かんさい情報ネットten. ten.特別編「ゲンテンSP」上沼恵美子&渡辺謙&市川海老蔵&高畑充希(他)

『かんさい情報ネットten.』(かんさいじょうほうネット・テン.)は、読売テレビで2009年(平成21年)3月30日から、平日に放送されている関西ローカルの夕方ワイドニュース番組である。2013年3月22日までは『かんさい情報ネットten!』(末尾のピリオドが感嘆符であった)の番組名で放送されていた。キャッチコピーは「月〜金、夕方、テンの声。」→「かんさいの今とつながる。今を楽しむ夕方テレビ。」→「いざっ! メインキャスター・清水健! これまでの殻、破ります!」→「見るべき点が、見えるten.」→「全方位に、全力。」→「伝えます、ten.のチカラ。」。新聞のテレビ欄には、番組名が「[N]ten.」と表記されている。略称は「ten.」。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年1月3日(火) 16:55~18:00
放送局 よみうりテレビ

番組概要

オープニング (その他)
16:55~

かんさい情報ネットten.特別編 ゲンテン一挙公開SPをお送りする。

ゲンテンSP (バラエティ/情報)
16:56~

”とと姉ちゃん” 高畑充希のゲンテンに迫る!

唐沢寿明と清水健の対談映像。ブルース・リーに憧れて役者を志すも、通行人や仮面ライダーのショッカーなどエキストラばかりだった下積み時代について、「基本的に家がなかった。仲間の家に泊めてもらったりとか。根拠のない自信があった」とコメント。そんな唐沢の初めての顔出し出演がよみうりテレビのコーナー。職業を偽り、サラリーマンとしてサラリーマン同士が争うレースに出演していた。その後、爽やかなイメージに転身すると徐々に仕事が増え、NHK朝のドラマ「純ちゃんの応援歌」に大抜擢。さらに、このドラマで後に妻となる山口智子と出会った。最後に、「(下積み時代の自分が今の自分を見たら)何やってんだお前はと。でもそのままでいいよって言う」と語った。

盲目のピアニスト・辻井伸行と清水健による対談映像。生まれつき目が見えなかったが、小さい頃からおもちゃのピアノで遊んでいたことについて、「自然にやっていた。(母の)歌に合わせて1~2回ぐらい歌うとすぐに弾けたみたい」とコメント。厳しかったという父親については、「(小学1年生の時に初めてコンクールで優勝した時)父は冷静に、リトルリーグで優勝してもプロ野球選手になれる人はほんの少ししかいないんだからもっとピアノだけじゃなくて勉強もちゃんとしなきゃダメだと言われました」とコメント。気分転換に氷川きよしの「ズンドコ節」を歌うことが好きで、理想の女性は浅田真央選手とのこと。最後に、「音楽って終わりがない。いろんなことをまだまだ勉強していかないといけない」と語った。

キーワード
とと姉ちゃん
高畑充希
20世紀少年<第1章>終わりの始まり
20世紀少年 〈最終章〉 ぼくらの旗
ショッカー
純ちゃんの応援歌
山口智子
愛という名のもとに
ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール
カーネギーホール
ロイヤル・アルバート・ホール
辻井伸行 世界が感動した奇跡のコンクール・ドキュメント
氷川きよし
ズンドコ節
浅田真央選手

ゲンテンSP (バラエティ/情報)
17:19~

「かんさい情報ネットten.」の番組宣伝。

朝ドラ女優高畑充希。朝ドラは経験済みだがヒロインはわけが違ったとトーク。何でも「なんとかなる」と思っており24歳とは思えない肝のすわりよう。そもそも役者を目指した理由は親の趣味が演劇だったから、5歳のときにピーターパンをみて舞台女優に憧れ、中学入学後は片っ端からオーディションをうけたという。数え切れないほどのオーディションに落ちていたがあるオーディションで1万人のなかから主役に抜擢され舞台女優に。

ノーベル賞医学者山中伸弥。実はもともと整形外科医、手術が苦手で「ジャマナカ」と言われていたとか。研修医2年目にずっと応援してきてくれた父親が亡くなったことをきっかけに27歳で研究者に。アメリカのグラッドストーン研究所に留学、万能細胞に出会いのめり込んだ。アメリカから帰国したときは環境の違いに苦しんだが後に奈良の大学で研究室付きの助教授に就任した。その後iPS細胞を開発、開発した瞬間は実は間違いだと思っていたそう。「よし!」と思った瞬間はまだなく、難病治療への実用化がゴール。

天台宗権大僧正瀬戸内寂聴。このあと不倫に離婚…寂聴さんの壮絶人生とは。

キーワード
連続テレビ小説 とと姉ちゃん
ピーターパン

ゲンテンSP (バラエティ/情報)
17:41~

「大切な人との別れ」どう向き合うのか?

「かんさい情報ネットten.」の番組宣伝。

瀬戸内寂聴と清水健による対談映像。結婚・出産・不倫など壮絶な人生を歩んできた寂聴。25歳の時に娘を置いて家を出たことについて、「子どもを置いて出るなんて正気じゃない。あの時は気が狂っていた。何も後悔していません。94年生きてきて。でも子どもを置いて家を出たことは最大の失敗」とコメント。92歳でガンの手術をし、見事克服した今の寂聴が考える死について、「怖くない。みんなに会えると思ってます。遅かったねなんて言われて、その晩は歓迎パーティーですよ」と語った。

キーワード
112日間のママ

ゲンテンSP (バラエティ/情報)
17:50~

寂聴さんが清水キャスターにかけた言葉

瀬戸内寂聴と清水健による対談映像。大切な人との別れについて寂聴は、「別れがあっても会えたことがよかったんじゃないですか」とコメント。清水と妻の闘病生活を振り返った手記「112日間のママ」を読んでくれていた寂聴。「終わりまで読んだら涙が出て仕方がなかった。彼女の優しさに泣いた。あなたに会って赤ちゃんを産んで、彼女は幸せだと思って亡くなっていますよ。どうせあなたもいくんだから。向こうで待ってるんだから」と語った。

キーワード
寂聴さん
112日間のママ

ゲンテンSP (バラエティ/情報)
17:58~

瀬戸内寂聴と清水健の対談映像。これまでの人生を振り返った寂聴は、「好きなことをしてきたからね。苦労したという自覚はひとつもないです」とコメント。対談後、再び寂聴のもとを訪れた清水。「食べなさい。そして笑いなさい」と背中を押されたという。

エンディング (その他)
17:59~

次回のゲンテンは内村航平。近日公開予定。

「かんさい情報ネットten.」の番組宣伝。

キーワード
かんさい情報ネットten.
内村航平

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 1月3日 放送
  3. 次回の放送