未来世紀ジパング 〜追跡ごみ危機・クジラから大量プラスチック&空飛ぶクルマ〜

放送日 2019年5月8日(水) 22:00~22:54
放送局 テレビ大阪

番組概要

~追跡ごみ危機・クジラから大量プラスチック&空飛ぶクルマ~ (バラエティ/情報)
22:00~

3月中旬、フィリピン南部の島に打ち上げられた1頭のクジラ。発見されたときにはすでに衰弱しており、数時間後に死んだ。そのクジラを解剖すると胃の中から重さ40キロほどのプラスチックがたまり栄養がとれなくなっていた。実はクジラの胃からプラスチックが見つかるケースが少なくない。クジラの調査を手がけたダレル・ブラッチリーさんはプラスチックの確認作業を進めた所、ナイロンのものなど68枚もあった。中にはセントラルウェアハウスクラブの袋やバナナ農園で使われている袋があり、現地へ調査を行った。

プラスチックの袋についてバナナ農園のオーナーは「うちは厳しく管理していてリサイクルもしています、でも他には川に流れたりすることもあるかもしれませんね」などと語った。実際に周辺の道路ではプラスチックが散乱していた。

海の上に家が建っている地域ではごみ問題解決の難しさがあるという。家の下などにはゴミだらけで一面にびっしりと浮いている。砂浜には生ゴミの臭いが立ち込めていたが子どもたちの遊び場だった。砂浜に落ちていたのは小さな袋が数多く捨てられていた。

海のゴミ問題についてトーク。ジョナサン・ソーブルは「プラスチックは百数十年前に発明されていて、普及し始めたのが戦後、あっという間に不可欠なものになった、地球への影響がわからないままここまできてしまった」と話した。スタジオではクジラが飲み込んでいたプラスチック40キロを体験。世界のプラスチックゴミは毎年のように増え続け、2015年には3億200万トンでリサイクル率は15%だという。日本では6月に行われる大阪G20で問題解決にリーダーシップと言っていたが、G7海洋憲章が結ばれた際に署名を拒否していた矛盾があるという。

増え続けるゴミについてフィリピンでは韓国から不正に輸出されたゴミで国際問題が勃発されていた。

キーワード
フィリピン
アカボウクジラ
スペイン
インドネシア
タイ
ダバオ
セントラルウェアハウスクラブ
ダバオ市(フィリピン)
G20
G7
韓国

~追跡ごみ危機・クジラから大量プラスチック&空飛ぶクルマ~ (バラエティ/情報)
22:17~

フィリピン・ダバオ市のロハスナイトマーケットでは平日から大賑わいでアボカドシェイクなどが人気であった。容器にはプラスチック尽くしで客がプラスチック手袋をはめていた。フィリピンではゴミは焼却せず埋め立て処理が基本となっているが、ゴミを埋める敷地が満杯となり限界が迫っている。これを受けダバオ市では初の焼却処理施設を建設を決定し、プラスチック使用規制も検討されている。

フィリピンでは海外から不法に輸入され国家間の問題にまで発展している。2018年10月に韓国から到着したコンテナで見つかったのは韓国からの家庭ごみなどで大問題となり抗議デモを行った。3ヶ月の交渉の末に今年2月に韓国政府がゴミを回収した。ミンダナオ島北部にはすでに持ち込まれてしまったゴミがあり、5000トンコンテナ船一隻分あるという。フィリピンは韓国政府にゴミ回収を要求しているが交渉が難航しているという。

ゴミをめぐる問題についてトーク。2018年1月~中国はゴミ輸入禁止措置を打った。中国は世界最大のゴミ輸入国だったが、行き場を失いゴミ事態が世界中をさまよってしまったなどと話した。日本はダバオ市と北九州市で環境姉妹都市を提携しており、回収ノウハウを伝授したという。

空飛ぶクルマ、未来予想図。自動操縦の空飛ぶクルマに乗り目的地へ向かう、ウーバーが描く未来予想図などが紹介された。2018年12月には空の移動革命に向けた官民協議会が行われ、世界的企業が参加した。

キーワード
ダバオ市(フィリピン)
アボカドシェイク
ロハスナイトマーケット
ミンダナオ島
北九州市(福岡)
ウーバー
エアバス
アウディ
ボーイング
ベル

~追跡ごみ危機・クジラから大量プラスチック&空飛ぶクルマ~ (バラエティ/情報)
22:33~

アメリカ・アトランタで世界最大のヘリショーが開催されていた。自動運転が可能なシコルスキー、ドローンタイプを開発したシュアフライカンパニーなどのヘリコプターが展示。最大の目玉がベル「ネクサス」。中は乗用車のような5人乗りのシートでエンジンで発動しモーターで動かすハイブリッドとなっている。最終的にはパイロットなしの自動操縦を目指しているという。ベルはプロペラの角度を動かす技術では世界最先端で、垂直離着陸と長い飛行距離を実現した。スバルはベルと共同で自衛隊が使うヘリコプターを開発。住友商事とベルで日本導入に向け初の運営会議が開かれ、住友商事は空飛部クルマ「ネクサス」を世界に先駆けて日本導入を考えている。

空飛ぶクルマについてトーク。ヘリコプターとの違いは電気で動くこと、自動運転などが挙げられた。中国のイーハンは2020年量産開始を行うという。日本が抱える壁に解決するための有力な手段として、高齢化、自然災害などが紹介された。ヤマトホールディングスは8月に海外で実証実験を予定しているという。

3月、メイドインジャパンの空飛ぶバイクの実験が公開された。人が乗って安定浮上できるのか?の実験をするという。

キーワード
アトランタ(アメリカ)
シコルスキー
シュアフライカンパニー
ベル
ネクサス
オスプレイ
V-280
スバル
UH-X
住友商事
ボーイング
イーハン
エアバス
アウディ
ヤマトホールディングス
大田区(東京)

~追跡ごみ危機・クジラから大量プラスチック&空飛ぶクルマ~ (バラエティ/情報)
22:47~

人が乗って安定浮上できるのか?の実験が公開された。日本の名だたる企業が技術協力をしており、姿勢制御と耐熱の技術は京セラから、防振技術はブリヂストンから。空飛ぶバイクを手がけているのがA.L.I.テクノロジーズ。来年発売予定の空飛ぶバイクの実物大模型は湖や海の移動に適している次世代の乗り物になるという特徴がある。

キーワード
大田区(東京)
京セラ
ブリヂストン
A.L.I.テクノロジーズ

エンディング (その他)
22:50~

未来世紀ジパングはビジネスオンデマンドとParaviで配信中。

キーワード
Paravi
ビジネスオンデマンド

番組宣伝 (その他)
22:50~

WBSの番組宣伝

  1. 前回の放送
  2. 5月8日 放送
  3. 次回の放送