二代目 和風総本家 「密着!真夏の炎熱職人」

放送日 2019年8月22日(木) 21:00~21:54
放送局 テレビ大阪

番組概要

季節の名前 (バラエティ/情報)
21:00~

今回の季節の名前はところてんをつくる「天突き」。

キーワード
天突き
ところてん

密着!真夏の炎熱職人 (バラエティ/情報)
21:01~

オープニング映像。

和歌山県由良町には国内最大級の船の製造・修理を行う専門の工場がある。この日、職人は全長160mの商業車両を運ぶ船の塗装を行った。塗料が直接肌に付くと荒れてしまうため、職人は気温38℃の中長袖長ズボンで作業をする。暑さを少しでもやわらげようと職人はハッカ成分を含んだ水を身体に吹き付けた。約8トンの塗料を計5回塗り重ねるため、長い時には6時間作業を続けることもあるという。約1週間後、船の塗装が完了した。

愛知県大口町にあるうなぎの名店「ひつまぶし備長」には多い時には1日500人以上が来店する。この店の人気メニューはひつまぶしだが、職人は表面をパリッと中はふっくらジューシーに仕上げるため、低音・中温・高温を使い分けて焼き上げる。厨房の温度は70℃に達するが、職人は一人でうなぎを焼き上げる。

兵庫県の職人に密着。

兵庫県豊岡市にあるバネ工場で働く職人はバネを転がして焼きムラができないようにしている。焼きムラがあるまま焼くと、バネはまっすぐ置いても斜めになってしまうという。職人は約900℃の炉の1m前で焼き加減をチェックする必要がある。職人はこの作業を1時間に30回以上行う。完成したバネは地震や強風による振動を軽減する役割を持ち、スカイツリーや国産ロケットのエンジンにも使われている。高品質なバネを作るため職人は灼熱と闘っている。

イ草染色職人の野口さんは伝統的な技で染めながら新しい可能性も追求している。イ草を約30分間3色の粉を入れた熱湯に浸けて染めるが、途中でイ草の束を混ぜ染まりづらい内側も染め上げる。釜の周辺は50℃以上あるため、手を水で冷やしながら作業をする。夏は朝8時から夜10時まで作業を行うため水分補給が欠かせない。染め上がったイ草は80℃の熱風が出る乾燥機で乾燥させるが、野口さんは乾燥ムラができないようにイ草を触りながら確認する。

キーワード
MES-KHI 由良ドック
大同工業
由良町(和歌山)
ひつまぶし備長
大口町(愛知)
上ひつまぶし
兵庫県
須磨海岸
豊岡市(兵庫)
東海バネ工業
柳川市(福岡)

密着!真夏の炎熱職人 (バラエティ/情報)
21:28~

キレイに染め上がったイ草の使いみちは柳川の伝統芸能・花ゴザ。職人は染色したイ草を納品するのはもちろん自らデザインを考案し、プロデュースしている。確かな技術が認められ、2018年明治神宮に奉納したこともある。手作業で行っているのは全国で2軒だけ。職人が家業を継いだのはいいものを使ってイ草の良さを見直していただきたいと話す。

東京・北区の商店街の一角にあるお店の外は行列が。ここは都内では数少ない朝挽き鳥を扱うお店で、有名焼き鳥にも卸している。お客さんのもう一つのお目当てが80種類以上のお惣菜。看板メニューは鶏むね肉におからなどを混ぜたチキンボールで1日1万個売れることもある。

福井・鯖江市では37度の外で職員が液体をかき混ぜていた。直射日光に当てながら混ぜることで余分な水分が飛び、伸びがよくなる。この正体は漆。採取したばかりの漆は水分を多く含んでいるため水分を飛ばす「黒目」が必要。現在その作業は漆の販売業者が機械で行うのが一般的だが、漆にこだわる職人は自分の手で「黒目」を行う。3人の職人が交代で5~6時間混ぜて完成させる。

山形・白鷹町では毎年夏になると、この時期に咲く花の花びらを摘む。山形県が全国シェア100%で少し赤くなったものを摘む。この花びらから作るものとは?という問題が出された。

キーワード
花ゴザ
明治神宮
野口イ草染色
イ草
鳥大
チキンボール
北区(東京)
古代匠畠中
鯖江市(福井)
ビンディー
白鷹町(山形)

密着!真夏の炎熱職人 (バラエティ/情報)
21:42~

山形・白鷹町で花びらから作るものは?の正解を発表。花を水洗いして黄色の色素を流し、1日3回混ぜながら2~3日置くと自然発酵で赤くなる。発酵を終えたものをすり鉢で潰し、団子状にまとめて潰して天日干しして乾燥したら紅餅が完成。紅餅は紅花を発酵・乾燥させたもので水に浸して赤色を抽出すると、日本伝統の口紅に。また染物の染料としても使われている。戦時中には贅沢品だとされ1回は途絶えたが、昭和23年に山形県の農家であるものが発見された。

キーワード
白鷹町(山形)
紅餅

密着!真夏の炎熱職人 (バラエティ/情報)
21:48~

紅花は戦時中には贅沢品だとされ1回は途絶えたが、昭和23年に山形県の農家で何の植物かわからない種が発見された。周囲の人たちが育ててみると紅花が咲いた。その後多くの人々が研究を行い製法が復活した。

「カンブリア宮殿」のテロップ。

キーワード
白鷹町(山形)
紅餅
新野小右衛門
紅花

エンディング (その他)
21:51~

「二代目 和風総本家」の次回予告。

番組宣伝 (その他)
21:51~

「カンブリア宮殿」の番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 8月22日 放送
  3. 次回の放送