Newsモーニングサテライト 2019年5月27日放送回

放送日 2019年5月27日(月) 5:45~ 7:05
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
05:45~

オープニング映像。

NYマーケット (ニュース)
05:45~

NY株式、為替の値動きを伝えた。

キーワード
ダウ
ナスダック
S&P500
為替

週末の注目ニュース (ニュース)
05:46~

イギリスのメイ首相は24日、EU離脱混乱の責任をとり辞任する意向を表明した。6月7日に保守党党首を辞任し、次期首相決まり次第7月にも首相職を退く。

トランプ大統領は24日、イランとの緊張高まる中東地域に米兵1500人の追加派遣を表明。国防総省は今月相次いだ中東地域での攻撃をイラン指導部の指示に基づくと断定したと発表していて、トランプ大統領は今回の増派について大部分が防衛的なものだとしている。

24日に発表された4月の耐久財受注は前月比2.1%マイナスとなり、市場予想を下回った。航空機を除く非国防資本財受注もマイナス0.9%と今後の設備投資の減速を示唆する内容となった。

キーワード
EU
メイ首相
ロンドン(イギリス)
トランプ大統領
耐久財受注

ニュース (ニュース)
05:47~

ドル円 膠着相場に変化?

バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチのジョー・ソン氏は物価上昇の停滞は一時的の背景について「年初、株価が大きく下落したことで金融サービス部門のインフレ圧力が大幅に低下した。さらに衣料品価格の算出法が変わったことも物価の押し下げ要因となった。これらは全て”一時的な要因であるためコアインフレ率は徐々に伸びていくだろう。20年にはFRBの目標をやや上回る2.0~2.1%に達するとみていると述べている。FOMCでは本格的な利下げの議論が行われていない。

更に専門家は「市場は米中貿易摩擦の逆風を織り込んでいるがやや悲観的すぎると思う。FRBは影響を注視しつつも楽観的で米中が合意に達するか、または利下げが必要になるほど景気を原則させないとみているFRBは20年末まで政策金利の水準を維持するとしているが私は19年末から20年初めにかけてインフレ率が徐々に上昇すると予想しておりFRBも利上げに傾くとみている」と述べた。

EUに議会的な政党が議席を伸ばしている。合計751議席のうち96議席を持つドイツでは政権を支える2大政党が苦戦している。メルケル首相の政権を支えるキリスト教民主社会同盟と社会民主党の2大政党が得票率を落とす一方で、EUに会議的な極右政党が票を伸ばした。議席数74を占めるフランスでもルペン氏の極右政党、国民連合がマクロン大統領の政党を得票率でわずかにリードしている。

第一生命経済研究所の田中理さん、みずほ総合研究所の安井明彦さん、JPモルガン・アセット・マネジメントの重見吉徳さんが本日のゲスト。

欧州議会選の改選後の見通しについて田中さんは「過度に悲観する必要はない。基本的に多数決で決めるがEU懐疑派は3割くらいだ。ただ2大会派が過半数割れとなると他会派の協力が必要になってくる為、EU改革の前進するスピードは弱まる」などと述べた。

マーケットの反応について重見さんは「端的に申し上げてユーロ安、欧州の株売圧力、銀行株に関しては低金利が続いて売上圧力が強まる可能性があると考えています」などと述べた。

キーワード
FRB
バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ
コアインフレ率
FOMC
米中摩擦
ブレクジット
EU
メルケル首相
社会民主党
キリスト教民主社会同盟
ルペン氏
極右
マクロン大統領
第一生命経済研究所
みずほ総合研究所
JPモルガン・アセット・マネジメント
ユーロ
ドル円
G20

今週の為替は? (ニュース)
05:54~

為替の値動きを伝えた。

クレディ・アグリコル銀行の斎藤さんが、今週一週間の相場を予想。予想レンジは108.50円~111.00円と予想。「今週のドル円相場は引き続き、弱めの重い相場展開を予想している。米中貿易摩擦の激化報道が出ても、ドル円へのインパクトは比較的小さく推移していた。このところの米の経済指標の悪化で、年内FRBの利下げ確率が上がってきているのでドル円への影響が強く出るようになってきた」などと解説。注目ポイントをこう着相場に変化?などとした。

各国の為替の値動きを伝えた。

キーワード
ドル
ユーロ
為替
人民元
オーストラリアドル
イギリスポンド
ブラジルレアル
トルコリラ

騰落率ランキング (ニュース)
05:57~

先週の値上がり銘柄ランキング。技術力を生かした材料が好感のNTTデータ、5月の売上高がプラスに転じた、しまむらがランクイン。岩井コスモ証券の林さんは「食品株が決算前に大きく売られていたことが買い戻しの一因。業績期待の高い銘柄や個別材料が出た会社が先行する動きになった」などと述べた。2位のマルハニチロは養殖マグロのヨーロッパへの本格展開が材料視され12%の大幅上昇。1位のレオパレス21は大株主の買いましが材料視された。今週の値動きについて林さんは「先週金曜日から電子部品株が休息に切りかえした。TOPIXは反発した。トランプ大統領の貿易問題に関する発言に反応した動き。今後各国の景気配慮の姿勢が見えてくる可能性を期待している」などと述べた。

業種別騰落率ランキング。市場の関心は米中貿易摩擦に集中。アメリカに購買担当者指数も低下し、乱調な値動きとなった。業種別騰落率は水産・農林業4.1%のプラス。不動産は2.1%のプラス。食料品は1.5%のプラス。鉱業は9.8%のマイナス。石油・石炭製品は8.8%のマイナス。海運業は5.1%のマイナス。

先週の値下がり銘柄ランキング。石油関連株の値が下がり、コスモエネルギーホールディングスなどがランクインした。三井金属はファーウェイ制裁や世界景気懸念の逆風を大きく受け、13%以上下落した。

先週の値下がり銘柄ランキング。3位:アルバック、2位:SCREENホールディングス、1位:三井金属。

先週の値下がり銘柄ランキング。10位:清水建設、9位:東海カーボン、8位:ローム、7位:東京エレクトロン、6位:国際石油開発帝石、5位:安川電機、4位:コスモエネルギーホールディングス。

先週の値上がり銘柄ランキング。3位:オープンハウス、2位マルハニチロ、1位:レオパレス21。

先週の値上がり銘柄ランキング。10位:森永製菓、9位スズキ、8位:しまむら、7位沢井製薬、6位:大東建託、5位:NTTデータ、4位:住友大阪セメント。

キーワード
NTTデータ
PMI
米中貿易摩擦
コスモエネルギーホールディングス
三井金属
しまむら
マルハニチロ
レオパレス21
ファーウェイ
TOPIX
トランプ大統領

ニュース (ニュース)
06:00~

27日、安倍総理とトランプ大統領で日米首脳会談が行なわれ、会談後共同記者会見が予定されている。28日、欧州議会選挙後のEU臨時首脳会議が開かれる。31日、日本で鉱工業生産や失業率、消費者物価指数など、経済指標の発表が相次ぐ。中国では5月のPMIが発表される。

安井さんは「米中摩擦という観点で言いますと、中国の5月のPMIが発表されることで、国交がどこまで弱くなっているのか、景気の判断の節目である50を下回ることが予想されています。アメリカの方は、消費者信頼感指数が高い数字が出ることが予想されています。関税かけて物価が上がって消費者不満を抱き文句を言う状況にはまだなっていないです。中国からのすべての物に関税をかけ始めたら、さすがに消費の現場に影響が出てきます。」とコメントした。

キーワード
安倍総理大臣
トランプ大統領

モーサテサーベイ (ニュース)
06:01~

モーサテにレギュラー出演している専門家約50人が経済の先行きを独自の分析で予想するコーナー。景気と経済の先行きがわかる。調査期間は5月24日~26日まで。インターネットを経由して、番組出演者33人に実施した。

今週末の日経平均株価の予想中央値は21,000円。先週終値は21,117円だったため、先週末よりやや低い水準となっている。経済産業研究所の中島さんも中央値と同じ21,000円を予想し、アメリカ景気の減速懸念と、イラン情勢の緊迫化を私的している。

今週末のドル円予想は、予想中央値は1ドル109.50円。先週末からやや円安水準となっている。FPG証券の深谷さんは109円を予想し、米商通商交渉の行方が不透明であることや、アメリカの長期金利の低下で、ドル円の上値は重いと見ている。

三ヶ月先の日本の景気を占う指数は-9.1と先週から悪化した。消費税の税率引き上げ延期の問題がくすぶり、不確実性が高まっている。経済の下押し圧力となる見方が出ている。アメリカは-4.5。アメリカの指数がマイナス圏に突入するのは1月上旬以来。ヨーロッパは-22.7、中国は-16.7。ヨーロッパ経済については、ドイツとフランスで現在の経済政策に不満が高まっていると共に、ECB総裁が決まるまでは方向性が見えないという意見があった。

キーワード
日経平均株価
経済産業研究所
中島さん
FPG証券
深谷さん
ECB

ニュース (ニュース)
06:04~

大相撲夏場所の会場である両国国技館で、トランプ氏が安倍総理と共に入場すると満員の観客が拍手と歓声で向かえた。特別に用意されたイスに座り約30分間相撲を観戦したトランプ氏は、土俵に上りると、優勝した朝乃山関に特別に作った約30キロある大統領杯を手渡した。この後両首脳は、東京六本木の炉端焼き店に移動し、非公式の夕食会に臨んだ。トランプ氏は今日令和初の国賓として、皇居の両閣下と会見。その後迎賓館で安倍総理との首脳会談に望み、アメリカ産牛肉や農産物の関税引き下げに向け協議する見通しをする他拉致問題を含む北朝鮮問題との連携を確認する見通し。

FCAとルノーが新たな持株会社を設立し両社が傘下に入る案を軸に協議。FCAは最終的に日産・ルノー・三菱の3社連合への同流模索。この春から水面下でルノー側と協議を続けていた。FCAとルノーの交渉はヨーロッパの複数のメディアも伝えていて、生産拠点の共有化といった業務面での提携など複数の選択肢が協議されているとしている。

キーワード
トランプ大統領
安倍総理
日米首脳会談
朝乃山関
アメリカ
北朝鮮
東京都
港区(東京)
FCA
ルノー
日産
三菱
ヨーロッパ

モーサテQ (バラエティ/情報)
06:06~

日本経済新聞社が実施している日経テスト協力のもと、番組中に毎日2回、経済の知識と考える力を診断するクイズを出題している。お手元のリモコンの4色ボタンを押して答える。正解で20ポイント、不正解でも10ポイント。100ポイントで番組特製ノートのプレゼント抽選に応募できる。

※一部地域では参加できません BSテレ東4Kの方はBS+7を押してください」とテロップ表示。

問題、コーヒーの消費量が世界的に増える中、伸び率がトップの国は。青、中国。赤、フィリピン。緑、インドネシア。黄、ベトナム。正解は青、中国。世界のおコーヒー消費率(年間)5年で15%増加。中国、5年で2倍近い増加。消費率が多いのはアメリカとヨーロッパだが伸び率はアジアが際立っている。

キーワード
日本経済新聞社
日経テスト
番組特製ノート
BSテレ東
中国
フィリピン
インドネシア
ベトナム
アメリカ
ヨーロッパ

気象情報 (ニュース)
06:08~

対日要求の本質に変化?

全国の天気予報を伝えた。

♪No Scrubs/TLC

キーワード
No Scrubs
TLC

プロの眼 MONDAY (バラエティ/情報)
06:12~

実質「利下げ」? 株価への影響は。

トランプ大統領は来日してから昨日はゴルフ、大相撲、夕食には炉端焼きに行くなど日本としてはもてなしをした。安井さんは今までお膳立てしたことがうまくいっており、今日が本番と話した。しかしツイッターで日米貿易交渉は7月の参院選後まで待つとつぶやい。また安井さんは参院選前には無理といったことをトランプ大統領がなぞってくれているのは安心材料と見るべきだと述べた。

ポイントは「日米貿易交渉の熱量を見極めろ」。自動車については関税が見送られ180日間の猶予期間が設けられた。安井さんは自動車関税は先送りされているが、言い方が変わってきている。昨年の日米首脳会談では米自動車産業の雇用・生産増と言っていたが、その後、日本・EUからの輸入は安全保障上の脅威だという言い方になった。安井さんは日本の自動車メーカーとアメリカの自動車メーカーが競争しなければいけないので、アメリカの自動車メーカーは収益があがらないなど技術革新が遅れ、アメリカの脅威になってしまうという論理立てになっているなどと語った。

交渉のヤマ場は次のG7サミットから9月後半の国連総会。そこで合意できなければ自動車関税巡る期限が迫っているのでデッドラインになるのではと安井さんは話した。

キーワード
トランプ大統領
ツイッター
日米貿易交渉
ファーウェイ
G20
G7

今週の株は? (バラエティ/情報)
06:21~

株式先物の値を確認した。

NEXT米中協議新聞の見方は?

欧州議会選を徹底分析。重見吉徳さんの今週の予想レンジは20850円~21450円で「日本株一部では割安との声もあるが、米中の景気のスローダウンを考えればまだ業績の下方修正の余地はあると考えている」などと話した。注目ポイントはアメリカはすでに”事実上の”利下げ開始。重見さんは「FRBの仕事はフェデラルファンド金利という銀行間の金利を目標上限と下限におさめること。かつては資金供給で金利を誘導してた。実際の約定金利をみると超過準備金利から上放れする形で目標の上限に近づきそうで、コントロールを失いそうなために5月のFOMCでFRBはこの超過準備金利を0.05%引き下げしている。FRB自身は一時的と言っているが、なぜ利下げをしたのかがポイントになる」などと語った。

キーワード
日経平均
FRB
FOMC
利下げ

日経 超特急 (ニュース)
06:27~

先進国の現金流通高はキャッシュレス決済比率の高い国も含む国や地域で5年間に2割から4割増えた。預金金利の低さなどが原因で、現金を手元におく傾向が強まっているほか、預金に比べ当局が補足しにくいため、脱税など不正に使われている恐れがある。(日本経済新聞)

トヨタがミャンマーに工場を建設する。これまで完成車を輸入して対応してきたが、現地生産車への税制優遇などで競争が厳しくなってきた。新工場は工業団地にもうけ、大型のピックアップトラックを生産する。(日本経済新聞)

キーワード
日本経済新聞
トヨタ
ミャンマー

日刊モーサテジャーナル (ニュース)
06:29~

イギリス・メイ首相が24日、辞任表明した事について。メイ首相は首相官邸前で声明を発表。「議員達はEU離脱の問題で妥結する為に歩み寄るべきだ」と訴えた。また、メイ首相の辞任表明について米・トランプ大統領は「メイ首相は気の毒だ。彼女は素晴らしい女性で一生懸命働き、強かった」と述べた。(ウォール・ストリート・ジャーナル)

メイ首相の辞意を受け、与党保守党では、次期首相の座をめぐる競争が本格化しているとウォール・ストリート・ジャーナルが伝えている。10人以上の立候補が見込まれるなか、最有力と言われるのが、ボリス・ジョンソン前外相。ジョンソン氏はEU離脱強硬派で、保守党の支持者から根強い支持を集めている。保守党の党首選には2つの段階があり、まず下院議員の投票で候補を2人に絞る。次に全党員による決選投票で最終的に決定する。記事はEU離脱を強く望む、保守党員の意向を背景に、離脱強硬派の新首相が誕生する可能性が高く、”合意なき離脱”のリスクも高まるだろうと警鐘を鳴らしている。(ウォール・ストリート・ジャーナル)

トランプ大統領が15日、米企業に対して安全保障上の脅威があるとの理由で、ファーウェイ機器の使用を禁じる大統領令を出したが、それが米の農村地域に影響を及ぼしている。農村地域で無線サービスを提供している中小通信会社は、安価なファーウェイ製機器を頼りにネットワーク構築しているケースが多く、地方の通信会社のトップは、「ファーウェイ製機器を使わなければ、電波塔を建てる事もできない」と述べた。また別の通信会社は、現在使用中のファーウェイ製機器を、別の機器と交換するには5000万ドル(約55億円)かかる見通しで、もし機器の交換を強制された場合は会社をたたむ事になるかもしれないと述べている。農業のために無線サービスを使用している農家からも「中国の報復関税で、農産品価格が影響を受ける中、新たな問題が生じた」と不満の声が挙がっているそうだ。(ニューヨーク・タイムズ)

格差が広がっていると言われている米で、じわじわと知らない間に米国内にファーウェイが浸透している姿が見て取れるが、重見さんは「農林水産業のGDP自体は、2017年1~3月期から直近までで4.5%減っている。大不況が起こっているかたちになっている。先週木曜日にトランプ政権が160億ドルの支援を農家に対して表明している。去年の120億よりも支援を増やすというかたちで、長期戦を覚悟に入れているという事かもしれない」などと話した。トランプ氏の支持率について安井さんは「支持率は高くないが、安定して40%台半ばぐらいで動いている。農村を見ても大変ではあるがまだトランプ大統領を信じたいという声の方が強いというのがいまの状況」などと話した。

EU議会選挙最新情報。欧州議会は先程、出口調査などを元にした推計議席数を公表した。それによると定数751のうち、最大会派の中道右派は178。第2会派の中道左派は147といずれも議席を減らす見通し。議会で連立を組んできた2大会派は合計でも過半数を割り込む公算が強まっている。これに対してEU懐疑派が勢力を拡大するほか、仏・マクロン大統領が率いる中道勢力も一定の議席を確保しそうだ。このため2大会派は、マクロン氏の所属する中道勢力との連立交渉などで安定的な勢力の確保を目指すものとみられる。

キーワード
メイ首相
ウォール・ストリート・ジャーナル
トランプ大統領
ボリス・ジョンソン前外相
ニューヨーク・タイムズ
ファーウェイ
トランプ氏
マクロン大統領
EU議会選挙

欧州議会選挙 (バラエティ/情報)
06:34~

NEXT 関西経済の再飛躍は…。

スタジオでは「マクロン大統領が今後どう動いているのか。これまで2大会派は安定した過半数を得ていましたが、今夏は過半数割れしたので、議会運営をするには他の新EU会派の協力が必要となってくる。協力を得て、キングメーカーになりたいのがマクロン大統領の野心だと思います。マクロン大統領は自分の政党・共和国の前進という目標を持っているが、前回の選挙後に結党されたものだから、まだ議席を持っていない。今回の選挙戦を足がかりに、EU改革を行いたいとしている。今後、新会派を結成するのか、既存の会派に合流するかの動きが出てくると思います」などとコメントした。

スタジオでは「今の所の出口調査などだと、3割程度の議席をとるのではないかと言われています。ただ3割と言っても、EU懐疑派の中にも右派ポピュリストがいれば左派ポピュリストもいるし、さらには右派の中も一枚岩じゃありませんので、そこが団結するかによって影響力も大きく変わってくる。また、2大会派を含めた主流会派の中にも、EUに懐疑的な政党があります。例えばハンガリーやポーランドの政権与党は今後、EU懐疑派との協力しだしたら少し怖い存在になっていきます。」などとコメントした。

スタジオでは「イギリスのメイ首相が辞任表明をしたが、おそらく今回の欧州議会選挙では、新党・ブレグジット党が第一党となるでしょう。保守党は場合によっては第4党といったところまで落ちていきそうです。そうなると、保守党が後継党首を選ぶにあたって、必ず強行離脱派になることが予想されます。イタリアでは右派と左派のポピュリストが連立政権を組んでいる。今回の選挙でおそらく両党の支持率が完全に逆転したと言えます。右派ポピュリストのリーダー格のサルヴィーニ副首相は、今後右派政権の連立や自身が首相になることを目標に、議会の解散の動きが出てくるかもしれません。ドイツも解散総選挙の引き金となる可能性があります。メルケル首相率いる保守与党は比較的安泰なのですが、連立パートナーの中東左派が非常に苦戦しています。同じ日に州議会選挙もあったのですが、そちらでも第一党の座を失ってしまったようです。連立パートナーがこのまま連立政権に留まって良いのか、そういった判断をしなくてはいけない。解散総選挙をするとなると、メルケル首相の退任時期がもしかしたら早まるかもしれないです。マクロン大統領は僅差で第一党の座をルペン氏の率いる政党に奪われたようですが、マクロン大統領にはもちろん痛手ですが政権がすぐに変化する話ではないです。今回の欧州議会選挙での勝利で、EU改革を引っ張っていきたいと思っていますので、そこの推進力は弱まりましたね。あと、ルペン氏は前回の大統領選挙でマクロン大統領に負け、そこから党勢がやや弱まっていたが、今回第一党の座を奪われたことでその党勢を蘇らせてしまったかなという感じです」とコメントした。

キーワード
マクロン大統領
メイさん
ブレグジット党
保守党
サルヴィーニ副首相
メルケル首相
ルペン氏
万博

トップの勝負めし (バラエティ/情報)
06:42~

欧州議会選 最新情勢は…

大正時代から続く大阪倶楽部が勝負めしの舞台。出迎えてくれたのは関西経済連合会の松本正義会長。住友電気工業の社長を就任し、売上高を倍増させるなど強いリーダーシップを発揮してきた会長。2017年には関西経済連合会の会長に就任し、大阪万博の誘致に尽力した。まず出てきたのはお造り盛り合わせとホタルイカ沖漬け。これが日本酒によくあう。去年11月、万博の開催地決定を控え、パリへ向かう日の夜もこちらで食事をしたという。それが勝負めしの「タンシチュー」。佐々木さんは「柔らかい。口の中で溶けていきますね」と話、松本会長は「二度と食べられないんじゃないかと思って。万博招致とならなかったら日本へ帰れないと世耕さんと言ってた」と話した。

負けられない戦いと位置づけた背景には関西経済の現状がある。かつて日本のGDPの20%を担っていたが、近年16%程度までそのシェアを減らし、地盤沈下が続いている。将来の関西の成長に欠かせないのは若い力。大阪駅を中心とした梅田地区には最近ベンチャーを支援する施設が増え、若い企業が集まり始めている。深野崇さん(26)。アバターを使いバーチャル上でテレワークができるツールを開発している。深野さんは「関西だと人の採用とか支援してもらいやすい環境にあると思っている」と話した。2024年に街開きを目指すうめきた2期ではイノベーションを生み出すための環境整備が進行中。しかし、創業間もない深野さんには悩みがあった。関西にとどまり、起業した若者の声を松本会長はどのように受け止めるのか。松本会長は「過去を見るとあたらしいものは関西から出ている。それをオーガナイズするシステムに欠けている。ファンドの話も同じでやらないといけない」と話した。

勝負の時を迎えている人へのアドバイスで松本会長は「宮本武蔵は佐々木小次郎と戦う時平常心で自然体だった。巌流島で勝つわけ。商売も同じ。常に怠らず準備をすることが非常に重要」と話した。

スタジオトークで佐々木さんは「人材がどんどん魅力ある方にいってしまう。関西になかったらむしろ出ていってしまう」などと話した。

キーワード
G20
ワールドマスターズゲームズ2021関西
大阪・関西万博
関西経済連合会
大阪府
世耕さん
玉ねぎ
セロリ
パリ(フランス)
安倍総理
オギャーズ梅田
梅田(大阪)
宮本武蔵
佐々木小次郎

ニュース (ニュース)
06:52~

大相撲夏場所の会場である両国国技館で、トランプ氏が安倍総理と共に入場すると満員の観客が拍手と歓声で向かえた。特別に用意されたイスに座り約30分間相撲を観戦したトランプ氏は、土俵に上りると、優勝した朝乃山関に特別に作った約30キロある大統領杯を手渡した。この後両首脳は、東京六本木の炉端焼き店に移動し、非公式の夕食会に臨んだ。トランプ氏は今日令和初の国賓として、皇居で両閣下と会見。その後迎賓館で安倍総理との首脳会談に望み、アメリカ産牛肉や農産物の関税引き下げに向け協議する見通しをする他拉致問題を含む北朝鮮問題との連携を確認する見通し。

イラン・ザリフ外相は「核合意に違反する行為は一切していない」と述べ、「核合意の存続を目指すならヨーロッパ各国の努力が必要」と主張した。また関係が悪化しているサウジアラビアなどのペルシャ湾岸諸国に対し以前から「不可侵条約」の締結を提案していると強調し、関係修復を模索していく考えを示した。

パキスタンの外務省が出した声明によると、カーン首相はインドのモディ首相に対し、南アジアの平和と繁栄の実現に向けて協力を呼びかけたという。パキスタンとインドは今年2月に互いの領土を空爆し、関係悪化していた。またパキスタンは今月23日に核弾頭が搭載可能な弾道ミサイルの実験成功を発表するなど、インドを牽制する動きを見せていた。

キーワード
トランプ大統領
安倍総理
日米首脳会談
朝乃山関
アメリカ
北朝鮮
東京都
港区(東京)
大相撲夏場所
ザリフ外相
カーン首相
モディ首相
パキスタン
インド

気象情報 (ニュース)
06:55~

全国の天気予報と3ヵ月予報を伝えた。

キーワード
東京都

きょうの経済視点 (ニュース)
06:57~

速報欧州議会選挙。イギリスでは早期のEU離脱を目指す、ファラージ党首が率いるブレグジット党がリード。保守党と労働党の2大政党は苦戦。BBCによると親EUの自由民主党が2位と報じるなど、EU離脱に関するイギリス国民の賛否の2極化を示す結果となりそうだ。

メイ首相の後任選びについて田中さんは「後任としてボリス・ジョンソン氏の可能性が高い。彼は合意のあり、なしに関わらず10月に離脱すると発言しているが、議会は何も変わっていないので議会は合意なき離脱は避けようという姿勢なので、議会の歯止めに期待はできる」などと述べた。

安井さんのきょうの経済視点は「内向き外交の夏」。安井さんは「どこの国も国内がモメている。国内事情がどんどん影響している」などと述べた。重見さんは「FOMC」。重見さんは「FOMCが利下げする機会を逃すまいと買い戻しを狙っているが、今度も利下げは景気後退、弱気相場にもつながると考えている」などと述べた。

今夜のWBS(夜11時~)日米首脳それぞれの思惑は。とテロップ。

キーワード
ファラージ党首
ブレグジット党
保守党
労働党
自由民主党
メイ首相
ボリス・ジョンソン
ブレグジット
FOMC

モーサテQ (バラエティ/情報)
07:00~

問題:2021年から日本代表選手の選考基準として英語の成績を導入すると決めた競技団体は?青:日本フェンシング協会、赤:日本陸上競技連盟、緑:日本レスリング協会、黄:日本カーリング協会。正解は青:日本フェンシング協会。英語検定試験GTEC導入。外国人コーチの助言を直接理解する狙い。

「※一部地域では参加できません BSテレ東4Kの方はBS+7を押してください」とテロップ表示。

キーワード
BSテレ東
GTEC
日本フェンシング協会

モーサテstyle (バラエティ/情報)
07:02~

東京銀座にあるオーダーメイドスーツ専門店。麻布テーラー銀座7th店。夏本番を前に軽くて通気性のいいスーツをオーダーしたい。そんな時は、麻布テーラー史上最軽量の「ゾログラビティ」のスーツ。メルボメンズウェアーは即製服が主流だった時代にいち早くパターンオーダーシステムを導入。ゲージと呼ばれる採寸専用スーツを着用し、ピンを打ちながら体型にあった最適な形に補正する。そのデータを元にスーツを仕立てる国内の自社工場は注文服専門ファクトリーの先駆け、そんな麻布テーラーがかつてない軽量化を実現したのがZERO GRAVITY。夏用ジャケットは約700グラムなのに対し、およそ3分の2の重さまで軽量化している。それを可能にしたのは極細糸を使ったイタリア制の生地。生地1メートル辺り、130グラムから世界最軽量クラスながら上質で落ち着いた風合いも兼ね備えている。さらに肩パッドなどもオリジナルで開発し極限まで軽量化することで従来の3分の2の軽さを実現した。オーダスーツならではのフィット感も魅力。採寸から出来上がりまで約6週間。体にフィットする軽いオーダースーツ。

キーワード
メルボメンズウェアー
ZERO GRAVITY
銀座(東京)
イタリア

エンディング (その他)
07:04~

明日はリーマンのしおりのコーナーで投信の直接販売を手がける運用会社のトップが登場する。引き続き日米首脳会談の内容についてもお伝えする。

おはスタと日経モーニングプラスの宣伝をした。

キーワード
阿部海太郎
  1. 前回の放送
  2. 5月27日 放送
  3. 次回の放送