所さんの目がテン! 荒れ地開拓5年間の軌跡

『所さんの目がテン!』(ところさんのめがテン!)は、日本テレビ系列(一部地域除く)で1989年(平成元年)10月1日から放送されている、科学・自由研究を中心とした生活情報教養番組。所ジョージの冠番組。通称は「目がテン!」「目テン!」。ステレオ放送、文字多重放送、2006年10月1日よりハイビジョン制作(一部地域を除く)を実施している。2013年4月7日現在の放送回数は1172回を記録した。画像外部リンク 番組ロゴ 日本テレビ公式サイト

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年1月20日(日) 9:55~10:25
放送局 よみうりテレビ

番組概要

オープニング (その他)
09:55~

オープニング映像。

きょうは番組による開拓地「かがくの里」の活動の総集編。今年はウナギの養殖実験に成功するなどの成果が生まれた。

「かがくの里」の活動についてトーク。番組で5年間続けているので最初の頃を知らない視聴者もいるかも、未公開シーンは単につまらないだけのような気がして心配などと話した。

かがくの里 5年間の軌跡 (バラエティ/情報)
09:57~

「かがくの里」の開拓を始めたのは5年前。2014年12月、茨城県内の使われなくなった農地を借り受け、荒れ地に土木業者を呼んで整地して水田と畑を作った。水はけの悪い地面を改良する必要があり、堆肥3トンを運び込んで耕した。最初の作物としてジャガイモを植え付け、翌年7月に収穫した。調理では、足利工業大学による熱効率のよい「ロケットストーブ」が持ち込まれた。

かがくの里 初の調理!!

キーワード
キタアカリ
男爵イモ

かがくの里 5年間の軌跡 (バラエティ/情報)
10:06~

「かがくの里」で最初の作物となったキタアカリ、男爵イモは2015年夏に収穫され、「ロケットストーブ」の火力でふかしいもにして試食した。

「かがくの里」は開拓から5年を迎え、水田や畑で四季を通じて作物が収穫できるようになった。田畑でとれたもち米と小豆による赤飯、小麦から作ったパン、大豆から作った豆腐やみそなどを紹介した。

「かがくの里」で過去5年間に収穫した作物をまとめた。他にも夏野菜や果物などを幅広く収穫した。今後について、果物をもっと増やしてほしいなどと話した。続いては池を使った魚の養殖。

「かがくの里」のため池は、水田に水を引き入れるために初期の工事で掘って作られた。水は土地の近くにわいていたわき水をホースで引き入れた。

水源の発見がウナギ養殖大成功へ!!

キーワード
キタアカリ
男爵イモ
もち米
小豆
小麦
枝豆
大豆

番組宣伝 (その他)
10:13~

「グッと!地球便」の番組宣伝。

かがくの里 5年間の軌跡 (バラエティ/情報)
10:15~

「かがくの里」のため池は、水田に水を引き入れるために作られたが、専門家は魚を育てることを思いつき、水田で卵を産むドジョウを提案した。2015年の秋に放流を行い、翌年の観察では絶滅危惧種を含むさまざまな昆虫が見つかった。ドジョウは成魚のほかに稚魚も見つかり、昆虫をえさに産卵に成功していることがわかった。

「かがくの里」ではほかに、高級魚のホンモロコなどを放流し、養殖に成功した。ウナギの養殖は去年行われ、人工のウナギ養殖では育たないといわれるメスのウナギの養殖に成功した。

「かがくの里」での魚の養殖を振り返ってトーク。育てた魚は料理人を招いて調理したと紹介した。ドジョウはフレンチシェフの「ラ・ロシェル」工藤敏之さん、ホンモロコは和食の「恵比寿笹岡」笹岡隆次さんなど、これまでに招いた料理人を紹介した。

エンディングテーマ:「未来」/所ジョージ

キーワード
ドジョウ
ギンヤンマ
コオイムシ
ゲンゴロウ
タガメ
サカマキガイ
ホウネンエビ
ホンモロコ
ウナギ
工藤敏之さん
笹岡隆次さん
未来

エンディング (その他)
10:24~

所さんの目がテン!の次回予告。来週も「かがくの里」総集編。

エンディングテーマ:「未来」/所ジョージ

「Hulu」による番組配信の案内。

キーワード
未来
Hulu
  1. 前回の放送
  2. 1月20日 放送
  3. 次回の放送