かんさい情報ネットten. 2014年6月5日放送回

『かんさい情報ネットten.』(かんさいじょうほうネット・テン.)は、読売テレビで2009年(平成21年)3月30日から、平日に放送されている関西ローカルの夕方ワイドニュース番組である。2013年3月22日までは『かんさい情報ネットten!』(末尾のピリオドが感嘆符であった)の番組名で放送されていた。キャッチコピーは「月〜金、夕方、テンの声。」→「かんさいの今とつながる。今を楽しむ夕方テレビ。」→「いざっ! メインキャスター・清水健! これまでの殻、破ります!」→「見るべき点が、見えるten.」→「全方位に、全力。」→「伝えます、ten.のチカラ。」。新聞のテレビ欄には、番組名が「[N]ten.」と表記されている。略称は「ten.」。

出典:goo Wikipedia

放送日 2014年6月5日(木) 16:47~17:53
放送局 よみうりテレビ

番組概要

オープニング (その他)
16:47~

オープニング映像

木曜ゲキ追 モクゲキ (ニュース)
16:47~

今日は若い女性に勧誘をさせ高齢男性に社債を購入させていた会社の手口に迫る。

取材班は今年2月フォーエブリの社長の連絡先を入手、電話をしてみると「直接会って話してもかまわない」との返事が返ってきた。後日取材班は社長と面会、「会長の指示通りに動いていただけ。集めた11億円のうち3億円は支店の報酬となり、4億円は会長が流用、4億円は事務所の家賃などの経費に消えた。」と説明した。さらに関連事業に投資していないことをすんなりと認め、「詐欺と言われれば詐欺かと思う。責任はとらないといけないと思ってる。」などと話した。この取材から2週間後、社長の男は鹿児島県で詐欺の受け子として現行犯逮捕された。

大阪府に住む90歳のAさんはおととし3月に社債購入を促す電話があり300万円の社債を購入、金利は年6.5%で年3回支払われるとの条件だったが、1万円弱の利息を最後に支払いは止まってしまった。

Aさんに社債を購入させたフォーエブリを番組は取材、記載された住所を訪れると事務所内はすでにもぬけの殻となっていた。事務所内には携帯電話や電話、社債申込書などが残されていた。調べによるとこれまでに社債を購入した人は465人にのぼり、販売総額は11億円にのぼる。

利息の使い道を調べるため番組は社長の自宅へ伺うと社長の姿は見当たらなかった。会社は年に数回大阪市や名古屋市で説明会を開催し投資先である事業や商品を木村社長自ら説明していたという。社債を購入した男性は社長の印象について「40代前後の好青年という印象を受けた。金利が高い気もしたが16回目ということもあるので信用出来ると思ってしまった。」と話した。

愛知県に住む83歳のBさんは若い女性に営業訪問で勧誘されたといい、3回で400万円の社債を購入した。実際に使われていた営業交渉マニュアルを見てみると渋る相手の話をすり替えるための会話術が書かれていた。80歳のCさんは女性から季節の便りに信頼してしまい1500万円を支払ってしまったという。

昨日、フォーエブリの会長と社長の男ら5人は金融商品取引法違反の容疑で逮捕された。逮捕前の番組の取材に対し社長は「警察の指摘はすでに認めている。僕は金融商品に関する法律は知らない。」などと話していた。警察の調べに社長の男は「指示をしていたのは私ではない」と否認、会長の男は容疑を認めたうえで「主導は私ではない」などと話しているという。

スタジオトーク。野村氏は「よく未公開株を使った詐欺は流行っていたが、社債はより信じやすい部分があるので注意してほしい。」と話した。

キーワード
フォーエブリ

きょうのトップ (ニュース)
17:04~

スタジオトーク。朴一さんは「僕も外国人なので戸籍がないためサービスを利用できないことはあった。たまたま戸籍がない人がサービスを受けられないのは非常に不条理なこと」とコメントした。

民法772条では妻が婚姻中に身ごもった子は夫の子と推定され、離婚後300日以内に生まれた子は前夫の子と推定される。野村氏は「これはとても不合理な話で、本当の父親が父親と認定されない場合がある。もっと手続きを簡素化するべき」とコメントした。

少子化の中 業績を伸ばすヒミツとは?

出生届の未提出などから様々な行政サービスを利用できない無戸籍者。 41歳の男性は結婚を決めた際に役所に婚姻届を出しにいくも受理されなかったことから戸籍がないことを初めて知ったという。

国の調査によると少なくとも年間3000人の無戸籍児が誕生しているという。無戸籍児家族の会の井戸正枝氏は「戸籍がなければ何も出来ない。運転免許証や就職のさいの身分証提示、銀行口座の開設や携帯電話の契約も出来ない。」と説明した。

30年間戸籍がないというBさん。Bさんの母親は前夫からDVを受けた後、大阪へ逃げBさんの父と結婚した。Bさんの母親は出生届を出すことで前夫から居場所を知られることを恐れ出生届を提出しなかったという。戸籍がない人のために国は現在、各自治体の判断で住民票やパスポートの作成が出来るよう措置を設けているが、現在でも戸籍の取得には費用を課裁判所で調停する必要がある。

キーワード
無戸籍児家族の会
無戸籍児

景気エエ話聞かせて! (バラエティ/情報)
17:18~

1株から6000個!?びっくりトマト。

コーナーオープニング。今回は楽しく学ぶ学校教材でトップシェアを誇るアーテックの宇野泰正会長を取材。

大阪・八尾市のアーテックへ。アーテックでは幼稚園から大学までの教材を扱っており、ユニークな教材で国内の学校教材トップシェアを誇る。アーテックの商品について宇野泰正会長はサイクロンクリーナーを紹介。自分で組立てる教材で組み立てると掃除機のようになる。

注射練習パッドを紹介、皮膚のような感触をしたパッドを体に巻きつけ実際に注射することが出来る。こうした体験出来る教材は大人気で、中にはカードゲームの教材などもある。岩本和也さんは「これで勉強が楽しいことを学んでほしい」と話した。アーテックの商品は開発・設計・カタログ作りなどすべて自社で行っているため低価格であるのも魅力的。

アーテックはブロックを作ったおもちゃも販売、海外でも人気があるという。社内には専用のブロックビルダーが商品化に向け日々新しいデザインを探している。

アーテックのブロックを使って授業を行っている大阪市立苗代小学校。和田久美子先生は「普通にブロックを与えると自分のものを作るのに一生懸命になりがちだが、こうしたブロクで課題を与えると友達とのコミュニケーションもとれる」と話した。このブロックは2013年にはアメリカで玩具賞を受賞、細かい動きが出来ることから企業や研究者も注目しているという。兵庫ベンダ工業とのコラボでは電気自動車も開発されている。

宇野会長はもともと一級建築士として建設会社に勤務、その後奥さんの父親が経営する教材メーカーに転身した。しかし会社は赤字、顧客の細かいニーズに答え業績をあげトップの仲間入りを果たした。会社をトップクラスにさせたという新プロポーション芯を紹介した。

スタジオトーク。中谷さんは「私の時にこれがあったらもっと理科や数学を好きになっていたと思う。」と話し、野村さんは「使い方が1つではないというところが非常に面白いと思う。」と話した。

キーワード
宇野泰正
サイクロンクリーナー
岩本和也
兵庫ベンダ工業
新プロポーション芯

特集 (ニュース)
17:32~

淀川キリスト教病院では患者や家族が入院の際にともす灯を選ぶことが出来る。鍋谷まこと院長は「夜の病院は怖いイメージがあると思うので癒されてもらえばと思った。」と話した。灯を作っているデザイナーの橋田裕司さんは「僕らの作る灯は可愛いなどとよく言われるが、必要なものと感じている人は案外少ない。」と話した。

橋田さんのアトリエではほぼ毎日照明をつくる教室が開かれており、生徒の作った灯も病院へ寄贈されている。去年淀川キリスト教病院で母を亡くしたという坂東圭美さんは、母が手作りの灯を見て元気を取り戻してくれたことがとても印象に残ったといい「やはりどれだけ技術が発達しても心のケアが一番大事だと思う。」と話した。現在坂東さんの最後を見とったふくろうの灯は坂東さんの自宅に置かれている。

この日橋田さんは新たな依頼を受け兵庫・三田市のエバラこどもクリニックへ。診察室や待合室に灯は設置された。橋田さんは最後に「長期入院している人など病院で生活している人に優しい灯が必要であることを知ってもらいたい。」と語った。

コーナーオープニング。全国の病院で取り入れられている手作りの灯を特集。

スタジオトーク。清水さんは「病気の時は普通でいたいと願うもの。こうした灯を取り入れて暖かい空間を取り入れることが大事だと思う。」と話した。

旬感中継 (バラエティ/情報)
17:39~

大阪・高槻市から中継。今日はビニールハウスで栽培されている1株で6000個出来るというトマトを紹介。このトマトを栽培しているのは協和で普段はプラスチック部品などを製造している。トマトは土を使わずに液体肥料や酸素を含んだ水を循環させる「ハイポニカ農法」と呼ばれる方法で栽培されている。協和の出口希美代さんは「ハイポニカ農法を使えばメロンも1株から60個ほど栽培出来る。」と説明した。

キーワード
トマト
メロン
高槻市(大阪)

蓬莱さんの天気予報 (ニュース)
17:48~

大阪・大槻氏から蓬莱さんが天気予報を伝えた。

キーワード
高槻市(大阪)

エンディング (その他)
17:52~

このあとのネットtenでは「柴犬とハリセンボンの元気な姿が見たい!」などを伝える。

  1. 前回の放送
  2. 6月5日 放送
  3. 次回の放送