願いかなうまで3〜B型肝炎問題 国を動かした〜 2018年3月21日放送回

放送日 2018年3月21日(水) 15:54~16:24
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
15:54~

3月、国会は森友学園の文書書き換え問題が大きく取り沙汰されていた。通常国会は本来新年度予算案を議論する場である。この報道を全国B型肝炎訴訟大阪原告団の小池共同代表は「せっかくここまで来たのに」と述べる。日本のB型肝炎は、予防接種での注射器の使い回しや、輸血などでウィルスがひろまったと考えられる。小池共同代表達の10年間の記録を紹介する。

キーワード
B型肝炎
麻生太郎財務大臣
安倍首相
森友学園
財務省
全国B型肝炎訴訟大阪弁護団
新年度予算案

願いかなうまで3~B型肝炎問題 国を動かした~ (バラエティ/情報)
15:58~

このあとは「小池さん”命”の授業」。

小池真紀子さんの自宅にお邪魔した。今は元気に見える小池真紀子さんだが、24歳にB型肝炎感染に気づく。原因は予防接種で当時、注射器の使い回しを国が認めていた。被害者は国の責任を求め、全国各地で提訴に踏み切る。2010年、札幌地裁が国に何らかの解決を求める司法判断を下し、国は条件を満たした被害者に和解金の支払いが決まった。B型肝炎患者が次々と命を落とし始め、新たな闘いが始まるが、国側は医療費抑制を課題と掲げていて、支払いに難色を示している。小池真紀子さんは国会議員一人一人を回り、問題解決を訴え、国会議員との意見交換会を企画した。街頭で署名活動を行った小池真紀子さんは世間の関心が薄れてきていることを感じていた。

キーワード
B型肝炎
北島康介
リーマン・ブラザーズ
厚生労働省
札幌地裁
菅直人総理大臣
佐藤直幸さん
田中義信団長

願いかなうまで3~B型肝炎問題 国を動かした~ (バラエティ/情報)
16:06~

このあとは「願いが”少し”かなった」。

この日、小池真紀子さんは関西大学での大学講義に挑戦し、自分が差別的扱いを受けたことや薬の副作用の辛さなど経験したことを全て話した。最後に小池真紀子さんは今後の再発防止のために伝えていかなければいけないと語った。仲間たちが集めた署名は51万筆に上り、集まった署名を国に突きつけ、国も動き始めた。

キーワード
関西大学
田村憲久厚生労働大臣
田中義信団長

願いかなうまで3~B型肝炎問題 国を動かした~ (バラエティ/情報)
16:13~

横浜市のある会場に全国のB型肝炎患者やその家族が集まり、小池さんらが求めてきた医療費助成が新年度予算案に計上されたことが発表された。過去1年間で入院が4ヶ月を超えた場合、自己負担額が1万円になる。厚生労働省は取材に対し、B型肝炎から肝硬変・肝がんへの以降者を減らすなど多くの患者救済を考えたと話している。

現在肝がんを発症している佐藤さん。原因は幼い頃の集団予防接種だった。佐藤さんは2011年に国が和解金支払いに示した条件のうち、1つを証明できず受け取ることができなかった。医療費はすべて自己負担。新年度予算案に期待していたが、佐藤さんの去年の入院期間は3ヶ月で、条件に足りなかった。佐藤さんは、肝がんで4ヶ月はよほどの重症だと語る。新年度予算案はもっと困っている人たちのものだと、佐藤さん夫妻は自分たちに言い聞かせた。

小池さんは大阪原告団の共同代表を引退することを決断。全力で駆け抜けた10年間だった。これからもメンバーとして活動を続けるという小池さんは、「新年度予算案は第一歩。風穴を開けたことに意義がある」「制度は私達の活動で変えていける」と述べた。

キーワード
田中義信団長
B型肝炎
肝硬変
肝がん
B型肝炎問題
B型肝炎訴訟
佐藤直幸さん
  1. 3月21日 放送