新美の巨人たち 要潤の空海と『立体曼荼羅』を巡る旅!21体の仏像に見る天才の凄み

放送日 2019年4月27日(土) 22:00~22:30
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
22:00~

今日の作品は仏たちのオールスター。21体の立体曼荼羅に秘められた謎を追い要潤が旅する。

オープニング映像。

キーワード
立体曼荼羅
空海

新美の巨人たち (バラエティ/情報)
22:02~

京都・東寺には空海が作った21体の立体曼荼羅がある。創建は796年、真言宗の総本山。要潤は好きな建築やアートを見る時はいつも1人で行くようにしているという。「講堂」の位置関係について要潤は「空海さんの思いが講堂にある」とコメントした。

広さ180畳の空間で須弥壇の上に木彫の仏像が犇めいている。曼荼羅は目に見る形で表した図像。修行者は曼荼羅と一体となり悟りの境地を目指す。この曼荼羅を世界で初めて立体にしたのが空海だった。

要潤が講堂を訪れた。「帝釈天騎象像」や「梵天坐像」「広目天立像」などを紹介。仏像の大半がひのきの一木造で麻の繊維のおがくずとうるしを混ぜた木屎漆を塗り重ね細部の造形を作り上げている。仏たちの表情1つ1つに空海の思いが込められている。

東寺は823年に空海が嵯峨天皇から賜ったお寺。要潤は東寺が南に位置することに疑問を持ち、かつて羅城門があった場所を訪れた。砂原秀輝さんは「東寺はお大師さんが頂いたから、教えで残ったと思う」と説明した。

空海の故郷「善通寺」を訪れた要潤。四国霊場75番目の札所である善通寺は要潤にとって小さい頃の思い出の場所だという。御影堂や産湯の井戸などを見学した。

774年、讃岐の豪族の家に生まれた空海は18歳で役人を育成するための大学に入学したが、突如仏の道に目覚め山林修行に身を投じる。31歳の時に遣唐使として唐に渡り、恵果から密教のすべてを伝授された。

1200年に1人の天才、空海は天皇から東寺を賜った時、真っ先に取り掛かったのが講堂の建設だった。空海は国家を揺るがす恐ろしい驚異と戦おうとしていた。

キーワード
立体曼荼羅
空海
真言宗
両界曼荼羅図
五智如来
大日如来坐像
五大菩薩
金剛法菩薩坐像
帝釈天騎象像
梵天坐像
広目天立像
多聞天立像
増長天立像
持国天立像
嵯峨天皇
西寺
青龍寺
恵果

新美の巨人たち (バラエティ/情報)
22:17~

平安京ができるまで都は頻繁に遷都を繰り返していた。その理由の1つが歴代の天皇たちが最も恐れた怨霊。「天変地異とか疫病など悪いことが起こるとみんな悪霊のせいにしていた。当時の人達は真剣にその対策を考えてた」と説明した。空海の立体曼荼羅は怨霊を封じ都を守るための巨大な装置だった。

五大明王こそ空海は初めて日本にもたらした秘密兵器。要潤は仏像がみんな武器を持っていることに注目。空海は恐ろしい怨霊と戦うために圧倒的な迫力を持つ仏たちの造形に心血を注いだ。

要潤は「作った当初はこれほど明るくなかったでしょうし、見え方が全然違って迫力があったと思う、より立体的に見えてたのかもしれない」とコメントした。

2019年3月12日、東寺から仏像たちが運び出された。砂原秀輝さんは「全国の方にお大師さんの思想に触れていただけることは非常に嬉しい」と話す。

キーワード
立体曼荼羅
平安京
空海
五大明王
不動明王坐像
倶利伽羅剣
大威徳明王
降三世明王立像
金剛夜叉明王
軍荼利明王立像

新美の巨人たち (バラエティ/情報)
22:25~

「東京国立博物館平成館」に東寺の立体曼荼羅15体が京都からやってきた。ライトアップされた仏たちを360度あらゆる方向から見ることができる。

要潤は空海の残した遺産「満濃池」を訪れた。平安時代、満濃池が決壊し朝廷から派遣された空海。わずか3カ月足らずで満濃池の改修が行われたと伝えられている。

キーワード
空海
立体曼荼羅
国宝 東寺-空海と仏像曼荼羅

エンディング (その他)
22:28~

「新美の巨人たち」の次回予告。

番組宣伝 (その他)
22:28~

「ひねくれ3」の番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 4月27日 放送
  3. 次回の放送