濱田岳が挑む!憧れのビッグサーモン〜カナダ釣り紀行〜 2018年12月28日放送回

放送日 2018年12月28日(金) 13:00~14:25
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
13:00~

オープニング映像。

濱田岳が挑む!憧れのビッグサーモン~カナダ釣り紀行~ (バラエティ/情報)
13:02~

ドラマ「釣りバカ日誌」の浜崎伝助役を引き受けたことがきっかけで、本格的に釣りをはじめた濱田岳。ドラマの中では釣りの名人でも実際はまだ勉強中。そんな濱田を今回、プロアングラー・村越正海がサポートする。2人はカナダ・キティマットにある、天然サーモンの宝庫キティマットリバーに到着、明日から始まる釣り漬けの日々に思いを巡らせた。

日本を出発してからおよそ16時間、今回の拠点となる「キティマットロッジ」に到着。今回2人をサポートしてくれるフィッシングガイド・トレーシー・ヒッテルが出迎えてくれた。このエリアには5種類のサーモンが棲息している。今回はキングサーモンが禁漁期に入っていたため、4種類のサーモンを狙う。

翌日、朝6時に出発。エムケイ ベイ マリーナにやってきた。小型ボートで上流を目指し、マリーナを出てからおよそ2時間半でポイントに到着。キティマットの西部にある、ジュラシックパークと呼ばれる、トレーシーのシークレットポイント。

サーモンフィッシングスタート。まずは定番ルアー・チヌークSを使った。村越が最初にコーホーサーモンを釣り上げた。別名シルバーサーモンとも呼ばれている。カナダでは、釣った魚はリリースが基本。キープする場合は川ごとに上限が決まっている。2匹目も村越に、ピンクサーモンを釣り上げた。トレーシーのアドバイスによって、濱田も初ヒットとなった。

キーワード
バンクーバー(カナダ)
キティマット(カナダ)
釣りバカ日誌
キティマットリバー
キティマットロッジ
One Day Angling License
チャムサーモン
ピンクサーモン
コーホーサーモン
ソッカイサーモン
キングサーモン
エムケイ ベイ マリーナ
ジュラシックパーク
チヌークS
モアザン AGS 92L
イグジスト LT4000-CXH

濱田岳が挑む!憧れのビッグサーモン~カナダ釣り紀行~ (バラエティ/情報)
13:19~

サーモンフィッシング、濱田に待望の初ヒット。ガイドのトレーシーのバックアップでコーホーサーモンを釣り上げた。

感覚を掴んだ濱田にあたりが増えてきた。すると濱田が狙っているポイントでサーモンがはねた。すかさずキャスト、少し上流に落として、そのまま川の流れにのせた。しかし、はずれてしまった。

NEXT…濱田岳 脅威のビッグサーモン連発!

キーワード
キティマット(カナダ)
ドラグ
コーホーサーモン
ラブラックス AGS 90ML
カルディア LT4000-CXH
濱田岳

濱田岳が挑む!憧れのビッグサーモン~カナダ釣り紀行~ (バラエティ/情報)
13:27~

1度ばらしてしまったが、濱田に再びヒット。村越のサポートもあり、迫力満点のチャムサーモンを釣り上げた。

ランチタイム。トレーシーのはからいでサーモン料理を振る舞ってもらった。下ごしらえしたサーモンをアルミホイルで包み、そのまま焼いただけの豪快なアウトドア料理「サーモンのホイル焼き」を堪能した。濱田は「間違いない」と満足そうだった。

再びサーモンフィッシング。村越がチャムサーモンを釣り上げた。そしてさらに上流へ移動、すると浅瀬にサーモンの群れを発見。時期や気候に左右されるサーモンフィッシングで、これだけの群れに遭遇することはめったにないという。早速、村越にヒット、コーホーサーモンを釣り上げた。濱田もトレーシーのアドバイスでヒットしたが、はずれてしまった。一方、村越は97cmの巨大チャムサーモンを釣り上げた。

終わりに差し掛かり、濱田にヒット。村越のアドバイスを受けながら、ビッグサーモンと格闘。

ビッグサーモンと格闘する濱田。ファイト開始から15分、ようやく岸まで寄せ、チャムサーモンを釣り上げた。

午後7時半、ロッジに戻った2人は、1日のサーモンフィッシングを振り返った。濱田は「充実感でいったらものすごい1日でした」とコメント。村越は、「ドラマの中に突っ込むのは難しいだろうけど、是非釣りバカ日誌に入れてもらいたい」と話した。

「新春ドラマスペシャル 釣りバカ日誌 新米社員 浜崎伝助 瀬戸内海で大漁!結婚式大パニック編」の番宣テロップ。

翌日、暗いうちから出発し、スキーナリバーへ向かった。憧れのサーモンを手にしようと、世界中から釣り人が押し寄せる激戦区。大物が期待できるエリア。300mと広大な川幅の中、サーモンフィッシング。4時間が経過しても、全く釣れない2人。そこで、下におもりをつけ、毛ばりを出したシンプルな仕掛けで行う、現地の釣り方を試した。するとソッカイサーモンが釣れた。

序盤2回もばらしてしまった濱田、その後はあたりがないままキャストだけを繰り返していた。帰る時間になったが、まだ釣れない濱田のため15分延長してくれた。すると、美しいソッカイサーモンを釣り上げた。

村越が濱田にみせたいものがあると「キティマット ハッチェリー」へ案内した。漁業など水産業を支えるための施設で、カナダ政府直属のサーモンふ化場。特別に採卵の様子をみせてもらった。さらに、サーモンの稚魚が飼育されている水槽を案内してもらった。

最終日、この日の目的地はキティマットリバー。上流からポイントまで、手こぎボートで下った。この日もスプーンから投げ始めた。すると早速、村越にヒット、チャムサーモンを釣り上げた。

キーワード
キティマット(カナダ)
チャムサーモン
サーモンのホイル焼き
シルバーサーモン
モアザン AGS 92L
イグジスト LT4000-CXH
コーホーサーモン
キティマットロッジ
スキーナリバー
ソッカイサーモン
アザラシ
キティマット ハッチェリー
キティマットリバー
チヌークS

濱田岳が挑む!憧れのビッグサーモン~カナダ釣り紀行~ (バラエティ/情報)
14:07~

近くに村越がいない中、濱田にヒット。見事1人でチャムサーモンを釣り上げた。するとアメリカの国章にも描かれているハクトウワシを観察する余裕もうまれた。そして、カナダに到着した日に地元の釣具屋で購入したフェザージグを試してみることに。村越がピンクサーモンを釣り上げた。

再びボートに乗り込み、次のポイントへ。ボートで移動しながら釣りをしていると、村越にヒット、見事サーモンを釣りあげた。その時、キングサーモンの群れに遭遇。キングと呼ぶにふさわしい魚体をみることができた。

次のポイントへ到着。濱田は再び得意のスプーンでフィッシング開始。すると、タイミングよくあわせが決まってヒット。カラフトマスを釣り上げた。

NEXT…カナダ釣行集大成 濱田岳 怪魚を釣る!?

キーワード
キティマット(カナダ)
キティマットリバー
チャムサーモン
ハクトウワシ
フェザージグ
ピンクサーモン
チヌークS
ラブラックス AGS 90ML
カルディア LT4000-CXH
カラフトマス
濱田岳

濱田岳が挑む!憧れのビッグサーモン~カナダ釣り紀行~ (バラエティ/情報)
14:18~

カナダでの釣りも残りわずかとなった頃、濱田にヒット。カナダラストファイトで、巨大カラフトマスを釣り上げた。サイズを測ると75cmだった。

帰国前、濱田はキティマットの森へやって来た。樹齢500年のトウヒの巨木をみて、豊かな自然を感じた。「釣りは獲って食べるだけのものではなくて、魚と共存できるように人間も頑張ってるっていうのは、今回で勉強になりました」とコメントした。

キーワード
キティマット(カナダ)
キティマットリバー
カラフトマス
トウヒ

エンディング (その他)
14:22~

エンディング映像。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 12月28日 放送