大阪人の新常識 OSAKA LOVER 2019年8月17日放送回

『大阪人の新常識 OSAKA LOVER』(おおさかじんのしんじょうしき おおさか らばー)は、テレビ大阪で2018年4月21日から毎月土曜18:59 - 20:54に放送されているバラエティ番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年8月17日(土) 14:00~16:00
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
14:00~

大阪で焼肉の街といえば、鶴橋。鶴橋駅周辺には約50店舗の焼肉店がひしめき合っている激戦区。そんな古いお店で先代から聞いていることをつなぐと、驚きの新常識が。オープニング映像。

キーワード
鶴橋駅
焼肉

先代から聞いてます 焼肉の街 鶴橋 (バラエティ/情報)
14:03~

焼肉激戦区鶴橋で老舗焼肉店を数珠つなぎ。関西ジャニーズJr.の向井康二と石田靖が調査をする。 大阪の昭和町の出身だという向かいは、府知事の名前を聞かれて「どこですか それ?」と質問をしてしまった。まずは焼肉通り(鶴橋西商店街)へ。香ばしい香りにつられて角を曲がると、焼肉ホルモン 空がある。二代目の金山真紀さんの気さくなキャラクターとリーズナブルなお肉のおかげで週末には行列がたえない人気店。ロースを食べた石田は、味がしゅんでるからいい肉などと話した。金山さんはお店は8席から始めたが現在は200席の人気店になっていると話した。

二代目の金山真紀さんに、さらに先代から伝わる話を聞くと、焼き肉は元はと言えば韓国料理で、昭和20年終戦後の日本が食料が少なかったため、普段は捨てる部位のホルモンを安く仕入れ、韓国籍の人が鶴橋で焼肉店を始めたと言われている。時代が進み、食料が安定し、昭和40年台には焼き肉は赤みが主役になる。そして近江牛や松阪牛などブランド牛の増加とともに、高級料理に成り上がった。

金山真紀さんに、古いお店を紹介して欲しい、と頼むと、「鶴一」さんを紹介してくれた。鶴一は、創業から60年で、カルピや塩タンなどを提供している。三代目の米野隆弘さんは、鶴一は60年間やってきているという。先代から聞いていることとして、今では当たり前のつけ誰は鶴一の先代が考案したのだという。タレは味付けのために作ったのではないという。

八木真澄が鶴一の先代がつけダレを発明した目的は?という問題を出題した。未知やすえは、末成由美が最近鶴橋に買物に行ったときに、豚足をヴィトンのカバンに入れて帰ってきたなどとエピソードを話した。高橋は、焼き肉のテンポアップをして売り上げを伸ばすために、と予想した。

正解は米野さんの母の美佐江さんが熱い焼肉を冷ますためにつけダレを発明した。肉を美味しくするためではないので、鶴一のつけダレはいりこ出汁ベースのあっさり味で、鶴一のつけダレは一子相伝の味。その冷ますためのつけダレが焼肉を美味しくするものに変わっていったという。

米野隆弘さんに古いお店を紹介して欲しいと聞くと、お隣さんのアジヨシを紹介した。アジヨシの名物は、韓国の郷土料理のどじょう汁。アジヨシの先代が子供の頃から食べていた栄養たっぷりの家庭の味。アジヨシ店長の興山広成さんは、鶴橋は靴屋さんが多く、昔は先代は靴屋さんだったという。実は先程の鶴一でも「当時は靴屋さんとか草履屋さんとか多かった」と語っていた。さらに空に女将も「お父ちゃんはスリッパのデザイナーやった」と話していた。鶴橋はかつて、焼肉の街ではなく靴の町だった。昭和35年の鶴橋を見てみるとたしかに靴屋さんだらけ。当時、靴の販売や修理を営む人が多かった鶴橋。なぜ靴の町が焼肉の街になったのか。それはアジヨシの影響が大きかったという。最初、アジヨシは、靴屋をやりながらどじょう汁とかホルモン焼きという形でやり始めたといい、労働者が集う人気店になったのだという。当時行列店になったアジヨシを見て、周りの靴屋さんが焼肉屋に変身し、こうして今の鶴橋になった。

焼肉店をはしごした2人は、鶴橋駅の東口へ。鶴橋商店街振興組合は、韓国食材の店が立ちながらぶキムチやチヂミなどの食べ歩きが楽しいエリア。高橋は、豊田商店のまかない明太子というのがあり、ご飯の進む力が日本最高峰だといい、売ったらいいと勧めたら売り始めたという。鶴橋はソウルオリンピックや韓流ブームを経て韓国の店が増えたという。そんな中、昔から変わらないお店が、美鈴呉服店。二代目の小林美代子さんは「お父さんが商店街の理事長をしてましてこの商店街を??にしたい」と語る。

Q美鈴呉服店の初代が鶴橋につくろうとしたものは何?と八木がクイズを出した。

「おとな旅あるき旅」の番組宣伝テロップ。

キーワード
鶴橋駅
焼肉
関西ジャニーズJr.
鶴橋西商店街
ロース
近江牛
松阪牛
神戸ビーフ
カルピ
塩タン
美佐江さん
どじょう汁
大邱(韓国)
鶴橋商店街振興組合
まかない明太子
ソウルオリンピック

先代から聞いてます 焼肉の街 鶴橋 (バラエティ/情報)
14:23~

美鈴呉服店の二代目の小林美代子さんは「お父さんが商店街の理事長をしてましてこの商店街を??にしたい」と言っていたと語る。Q美鈴呉服店の初代が鶴橋につくろうとしたものは何?という問題で、未知やすえは遊園地と予想。高橋は、お笑い団体と予想した。

正解は、高層ビルの計画をしていたという。鶴橋の商店街が高層ビルになるところで、25階建てのビルになる予定だった。計画が立てられたのは昭和45年頃の高度経済成長期。当時の鶴橋は、鶴橋に行けば何でも揃うと言われ沢山の人で溢れかえっていた。そこに目をつけたのが、呉服店先代の公さんだった。しかし地元住民は、この計画に反対し、叶わぬ夢となった。

さらに鶴橋駅の東側で先代から伝わる話を聞き込み。鶴橋のもう一つの顔は、鮮魚市場。くじら専門・海産物 稲田食品で、くじら肉を試食。「くじらのベーコン」を食べた石田は、噛めば噛むほど旨味が出てくる、と話した。二代目の稲田進さんは、先代から闇市だったと聞いていたと語る。当時は、ブロックサインで警察が来たことを知らせていたという。大阪には鶴橋の他にも阿倍野など各地で闇市が開かれた。中でも鶴橋は戦争の被害が少なく、いち早く多くの物資が集まったという。闇市では、長靴が一番売れていたという。

八木が「Q闇市で長靴がよく売れた理由は?」という問題を出題した。

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅 Z」の番組宣伝テロップ。

キーワード
鶴橋商店街振興組合
鶴橋駅
くじらのベーコン
闇市

先代から聞いてます 焼肉の街 鶴橋 (バラエティ/情報)
14:33~

Q闇市で長靴がよく売れた理由は?という問題。未知やすえは、長靴に物を入れて隠すためだと予想。高橋は、沼に入って逃げるためと予想した。正解は、長靴の中に食料を隠し取引をしていたという。

二代目の稲田進は、長靴ではなくリュックサックを使うと、すぐに捕まる、と話していた。その当時の助成は長靴だけでなく、着物の中に隠したこともあったという。鶴橋は、戦後を生き抜いた人々のたくましさが生んだ商店街だった。

「THEカラオケ★バトル」の番組宣伝テロップ。

キーワード
闇市
鶴橋駅

東京人は絶対やらない!大阪人だけの常識だった!? (バラエティ/情報)
14:36~

東京人は絶対やらない大阪人だけの常識を、大阪でも東京でもツアーに添乗する旅のプロに独自調査した。

旅でわかった大阪人の仰天行動について、月亭八方が調査。今回は、日本最古の旅行会社「日本旅行」を訪れ、東京から大阪に来た社員が驚いた東京人はやらない、大阪人の行動について聞いた。日本旅行大阪支店が誇る名物添乗員・平田進也さんは大阪に来て38年になるという。

東京から来た添乗員が驚いた大阪人の行動を紹介。1つ目は「大阪人は食べ放題が好きすぎる」。中でも、大阪人が好きなカニ食べ放題ツアーは東京にはなく、食べ放題が目的のツアーは関西だけだという。

名物添乗員の平田進也さんは、カニツアー食べ放題にやってくる大阪人の中には、Myハサミを研ぐだけでなく、2本持ってくる人もいると話した。そして「関西人は甲殻類に弱い」と主張した。

平田さんは、兵庫・浜坂で行われたアワビ食べ放題ツアーの際、殻からビールの栓を抜くようにポンポン外したり、入れ歯を外して歯茎だけで食べられる大阪人がいたと話した。

大阪人にとってツアーそのもののはもちろん、付いている土産の数も重要だという。9月に行われる「松茸&丹波牛すき焼きの昼食と黒豆枝豆狩り体験」では、せんべい1枚や栗饅頭1個も含む10大土産が用意されているが、リピーターの中には、そのせんべい1枚にもこだわる大阪人の客がいるという。

「せんべいが割れている」と言われた平田さんは、何と答えてその場を乗り切ったかという問題が出題された。正解は「食べやすいように砕いてある」だった。

東京人の場合、クレームは帰宅してから電話でネチネチとしてくる場合が多く、大阪人はその場で解決することが多いという。

東京から来た社員が驚いた関西弁についてトーク。「横文字を使わない大阪人はパスポートのことを何と呼ぶ?」という問題が出題された。正解は「帳面」だった。

「海外に行っても大阪人はパスポートのことを帳面という」と平田さんは話した。

平田進也さんは、大阪人が差し出す飴は相手の心に入るためのパスポートなのだと話す。だが、暑い夏場は溶けてしまい、袋に貼り付いた飴を口で剥がしてまで差し出してくるため、「拷問です」と心中を明かした。

キーワード
日本旅行
浜坂(兵庫)
松茸&丹波牛すき焼きの昼食と黒豆枝豆狩り体験
ものもらい

近江八幡の新常識 (バラエティ/情報)
14:52~

水上観光が出来たり涼しく過ごせる近江八幡。近江商人発祥の地とも呼ばれており、大阪から1時間半で日帰り旅行ができるため雑誌でも特集が組まれている。川田裕美は「乾貴士、末成由美が出身地」と紹介。

団長安田が八幡山ロープウェイで山頂に向かい、旅のお供としていたのがいとうまい子だった。山頂にはかつて豊臣秀次が築いた八幡山城が存在したと紹介。団長安田が涼みにいきましょうといとうまい子に話し、近江八幡といえば水郷めぐりだと説明した。

八幡堀は現在も時代劇や映画のロケ地に使用されており、団長安田らは昔ながらの屋形船に乗り込んだ。「涼しい風が気持ちいい。癒やされる」といとうまい子らはコメントした。もともと豊臣秀次が作った八幡堀。防衛と商業の役割を果たしていたと解説した。

また、八幡堀は下水処理をしていたため昭和30年代は水草だらけで舟の通れるようなところではなかったという。50年前は水草とヘドロが堆積していたが、市民の方が清掃活動を行い、景観を戻した。

団長安田らが八幡堀を舟で回ったのはお堀巡りで水郷めぐりは琵琶湖の内湖を舟でめぐると平松さんは説明した。

水郷はそもそも河川や湖沼が多くある景勝地で近江八幡は重要文化的景観に指定されている。団長安田らは水郷めぐりに。船頭さんには定年退職した地元の方がなることが多いという。カモを発見したいとうまい子が「おいで」と言うと、船頭さんが「おいででは来ない。カモンと言わないと」とコメントした。

水郷めぐりは豊臣秀次が宮中の遊びを真似たのが始まりで、茶会や月見を楽しんでいた。

水郷めぐりで発見したヨシは、天神祭の茅の輪に使用しているという。

琵琶湖の幻の魚・ビワマスを紹介。鮎をエサにする琵琶湖の固有種で、貴重な魚だという。団長安田らは「ひさご寿し」で「ビワマスの刺身」を食べた。ビワマスは琵琶湖周辺でしか食べられないという。

平松清廣さんの案内で、団長安田らは近江八幡の街を散策。西川産業は近江商人がルーツで、創業者の西川甚五郎邸は今も残されているという。そもそも、近江商人は滋賀県に住居を構え、全国に行商にでかけた商人で、髙島屋など大阪に本社を置く一流企業ももとは近江商人だという。また、「三方よし」という言葉があるが、これは「売り手よし、買い手よし、世間よし」から来ているという。

一行は、江戸時代の町並みが残る新町通りを散策。近江八幡の名物の中でも、今回は「麸の吉井」の「丁字麩」を紹介した。近江八幡の町並みを模して四角形になったものだという。

「丁字麩が四角いもうひとつの理由は?」という問題が出題された。

キーワード
乾貴士
末成由美
近江八幡(滋賀)
大阪府
八幡山ロープウェイ
豊臣秀次
八幡山
琵琶湖
重要文化的景観
近江八幡和船観光協同組合
カモ
ヨシ
天神祭
ビワマスの刺身
フナ
ブラックバス
ビワマス
桜宮町(滋賀)
西川甚五郎
森脇健児
大丸
クラブハリエ
西川甚五郎邸
たねや
バームクーヘン
近江商人
丁字麩
赤こんにゃく
丁稚羊羹

近江八幡の新常識 (バラエティ/情報)
15:11~

空堀商店街の秘密。カラホリのカラクリに迫る。

「丁字麩が四角いのはなぜ?」という問題が出題された。正解は「持ち運びしやすい」だった。丸型だと隙間ができて形が崩れやすくなるが、四角形だと重ねやすく麸がぶつからないため崩れにくいという。

「千成亭」で近江牛を使ったすき焼き御膳を食べ、2人が肉の歯ごたえと甘味に舌鼓をうった。この店によると、明治時代初期までは肉食が禁止されていたが、近江国は牛皮を幕府に献上するのが慣例で牛を殺すことが唯一認可され、密かに牛肉が食べられていたという。近江商人達はこれを味噌漬けにし、薬として商品化、将軍に献上し全国に広めていったという。

川田アナは「穴場と言えば穴場」とコメントしたが、高橋は「OAしたら混む。混まなかったら寂しい」とコメントした。

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅 Z」の番組宣伝テロップ。

キーワード
丁字麩
近江商人
神戸ビーフ
松阪牛
近江牛
すき焼き御膳
大杉町(滋賀)
京都府

先代から聞いてます 空堀商店街 (バラエティ/情報)
15:16~

大阪で注目のエリア、谷町にある空堀商店街で新常識を探す。

木本が空堀商店街を歩く。鳥辰では、店でさばく種類の多い焼鳥が食べられる。店主の4代目は23歳だという。

「デリカいずみ」の二代目店主は、LC志向の女性のニーズに応えるため、自由に惣菜を選べるスタイルに変更したという。空堀商店街の名前の由来について、大阪城の外堀で水のない空の堀だったことから来ているといい、堀の跡は谷町筋を越えた飲食店に残っているという。

「ん」を訪れ、堀の跡を確認する。店の地下には石垣があり、改装時に壁をめくると出現したといい、秀吉が造った石垣だと思われるという。

商店街で古い店を紹介してもらうと、「ことみ」というお好み焼き屋が空堀の天然記念物だという。店は夫婦が60年以上店を守り続け、古き良き大阪が残っていると話題。大阪の下町を題材にした映画にも登場。母に負担をかけたくないという心遣いから、ドリンクやおでんはセルフサービス、混雑時の注文は覚えやすいようにと客が手書きするという。

店のじゃがいも入りお好み焼き「じゃが玉」は、かつて近くに住み常連だったケンドーコバヤシが考案したという。木本が食べ、じゃがいもの柔らかさと甘さに絶賛。古い店を聞くと、スズキ薬局を挙げてくれた。

スズキ薬局へ向かった木本さん。95歳の薬剤師さんがいらっしゃる。昭和24年創業の店だ。すごく元気だ。健康な長寿の秘訣は、立っていることだという。薬に頼らないようにしているという。

谷町の大病院に、珍しいものがあるという。

キーワード
ケンコバ
谷町(大阪)
心斎橋(大阪)
せせり
秀吉
クロちゃん
ボックス!
市原隼人
高良健吾
ケンドーコバヤシ
じゃが玉
ケンドーコバヤシのたまらない店
空堀商店街

先代から聞いてます 空堀商店街 (バラエティ/情報)
15:36~

空堀商店街の大病院に、珍しいものがあるという。スタジオの出演者たちがそれを当てようと答えた。幼稚園などという。

答えは相撲の土俵だと、いう。相撲好きの医者がいて、土俵を作り、力士を無料で治療したという。薄病院だ。力士のタニマチだったという。タニマチという言葉の由来となった病院だ。現在はコインパーキングとなっている。薄恕一さんが明治22年に、谷町6丁目に薄病院を開業。

薄医師のひ孫が登場。ピップエレキバンのピップの会社につとめているという。相撲が好きだから面倒を観ていたとのこと。薄恕一さんの息子の薄渓六さんは、医師をついだが外国で亡くなった。

隣のお茶屋さんは、商店街で一番の物知りだという。昭和25年創業。二代目店主が案内してくれた。前を通る人に、毎日無料でお茶を提供しているという。商店街の店には、客の知らない秘密の?があるという。

「おとな旅あるき旅」の番組宣伝テロップ。

キーワード
空堀商店街
谷町(大阪)
スズキ薬局
薄病院
薄恕一
ピップエレキバン
ピップ
薄渓六さん
宇治茶園

先代から聞いてます 空堀商店街 (バラエティ/情報)
15:45~

空堀商店街の店には、客の知らない秘密の?があるという。木本さんが地下室に入っていく。正解は地下室だ。事務所や倉庫などとして使っているという。地下なのに明るい。窓がある。出てみると地上になる。高低差のある坂に商店街はある。

江戸時代に無計画に堀進め、商店街の土地が高くなったという。その段差を利用して増築し、地下室を作ったという。

「THEカラオケ★バトル」の番組宣伝テロップ。

キーワード
スズキ薬局
谷町(大阪)
空堀商店街
宇治茶園

大阪人の新常識 OSAKA LOVER (バラエティ/情報)
15:47~

大阪・四ツ橋のとある店では8月によく売れるあるものが売られていて、それを作っているのは180人の職人を抱える工場となっていたがここで問題、「「あるモノ」のシェア日本一!何を作っている?」この道具は250個の材料から造られていて、ヘラのようなものや機械を使って作っていくがそれは何?

キーワード
大阪府

大阪人の新常識 OSAKA LOVER (バラエティ/情報)
15:51~

250個のパーツから造られていて、ヘラのようなものや機械を使って作るものが8月によく売れているが、それは何か?正解はランドセルで、工場は「天使のはね」でお馴染みのセイバンの室津工場だった。

問題のヒントで紹介されたヘラのようなものはランドセルの角を織り込むための道具で、この作業が一番ランドセルづくりで難しいのだといい、この部分がランドセルの良し悪しを決めるのだという。また、ランドセルの購入時期は8月がピークとなっていて、大阪にあるセイバン心斎橋店ではこの時期は1日に70組以上が訪れていて、ここで売られている107種類のランドセルは多くが6万円ほどだが最も高い「ホマレ アンティークコードバン」は馬の本革を使用して91800円となっていた。

子どもを守るための驚きの新機能。

キーワード
ランドセル
セイバン 室津工場
セイバン
たつの市(兵庫)
SEIBAN SHINSAIBASHI
ホマレ アンティークコードバン
南堀江(大阪)

エンディング (その他)
15:58~

「大阪人の新常識 OSAKA LOVER」の番組宣伝。

早速最新のランドセルを背負ってみていたが、現在のランドセルはエレベーターに袋が引っかかった時のために、袋を引っ掛けるためのクリップが外れる仕組みになっていて安全性が確保されている。

来週「超高速!参勤交代」、再来週「超高速!参勤交代 リターンズ」をお送りします。

キーワード
ランドセル
二宮金次郎

スポット

グルメ

千成亭 八幡堀店
宇治茶園
焼肉ホルモン 空
鶴一
豊田商店
アジヨシ
くじら専門・海産物 稲田食品
デリカいずみ
お好み酒家 「ん」
ことみ
ひさご寿し
鳥辰
お好み酒家 ん
たねや

ファッション

美鈴呉服店

レジャー/交通

大阪城
昭和町
八幡山城

住まい/暮らし(家庭用雑貨)

西川産業
セイバン 室津工場

宗教

高台寺

流通

空堀商店街
伊藤忠商事
空掘商店街
髙島屋

美容/健康/医療

スズキ薬局
ピップ
  1. 前回の放送
  2. 8月17日 放送