ミライダネ! さようなら教育格差!賢い子どもはスマホで学ぶ

『NEC presents ミライダネ!』(エヌ・イー・シー・プレゼンツ・ミライダネ!)は、2017年4月1日から2018年3月31日までテレビ東京と日経映像の共同製作により、テレビ東京系列局で放送されたドキュメンタリー番組である。放送時間は毎週土曜 22:30 - 23:00(日本標準時)。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年3月3日(土) 22:30~23:00
放送局 テレビ大阪

番組概要

ミライダネ! (バラエティ/情報)
22:30~

4月から高校3年生になる但野吹樹くんは被災時小学4年生。家は高台にあったために無事だった。但野く君は来年東京の大学への進学を目指している。気仙沼でカウンセラーになるのが夢。しかし人口が減少し、塾が少なくなってきていると但野君は話す。さらに交通の便も悪い。この日は家で参考書を使って数学の勉強。行き詰まった時に携帯を取り出して答えを聞くと言う。答えるのは友達ではなく、チューターと呼ばれる家庭教師。プロフィールを観ると指導実績が書かれ、更にチューターと通話で教えてくれる。スマホ家庭教師 manaboはわからない問題を写真で送るとチューターがスマホを黒板代わりにして解いてくれる。問題解決に10分で解決した。

キーワード
スマホ家庭教師 manabo
気仙沼市(宮城)

オープニング (その他)
22:35~

今夜はスマホで変わる教育現場。家庭教師を選び放題。

ミライダネ! (バラエティ/情報)
22:36~

港区・東京にはmanaboを開発した会社がある。開発者の三橋克仁さんは2012年にmanaboを創業。2014年にサービスを開始。宮嶋リポーターが早速manaboを使い難問に挑戦。リアルタイムでホワイトボード機能が使え、細かく丁寧な指導が出来、利用者は2万8000人以上。

矢島和樹さんは早稲田大学政治経済学部2年生。3000人いるチューターの中で特に評価が高い。大学の授業の後に矢島さんは行きつけのカフェで指導を行っていた。矢島さんがmanaboに費やす時間は一日1~2時間。月に3万から5万の収入が入る。質問の多い時間は夜8時から11時だという。

三橋克仁さんはもともと宇宙飛行士になりたかったが、親に塾に行けるお金がないと言われたとコメント。中学の時に校長先生が画家である父親の絵を買ってくれ塾に行けたと話す。その境遇から、家庭の史上で塾に行けない子どもたちや、住んでいる地域によって出て来る教育格差に疑問を感じた。意思のある人に道を作る手助けをしたいと答えた。更に学習塾でもmanaboの利用を許可している。

茨城県古河市にある駒羽根小学校では6年生の担任外崎竜司先生は教師歴7年。2時半に授業が終わり、更に教室で一人残りテストの採点やプリント作成に追われる。教室に戻ってきたのは午後6時40分。更に職員室で動画を見ていた。

キーワード
manabo
港区(東京)
早稲田大学
マナボ
駒羽根小学校
古河市(茨城)

ミライダネ! (バラエティ/情報)
22:48~

古河市立駒羽根小学校では外崎竜司先生が動画を見ていた。それは他校の授業の様子。こうした他校の授業の様子が見られるFindアクティブラーナーと言うサイトが話題になっている。このサイトではアクティブラーニングのやりかたを教師が学ぶために作られたサイト。茨城県古河市の教育委員会はこのサービスをすべての小学校で導入。教師がいつでも見られるように整えられた。今回はその授業の様子を撮影している現場に同行する。

キーワード
駒羽根小学校
三浦学苑
Find!アクティブラーナー
古河市(茨城)
横須賀市(神奈川)

ミライダネ! (バラエティ/情報)
22:53~

神奈川県横須賀市の三浦学苑では教師がアクティブラーニングを学ぶための動画が撮影される。用意されたカメラは11台。授業の様子を細かく撮影する。動画を取り始めた永井充さんはアクティブラーニングする教師が少ないのでわたしたちが伝えたいと思ったとコメント。これまでの動画本数は1700本となった。

三橋克仁さんの考える10年後の未来は学ぶと働くがもっと密接になっていくと思う。働くの後に学ぶという世界がもっと増えるはず。社会的な要請を踏まえた上で働くための仕組みを技術の力を使って作り続けていく事が大事と答えた。

キーワード
Find!アクティブラーナー
三浦学苑
Findアクティブラーナー
横須賀市(神奈川)

エンディング (その他)
22:57~

ミライダネ!の次回予告。

  1. 前回の放送
  2. 3月3日 放送
  3. 次回の放送