かんさい情報ネットten. 【約3週間…今治市から広島市へ 脱走容疑者の足取りは】

『かんさい情報ネットten.』(かんさいじょうほうネット・テン.)は、読売テレビで2009年(平成21年)3月30日から、平日に放送されている関西ローカルの夕方ワイドニュース番組である。2013年3月22日までは『かんさい情報ネットten!』(末尾のピリオドが感嘆符であった)の番組名で放送されていた。キャッチコピーは「月〜金、夕方、テンの声。」→「かんさいの今とつながる。今を楽しむ夕方テレビ。」→「いざっ! メインキャスター・清水健! これまでの殻、破ります!」→「見るべき点が、見えるten.」→「全方位に、全力。」→「伝えます、ten.のチカラ。」。新聞のテレビ欄には、番組名が「[N]ten.」と表記されている。略称は「ten.」。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年5月1日(火) 15:50~17:53
放送局 よみうりテレビ

番組概要

オープニング (その他)
15:50~

ten.ラインナップ。「最新”脱走犯”足取り&3週間のワケ」「再生密着 産業ホテルが温泉テーマパーク」「摩訶不思議 究明!“関西の謎”」

オープニング映像。

キーワード
広島市(広島)
串本町(和歌山)
神戸市(兵庫)

きょうのトップ (ニュース)
15:50~

暴言を浴びせながら植木鉢の砂を投げつける女。暴行の疑いで逮捕された神戸市の71歳の女は昨日夕方、自宅2階のベランダから下の階に住む40代の女性に向かって砂などを投げつけた疑いが持たれている。警察によると女は少なくとも5年前から被害女性を含む近隣住民とトラブルになっていて、警察に相談が寄せられていたという。調べに対し女は「砂を投げつけたが当たってはいない」等と容疑を否認している。

キーワード
北区(兵庫)

特集 (バラエティ/情報)
15:52~

71歳で認知症になった息子を介護するのは95歳の母、親子が安心して穏やかに過ごせる場所とは…” 認知症にやさしい場所”とは。民家などを活用して一人一人にケアを行う宅老所では、何があっても怒らない、なにがあっても大声を出さない、何事にも指図しない、が徹底されている、105歳の女性はう宅老所に来てから徘徊癖が無くなった、そこには寄り添う人達がいた。老いを見つめて認知症にやさしい場所に密着取材をした。

長野県某所に住む飯島春木さん71歳。彼は認知症を患い母のもとめさん95歳、妻の仁子さん66歳に介護されている。もとめさんの夫・春木さんの父も認知症を患い16年前に他界した。それから間もなく、55歳で春木さんが認知症を発症。少しずつ進行し時計が見れない程進行した。もとめさんは「可愛そう。人並みになってほしいとは思うが仕方のないことなので受け入れるしかない」と話した。この日二人がやってきたのはNPO法人・グループもみじの宅老所「みんなのあもり」。18年前から始まった宅老所で利用者の19人全員が認知症を患い、15人のスタッフが通い・訪問・宿泊等のケアをし、費用は要介護度により月1~2万7千円ほどだという。春木さんは約6年前から通い、父も世話になっていた。長年介護の現場に向き合ってきた田中理事は大事なこととして「何があっても大声を出さない。何事にも指図しない。叱らない怒らない」が大切だという。田中さんは「(認知症患者が)突然荷物まとめて出ていくような現象の背景にはこれがある。患者が求めているのは安心して気楽にいられる場所」と話した。この日は歌の伴奏に使うハーモニカを家に忘れてしまったようでこの日は探しに行かなくては気がすまないようだった。スタッフはそれを止めず付き添いで探しに出た。探しに出て外で頭を冷やすと母のことが気がかりになってきた様子。その後宅老所に戻ってみると妻の仁子さんがハーモニカが入ったカバンを届けてくれた。春木さんの父もハーモニカが得意で生前はよく吹いていたという。

「宅老所 さくら」を取材した様子を伝えた、もとめさんはもうひとつの宅老所を訪ねた、そこには87歳の頃に認知症となった105歳の女性である長谷川まき子さんがいた、もとめさんの夫が宅老所で過ごした頃からの知り合いとの事、「ここに来て長谷川さんから元気を盗んでいるのよ」などとまきこさんは語った。長谷川まき子さんが宅老所に来た頃からの連絡帳の内容を紹介した、徘徊して警察に保護されたり、チョッキ・パジャマ・ズボンの姿でバスタオルとイチゴを持って座っていた事、などが記されていた。現在では徘徊の無くなった長谷川まき子さん、認知症は最も幸せだった頃に戻っていると言われている、亡き夫の話を嬉々として話す長谷川さんについて田中さんは「認知症は今が全てだと言われるけども正にそれ、1年先に今がある保証は無い、だからこそ今を最大限に共有する」と話した。スタッフ達は「介護するのではなくて、毎日、色んな事を学びながら過ごすという感じでしょうか」とコメントした、元気なコツについて聞かれた長谷川さんは「好きにしているだけ、自由にしている」と話した、彼女は宅老所にいる老人たち、その家族たち、皆の励みになっているとの事。

この日春木さんを訪ねると、1か月近く宅老所に寝泊まりしていた。妻の仁子さんが過労で倒れ入院していた。

キーワード
認知症
宅老所 さくら
グループもみじ
みんなのあもり
長野県

特集 (バラエティ/情報)
16:10~

1か月近く宅老所に寝泊まりしていた春木さん。過労で倒れた妻・仁子さんの体調も戻り、この日ようやく家に帰れることになった。母のもとめさんが迎えに来ると、仁子さんのことを心配していた。早く家に帰りたいのか、落ち着かない春木さん。そうかと思えば、母のもとめさんをよそに調理師の永井さんに甘える。1か月ぶりの我が家、春木さんの好物を囲んでの家族団らん。その様子を見て、もとめさんが強く感じるのは…。安心できる宅老所があるからこそ、安心できる我が家がそこにあった。グループもみじの田中理事長は「人がボケていくということは当たり前なんだけど、ボケてもこれまで通りに地域の中でそれなりに暮らしていけることがみんなの幸せであれば。」などと話した。取材を始めておよそ1年、春木さんの認知症は少しずつ進んでいる。7年後の2025年、65歳以上の高齢者5人に1人が認知症を発症すると言われている。

このあとは…365日24時間、救命救急の最前線。

キーワード
グループもみじ
宅老所 みんなのあもり
認知症

ノゾキミ-傑作選- (バラエティ/情報)
16:18~

千里救命救急には次々命の危機にさらされた患者たちが搬送されてくる。千里救命救急センターは日本でトップクラスの救命体制を誇っており、この救命救急センターを支えるのは専門医のライセンスをもつ医師たちのマンパワーといち早く患者のもとに駆けつけるドクターカー。病院に搬送しながら診断と治療することで患者の救命率をあげている。しかし厳しい現実に直面することもある。365日、24時間命と向き合う救命救急の最前線をのぞきみする。

1年間におよそ9千人もの救急患者を受け入れる病院が大阪にある、そんな救命救急の最前線の様子を取材したとの事。

このセンターが管轄するのはおよそ100万人が生活をする豊能医療圏。365日24時間体制でおよそ40人の医療スタッフが救急患者の治療に当たっている。この救命センターの機動力となっているのが25年前に日本で初めて導入されたドクターカー。緊急と判断した消防本部の要請で医師と看護師が現場に急行する。一人暮らしのこの男性。訪問した介護士が倒れているところを発見して救急通報した。呼びかけに反応はないものの、わずかに脈はある。一刻も早く救命センターに搬送しなければならない。そして男性の状態をみるために体温を測ってみると25.5℃と体温が著しく低下してしまっていた。この状態が続くと内臓が機能しなくなり死んでしまう。一方救命センターでは患者が低体温症という連絡を受けて体温を上げるための治療準備が進行している。男性の血液を機械で温めて体に戻してやることで短い時間で体温を上げることが出来る。治療を初めて直ぐに男性の体温は上がり始めた。低体温症が改善された男性。その後の検査で自宅で倒れた原因は脳内出血だったことがわかり、その治療を始めることになった。脳卒中などで動けなくなったまま寒い時期なので動けないまま低体温症になってしまうことがあるのだという。

救命救急センターに75歳の男性患者が搬送、金属製のロッカーと軽自動車の間にはさまれたという。医師の問いかけに答える男性だったが、交通事故の場合内蔵が損傷している場合もあり、検査により左側の坐骨骨折が判明、服内に出血が見られたため緊急手術となった。内蔵に大きな損失をうけたが男性は一命をとりとめた。

命と向き合う救命救急の様子を伝えた、この日に搬送されてきたのは70代の男性で大きなイビキをかいているが意識が無い、一人暮らしのこの男性宅に介護ケアのスタッフが訪れた時には意識が無かったとの事。スタッフは「最終に元気なのが確認されているのが金曜日、今日が月曜日、いつから倒れているんのかが分からない」と話した、CTスキャンをしてみると脳に出血が多い、倒れた原因は脳内出血だと分かったが範囲も量もこの病院の設備ではお手上げ、今回のように発見までに時間がかかると手遅れになるケースも少なくないという。

ドクターカー出動要請が入り70歳の男性が歩行中に胸痛を自覚したという。現場ではすでに救急車に患者が収容されておりその場で診察。受け答えをしており意思がはっきりしているため重い症状ではないが、危険な病気だった。

千里ニュータウンは日本初の大規模ニュータウンとして1962年から入居が開始され、多くの家族世代が移り住んだ。それから50年が経ち、核家族化でここには多くの高齢者世帯が残された。千里救命救急センターにはそんな人達の命の砦の役割もある。センターの中島医師は「高齢者が重篤化し搬送される事が多く、一人暮らしで発見されるまで時間が経過しているケースも散見する」と述べた。この日は耐え難い腹痛に突然襲われたという80代男性からのSOS。男性はセキュリティ会社の緊急ボタンを通じ消防へ助けを呼んだ。現場でエコーを使って調べるも命に関わる病ではない可能性が高いため今回は別の病院、二次救急病院に患者の治療を任せた。命に関わる重篤な場面に対応するにはこの様な判断も必要なのだ。

キーワード
大阪府
大阪府済生会千里病院千里救命救急センター
千里救命救急
吹田市(大阪)
豊中市(大阪)
池田市(大阪)
箕面市(大阪)
豊能町(大阪)
能勢町(大阪)
脳内出血
脳卒中
千里ニュータウン
千里救命救急センター
腹痛

ノゾキミ-傑作選- (バラエティ/情報)
16:34~

歩行中に胸の痛みを訴えた70歳の男性。ドクターカーの医師が察知したのは命の危険もある心筋梗塞の疑いがあった。医師からの連絡をうけていた救命センターではすぐに手術ができる体制が整えられており、心筋梗塞の検査をしたところ心筋梗塞だということが判明、引き続き血管を広げる治療をし血流をもとに。無事に手術が終わった男性は体調回復に向かった。地域の救命救急を背負うこのセンターの役割はますます重要になってくる。

キーワード
千里救命救急
心筋梗塞

きょうのトップ (ニュース)
16:37~

今年は戊辰戦争勃発から150年、非公開文化財の公開が京都で行われている事を伝えた。多くの文化財がある京都、鳥羽伏見戦後の跡などを紹介するとの事。

鳥羽伏見の戦い勃発の地から少し南にある法傳寺、この寺では幕府側の負傷者の手当などが行われた。今回、公開されたのは東軍(幕府)の戦死者名簿、伊藤住職は「ここでお亡くなりになられた方も多数いて、その方の名簿を作られた」と解説した。他にも当時の兵士が使用していた刀や銃などが公開されている、伊藤住職は「今でこそ暮らしやすい時代になりましたが、当時はそうでは無かったと、こういった物から勉強させて頂いて、今の時代がどれだけ大事かを感じたいと考えております」とコメントした。一方、養源院では普段は見られない庭園が見学出来たり、閉じられている逗子を開けて毘沙門天を見ることが出来るようになっている、ここは当時、薩摩藩が野戦病院として利用された、薩摩藩邸が近かった事と本尊が病気を癒す薬師如来だからとの事。平塚副住職は寺のあちこちに薩摩藩士が付けたという刀傷がある事を紹介した、「こちらにも2つ、大きなのがあります、ここで争ったという訳ではなく、負傷した藩士が戦に出られない悔しさから傷をつけたとか、高熱・麻酔の錯乱状態から傷をつけたと言われています」とコメントした。また周辺が激戦地となった妙教寺では、松井住職が「徳川軍が薩長軍に向かって撃った大砲の弾が誤ってこの寺に飛び込んで来ました」などと壁や柱を破壊した様子を説明した、150年前の戦いの激しさが今もハッキリ残っている、当時の住職は柱も壁も修理せずに当時の様子を書き残していた、いわく”銃弾が雨の如くこの寺に集まってきた、猫や犬が驚き走り去った、ああ、危うかりし”との事。さらに住職は柱の修復をしないように後に伝えて、敗者側の墓参りをするようにと命じたとの事。松井住職は「負けた側は死体を片付ける事さえ許されなかった、それを不憫に当時の住職が思った」と解説した、寺では150年前の思いを今も伝えている事について松井住職は「西欧の植民地になるか否かという時代ですから、日本人同士が考え方の違いで戦った、そんな時代ですから、そういう歴史も今の方に知って頂きたい」と語った。いずれの寺でも非公開文化財としての特別公開は5月6日まで、大人800円、中高生400円、との事。

京都大学のキャンパス周辺にならぶ立て看板が、市の行政指導をうけきょう、京都大学が立て看板の規制に乗り出し、大学側と学生らが小競り合いとなった。立て看板は京大の名物とも言われ、サークルや新入部員の募集、大学に対する批判などがあり地元ではおなじみの光景となっていた。京都市では2007年、昔ながらの景観を守るため「屋外広告物等に関する条例」を制定、京都市は大学の立て看板が条例に違反するとし、去年10月に大学側に文書で改善指導していた。これをうけ大学側はきょうから立て看板の規制に乗り出したが学生が反発した。長年立て看板を見続けてきた街の人からは「寂しい」「話し合いして共存したら」などの声が聞かれた。大学生から立て看板を惜しむ声がある一方で、大学側は最終的に強制撤去を行う方針。

先月8日、愛媛県今治市の刑務所から脱走し、3週間以上にわたり逃亡していた容疑者が、きのう広島市で逮捕された。きのうみせた容疑者の顔は髪は手配写真より少しのび、無精髭も伸びているように見えた。逃走劇に終止符を打ったのは、ネットカフェからの通報で、容疑者が潜伏しているとみられていた向島から直線距離で約65キロ離れた広島市南区だった。通報をうけ周辺操作をしていた警察官が容疑者を発見した。身柄を確保されたとき容疑者は観念した様子だったという。

立て看板について円は「京都といえば観光の街であり学生の街でもあるので立て看板も文化の一つと考えれば一概に悪くないのでは」と述べた。住田は「京都の街らしさは他の街より意義があるので外国人が増えてきたときに立て看板がどう作用するか考えないといけない。私の時代はもっと政治的なことが書かれており、場合によっては機動隊が出動するほどのものなのでなんと平和的な立て看板だろうと思う」と述べた。伊藤は「話し合いで歩み寄れるなら歩み寄っても良いのでは。やはり文化としての面や学校の自由な校風を表す上でも意味がある」と述べた。

容疑者は向島の岩屋山近くの別荘の屋根裏に潜伏していたと供述、先月27日には警察が屋根裏から食料やトースター、布団などを発見していた。容疑者はテレビも持ち込んでおり、向島で行われていた大規模捜索も認識していたと見られている。本州に渡った方法については、24日島から泳いで尾道水道を渡り本州に上陸した供述している。地元の遊漁船業者の男性はよく泳いでいたと話し、海が穏やかになる潮止まりが24日から25日未明にありその時間を狙った可能性もある。また容疑者は盗んだバイクで尾道市を出て、無人駅の安芸長浜駅から電車で広島に向かったと見られている。容疑者逮捕をうけ謝罪した上川法務大臣は、保安警備や処遇のあり方について検証・検討をすすめ、再発防止策の徹底に務めるとした。法務省は今回の事件を受け、検討委員会を設置し顔認証システムの導入や受刑者へのGPS装着などを検討している。

今日、松山地検に身柄を送られた容疑者はこれまでの調べに容疑を認め、脱走した動機として「日々の刑務官の接し方や指導に不満があった」等と供述しているとのこと。脱走から3週間以上経っての逮捕となった今回の事件に何故ここまで逃げられたのかこの後スタジオで解説する。

向島から泳いで本州に渡ったという容疑者。その向島から中継。幅は最も狭いところで200mほど。地元の人によると「流れは早いが泳いで渡ろうと思えば渡れないことはない」と述べ、実際に遊びで泳いで渡る人もいるという。容疑者は詳しい位置はわからないが尾道水道を泳いで渡り本州へ逃走した。警察は海沿いを警戒していたが、泳ごうと思えばどこからでも飛び込める地形になっているので結果として逃走できてしまった形となる。今後は警備体制の不備や油断がなかったか検討していく形となる。大田は「僕も見ていて頑張れば泳いで渡れないことはないだろう」と述べた。一般人でも泳ぎと体力に自身があれば泳いで渡れないことはないだろう。容疑者はの岩屋山の山腹にある別荘の屋根裏を潜伏先にしており、その麓には工場・住宅が立ち並び、山から出ている細い道にはたくさんの空き家・倉庫などがあり捜索するには難しい地形だった。ただ警察は逃走直後はヘリを出したり山狩りを行うなど重点的に調べていたが、発見できず本州への逃走を許してしまった。今後は捜査と潜伏の検証が重要となる。

キーワード
京都府
鳥羽伏見
戊辰戦争
法傳寺
鳥羽伏見の戦い
京都大学
京都市
京都市議会
養源院
屋外広告物等に関する条例
毘沙門天
左京区(京都)
広島東警察署
妙教寺
今治市(愛媛)
広島市(広島)
尾道市(広島)
南区(広島)
向島
松山地検
今治警察署
尾道水道
安芸長浜駅
薬師如来
上川法務大臣
法務省
松山刑務所大井造船作業場
千光寺
竹原市(広島)
岩屋山

タカオカ目線 (ニュース)
16:57~

今回長期間捕まえれなかったのは警察の大失態だと高岡さん。なぜ23日間逃げれたか。もし大阪で逃げていたらどうなっていたか。今後の罪はどうなるかを説明するという。

23日間逃げれた理由はしまなみ海道だという高岡さん。しまなみ海道は極めて事件が起きたときに探すのが難しい場所なのだという。松山刑務所から脱走したので松山地検が捜査の指揮を取ることになるが、検察庁はたくさんの捜査員を持っていない。協力はしているが、ここはあなたの担当だというのがあるのだという。広島側の対策本部は尾道警察にあり、海上保安庁は広島にあり愛媛は今治署にあってややこしいという。

タカオカ目線にて高岡は映像を用いて、壁を逃げようとした受刑者が捜査員を一本背負いしている事を伝えた。高岡は「屈強な広島県警の若い警官を一本背負いで決めている、もうちょっとで振り切られるぐらいのスピードでした」とコメントした。また高岡は刑務所の受刑者らが体力が充実している事、労働イコール運動である事、規則正しく栄養に良い適度な食事である事、3年前まで社会にいた事で世慣れしている事、などを補足した。

高岡さんは、容疑者の罪は単純逃走罪と加重逃走罪の2種類あるとし、何かを壊すと加重逃走となるため刑務所を脱走した場合通常では加重逃走(3か月以上5年以下の懲役)となるが、今回はものを壊さず逃げているため単純逃走罪で1年以下の懲役となる。高岡さんは壊したのは刑務所の周辺住民の理解だと伝えた。

タカオカ目線にて高岡は受刑者が大阪で逃げていたらどうなったかを解説した、都会は基本的に無関心で、マスクに違和感が無く、警察犬も匂いが多すぎて分からないとの事。

脱走23日間 逃走劇に幕を引いたが窃盗犯だという油断はなかったか。向島には23000人の人がいて1000人の捜査員で良かったかと高岡さん。強盗殺人なんかだったらもっと、大きな布陣を踏んだだろうという。彼が島で包丁を盗んでいたりしてたら、やり方が変わるのだろうと高岡さん。警察の装備を見ても初日、2日目の方が重装備で段々軽くなってきているという。窃盗をしているときに島民と合ってしまったときに、強盗に発展することもある。パニックになって犯罪になる可能性もあるので軽微な犯罪だからといって油断するのは違うという。

キーワード
大阪府
しまなみ海道
松山刑務所
松山地検
尾道警察
単純逃走罪
加重逃走罪
今治署
海上保安庁
今治市(愛媛)
福山市(広島)
広島県警
窃盗罪
尾道水道
法務省
広島市(広島)
向島

ニュース (ニュース)
17:07~

アメリカのトランプ大統領は日本時間の今日未明、米朝首脳会談について、韓国と北朝鮮の軍事境界線にある板門店で開催する可能性が高いとのべた。

大阪市住吉区で母親が2歳の娘を投げ落としたとし逮捕された事件で、一緒にいた夫が「妻を止めようとしたが間に合わなかった」と話していることがわかった。

女子高校生に対する強制わいせつの疑いで書類送検されていたTOKIO・山口達也メンバーについて、東京地検はきょう不起訴処分とした。

パワハラ問題をうけ捜査をうけている大韓航空の元専務が、警察の事情聴取の前に謝罪した。元専務は会議で広告代理店の社員に声を荒げドリンクをかけたとされており、姉は2014年に「ナッツリターン事件」を起こしている。

キーワード
トランプ大統領
米朝首脳会談
板門店
住吉区(大阪)
TOKIO
山口達也メンバー
強制わいせつ
東京地検
大韓航空
パワハラ
ナッツリターン事件

きょうのトップ (ニュース)
17:08~

階下の住民に”砂かけ” 、近隣トラブルで暴行女が逮捕された事について、スタジオの円は「2年もやってたんでしょう、どうしてもっと早く逮捕出来なかったんだろう」、と感想を述べると、住田は「こういった近所迷惑のモンスターみたいな方がたまに出てくる、罪は軽微なんだけども逮捕した社会や警察を逆恨み、逆ギレ、で再犯を繰り返す。執行猶予付きですぐ出てきますので、こういった人は孤独な人が多いので絡め手も使えない。孤独が一番の問題」と解説した。

神戸市北区の集合住宅に住む71歳の女が、下の階の40代の女性住民に向かって砂などを投げつけたなどとし、きのう暴行の疑いで逮捕された。警察によると約5年前に女が気に入っていたスパッツを1階に落下、取りに行ったが無くなっていたため被害者が盗んだと思い嫌がらせがエスカレートしたと見られている。同様の被害は過去にも起きており、近隣住民は数十万円をかけフェンスを設置するなど対策に頭を悩ませてきたという。女は20年前から周辺の住民とトラブルになっており、警察にも相談が寄せられ度々警察官が女を訪ね注意していたという。調べに対し女は「砂を投げつけたが当たっていない」と容疑を否認している。

キーワード
北区(兵庫)

特集 (バラエティ/情報)
17:13~

串本に大江戸温泉物語がオープンした。その裏側では看板である海が見える絶景露天風呂で想定外の出来事が。マグロの解体ショーを任された料理人に問題が。廃業旅館再生への苦難の道のりを追った。

和歌山県串本町は海に囲まれた紀伊半島の突端には豊かな自然がおりなす絶景スポットが存在している。6年後には、高速道路が串本まで延伸し大阪方面からの所要時間は大幅に短縮予定となっている。また日本初となる民間ロケット発射場の最有力候補地となっている。その串本で課題となっていたのが観光の町だが泊まりたいと思っても宿泊施設があまりないということ。その地に先週オープンしたのがおおえ南紀串本。値段は一泊二食で7980円からとなっているという。

「大江戸温泉物語 南紀串本」の説明を伝えた、関西では兵庫・城崎温泉と大阪・箕面に続いて3エリア目となる、なぜ串本なのか。北本支配人は「もともとあったホテルがなくなった、串本町としても何とかしたかった」と語った、実は2年前に廃業したホテルを買い取った物で低価格実現の為に部屋の改装も最低限、しかも串本町は全国でも有数の漁業の街、バイキングの種類の充実が可能となる点などから、串本町が選ばれたとの事。さらに地元の南高梅エキスをエサに配合された”紀州梅まだい”を目玉商品とする為に、水産業者に提供できるようにルートを確保したとの事。

開店1ヶ月前、支配人が旅館の目玉にしたいと作った露天風呂について部屋からは見えないが海側からの通行人に見えてしまう可能性が出てきた。太平洋を見たいが外から見えないようにするため壁の高さが議論された。目隠しのため簾を設置したがそのため浸かった際に簾越しにしか海を見れなくなった。海を望みつつプライバシーを守るという難しい課題に直面。果たして海が見える露天風呂は完成するのか。

オープンまで1週間ということでバイキングの試食会が始まった。品川プリンスホテルで年間100万人を集客した伝説の料理人高階料理顧問。料理とポップが違っていたり、初歩的なミスが起き厳しい声が飛ぶ。

開館直前まで試行錯誤が続けられた露天風呂は簾の代わりにマジックミラーを設置し、太平洋を望める露天風呂を完成させた。宿泊客らは「この安さでこの内容なら満足」「接客もよろしいし感謝して帰る」等と述べた。一度は廃業した旅館に再び灯された灯り。和歌山・串本町の地域活性化に向け旅館は「これからも地域との交流を深めていきたい」としている。

最大の売りマグロの解体ショーの練習も行われた。この大役を任されのはベテラン料理人の全田さん。ベテラン料理人と言えどマグロ解体の人前での調理は初めて。「性格的に人前でしゃべるのが苦手な方」だという全田さん。大江戸温泉物語 南紀串本オープン当日お客さんが訪れ123部屋ある客室は満室だという。全室オーシャンビュー。中居が不在で布団が敷いてあるのも安さのカラクリだという。バイキングレストラン開店、夕食だけで80種類を超える料理が並ぶ。お刺身が新鮮だという宿泊客。マグロ解体ショーがスタート。全田さん緊張している様子。練習の成果が出たという全田さん。歓声も出ていたので手応えを感じたという。

地域活性化を目指す廃業旅館、再生の舞台裏を取材した事についてスタジオの出演者らは、「お得ですよね」、「アレ食べたらどんなに美味しいだろうか」、「人が来たらマジックミラーになるとはね」、などとコメントした。高岡は「せっかく円さんが興奮してくれたし、ここは顧問になるという事で」などとコメントした。

このあとは…特集、街に潜む不思議を調査、第5弾、不思議…関西に潜む謎を徹底究明。

キーワード
大江戸温泉物語
マグロ解体ショー
串本町(和歌山)
樫野崎灯台
橋杭岩
大江戸温泉物語 南紀串本
城崎温泉
箕面温泉
紀州梅まだい
大阪府
兵庫県
品川プリンスホテル
大島大橋
梅真鯛のあぶり

イチバン (バラエティ/情報)
17:29~

街に潜む不思議を調査の第5弾を武田が究明する事を伝えた、街の至る所にある不思議な場所や物体、今回も徹底的に究明する。

イチバンコーナーにて武田は長さ70メートル、幅3メートルの路地にカラフルな水谷模様がある事を紹介した、周辺には水玉模様が無く、この道路だけの模様。地元の人々に水玉の理由を問うと、「分からん」、「テンション上げる為?」、「雨の日に踏んだらグーグー鳴る」、などとコメントしてもらった。この道路はどうやら神戸市の担当らしく、神戸の担当者に話を聞くこととなった、大澤はるかさんは「”遊戯道路”という道路で、目立たせるために水玉模様が塗ってあります。昔は路地で子どもたちが遊んでいました」とコメントした。1960年代はまだ子どもたちが道路で遊ぶ事が多く、車との事故も多かった為に子どもたちが安全に遊ぶために規定の時間は車の侵入が禁止となり、その頃の名残であるとの事。かつて大阪市にも残っている場所もあるとの事。水玉の正体は高度成長期に子どもたちを守るための工夫であった模様。

神戸ハーバーランド周辺。神戸港から海沿い周辺を歩いているとこの海沿いに紛れ込んでいるのは倉庫の周りに紛れ込むリアルなマネキン。マネキンは総計8体で倉庫の屋根や壁の作業をしており、しかもその作業は途中で止まっている拘りっぷり。地元の方は「技術者のような背中を感じる」「風邪でも倒れない。大変に思う」等と愛着を持っているよう。何故設置したのか聞いてみるとカラス避けや防犯等様々な憶測が飛び交った。マネキンが居る敷地はJR西日本の資材センターであるのでJR西日本に問い合わせてみると「マネキンは神戸市が設置した。」とのこと。担当者によると「1992年に神戸ハーバーランドが街びらきしたときに海際を楽しく見せたいということで、対岸の敷地を所有していたJRさんにマネキンを置かせてもらえないかとお願いし協力を得られたので設置した。」とのこと。最初は11体あったのが阪神淡路大震災と台風等によって3体がなくなり現在は8体になっている。

作業員のマネキンを実際に見たことがあるという円。誰か働いていると思ったという。散歩している方はみんなマネキンと分かっているのだという。神戸市の方が街開きのためにユニークなものを展示しようとなったという。神戸市がもっと上手くアピールすれば良いという高岡さん。

京都のライブ映像を背景に蓬莱さんが、このあとは…明日は天気下り坂、雨となる。この後おとどけする。

キーワード
神戸市
神戸港
遊戯道路
JR西日本
大阪市(大阪府)
メインストーム
京都府
神戸ハーバーランド
阪神淡路大震災
中央区(兵庫)
神戸市(兵庫)

蓬莱さんの天気予報 (ニュース)
17:44~

京都では今日29.5℃まで気温が上がり7月並みの気温となった。暑さ対策としてクールビズが始まった。ラグビーの町東大阪市の役所では市長と職員がラガーシャツに衣替えした。来年9月に地元で開かれるラグビーワールドカップを盛り上げようと8年前から着用している。期間は10月31日までで期間中市役所ではエアコンの温度が28℃に設定される。

近畿地方の天気予報を伝えた。

キーワード
クールビズ
東大阪市役所

番組宣伝 (その他)
17:52~

「かんさい情報ネットten.」の番組宣伝。

スポット

スクール/教育

京都大学

宗教

妙教寺
法傳寺
養源院
千光寺

政治/経済/地方自治体

松山地検
東京地検
神戸市
尾道警察
広島県警
海上保安庁
東大阪市役所
松山刑務所大井造船作業場
広島東警察署
松山刑務所

旅行

樫野崎灯台

美容/健康/医療

千里救命救急センター
千里救命救急
  1. 前回の放送
  2. 5月1日 放送
  3. 次回の放送