大阪人の新常識 OSAKA LOVER 「天ぷら!心斎橋筋商店街!保津川下り!」

『大阪人の新常識 OSAKA LOVER』(おおさかじんのしんじょうしき おおさか らばー)は、テレビ大阪で2018年4月21日から毎月土曜18:59 - 20:54に放送されているバラエティ番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年5月25日(土) 18:58~20:54
放送局 テレビ大阪

番組概要

天ぷら (バラエティ/情報)
18:58~

いま、大阪は天ぷらブーム真っ只中。まきの定食に行列が並ぶ「天ぷら まきの」や海老三本丼などが人気で5年で44店舗まで拡大した「天麩羅 えびのや」などが人気。そんな天ぷらの新常識を今回は紹介する。

あいはらと東貴博が鶴丸饂飩本舗でかけうどんを注文し、それぞれ好きな天ぷらを選ぶ。あいはらはしょうが天とエビ天、ちくわ天を、東はカニカマ天とイカ天、エビ天をそれぞれ選んだ。東は紅ショウガ天は大阪ならではとコメント。紅ショウガ天を大阪でいち早く売り出したのが藤山寛美が日本一の天ぷら屋と評した「日進堂」。大阪では昭和初期から紅ショウガ天が親しまれるようになり、 梅干しなどを漬け込んで残った梅酢を再活用してできたことなどを紹介した。しかし紅ショウガ天には新常識が有り、鶴丸饂飩本舗では大阪より、東京のほうがしょうが天が人気で売れていると伝えた。東もしょうが天を試食。パンチ力の強い味に衝撃だと感想を話した。

東とあいはらは天ぷらの聖地と呼ばれている北浜に移動。訪れたのは「天ぷら 喜太八」。2人は上天ぷら定食を食べ、お店が100年以上の歴史があることなどを聞いた。また天ぷらの聖地と呼ばれているのは明治頃から天ぷら屋が多く、バブルの頃には17軒ほどお店があったことなども聞いた。天ぷら屋が多い理由を聞くとビジネス街が多く証券マンがよく訪れていたという。それではなぜ証券マンに天ぷら屋が人気だったのかを問いかけた。

キーワード
まきの定食
海老三本丼
かけうどん
しょうが天
エビ天
ちくわ天
カニカマ天
イカ天
藤山寛美
日進堂
紅ショウガ天
天ぷら 喜太八
上天ぷら定食
北浜(大阪)

オープニング (その他)
19:10~

オープニング映像。

天ぷら (バラエティ/情報)
19:10~

天ぷらの聖地と呼ばれる北浜。その理由はビジネス街で多くの証券マンが天ぷら屋を訪れ、バブル期には17店舗もお店があったことなどを紹介。証券マンが好んで天ぷら屋を訪れていた理由は天ぷらが揚がることと株価が上がることを掛けて縁起が良かったからだと伝えた。

「天ぷら 喜太八」で上天ぷら定食を頂く東とあいはら。東は東京では天ぷらは塩で食べるのが通だとコメント。しかし天ぷらを塩で食べる文化の発祥は大阪。東京は魚介が中心の天ぷらだったために、臭い消しのごま油を爽やかに食べるため天つゆと大根おろしの文化が発達。一方で大阪は野菜の産地だったので塩のスタイルが出来たと説明した。東京に天ぷらに塩の文化が広がったのは谷崎潤一郎などが影響していることなども紹介した。

今や世界でも認知されている天ぷらを世界に広めた人を聞くためにあいはらと東はミシュランでも一つ星を獲得した「一宝 本店」を訪問。お店には高倉健や美空ひばりなどの著名人、ゴルバチョフ元大統領やモーガン・フリーマンなど世界的なスターも来店しているという。また海外の方に人気なのはエビパン天ぷらとまんじゅうの天ぷら。世界に天ぷらを広めた人について聞くと吉田茂元首相で、横並びで天ぷらをあげてもらいながら食べるスタイルは対話に向いていたことなども説明した。また今でこそ高級なイメージだが、江戸時代には天ぷらはファーストフード的な扱いだったという。

キーワード
北浜(大阪)
大阪株式取引所
上天ぷら定食
谷崎潤一郎
ミシュラン
高倉健
美空ひばり
ゴルバチョフ元大統領
モーガン・フリーマン
シルベスタ・スタローン
吉田茂
エビパン天ぷら
まんじゅうの天ぷら
とさ堀コース

天ぷら (バラエティ/情報)
19:26~

江戸時代、まだファストフード的な扱いをされていた天ぷら。その食べ方はいまの大阪の串カツスタイルだという。江戸時代に恐れられていたのが火事で、屋内では揚げ物が出来なかったために、屋台で天ぷらが売られ、大人気になって串カツスタイルが食べやすかったことなどを説明した。

キーワード
一宝 本店

保津川下り・嵐山の旅 (バラエティ/情報)
19:30~

初夏の京都で人気の保津川下り。終着の嵐山は普段なら観光客でごった返しているが、ゴールデンウィークと夏休みの間になるこの期間は穴場シーズンでもある。今回はそんな保津川下り&嵐山の旅を改めて紹介。まずは嵯峨野観光鉄道でスタート地点へと向かった。

西代と未知やすえが嵯峨野観光鉄道の駅の前から挨拶。今回の旅はベタ過ぎるといいながらも保津川下りは初体験という2人。案内は彩四季の宿 花筏の中西美暁さん。中西さんは保津川下りの前に楽しめるスポットが亀岡に有ると案内を開始した。

中西さんの案内でやってきたのは「出雲大神宮」。出雲大社よりも歴史が古く、元出雲と呼ばれているいることや、日本一の縁結びと呼ばれていると紹介。西代は自身とスタジオの高橋、川田の良縁を祈願し、未知やすえと一緒に水みくじなども行った。またパワースポットとして神様の宿るご神体「磐座」も参拝し、保津川下りの乗船場へと向かった。

保津川下りの乗船所へとやってきた西代と未知やすえ。しかしこの日は強風のため運行が休止。仕方なく1週間後に旅を再開。未知はスケジュールの関係で不参加となり、最年長船頭の上田さんの舟で西代が川下りを体験することとなった。川下りには急流ポイントや滝下りのポイントも有りスリル満点。船を操るためには3人の船頭が必要だが、流れが緩やかな場所では船漕ぎの体験ができるということで西代や一緒に乗船した子供が体験。他にも歴史を感じさせる竿の突き後や謎の綱の後などを案内された。

キーワード
保津川下り
嵐山(京都)
ゴールデンウィーク
嵯峨野観光鉄道
亀岡(京都)
磐座
乗船場

大阪人の新常識 OSAKA LOVER (その他)
19:49~

心斎橋筋商店街の新常識。

保津川下り・嵐山の旅 (バラエティ/情報)
19:49~

保津川下りの川岸の岩に綱の跡があり、跡が付いた理由をスタジオで推理。岩が落ちてこないように固定していたことや、命綱として使っていたなどと予想した。

保津川下りを体験する西代。道中に見た川岸の岩の綱の跡は舟を川上に戻すために使った綱の跡と説明。当時の船頭は引き上げの作業があるため、下りの終着が見えてくるとこれからが地獄だと思っっていたなどと話した。保津川下りも終盤。舟の横には売店船が横付けし、イカ焼きやおでんなどを販売。西代はみたらし団子といか焼きを購入し、ビールで流し込んで旅を楽しんでいた。そして渡月橋が近くなり、旅は嵐山へと移っていく。

西代と未知やすえは嵐山のオススメを中西さんの案内で観光。渡月橋を楽しむ京都人の方法は法輪寺を訪れ景色を楽しむと教えてくれた。更に中西さんは自身の旅館の屋上露天風呂からも渡月橋を上から見れると話した。

西代と未知やすえは嵐山観光で「嵐山 大善」を訪れ京寿司を頂く。京寿司とは祝い事やお茶会用の座敷に映える寿司で、焼あゆ寿しや万願寺のにぎり、みぶ菜巻、さば棒鮨などがお皿に並ぶ。鯖寿司のさばは若狭湾のサバであることや、京寿司ではお醤油は使わないことなども紹介。最後に案内してくれた中西さんの旅館を再度告知した。

スタジオで高橋が嵐山の新常識として、嵐山駅から一駅の松尾大社駅の近くで、桂川沿いにある「天ぷら 松」が人生で1位のお店だと話した。

キーワード
保津川下り
みたらし団子
いか焼き
渡月橋
嵐山(京都)
法輪寺
京寿司
嵐山(京都〕
桂川

心斎橋筋商店街 (バラエティ/情報)
20:01~

1日約6万人の人が押し寄せているという心斎橋筋商店街。大丸心斎橋店やファストファッション店など約140店舗が並ぶ商店街で新しい店が多いものの、古い店も健在。今回のロケにはなにわのロイヤルファミリーも参加。他にも心斎橋の過去と今や大丸百貨店の成功の秘密なども取材。スタジオでは高橋が心斎橋筋2丁目劇場に毎日通った想い出などがあることなどを話した。今回ロケを行うのは現在の奥さんが心斎橋パルコで働いていたというTKOの木本。

木本が心斎橋筋商店街で始めに目をつけたのは入口に並ぶドラッグストア。さらに商店街を進むと「銀装」を見つけ訪問。CASTE21は50音二条親しまれている商品。お店ではできたての窯出しカステラが食べられると紹介。本店でしか食べられない一品をお店の2階にある「カフェ・ラ・サール」で木本が頂く。木本は他にもカステラの歴史なども伺い、更に古い店を教えてもらうように頼んだ。すると、「宇治園」というお茶屋を紹介してくれた。

木本が心斎橋筋商店街の「宇治園」を訪問。創業から150年で、現在は7代目。お店で外国人観光客に人気なのは抹茶ソフトクリーム。7代目は抹茶ソフトクリームは30年前から販売しているが、当時は珍しがられ売れなかったことなどを話した。

心斎橋筋商店街の「宇治園」で人気の抹茶ソフトクリームは30年前は売れず、先代がある作戦を決行。

キーワード
心斎橋筋2丁目劇場
CASTE21
窯出しカステラ
抹茶ソフトクリーム

心斎橋筋商店街 (バラエティ/情報)
20:13~

心斎橋筋商店街の「宇治園」で人気の抹茶ソフトクリームは30年前は売れず、先代がある作戦を決行。それは実は心斎橋筋商店街のアーケードの天井は開閉式になっており、わざと天井を明けて気温を挙げたと説明。現在は点検のため年に1回しか開閉しないと話し特別にその様子を見せてもらった。

心斎橋筋商店街の「宇治園」で商店街の歴史を聞き込み。7代目の奥さんは最近まで長堀通に陸橋があったと話した。実際に平成39年から平成9年まで陸橋がかけられており、当時の写真を紹介。その陸橋は「ブラック・レイン」の撮影などにも使われている。そもそも心斎橋は長堀川に掛かる橋で、長堀川が埋め立てるまでは活躍。今も石碑や当時の街灯、欄杆などの名残が残っているが、心斎橋本体自体も花博記念公園鶴見緑地で使われていると八木がレポートした。

心斎橋筋商店街の古い店を数珠つなぎ。「しんぶら街」を紹介してもらい木本が向かうと西川かの子が合流。しんぶら街は戦後すぐに誕生した呉服店通りで、2人は通りにある松屋呉服店を訪問。西川かの子が着物の想い出を話すと、お店のご主人が先代はミヤコ蝶々の「夫婦善哉」での衣装を担当していたことなどを話した。また心斎橋商店街には多くの呉服店が有り、その理由は船場の料亭から道頓堀の劇場のまでの間に位置し、津礼服を買う旦那さんが多かったからだと話した。

心斎橋商店街で現存する一番古い呉服店を聞くと、大丸百貨店だと紹介。大丸が呉服屋から一流の百貨店になった理由にはお店のロゴが入った貸出傘があり、お客さんを使った宣伝が功を奏したことを紹介した。

キーワード
抹茶ソフトクリーム
長堀通
ブラック・レイン
心斎橋筋商店街
松屋呉服店
ミヤコ蝶々
夫婦善哉

心斎橋筋商店街 (バラエティ/情報)
20:30~

心斎橋筋商店街で一番古い呉服屋だった大丸百貨店。今の大丸のマークは髭がついており、七五三で縁起が良くしてあることなどを紹介。更に古い店を聞くと宝石の仲庭を紹介してもらった。

心斎橋筋商店街で紹介してもらった「仲庭」を訪れた木本と西川。商店街には現在4~5件ほどの宝石店があるがピーク時は15店以上があったという。また先代の時代は昼と夜で客層が変わり、夜はビジネスマンが北から南に流れ、昼は逆の流れになり吉野ダラーとある人達だと話した。スタジオではある人達は誰かと推理。

心斎橋筋商店街 (バラエティ/情報)
20:39~

心斎橋筋商店街の「仲庭」。先代の時代は昼と夜で客層が変わり、夜はビジネスマンが北から南に流れ、昼は逆の流れになり吉野ダラーと泉州のガチャマンが訪れていたという。ガチャマンというのは織物工場で設けていた人たちのこと。

クイズ (バラエティ/情報)
20:40~

大阪八尾市にある企業が作っているものは何かと出題。制作の工程や街でのインタビューがヒントとして流れた。

キーワード
八尾市(大阪)

クイズ (バラエティ/情報)
20:44~

大阪八尾市にある企業が作っているものは何かと出題。正解は「フエキのり」。

「フエキのり」を製造販売している「不易糊工業」は創業から133年。フエキのりの器のモデルは犬だと紹介した。近年は「フエキやさしい薬用クリーム」も販売し会社の売上が倍増している。実際にくまざわ書店 なんばパークス店では文房具コーナーの横にフエキコスメのコーナが設けられていた。スタジオでもフエキコスメを体験。

キーワード
八尾市(大阪)
玉葱さん太郎
フエキのり
フエキやさしい薬用クリーム
FCハンドクリーム

大阪人の新常識 OSAKA LOVER (バラエティ/情報)
20:51~

スタジオでフエキのりの容器に入ったフエキプリンを試食した。

キーワード
フエキプリン

スポット

グルメ

鶴丸饂飩本舗
天ぷら 喜太八
カフェ・ラ・サール
宇治園
天ぷら 松
銀装本店
銀装
天ぷら まきの
天麩羅 えびのや
日進堂
一宝 本店
嵐山 大善

ファッション

仲庭
松屋呉服店

レジャー/交通

松尾大社駅
彩四季の宿 花筏
嵐山駅
花博記念公園鶴見緑地

住まい/暮らし(家庭用雑貨)

不易糊工業

宗教

出雲大社
出雲大神宮
法輪寺

流通

大丸心斎橋店
心斎橋筋商店街
大丸百貨店
心斎橋商店街
心斎橋パルコ

趣味/スポーツ

くまざわ書店 なんばパークス店
  1. 前回の放送
  2. 5月25日 放送
  3. 次回の放送