NNNドキュメント 我ら じじい部隊〜中間貯蔵に揺れる故郷〜

NNNドキュメント(エヌエヌエヌドキュメント)は、1970年から放送を開始したNNN系列のドキュメンタリー深夜番組である。放送時の番組タイトルでは「NNNドキュメント'○○」(○○は西暦の下2桁)と表記される。

出典:goo Wikipedia

放送日 2016年2月1日(月) 0:55~ 1:25
放送局 よみうりテレビ

番組概要

オープニング (その他)
00:55~

オープニング映像。

我ら じじい部隊〜中間貯蔵に揺れる故郷〜 (バラエティ/情報)
00:55~

福島第一原発の事故で全ての住民が今も避難している福島県大熊町に、自らを「じじい部隊」と名乗る人達がいる。日中だけは立ち入りが許される地区に大熊町役場があり、ここが「じじい部隊」の前線基地だ。この日、朝一番に話題となったのは壇蜜のポスター。元消防士や元測量士など、集まった六人の平均年齢は62歳で、町の臨時職員として日給7500円で故郷の為に働いている。

「じじい部隊」のリーダーは、元町役場職員の鈴木久友さん(63)。役場を退職した2013年4月に、荒れ果てた町をなんとかしたいと仲間に声をかけて「じじい部隊」を結成した。この日向かったのは大熊町の面積の6割を占める帰還困難区域で、まずは町内のパトロールを行った。人がいない避難区域では窃盗が多く発生しており、福島県警によると去年12月までに約2500件の窃盗が起きている。「じじい部隊」は他にも雑草を刈ったり、火災があった時の為の水路確保などの仕事をしていた。

かつての大熊町役場は福島第一原発から5kmの所にある。鈴木久友さんはここで40年働いていたが、今は役場機能は会津若松市に移っている。地元で生まれ育った鈴木さんが役場に入ったのは1975年で、ほぼ時を同じくして町は原発との歴史を刻み始めた。原発マネーは町に活気をもたらし、春には東京電力が町の人達を招いて花見を楽しむのが恒例行事だった。しかし鈴木さんは、震災の翌日に原発が牙をむく姿を目の当たりにしたという。

2014年9月、佐藤雄平前福島県知事らは、国が復興の柱と位置づける中間貯蔵施設の建設計画を受け入れた。その一方で建設予定地には地権者2,365人がおり、「私たちを居住区内から追いだそうとするのか」という声が上がった。中間貯蔵施設の予定地の中、原発からわずか300mほどにある一軒の家は、実は「じじい部隊」のリーダー・鈴木さんの自宅だった。鈴木さんは「思い出っていうか、愛着がある」と語った。

キーワード
福島第一原発事故
大熊町(福島)
大熊町役場
壇蜜
帰還困難区域
放射線
東京電力
佐藤雄平前福島県知事
伊沢史朗双葉町長
渡辺利綱大熊町長
中間貯蔵施設
南相馬市(福島)
双葉町(福島)
郡山市(福島)

我ら じじい部隊〜中間貯蔵に揺れる故郷〜 (バラエティ/情報)
01:11~

2015年8月、原発事故から数えて5回目の盆の入り。それぞれの避難先から墓参りの為に町に戻ってくる人は年を追うごとに増えていて、除染が進んだ町中でも放射線量は確実に下がってきていた。2015年10月、中間貯蔵施設の建設予定地に家や土地を持つ地権者が集まった。国は地権者1人1人と用地契約を結ぶ方針だが、この時点で契約が成立していたのは2365人の内たった14人だった。

2015年12月16日、鈴木さんが避難する郡山市の家に、国の担当者がやってきた。用地交渉を始めようとする担当者に、鈴木さんは「中間貯蔵施設が必要だという事は理解しているが、復興の為には中間貯蔵以外に東電の廃炉が求められている。東京電力の敷地が足りない場合は中間貯蔵よりも優先して廃炉の方に土地提供を…」と要求した。

2015年12月22日、鈴木さんは妻の喜久子さんと大熊町の家にいて、庭の手入れをしていた。鈴木さんは、いずれ住めなくなる事は分かっていても、綺麗な状態で最後を見届けたいと語った。

キーワード
福島第一原発事故
大熊町(福島)
放射線
中間貯蔵施設
郡山市(福島)
東電

我ら じじい部隊〜中間貯蔵に揺れる故郷〜 (バラエティ/情報)
01:18~

福島県で中間貯蔵施設の建設そのものが滞る中、その前段となる試験輸送が既に始まっている。県内全域から様々なルートで除染廃棄物を詰めた黒い袋が次々と運び込まれていて、30年保管した後は県外で最終処分される約束だが、その場所が何処になるのかは目処も立っていない。2015年11月、大熊町を流れる川には鮭が遡上してきており、故郷を目指し必死に泳ぐ鮭の姿に鈴木さんは自分達の境遇を重ね合わせていた。それぞれが複雑な思いを胸に、「じじい部隊」は活動している。

キーワード
大熊町(福島)
中間貯蔵施設
除染廃棄物

エンディング (その他)
01:23~

NNNドキュメントの番組宣伝。ホームページは「NNNドキュメント」で検索。

キーワード
NNNドキュメント
  1. 前回の放送
  2. 2月1日 放送
  3. 次回の放送