皇室日記 2013年9月22日放送回

『皇室日記』(こうしつにっき)とは、日本テレビをはじめとする一部の日本テレビ系列局および日テレNEWS24(CS)で1996年4月7日より放送されている皇室を中心とするテレビ番組である。当番組前身番組に当たる『皇室グラフィティ』についてもこの項で述べる。

出典:goo Wikipedia

放送日 2013年9月22日(日) 5:35~ 5:50
放送局 よみうりテレビ

番組概要

オープニング (その他)
05:35~

オープニング映像。

9月12日、陛下はトルクメニスタンのベルディムハメドフ大統領と懇談。2020年の東京五輪開催決定に大統領からは祝福の言葉があった。

翌日両陛下はモンゴルのアルタンホヤグ首相夫妻と懇談。懇談ではモンゴル出身の力士が活躍している大相撲などが話題となった。

同じ日両陛下は江東区にある「東京辰巳国際水泳場」で行なわれた第68回国民体育大会水泳競技を観戦。説明を聞きながら、選手たちの力強い泳ぎを見守られた。

14日には代々木公園で日本とベトナムの文化交流の祭典「ベトナムフェスティバル2013」が開催され、秋篠宮ご夫妻が開会式に出席。日本とベトナムは開講関係樹立40周年をむかえる。

台東区にある国立国会図書館国際子ども図書館を、井田由美アナウンサーと青木源太アナウンサーが訪れる。ここは13年前に設立された日本初の児童書専門の図書館で、8月8日には皇后様も訪れられ、展示作品をご覧になられた。

キーワード
天皇陛下
ベルディムハメドフ大統領
トルクメニスタン
東京五輪
アルタンホヤグ首相
皇后陛下
モンゴル
国民体育大会
江東区(東京)
ベトナムフェスティバル2013
ベトナム
秋篠宮さま
紀子さま
台東区(東京)
皇后さま

皇后さま 子どもの本への思い (バラエティ/情報)
05:39~

世界の子ども達と本をつなぐ活動をしている団体「国際児童図書評議」のニューデリーで行なわれた大会に、皇后様はメッセージを寄せられ、自らの子ども時代の読書体験について語られた。

幼少期から本に親しまれてきた皇后様は、20歳の時に読売新聞が行なった成人の日記念感想文に応募され、4000を超える作品の中から、2位に入選された。

皇后様は結婚後、ご自身が読まれた児童文学を子ども達と一緒に読み返し、児童文学に関するイベントにも出席。平成3年には「はじめての やまのぼり」(至光社)という絵本も出版された。

皇后さまは平成4年に「THE ANIMALS どうぶつたち」(文藝春秋)という本を出版。こちらは詩人のまど・みちおさんの作品を英訳された絵本だった。

皇后様がまど・みちおの詩の翻訳を手がけられた本「THE ANIMALS どうぶつたち」の編集を行なった元IBBY国際理事で、八幡平市に住む末盛千枝子さんに話を聞く。当時のことを振り返り、最初にお願いする時に詩を訳するときには詩人でなくては訳せないという意味合いから皇后様に翻訳をお願いした事などを語った。

平成6年にまど・みちお氏が国際アンデルセン賞を受賞。選考の際には皇后様が翻訳された80篇の詩が参考にされた。それらの英訳詩は後に「THE MAGIC POCKET ふしぎなポケット」「Eraser けしゴム」「Rainbow にじ」(文藝春秋)と題されて出版。

東日本大震災のあと、皇后様は陛下とともに被災地や避難所を回ったが、同じ頃末盛千枝子さんは、3・11 絵本プロジェクトいわてという全国から絵本を集めて、子供達に届ける活動を実施。ここには、皇后様の協力もあった。

キーワード
国際児童図書評議
皇后さま
ニューデリー(インド)
読売新聞
至光社
はじめてのやまのぼり
まど・みちおさん
THE ANIMALS どうぶつたち
文藝春秋
八幡平市(岩手)
IBBY
国際アンデルセン賞
THE MAGIC POCKET ふしぎなポケット
Eraser けしゴム
Rainbow にじ
東日本大震災

エンディング (その他)
05:47~

皇室日記の次回予告。

エンディング映像。

  1. 前回の放送
  2. 9月22日 放送
  3. 次回の放送