朝の!さんぽ道 【荒川区】旅人:渡部陽一

『朝の!さんぽ道』(あさの!さんぽみち)は、テレビ東京系列にて2017年4月3日から放送されている紀行番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年10月2日(火) 7:35~ 8:00
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
07:35~

今年は江戸から東京に名前が変わってちょうど150年目ということで、10月からは1か月連動企画”1日1区さんぽ”を実施!日替わりで東京23区を散歩する。今回の舞台は荒川区。荒川区には繊維問屋街で有名な日暮里などの街があり、橋幸夫などの出身地としても知られている。そんな荒川区を散歩するのは渡部陽一。渡部は昭和31年に撮影された写真の場所を探す。

キーワード
荒川区(東京)
港区(東京)
渋谷区(東京)
橋幸夫
吉永小百合
いつでも夢を

1日1区さんぽ (バラエティ/情報)
07:37~

渡部陽一は、62年前に撮影された写真の場所を突き止めるため、町の人に聞き込みをした。年配の男性から「三ノ輪商店街では」と言われた渡部は、早速商店街へと向かった。商店街付近を走る都電は、大正から昭和にかけて都民の足として活躍するも、自動車の普及に伴い、利用者が減少。現在は1路線のみが運行している。

キーワード
荒川区(東京)
三ノ輪商店街
ハーバーブリッジ
都電

1日1区さんぽ (バラエティ/情報)
07:42~

62年前に撮影された写真の場所を探す渡部陽一。群馬県から遠足に来ていた団体に話を聞くと、「佃煮屋さんに聞くのが一番」というアドバイスを受けた。

渡部陽一は「つくだ煮 安井屋」で聞き込みをしたが、有力な情報は得られなかった。折角なので、秘伝のタレで煮込んだ名物「あさりの佃煮」を試食した。

渡部陽一はジョイフル三ノ輪商店街で聞き込み。途中で立ち寄った老舗のお惣菜屋さん「とりふじ」で、揚げたての半熟たまごメンチかつを食べた。また、店のご主人から、町の歴史に詳しいという不動産会社を紹介してもらった。

渡部陽一は、紹介してもらった不動産会社に行く途中、お菓子問屋「お菓子のすずき」に立ち寄った。店のご主人に写真を見せると、「日暮里のマーケットでは」という情報を得た。

キーワード
荒川区(東京)
ジョイフル三ノ輪商店街
館林(群馬)
あさりの佃煮
半熟たまごメンチかつ
コスモ住宅
お菓子のすずき

1日1区さんぽ (バラエティ/情報)
07:50~

日暮里駅前にやって来た渡部陽一は、写真の場所を発見。その後、現在も唯一残っている問屋さんで当時の話を聞いた。写真に写っていた菓子玩具問屋組合は、卸先である上野へのアクセスが良かったことから発展。最盛期には150軒以上あったが、舎人ライナー開通と駅前開発により消失したという。渡部は50年以上前から人気の駄菓子「モロッコフルーツヨーグル」と、昨年発売されたばかりの最新駄菓子「紋次郎たこ」を食べた。

渡部陽一はお菓子問屋「お菓子のすずき」で聞き込みをした。店のご主人によると、戦後すぐからやっていた日暮里のマーケットだという。

渡部陽一はコスモ住宅で写真について聞き込みをした。商店街の理事長いわく、この場所は日暮里だという。

番組公式Twitter#朝のさんぽ道がテロップ表示。

WANDSの「世界が終わるまでは…」が流れた。

キーワード
荒川区(東京)
お菓子のすずき
コスモ住宅
舎人ライナー
モロッコフルーツヨーグル
紋次郎たこ
#朝のさんぽ道
WANDS
世界が終わるまでは…
  1. 前回の放送
  2. 10月2日 放送
  3. 次回の放送