ピョンチャンオリンピック2018 総集編

放送日 2018年2月25日(日) 22:00~23:54
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
22:00~

史上最多の13個のメダルを獲得したオリンピクック名場面を紹介。テーマは「私が選ぶ金メダルな瞬間」。

小泉孝太郎は「開会式出ましたけど、あの寒さと興奮と感動が入り混じった気持ちは一生忘れないでしょうね」などと話した。今回は総集編スペシャルと題して名場面をゲストともに振り返る。福原愛さんは「初めてこんなに真剣に冬季オリンピックを観させていただきました」などと話し、町田樹さんは「皆さんの素晴らしいパフォーマンスを見ていて、ウィンタースポーツでしか味わえない人間の身体能力の魅力ってこんなにもあるんだって新発見が出来た大会になりました」などと話した。

キーワード
ピョンチャンオリンピック
羽生結弦

私が選ぶ「金メダルな瞬間」 (バラエティ/情報)
22:05~

ピョンチャン五輪で特に印象に残った選手や出来事を超豪華ゲストが選定!

阿部一二三さんが選んだのはスピードスケート高木菜那・美帆姉妹。美帆さんは1500mで銀、1000mで銅を獲得。そして姉・菜那さんと走るチームパシュートでは史上初姉妹で金メダルを獲得した。姉の菜那さんは新種目マススタートで2つ目の金メダルを獲得した。「妹に負けない姉の意地」が阿部さんの選ぶ金メダルな瞬間。

阿部一二三さんは「高木美帆さんは大学の先輩でもあって、姉妹でのオリンピック金メダルは史上初っていうことで、僕自身妹とオリンピックで優勝し史上初となることを狙ってたので先を越されちゃったなって気持ちはあるんですが、姉妹での競技を見て東京オリンピックで何が何でも兄妹で金メダル獲りたいなって思いが強くなりました」などと話した。

滝川クリステルさん・武井壮さんが選んだのはスピードスケート小平奈緒選手。女子スピードスケート500m決勝では小平奈緒選手と韓国代表オリンピック3連覇中のイ・サンファ選手が対戦。10年以上切磋琢磨してきた2人は世界中が注目するライバル対決。先に滑った小平選手は36.95でオリンピックレコードを樹立。このとき小平選手は驚きの行動を見せた。

キーワード
ピョンチャン五輪
高木菜那
高木美帆
大輔さん
東京オリンピック
小平奈緒
イ・サンファ

私が選ぶ「金メダルな瞬間」 (バラエティ/情報)
22:15~

滝川クリステルさん・武井壮さんが選んだのはスピードスケート小平奈緒選手。女子スピードスケート500m決勝で先に滑った小平選手が36.95でオリンピックレコードを樹立。歓声が鳴り止まない会場で小平選手は口元に手を当て「静かに」とポーズ。次に滑るイ・サンファ選手を気遣った。イ・サンファ選手は 37.33で第2位となり、小平選手が日本女子スピードスケート史上初の金メダルを獲得した。レース後2人は自然と抱き合い、「新旧女王による国境を越えた美しき友情」が滝川さん・武井さんの選ぶ金メダルな瞬間。

滝川クリステルさんは「まさにこれがオリンピックなんだなって。本当に観させてもらって良かったなって、こうでなきゃいけないなっていうのを本当に感じましたよね」などと話し、武井壮さんは「強いライバルがいることで苦しいトレーニングも心の底から向かうことが出来るっていうのをいつも感じてきているので、一番いいライバルであり自分の背中を押してくれる仲間でもあるんじゃないかなと思いましたね」などと話した。番組は小平奈緒選手の独占インタビューを敢行、滝川クリステルさん・武井壮さんが聞きたかったことを聞いた。

滝川クリステルさんが小平奈緒選手に聞きたいことは「なぜ留学地にオランダを選んだのか?」。小平奈緒選手は「競技力を高めるとかではなくて、スケートというスポーツを学びに行くことで、私の中にあるスポーツの価値観が変わるのではないかなと思って」「私の見たことのない世界を見に行きたいという思いで行きました」などと話した。

武井壮さんが小平奈緒選手に聞きたいことは「氷と接地しているシューズから何を感じているか?」。小平奈緒選手は「誰かが声をかけてくれると心にズシッと重みがあると思うんですけど、足の裏からも自分が問いかけた力に対して重い重い思いが返ってくるようなイメージです」などと話した。

最後に小平奈緒選手は「今後も自分の究極の滑りを目指して頑張っていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします」などとスタジオにメッセージを送った。

武井壮さんは「常に氷と対話するってことを仰ってて、そこに何を会話しているのかどうしても聞きたくて」「思いを感じるっていうのは感覚とかを越えてる、ひとつのものになって滑ってるだなって感じた」などと話し、町田樹さんは「スケート靴ではスケーターにとっては相棒・自分の体の一部・苦楽を共にした仲間だと思いますので、小平さんも特別な思いがあるんだなと聞かせていただきました」などと話した。

小泉孝太郎が選んだのはモーグル原大智選手。スタジオに原大智選手が登場。原大智選手は「本当に嬉しくてワールドカップと世界選手権で表彰台に乗りたいとずっと思っていたけど乗れなくて、けど最後オリンピックで乗れればいいやって気持ちでやったんで」「とても喜んでもらえて、いろんな方が観てくれて感動を与えられたことは本当に嬉しいことだと思いました」などと話した。

又吉直樹が選んだのはクロスカントリー・クルーゲル選手。スタート22秒後、雪に足をとられ転倒した。この転倒でストックが折れ最下位の68位になった。しかし15キロ地点で14位と驚異的な追い上げを見せる。その後最下位から奇跡の67抜きを見せ、金メダルに輝いた。

又吉は「隣の人とお箸が絡まって箸が折れてしまったのに後から優勝する」と大食いで例えて説明した。滝川クリステルはクロスカントリーをやったことがあることを話した。福原愛は「卓球の場合は1ゲームごとに立て直したりが出来る。スキーみたいにつながっている競技だとどういう風に立て直すのかなって思う」とコメントした。

韓国・平昌から中継。荻原次晴と鷲見アナが世界中をザワつかせた超個性派外国人アスリートたちを紹介。P.タウファトフアは上半身裸で開会式に臨んだ。去年1月からスキーを始めたタウファトフアはリオ五輪ではテコンドーの選手として出場していた。平昌オリンピックには「最も困難なスポーツに挑戦したい」という理由で出場をしていた。さらにリュージュ・M.ソボビッチ選手に起こった異変を紹介。

キーワード
ピョンチャン五輪
小平奈緒
イ・サンファ
オランダ
原大智
クルーゲル選手
平昌オリンピック
平昌(韓国)
P.タウファトフア
リオ五輪
M.ソボビッチ

私が選ぶ「金メダルな瞬間」 (バラエティ/情報)
22:39~

次晴が金メダルへ向けて大暴走!?

滑走を待つ、リュージュ・M.ソボビッチはバイザーを着ける筈がバイザー無しでスタート。試合後ソボビッチ選手は「バイザーを忘れちゃって。コースの最後まで何も見えないまま滑りました。コースの記憶だけを頼りに操縦しました」とコメントした。

韓国・平昌とスタジオを中継で結び、改めて荻原次晴がタウファトフア選手に取材した時のエピソードを話した。阿部一二三は「色んなことに挑戦する気持ちはスゴいなと思います」とコメントした。

渡部暁斗は前半のジャンプで3位で好ポジションをキープ。後半のクロスカントリーではE.フレンツェルに敗れ銀メダルを獲得。大会12日目、渡部はノルディック複合・個人ラージヒルに挑んだ。

キーワード
次晴
平昌オリンピック
平昌(韓国)
P.タウファトフア
リオ五輪
M.ソボビッチ
渡部暁斗
E.フレンツェル

私が選ぶ「金メダルな瞬間」 (バラエティ/情報)
22:49~

大会12日目、渡部はノルディック複合・個人ラージヒル。後半のクロスカントリー、前半トップでスタートした渡部だったがドイツ最強軍団に捉えられ5位に終わった。荻原次晴が選んだ金メダルの瞬間は「ドイツ軍団が追ってくる中、1人果敢に風を受けながら逃げ続けた姿」だった。

荻原次晴は渡部暁斗の滑りを振り返りノルディック複合の魅力を熱弁。さらに大会直前に肋骨を骨折していたことなどを伝えた。

町田樹が選んだのは男子ハーフパイプ・S.ホワイトvs.平野歩夢の対決。平野は五輪史上初4回転の連続技に成功させた。町田は「果敢に挑み達成した歴史的快挙」を金メダルな瞬間に選んだ。

町田樹は「ハーフパイプが今後、競技的に発展していくのか。ということはフィギュアスケートも非常に参考になる点が多いと考えている」とコメントした。

ビビる大木が選んだのは宇野昌磨選手。羽生選手も宇野選手について本音を漏らすほどの天然キャラだった。

キーワード
平昌オリンピック
渡部暁斗
平昌(韓国)
平野歩夢
ショーン・ホワイト
宇野昌磨
羽生結弦

私が選ぶ「金メダルな瞬間」 (バラエティ/情報)
23:03~

平昌五輪フィギュアスケート銀メダリストの宇野昌磨はゲームをバカみたいにやっているとし、羽生結弦は宇野はゲームに集中しているのでプライベートで連絡は取らないと話した。ビビる大木が選ぶ「金メダルな瞬間」は宇野が銀メダルを取った後の会見で眠そうにしている場面だった。

スタジオトークで、ビビる大木は宇野昌磨について、オリンピックで緊張しなかったという発言聞いたことないと話した。町田樹は宇野が本当に緊張しなかったのかはわからないとした。阿部一二三は試合前は緊張するし同級生なので仲良くなってみたいと話した。滝川クリステルはオフの宇野選手はかわいらしい、福原愛はギャップがあるので集中できるのかもしれないと話した。

福原愛と伊達みきおが選ぶ「金メダルな瞬間」は羽生結弦の66年ぶりの連覇だった。伊達は羽生は100日前に右足首を大けがしたが、2月16日男子SPに登場した瞬間を選んだ。

福原愛と伊達みきおが選ぶ「金メダルな瞬間」は羽生結弦の66年ぶりの連覇だった。伊達は同じ仙台出身で仙台はすごいと話した。福原愛は身にまとう空気が全然違ったと話した。福原はケガをしている時は自己嫌悪に陥ることが多いと話した。町田樹はケガをした時は恐怖心も不安もあるが、乗り越えられたんだと話した。又吉直樹は緊張した時左手のイボを触る癖があると話した。

羽生結弦を独占取材、伊達みきおからの「ソチ五輪はなかったが、今回はお土産はあるか」との質問で、今回もお土産はないと話した。福原愛からの質問で、最近食べた仙台フードは牛タンだと話した。

羽生結弦を独占取材、花江夏樹からメッセージを紹介。花江は「東京喰種トーキョーグール」の金木研として、羽生に質問。花江は「強い気持ちを持ち続けるのは大変だったんでは?」と質問、羽生は応援してくれる人から勇気をもらったと話した。花江は「僕に食われても仕方ないね」と言い、羽生は「ぜひ食べてほしい」と話した。羽生はマンガも読んでいるので、花江と話すことが恐れ多い、スケートやっててよかったと話した。

スタジオトークで、伊達みきおは羽生結弦が以前お土産を買ってきてくれると言ったので、頼んだが片隅にもなかったようだと話した。羽生結弦はアニメ「東京喰種トーキョーグール」が好きだが、フィギュアスケートではアニメソングを採用することがあるとした。小泉孝太郎は親近感が湧くと話した。福原愛はいつでも牛タン弁当持っていくと話した。

平昌五輪で、羽生結弦は連覇を達成。羽生結弦のファンに密着取材。2月10日にミキさんは神社を参拝した。ミキさんは自身も競技歴10年のフィギュアスケーター、ミキさんは羽生の演技を演じた。夏樹さんは二児の母、職業はネイリストでネイルにも羽生結弦を描く。雪子さんと道子さんがゆづネイルをし、平昌五輪に向かった。アメリカのエリカとモニカは羽生結弦を応援するために14泊16日の日程を組んだが、団体戦欠場で空振りの連続。2月15日に男子シングル公式練習が行われた。雪子さんと道子さんが会場に入り、エリカとモニカも見学。羽生はこの日の公式練習不参加だった。雪子さんたちは彼がそういう調整ならそれでいいとし、翌日に羽生がSPで1位となり復活。ファンは歓喜した。日本では夏樹とミキがスケート場でジャンプを見せた。

キーワード
宇野昌磨
平昌五輪
ソチ五輪
牛タン弁当
東京喰種トーキョーグール

私が選ぶ「金メダルな瞬間」 (バラエティ/情報)
23:27~

平昌五輪で、羽生結弦は連覇を達成。羽生結弦のファンに密着取材。2月17日男子シングルフリー、アメリカのエリカは黄色い耳を付けていた。日本のさいたまでは羽生ファンが集結、早朝3時のロシアでもマリアがファン仲間と羽生を応援。一同は違う場所で、手を叩いて応援。試合後には涙を流した。ファンの思いは国境を超えた。ファンは滑っているかぎり応援すると話した。

スタジオトークで、羽生結弦について町田樹は体力面だけが不安だとし、阿部一二三はプレッシャーの中での2連覇は報われてすごいと話した。

平昌五輪スノーボードクロスは1kmのコースを様々な障害物をクリアしながらタイムを競う。最終滑走で最初の坂が登れず5秒で終了した選手がいた。

平昌五輪スノーボードスロープスタイルで、フィンランドチームのコーチは編み物をしていた。2014年のソチ五輪でも編み物をしていた。4年前に心理カウンセラーの勧めで始めたもので、チームは今ニーニスト大統領夫妻の赤ちゃんのための毛布を製作しているという。

平昌五輪フリースタイルスキー女子エアリアルで、徐夢桃選手が着地失敗。選手以上にコーチが悔しそうだった。チョウ・キンが成功した際には選手より大喜びだった。

キーワード
平昌五輪
埼玉県
ロシア
ニーニスト大統領
ソチ五輪
徐夢桃
チョウ・キン

私が選ぶ「金メダルな瞬間」 (バラエティ/情報)
23:38~

このあと、ピョンチャンオリンピックの感動シーンを振り返る。

スキーとスノーボードの新たな二刀流スターが誕生した。チェコ代表のE.レデツカは、スキー・スーパー大回転で借り物のスキー板を使って金メダルを獲得。祖父はアイスホッケー代表、母はフィギュアスケーターで、レデツカは2歳からスキー、5歳からスノーボードを始めた。そしてスノーボード・パラレル大回転でも金メダルを獲得。スキーとスノーボードで2冠を達成した。

番組が選んだ平昌オリンピックの美女アスリートコレクション。スピードスケートのエストニア代表S.アルサル、フィギュアスケートのA.ザギトワ、E.メドベージェワ、カーリング日本代表の藤澤五月、スノーボードのノルウェー代表S.ノレンダルを紹介した。

荻原次晴は「強いからこそ美しさが際立つ」とコメント。またスキーとスノーボードの二刀流の選手について、「借り物の板でもスキーを滑らせていく技術が素晴らしかったんでしょう」と話した。

キーワード
ピョンチャンオリンピック
大谷翔平
E.レデツカ
S.アルサル
A.ザギトワ
E.メドベージェワ
セーラームーン
藤澤五月
S.ノレンダル
ソチオリンピック
北京

私が選ぶ「金メダルな瞬間」 (バラエティ/情報)
23:49~

阿部一二三は2020年に向けて、「自分が優勝して東京を熱く盛り上げたい」と語った。小泉孝太郎は平昌オリンピックを振り返り、「金メダルだけじゃなく、銀、銅、それぞれの輝きが際立っていた」と語った。

平昌オリンピックのハイライト映像。

キーワード
ピョンチャンオリンピック
東京オリンピック
長野
PyeongChang
Tokyo

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 2月25日 放送