Newsモーニングサテライト 【長引く超低金利…バブル再燃あり得るか徹底検証】

放送日 2019年5月21日(火) 5:45~ 7:05
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
05:45~

オープニング映像。

佐々木アナら出演者による挨拶。大雨に注意を呼びかけた。

NY株式と為替の値動きについて伝えた。

キーワード
米中貿易摩擦
ダウ
S&P500
ナスダック
為替

LIVE ニューヨーク (ニュース)
05:46~

ニューヨークから中継。週明けの株式市場からナスダックの終値やセクター別騰落率を伝えた。

金利、商品、欧州株式、株式先物の値動きを伝えた。

トランプ政権によるファーウェイに対する事実上の取引禁止措置を受け、アメリカ企業のファーウェイソフトや部品の供給の停止が続いている。グーグルはスマホ向けのソフトの提供禁止を決め、ファーウェイの新製品には「Gメール」などグーグルの主なアプリが搭載できなくなる。またブルームバーグ通信によると、ザイリンクスやインテルなどがファーウェイへの重要なソフトと部品の供給を凍結したと報じている。ファーウェイへは「半導体や重要な部品は少なくとも3ヶ月分の在庫がある」として、今回のアメリカ企業による動きがすぐに影響することはないと強調している。

フォード・モーターは20日、大規模なリストラを発表した。全世界で9月までに7000人の正社員を削減し、年間6億ドルのコスト削減効果を見込んでいる。ロイター通信によると、そのうちの2300人はアメリカの従業員が対象だという。フードのハケットCEOは、「変化の激しい市場で勝ち抜くために必要な改革だ。」と説明している。

アメリカ連邦通信委員会のパイ委員長は20日、TモバイルUSとスプリントが目指す合併計画を支持する意向を示した。TモバイルUSとスプリントの合併には、アメリカ連邦通信委員会と司法省の承認が必要だが、今回パイ委員長が5Gの整備が進むことなどを理由に合併に賛成するとしたことで、合併計画が進むとの見方が広がった。

NY証券取引所から中継。ファーウェイとの取引停止が報じられた半導体株が大幅安となり、ダウ、ナスダック揃って続落となった。売り上げに占めるファーウェイ比率は高くなく、業績への影響は一時的にとどまるという。SOX指数は減少トレンドが続いていたが、今年3月を境に上昇に転じている。

キーワード
ナスダック
ニューヨーク(アメリカ)
米10年国債
米2年国債
NY原油
NY金
CRB指数
イギリスFTSE
ドイツDAX
フランスCAC
シカゴ/日経先物
大阪/日経先物
日経平均
セクター別騰落率
ファーウェイ
トランプ政権
アップル
関税
グーグル
スマホ
Gメール
ブルームバーグ通信
ザイリンクス
インテル
クアルコム
フォード・モーター
ロイター通信
ハケットCEO
アメリカ連邦通信委員会
パイ委員長
TモバイルUS
スプリント
ソフトバンクグループ
司法省
5G
ダウ
S&P500
為替
NY証券取引所
大和証券キャピタルマーケッツアメリカ
SOX指数
エヌビディア
アプライドマテリアルズ
ドイツ銀行

専門家の注目ニュース (ニュース)
05:51~

今日のゲストはソニーフィナンシャルホールディングスの菅野雅明さん、ソシエテ・ジェネラル銀行 東京支店の鈴木恭輔さん。

ファーウェイ問題について菅野雅明さんは「グーグルが提供しているGメールが使えなくなるのはかなり打撃だと思う。今後中国がどう出てくるか」などと話した。またフォードの人員削減について鈴木さんは「リストラの話になるとトランプ政権も雇用を守るとか関税のうんぬんとかに話が結びついてくる。政治的に利用されるカードになりかねない」と述べた。

NEXT対中長期化で円高シナリオも

キーワード
ソニーフィナンシャルホールディングス
ソシエテ・ジェネラル銀行 東京支店
ファーウェイ
グーグル
フォード

5:55 きょうの為替は? (ニュース)
05:54~

為替と債権の値を確認した。

各国の為替の値動きを伝えた。

ソシエテ・ジェネラル銀行 東京支店の鈴木恭輔さんの予想レンジは109.50円~110.30円。「週末にトランプ大統領が来日するのでアップデートを待つというところ」などと述べた。注目ポイントは米中問題長期化による円高リスク。グローバル製造業PMIとアメリカの10年債利回りを重ねると低下傾向に。「景気指標が悪いものが続くようだと更に金利の低下圧力が強くなる可能性がある」とのこと。「利上げ停止・利下げで景況感は一時的に良くなるかも知れないが、マーケットは米中問題の長期化までおりこんでいないので、金利の低下リスクもシナリオに入れて置くべきなのかな」などと述べた。市場参加者の世界経済成長率の見通しは今年は下がっており来年は横ばいなことから、楽観的な見通しを持っている状況。米中貿易摩擦が長期化して来年の見通しが下がってくるようになるとリスクオフムードが高まってドル金利が低下しドル安の圧力が高まることになりかねない。今後の見通しは「ドル円相場に関しては年内105円割れという可能性はまだ視野に入れておくべき局面だと思う」とのことだ。

キーワード
ドル円
ユーロ
10年国債
ドイツ
アメリカ
ドル
人民元
オンショア
オフショア
オーストラリアドル
ニュージーランドドル
イギリス ポンド
ブラジル レアル
トルコ リラ
南アフリカ ランド
ソシエテ・ジェネラル銀行 東京支店
トランプ大統領
10年債利回り
PMI
米中貿易摩擦

モーサテ サーベイ (ニュース)
05:58~

米中対立が引き続き重しに。予想の中央値は21200円。20800円を予想するのは、大和証券の石黒さん。海外勢の売りが継続するとみている。東海東京調査センターの仙石さんは21800円予想。需給改善効果に期待としている。今週のドル円予想。日米首脳会談前に動きづらく。予想の中央値は110.00円。三菱UFJモルガン・スタンレー証券の植野さんも110円と予想。日米首脳会談を控え様子見ムード。日経平均の下値めどは?20000円、20400円との回答が多いが米中協議が決裂する場合は2万円割れもありうるという回答も一定数あった。モーサテ景気先行指数は-7.8と7週ぶりにマイナス圏に沈んだ。アメリカ、中国、ヨーロッパに関しても前回の数字から悪化した。

キーワード
石黒さん
大和証券
仙石さん
東海東京調査センター
植野大作
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
日経平均株価
円相場
モーサテ景気先行指数

ニュース (ニュース)
06:00~

三菱自動車の次期CEO、加藤隆雄氏が都内で会見を開き「3社連合維持を重視する」と述べた。加藤氏はインドネシアの子会社で社長を努めており、6月の株主総会で承認後CEOに正式就任する。

格付け会社のS&Pグローバル・レーティングは日産の格付けを「ネガティブ」弱含みに引き下げた。北米や欧州などで収益に強い下押し圧力を受けるとの見方を示したほか、次世代技術の開発費の負担増を理由にあげた。日産の今後2年間の収益性が想定を下回る可能性が高まったとしている。日産は6月25日に定時株主総会を開くことを決定した。指名委員会等設置会社への移行などを諮る。

内閣府が発表した1~3月期のGDPは予想外の高成長となった。茂木大臣は「内需の増加傾向は崩れていない」と述べた。輸出が2.4%減少したものの輸入が4.6%減の大幅減が成長率を押し上げた。公共投資や住宅投資がプラスとなった。企業の設備投資は製造業を中心に投資を先送りする動きが広がったことから0.3%減。個人消費も食料品の値上げが相次ぎ節約志向が高まって0.1%減だった。

イランにあるウラン濃縮施設の幹部は会見で低濃縮ウランの製造をこれまでの4倍にすると発表した。イラン核合意の枠内での活動だと述べ、合意から離脱する考えがないことを強調した。イランはアメリカが合意から離脱したことに対抗し低濃縮ウランの貯蔵量などを遵守せず、合意の履行を一部停止すると発表していた。

菅野さんは「米中貿易摩擦、中東情勢悪化、欧州選挙などリスク要因が重なっているので注意すべき」などと述べた。

キーワード
加藤隆雄
益子氏
三菱自動車
日産
ルノー
S&P グローバル・レーティング
カルロス・ゴーン
GDP
内閣府
茂木経済再生担当大臣
低濃縮ウラン
米中貿易摩擦

モーサテQ (バラエティ/情報)
06:05~

手元のリモコンのボタンでクイズに参加し、正解で20ポイント、不正解でも10ポイント獲得でき、100ポイント貯まったら「モーサテ特製ノート プレゼント抽選」に応募ができる。

クイズ「コンビニエンスストアの国内店舗数は?」。青:2万5千店、赤:4万店、緑:5万5千店、黄:7万店。正解は、緑:5万5千店。コンビニ店舗数は5万5824店と前年より0.5%増加しているが、最近では人手不足などが問題となっているため、出店を抑えようという話も出ている。

キーワード
日本経済新聞社
モーサテ特製ノート
日経TEST
日本フランチャイズチェーン協会

天気予報 (ニュース)
06:06~

全国の気象情報を伝えた。東海から関東で非常に激しい雨が降っているため、土砂災害・河の増水・氾濫に注意が必要。

次は“バブル”に警戒を。

プロの眼 (ニュース)
06:10~

企業の債務状況というのは対GDP比率で見ると企業の債務比率が上がって、リーマンショックの前のピークをもう超えている。一方債務返済比率、利払い費の負担の割合を示していますが、こちらはリーマンショックの前のピークを下回ってます。これは金利が低いからです。負担がそれほどないということです。負担がないから企業は借りていくということで、この中で企業の債務比率は上げってきてるという状況がございます。一方中身を見ると、どこに入っているかというと信用度の低い企業、債券市場で見るとBBBという投資適格なんだけど最も信用度の劣るというそういう企業に資金が流れ込んでいて、この他に銀行ローンもそうだけど、やはり信用度の低いところに資金が入り、投資家はそういうところのリスクを取ってきている。ゾンビ企業が増えているところがある。今のような低金利がついている場合は問題ないんですが、将来一度金利が上昇すると、信用度の低いところからお金が逃げていき企業の破綻が増えていく。場合によっては企業全体に大きな負担が出てくることが懸念されている。主要国の上場企業の12%がゾンビ化しているというレポートも出ている。中央銀行は今、インフレターゲットということで、インフレ率を目標に金融政策をやっているが、果たしてそれでいいんだろうかと、いろんな資産バブルもそうだが、資産バブルのようなものがどんどん増えているので、そういったところにも目配りが必要であり、日本がそういうところを情報発信するべきじゃないかと考えられています。と菅野雅明は伝えた。

NEXT「稼ぐ力」のある企業に注目

キーワード
インフレ
ソニーフィナンシャルホールディングス
BIS
ニューヨーク(アメリカ)

LIVE ニューヨーク (ニュース)
06:18~

NY株価の終値を確認した。

NY証券取引所から中継。ファーウェイとの取引停止が報じられた半導体株が大幅安となり、貿易摩擦懸念が強まり、ダウ・ナスダック揃って続落となった。営業キャッシュフローの総出力に優れた企業に注目している。マイクロソフトは年間で4兆円以上の資金を稼ぎ14兆円のキャッシュを保有している。マイクロソフトは2016年にリンクトインを2兆円強で買収した。そのような攻めのM&Aを行いつつ、その後も株主還元を高水準でキープしている。バランスのとれた背策をうつことで、株式市場からもユーザーからも評価され、さらに資金をうむ好循環につながる。アップルのユーザーはiPhoneだけで9億人以上おり、彼らが定期的な買い替えやアプリの購入などで継続的に収入をもたらすため、アップルのキャッシュフローは極めて安定的。

為替、金利、商品の値動きを伝えた。

NEXT「売られすぎ」シグナルが点灯

キーワード
ダウ
S&P500
ナスダック
ファーウェイ
NY証券取引所
マイクロソフト
リンクトイン
アップル
iPhone
CRB指数
NY金
NY原油
米2年国債
米10年国債

6:20 きょうの株は? (ニュース)
06:24~

世界の株価(20日)、株式先物を確認した。

AIが予測 きょうの東京株式相場は?寄り付きは雨。予想レンジは21111円~21298円。

DZHフィナンシャルリサーチの東野さんの予想レンジは21100円~21300円。4月の貿易統計を前に値ごろ感の買い戻しが入り、日経平均の下げ幅縮小につながる可能性はあるなどと話した。注目ポイントは「売られすぎ指標を総合判断」で東野さんは連休明けの株価の下落が大きくないので足元はすでに緩やかな反発、上昇傾向に入ってると思う、短期的には円安が伴う株式市場の上昇直面に入って行くことが予想できるなどと語った。

NEXT卒業生 歓喜の理由は?

キーワード
日経先物
ボベスパ
DAX
FTSE100
SENSEX
上海総合
安川電機
DZHフィナンシャルリサーチ
騰落レシオ
RSI

日経 超特急 (ニュース)
06:30~

日本政府はインドやスリランカと共同でスリランカ西部にあるコロンボ港を開発する。コロンボ港はスリランカの海運貨物の9割を扱う海上物流の一大拠点だが、取扱量の増加で距離能力が限界を迎えている。参加国は今年度中にも耕史に着手する方針で、取扱量を増やすことで南アジア地域の物流拡大につなげる。(日本経済新聞)

超富裕層向けにプライベート・バンキングを提供する金融機関がミレニアル世代の取り込みに動いている。ミレニアル世代は1980年代から2000年代に生まれた若者のことで、新規株式公開などで富を築く人が出ている。そうした新たな富裕層を取り込むため、UBSがプライベートバンキング部門で、新卒対応を始めるなど、担当者の若返りをはかるといった動きが出ている。(日本経済新聞)

家電量販店大手のビックカメラが2020年末をめどにダイナミックプライシングを全店舗で導入する。アメリカのアマゾン・ドット・コムなどネット勢に対抗するのが目的で、価格をデジタル表示し、店頭価格を本部から一括して変更できるようにする。従来の紙の値札と違い、入れ替え作業が発生しないため、店員の負荷も軽減される。(日本経済新聞)

キーワード
日本経済新聞
コロンボ港
スリランカ
UBS
ビックカメラ
アマゾン・ドット・コム

日刊モーサテジャーナル (ニュース)
06:33~

19日、アメリカ・ジョージア州のアトランタにある大学、モアハウスカレッジの卒業式で、アメリカで最も裕福な投資家ロバート・スミス氏が卒業生全員の学費ローンを全額肩代わりするとスピーチで述べた。モアハウスカレッジは歴史的に黒人男性が多く通う大学で、年間の学費は学生一人あたり4万8000ドル(約530万円)。スミス氏の寄付金額はまだ明らかになっていないが、1000万ドル(約11億円)ほどになると見られている。スミス氏はソフトウエアの会社に投資する投資会社を経営していて、経済誌フォーブスはスミス氏の資産を50億ドル(約5500億円)と試算している。スミス氏はこれまでにもアフリカ系アメリカ人の歴史や文化を展示する博物館やアフリカ系アメリカ人男性のがん治療研究に対する寄付をするなど、アフリカ系アメリカ人を支援する活動を続けている。

去年の夏からコンゴではエボラ出血熱で1150人近くが死亡し、史上2番目の規模の流行となっている。コンゴでは医療関係者や医療センターを狙った襲撃が相次ぎ、エボラの治療活動が妨げられている。背景には政府に対する不信感があるとのこと。コンゴでは去年12月、1960年に国が独立して以来初めて政権交代が起こる可能性がある国政選挙が行われたが、政府は投票所がエボラの感染拡大を助長する可能性があると一部地域で投票を延期した。投票が延期されたのは野党の地盤でもあったため、政治家の間では政府がエボラを口実に投票を阻止したと臆測もあるとのこと。エボラの治療活動にあたる海外の医療団体は、多くの場合警察官や軍に同行されて行動していることから、住民の間で政府の関係機関だと思われ不信感を持たれてしまっている。(ニューヨーク・タイムズ)

スタジオでは「アメリカでは学費ローンが非常に深刻な社会問題化していて、学費が高騰している結果卒業と同時に多額の借金を抱えて社会生活を始めるという事態で、アメリカでは投資家が寄付してくれたが日本にはなかなかこんな大富豪はいない。政府が税金を集めて再配分しようとすると非効率になるし、日本はもっと税控除の問題を含めて所得再配分について考えたほうがいいですね」「人への投資は大事ですからね」などコメントした。

キーワード
ロバート・スミス氏
Morehouse College
ワシントン・ポスト
フォーブス
アトランタ(アメリカ)
ニューヨーク・タイムズ
コンゴ民主共和国
エボラ出血熱
ジョージ・ソロス
アメリカ
ハンガリー

リーダーの栞 (バラエティ/情報)
06:38~

東京・千代田区に本社を構える「プルデンシャル生命」。骨髄移植のドナーが骨髄採取手術を受けた場合、給付金を受け取れる医療保険など業界に先駆け様々な新商品を生み出している。プルデンシャル生命は宮澤エマの祖父、故・宮澤喜一氏が大蔵大臣だった1987年に創業した。去年社長に就任した濱田元房社長はその座右の書はトップとしていかに決断を下すべきかが記された一冊だ。

プルデンシャル生命の濱田元房社長の一冊は「決断の作法~正しい独裁の条件~/新 将命」。数々の外資系企業で経営トップを歴任してきた著者がトップに立つ為の条件を記している。印象に残っている箇所は「私が心がけていた”衆議独裁(多くの人の意見を聞き議論を重ね最後は自分1人で決断するという意味)”という言葉を紹介しよう。経営上の決断は多数決による民主主義であっては断じてならない」だそう。最終的には責任を持ってトップとして決断するのだ。濱田さんが初めてこの本を読んだのは約10年前の執行役員時代。”衆議独裁”に感銘を受け組織における意思決定の方法を更に学ぼうと本業の傍ら大学院に進学し今年3月、京都産業大学 経済学研究科 修士課程を修了。トップが責任を持って決定を下すためには徹底的に議論し決定までのプロセスをしっかり説明できることが大切だと考えているそうだ。「説明責任を果たすことで独善・独断ではない”衆議独裁”が実行できる」と語る。各部門の目標を全役員で徹底的に議論する。会社全体でも同様である。半年に一度行われる業績評価会議では一人一人の業績を全員で評価しチームとしての評価を加えるという取組みをしておりモチベーションの向上にも繋がるという。今日のエマさんは「勤勉・研究熱心」という言葉を選んだ。

5位は「FACTFULNESS/ハンス・ロスリング/オーラ・ロスリング/アンナ・ロスリング)。4位はメモの魔力/前田裕二」。

3位は「実験思考/光本勇介」。2位は「自分の頭で考える/松村謙三」。

1位は「価格はアナタが決めなさい/大須賀 祐」。

NEXT「貯金よりお得!?」。

キーワード
プルデンシャル生命
宮澤喜一
千代田区(東京)
決断の作法
新将命
インフォトップ出版
京都産業大学
ステークホルダー
FACTFULNESS
ハンス・ロスリング
オーラ・ロスリング
アンナ・ロスリング
ビジネス書 最新ランキング
メモの魔力
前田裕二
日経BP社
幻冬舎
光本勇介
実験思考
自分の頭で考える
KADOKAWA
価格はアナタが決めなさい
大須賀祐
集英社

ニュース (ニュース)
06:47~

日本フランチャイズチェーン協会が、4月のコンビニチェーンの売上高を発表。既存店全体の売上高は8408億円、前年同月比プラス1.3%と6か月連続で前年を上回った。食料品以外の売り上げが伸び、チケットの販売などが売り上げ全体を押し上げたという。客数は1.6%減少、客単価は3.0%増加。大手3社の店内の映像が流れた。

損害保険会社大手3社による国内の自然災害に伴う保険金の支払額は、約1兆6600億円で東日本大震災の時を上回り過去最大となった。去年7月の西日本豪雨や台風21号など大きな災害が相次いだことが要因となった。3社とも大規模災害に備える積立金を取り崩したことで業績への影響を抑えたものの、東京海上ホールディングスは純利益が前の年に比べ3.4%減少した。一方、資産運用が好調だったMS&ADホールディングスは25.1%、SOMPOホールディングスは4.9%の増加となった。

スマホ専門の証券会社・ワンタップバイが発表したのが、つみたてロボ貯蓄、通称「ロボ貯」。毎月3万円以上の金額を特定の銘柄に積み立て、定期的に配当金などを受け取ることができるというもの。ターゲットは55歳以上のシニア世代。現在7つの商品があり、1銘柄3万円から設定でき、引き落とし先の銀行を選ぶことで、毎月自動で積み立てることができる。

三菱UFJフィナンシャルグループの三毛兼承社長はきのう、傘下の三菱UFJ銀行国内店舗の削減を加速させる方針を明らかにした。当初の計画では2023年度までに515店舗のうち約100店舗を減らす予定だったが、さらに約80店舗上乗せしコスト削減を進める。

トランプ政権によるファーウェイに対する事実上の取引禁止措置を受け、アメリカ企業のファーウェイソフトや部品の供給の停止が続いている。グーグルはスマホ向けのソフトの提供禁止を決め、ファーウェイの新製品には「Gメール」などグーグルの主なアプリが搭載できなくなる。またブルームバーグ通信によると、ザイリンクスやインテルなどがファーウェイへの重要なソフトと部品の供給を凍結したと報じている。ファーウェイへは「半導体や重要な部品は少なくとも3ヶ月分の在庫がある」として、今回のアメリカ企業による動きがすぐに影響することはないと強調している。

ライトハイザー通商代表が24日に来日し、日米の貿易交渉をめぐって茂木経済再生担当大臣と会談することがわかった。27日に予定されている日米首脳会談前を前に農産物や工業製品の関税について協議を行う見通し。日米両政府は貿易交渉に関して、首脳会談までに合意に達することは難しいとして共同声明に発表は見送る方針。

トランプ政権が13日に発表した中国からの輸入品に追加関税を課す制裁関税第4弾をめぐり、ナイキやアンダーアーマーなど靴メーカーや小売業者173社は20日、トランプ大統領に書簡を送り制裁対象から靴を外すよう要請した。書簡では、「制裁関税が課されれば業者だけでなく、消費者、アメリカ経済が破壊的な打撃を受ける」と指摘している。

アメリカ連邦通信委員会のパイ委員長は20日、TモバイルUSとスプリントが目指す合併計画を支持する意向を示した。TモバイルUSとスプリントの合併には、アメリカ連邦通信委員会と司法省の承認が必要だが、今回パイ委員長が5Gの整備が進むことなどを理由に合併に賛成するとしたことで、合併計画が進むとの見方が広がった。

ライトハイザー通商代表の来日について、「内容は不透明なところがあるが、マーケットは日米首脳会談に注目している。実務者が来るとなると、マーケットとしては警戒感を強めざるを得ない。」などと鈴木さんらが話した。

キーワード
セブン-イレブン
ローソン
ファミリーマート
日本フランチャイズチェーン協会
東京海上HD
藤田裕一専務取締役
東日本大震災
西日本豪雨
台風21号
MS&ADホールディングス
SOMPOホールディングス
ワンタップバイ
林和人社長
つみたてロボ貯蓄
三菱UFJフィナンシャル・グループ
三毛兼承社長
三菱UFJ銀行
ファーウェイ
トランプ政権
グーグル
スマホ
Gメール
ブルームバーグ通信
ザイリンクス
インテル
クアルコム
ライトハイザー通商代表
茂木経済再生担当大臣
日米首脳会談
関税
ワシントン(アメリカ)
ナイキ
アンダーアーマー
トランプ大統領
アメリカ連邦通信委員会
パイ委員長
TモバイルUS
スプリント
ソフトバンクグループ
司法省
5G

天気予報 (ニュース)
06:56~

渋谷の映像を背景に天気予報、週間予報を伝えた。現在、神奈川県内には大雨警報が出ている。

キーワード
大雨警報
渋谷(東京)
神奈川県

きょうの経済視点 (ニュース)
06:58~

ソシエテ・ジェネラル銀行の鈴木さんのドル円予想レンジは109.50円~110.30円。「今日は手がかり不足で様子見姿勢が続くだろう、今週末のトランプ大統領の来日までは動きづらい展開が続く」と見ている。

DZHフィナンシャルリサーチの東野さんの日経平均予想レンジは21,100~21,300円(20日終値21,301円73銭)。「弱含みの展開となりそう。決算発表を終え好業績株への見直し買いの動きもあるが、明日発表の貿易統計の結果を警戒し、買いは手控えられそう」とのこと。

きょうの予定。国内では4月の訪日外国人客数や小売業の売上高の発表がある。アメリカで4月の中古住宅販売件数の発表がある。

菅野さんは「6月のG20は予想以上に重要なイベントになると思います。一つはトランプ氏と習近平氏の会談で、米中協議が今後どの用な方向に行くかということと、もう一つはG20で消費税増税について最終判断をするかということで重要なイベントになると思います。それまではマーケットは動きづらいのではないですかね」と話した。鈴木さんは「米中の問題が長期化することを前提に置いて、G20で前進があるとしても次の課題が見えてくるのでまた変化があるんじゃないかな」と話した。

WBS(ワールドビジネスサテライト)の番組宣伝を表示した。

キーワード
ソシエテ・ジェネラル銀行
トランプ大統領
DZHフィナンシャルリサーチ
日経平均
東野さん
鈴木さん
G20
トランプ
習近平

モーサテQ (バラエティ/情報)
07:00~

クイズ「インターネットを利用する時間が最も長い国は?」。青:中国、赤:フィリピン、緑:アメリカ、黄:日本。正解は、赤:フィリピン。HootSuiteの調査によると、世界各国の一日あたり平均のインターネット利用時間について、フィリピンは10時間2分、日本は3時間45分という結果が出た。フィリピンは海外に出稼ぎに出ている人が、家族とインターネットを通じてコミュニケーションをとるため他の国よりも利用時間が長い結果になっている。

キーワード
日経TEST
HootSuite
中国
フィリピン
アメリカ

モーサテstyle (バラエティ/情報)
07:01~

東京・自由が丘にある「ブリキのジョーロ」の木村さんに、オフィスに刺激を与える存在感ある花を紹介してもらう。アリウムというのは、ネギ科ネギ属の植物の総称で、観賞用のものから食用まで様々な種類がある。ヨーロッパやイングリッシュガーデンでよく使われるのはギガンチウムという、小さな花が集まって球体になった種類のもの。タンチョウは茎がヘビみたいに曲がっているのがアクセントになっているもの。シューベルティは星が爆発したようなユニークな形が特徴の種類となっている。このようなアリウムは普通の花にはないポップな特徴があるものが多いので、「働いてる人同士のコミュニケーションの材料になるといいなと思います」と木村さんは話す。組み合わせの例としては、星のようなシューベルティに小惑星をイメージしてシルバースプリングやタンチョウなどで動きのあるものを組み合わせてモチベーションを上げさせる役割を果たすものなどがある。このような躍動感を感じるアリウムのブーケを飾ると、見慣れたオフィスも新鮮に見えてくる。

スタジオでは「刺激をもらってますます仕事をがんばりましょう」「最新技術を使った農業について取材してきたのですが、最近はトマトが一年中栽培可能になって、しかも甘くて美味しいんです」などコメントした。

「おはスタ」「日経モーニングプラス」の番組宣伝を表示した。

キーワード
ブリキのジョーロ
アリウムのブーケ
自由が丘(東京)
ヘビ
アリウム
ブルーパフューム
シルバースプリング
ギガンチウム
タンチョウ
シューベルティ
阿部海太郎
トマト
  1. 前回の放送
  2. 5月21日 放送
  3. 次回の放送