上げてのダム反対闘争に加わっていた。

八ッ場ダム計画は1947年に襲ったカスリーン台風がきっかけだった。続く高度成長期では首都圏の水が減ると、八ッ場ダムの計画が具体化し、国と群馬県が計画を発表すると地元は怒りに震えた。国や県は水没すると道路などの補修をストップさせ、さらに個別に保証金を出して切り崩した。1986年になると町は県とダム容認の協定を交わし、反対闘争は終わった。

2009年になると自民党から民主党へ政権が移り、民主党はマニフェストに八ッ場ダム中止を掲げていた。

キーワード
前田武志国土交通相
長野原町(群馬)
民主党
マニフェスト
吾妻渓谷
川原湯温泉
カスリーン台風
群馬県
川原湯館
中之条町(群馬)
朝日新聞

八ッ場 長すぎる翻弄 ふるさとは壊され続けて (バラエティ/情報)
01:15~

2009年に民主党が政権へつくと、当時の前原誠司国土交通相が八ッ場ダム中止を宣言。

2010年8月、やまた旅館の豊田拓司さんが取材班を吾妻渓谷へ案内してくれた。豊田拓司さんは自然に精通しており、渓谷が残るかについて「政治家が無力なのは分かった」と話していた。代替地は元の計画通り作り続けられており、川原湯に残っていた住民は次第に代替地へ移っていたが、温泉地の建設は後回しになっていた。旅館ゆうあいを営んでいる久保田賢治さんは、温泉街を生かしてまちづくりをするか課題としていた。

水出耕一さんは住宅街から更に離れた端を担当者から勧められた。

キーワード
前原誠司国土交通相
民主党
旅館ゆうあい

八ッ場 長すぎる翻弄 ふるさとは壊され続けて (バラエティ/情報)
01:23~

2010年、ダム中止宣言から4か月が経ち、前原誠司国土交通相と住民が直接対話する機会が訪れた。水出耕一さんは誠実な返事に好感を持った。

川原湯から住民がいなくなる中、水出耕一さんはダムを止める前に生活再建の対策をしてから止めて欲しいと話した。2010年9月となり、代替地の一角に竹田博栄さんがやって来た。竹田博栄さんの長男はここへ眠っており、竹田博栄さんは10年ぐらいかかり温泉も5~6軒なので来ても仕方がないと話す。

キーワード
前原誠司国土交通相

八ッ場 長すぎる翻弄 ふるさとは壊され続けて (バラエティ/情報)
01:29~

2011年3月になり、東北地方を襲った大震災の被害が川原湯にも及び、吾妻線が3週間近くストップしてしまった。同じ時期に水出耕一さんの家族の1人である水出力さんが上野村へ移り住んだ。2011年10月になると、水出耕一さんは代替地に建てるお店兼自宅の計画を立て始めた。

キーワード
大震災
吾妻線
上野村(群馬)

八ッ場 長すぎる翻弄 ふるさとは壊され続けて (バラエティ/情報)
01:35~

2011年12月22日になると、前田武志国土交通相が一度は止めた計画を再開させた。ダムの完成は今度は2019年頃になるという。川原湯の代替地が形になるのは更にその先となり、最盛期20軒あった旅館は5軒のみとなった。2012年1月になると、水出さんの自宅が周囲で1軒だけになった。水出こうさんは肺にガンが見つかって手術を受けていた。

祭りの日に水出力さんが里帰りしていた。水出力さんは「ここまでなったら代替地に移り住んだほうがすっきりするのでは」と話す。1月20日の夜明け前に湯かけ祭りが始まった。

国交省の担当者が水出耕一さんの家を訪れた。資金の足りない水出耕一さんは店を小さくせざるを得なかった。全財産をはたいても移り住むことを決めた水出さんは「生きているうちに新しい家に住まわせたい」と話した。

キーワード
前田武志国土交通相
湯かけ祭り

エンディング (その他)
01:43~

NNNドキュメントの次回予告。

  1. 前回の放送
  2. 2月20日 放送
  3. 次回の放送