news every. 2018年4月5日放送回

放送日 2018年4月5日(木) 17:53~18:15
放送局 よみうりテレビ

番組概要

ニュース (ニュース)
17:53~

昨日京都府舞鶴市で行われた大相撲の地方巡業で、挨拶に立った舞鶴市長が倒れた。救命措置のため土俵に上がった現役の看護師である女性に対し、行司が「女性は土俵から下りて」と場内アナウンスをしたことがわかった。しかし、看護師の女性はその後も救命措置を続け、救急隊員が担架を運び込んでから女性たちは土俵を下りた。病院に緊急搬送された市長は、くも膜下出血と判明し昨夜手術を受けたという。命に別状はないものの、約1ヶ月の入院が必要とのこと。大相撲では、古くから女性が土俵に上がることを禁止してきた。2000年には大阪府の太田知事が千秋楽の表彰式で土俵に上がることを拒否された。8年前の元大関千代大海の断髪式では、千代大海が土俵を下り母にハサミを入れてもらった。土俵の女人禁制について、専門家は「相撲は神事と位置づけられていることが理由」としている。神様が女神様であるため、女性が土俵に上がると嫉妬されるということから、女人禁制になったという。しかし、今回は人命がかかった一刻を争う事態で、かつ周囲の男性が何も出来ず見守る中で懸命に救命措置を行なっていたのは看護師の女性だけだったという。仮に心肺停止の場合、時間の経過とともに救命の可能性は急激に低下する。厚労省の指針でも、その場にいた人がただちに心臓マッサージを行うよう推奨している。今回の件について八角理事長は「人命に関わる状況で不適切な対応」とした上で詫びのコメントを出した。

昨日まで季節外れの暑さが続いていたが、今日は気温が急降下した。東京都心の最高気温は15.3℃と、昨日より10℃以上下がりようやく平年並みとなったが、寒暖差のため寒いと感じる人が多かった様子。東京新橋の蕎麦屋では、ランチタイムに温かい蕎麦やうどんが次々に注文された。店側は、昨日より10℃寒い今日、温かいつゆを多めに用意したとのこと。4月の東京都心の最高気温推移を見てみると、昨日までは平年より5~9℃高く20℃以上の日が落ち着いていた。お台場のバーベキュー会場でも、昨日は半袖姿の人が多く見られたのに対し、今日はコートを着た人やカイロを持つ人も。都内のクリーニング店では、気温が急降下したことで厚手の服を手元に置いておこうと、客が少なかったという。しかし、店内には昨日持ち込まれた大量の冬物衣類があった。暖かかった昨日、客数は普段の倍程度あったとのこと。明日、完投は再び初夏の陽気に戻り、東海から九州にかけては雨の予報、特に太平洋側は雷を伴う激しい雨に注意が必要とのこと。

菊池桃子さん一日署長に

キーワード
YouTube
春巡業
多々見良三市長
太田房江元大阪府知事
千代大海
厚生労働省
日本相撲協会
八角理事長
舞鶴市(京都)
くも膜下出血
健美
都会の農園 バーベキュー広場
小林ランドリー工場
新橋(東京)
お台場(東京)
品川区(東京)
菊池桃子さん
ストーカー

ニュース (ニュース)
18:04~

東京新橋駅前。警視庁の一日署長としてイベントに参加したタレントの菊池桃子さん。ストーカー行為をしたとして元タクシー運転手の男性が逮捕されてから初めて公の場で語った。正直怖いの一言。怖さが逮捕されたから終わったということでなく今後がまた不安と話した。今後について気持ちは不安定ではありますがきちんと仕事をしなければならないと思っていると話しファンに励ましの声ありがとうございましたと話した。

フェイスブックは利用者の個人情報が流出しCEOが謝罪した。流出した情報は最大で8700万人分流出の可能性と発表。アメリカ議会はCEOから経緯を聞く方針。

佐賀県唐津市の松島。この島の売りは海産物。なかでも最盛期を迎えるウニ。今ウニに異変が起きている。漁場を案内してもらうことに。水深約4メートル。数分で10個ほどのウニが採れた。中を見せてもらうと身の入りが悪いものが。

キーワード
菊池桃子さん
Facebook
新橋駅
カリフォルニア州(アメリカ)
ムラサキウニ
リストランテ・マツシマ
唐津市(佐賀)
松島

ニュース (ニュース)
18:11~

佐賀県唐津市松島。ウニに起きている異変。松島のウニ漁場の半分で身の入りが悪い。アイゴの食害やいろいろ重なっていると思うと漁師は話した。アイゴとは最大で25センチ程で熱帯の浅い海域に生息する魚。このアイゴがウニのエサとなる海藻を食べる。2009年には海藻が生い茂っていたが5年後には少なくなっている。専門家はアイゴが南方系の魚で冬場はいなくなっていたが最近では冬場も見られるようになったと話し、温暖化による海水温の上昇が原因ではないかと語った。約5年前から身の入りの悪いウニに対策も。あえてウニを取り除き残ったウニに海藻を食べさせる。ウニの身が成長しない問題は全国各地でも。津波の影響で海の環境が変わったことやウニの天敵であるヒトデが流され大量のウニが発生。海藻を食べ尽くしてしまい身の入りが悪くなる。神奈川三浦市でも同じ現象が。神奈川県水産技術センターでは3年前から海藻の代わりにキャベツを与える。ウニは雑食なため約2ヶ月与えることで身が詰まるようになる。横浜市内のデパートで試食会などを経て6月頃から販売予定。

キーワード
玄海地区生物教育研究所
神奈川県水産技術センター
キャベツ
ウニ
アイゴ
唐津市(佐賀)
三浦市(神奈川)
松島
南三陸沖
ヒトデ
  1. 前回の放送
  2. 4月5日 放送
  3. 次回の放送