Newsモーニングサテライト 【フレーバーウォーター ヒットの極意】

放送日 2018年5月25日(金) 5:45~ 7:05
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
05:45~

オープニング映像。

出演者らは米朝首脳会談について、突然に中止を発表した事を伝えた、ダウは急速に下げ幅を拡大、下落したとの事。

キーワード
トランプ大統領
米朝会談

NYマーケット (ニュース)
05:46~

NY株式、5月24日のセクター別騰落率、為替の値動きを確認。

キーワード
S&P500
ダウ
ナスダック
NY株式
為替
騰落率

ニュース (ニュース)
05:46~

アメリカのトランプ大統領は24日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に対し、来月12日に予定されていた米朝首脳会談を現時点では開催しないと通告した。ワシントンの内田記者がワシントンより中継、内田記者は「会談見送りの理由についてトランプ大統領は”激しい敵意と怒りを露わにした発言をした”とコメント、ホワイトハウスはペンス副大統領を名指しで強く非難したのが原因、北朝鮮からすれば牽制のつもりであったけども首脳会談の取りやめを通告することでアメリカの立場を示す狙いがあると思われます、体制保証の見返りを示したにもかかわらず、応じない北朝鮮にいらだちを感じたのは間違いないと思います」と解説した。トランプ大統領は「北朝鮮の失敗だ」、「マティス国防長官やケリー首席補佐官、アメリカ軍と協議している」と語った。また、内田記者はトランプ大統領の言葉を用いて会談の可能性が全く無くなった訳では無い事、ワシントンの高官が北朝鮮に不信感を募らせている事、を伝えた。

トランプ大統領の突然の中止宣言に対して韓国・ムン・ジェイン大統領は「朝鮮半島の非核化の動きを遅らせてはいけない」などと語ったとの事。また、国連のグテレス事務総長は「平和で検証可能な非核化への道を模索すべき」とコメントした。経済の影響についてはアントニオ・グテーレス総裁が「景気に下向きのリスク」と不透明感の懸念を示した。

アメリカのロス商務長官はきのう、米メディアのインタビューに答え、トランプ政権が検討を始めた輸入車への新たな関税措置について「アメリカの安全保障に関わる問題だ」と意義を強調した。ロス商務長官は輸入車の割合は全体の48%にのぼっていると指摘し「雇用への影響など経済問題も広い範囲にわたって国家の安全保障に含まれる」との見解を示したうえで「経済安全保障は軍事安全保障だ」と強調した。商務省は自動車の輸入の増加が安全保障上の脅威かどうか、通商拡大法232条に基づく調査を始めています。一方、トヨタ自動車は「60年間で230億ドル以上をアメリカに投資し、従業員は13万人以上。雇用と経済成長に貢献している」としてトランプ大統領に反論する声明を発表、EUのヨーロッパ委員会のカタイネン副委員長も「WTOのルールに違反しており、安全保障上の脅威とは理解しがたい」と批判したとの事。

ECBが24日に公表した4月の定例理事会の議事要旨で見通しの不確実性が明らかに高まった。経済指標を注視する必要があるという見解で一致していたことが明らかになった。ここ数ヶ月間一部の国で輸出が減少し貿易摩擦は為替などに動揺を招く可能性があるとの警戒感が示された。

キーワード
グテレス事務総長
ボスティック総裁
ロス商務長官
トヨタ自動車
ECB
トランプ大統領
米朝首脳会談
ワシントンDC(アメリカ)
金正恩朝鮮労働党委員長
北朝鮮
マティス国防長官
ケリー首席補佐官
ムン・ジェイン
アトランタ連銀
商務省
世界貿易機関閣僚会議
ユルキ・カタイネン

NY証券取引所 中継 (ニュース)
05:51~

NY証券取引所から中継で、株価の終値を伝えた。

NY証券取引所から中継:株式市場において北朝鮮問題とは…市場では南北会談あたりから北朝鮮問題は買い材料ではないものの、マイナス材料でもないフラット状態だったが米朝首脳会談注視で悪材料になったと受け止められた。北朝鮮との和平路線がトランプ大統領の支持率上昇に繋がっていたこともあり会談中止で支持率が低下すればマーケットが悪材料視してもおかしくない状態。12日の会談は中止になったが延期されただけという見方がある。米朝平和路線は超党派で指示されやすいのでトランプ大統領が諦めたとは考えにくいという。本日の発言や書簡を見ても現時点での会談は不適切としながら将来的な会談や電話などでやりとりの可能性を残した。

金利、商品、欧州株式、株式先物の終値を伝えた。

本日のゲストを紹介した。

NEXT「為替はどう動く?」。

またトランプ大統領に振り回される形となったが米朝首脳会談の中止発表ということでここまで明るいモードが出ていただけに水をさされたが北朝鮮の対応も先週あたりから強硬に変わっていた。背景には非核化へのプロセスなども何も下地がないまま突然会談を行うとしていたためで、これからそのプロセスを1からやり直すことでまた違う展開も出てくるという希望もある等とトークされた。

若生さんは「モヤモヤがまた復活したなという感じですね。ミサイルの実験をするぐらいであれば日本企業の業績には直接的には影響ないんで。瞬間は反応するかもしれないですけど、景気判断とかそういうところに関わる話しじゃないと思っていますので、そこではそんなに心配していません」と語った。

キーワード
米朝首脳会談
米10年国債
米2年国債
NY原油
NY金
CRB指数
イギリスFTSE
ドイツDAX
フランスCAC
日経平均株価
日経先物
大阪取引所
シカゴ取引所
ナスダック
ソニーフィナンシャルホールディングス
ダウ
野村證券
ニューヨーク証券取引所
トランプ大統領
NY証券取引所
南北会談
中間選挙
超党派

為替 きょうの見通し (ニュース)
05:57~

現在の為替と10年国債の値を伝えた。

現在の各国の為替相場情報を伝えた。

きょうの為替相場の見通しは三菱UFJ銀行ニューヨークの平井さん。「本日は自動車関税導入やイタリア新政権への不安、米朝会談破断を嫌気して株価が下落。アメリカ10年債権にも低下となってドル円は一時109円を割った。今日の予想レンジは108.60円~109.60円だ、等と伝えた。

キーワード
ドル
為替
ユーロ
10年国債
オーストラリアドル
ブラジルレアル
トルコリラ
人民元
オンショア
オフショア
ニュージーランドドル
イギリスポンド
南アフリカランド
中央銀行
利上げ
ドル円
三菱UFJ銀行ニューヨーク
米朝会談
NAFTA

気象情報 (ニュース)
06:01~

全国の天気予報を伝えた。

ワールドニュース (ニュース)
06:02~

安倍総理大臣は明日行われる予定のロシア・プーチン大統領との首脳会談に臨むため、ロシアのサンクトペテルブルクに到着した。安倍総理は首脳会談の狙いについて「拉致問題、核問題、ミサイル問題が包括的に解決するよう、今後もしっかりと連携していくことを確認したい」と出発前に話していた。会談ではその他に、北方四島における共同経済活動の事業の具体化を協議し、領土問題の進展に向けた道筋を前進させたい考え。また会談に先立ち安倍総理は、きょう国際経済フォーラムで演説を行う。安倍総理は、平和条約を締結し、永続的な平和と安定を築くとの決意を表明する予定。

中国政府が食品や化粧品など消費者向けの製品にかける輸入関税について、早ければ7月1日から引き下げる計画だとブルームバーグが関係筋の話しとして報じた。報道によると対象品目は去年に引き下げが発表された約200品目よりも多くなるということだが、最終決定には国務院の承認が必要だということだ。

中国税関当局によると、4月の北朝鮮からの輸入額は1年前から88%と減少し約12億9000万円だった。輸出額は44%のマイナスだった。大幅な輸入の減少は国連安保理の制裁の影響とみられ、中国が制裁の履行を続けていることを示唆している。

新たな首相に指名された法学者のジュセッペ・コンテ氏は、早ければ24日中にも大統領に閣僚名簿を提出するもようで、大統領の承認を経て正式に首相に就任する。コンテ氏は、フィレンツェ大学の教授で、政治経験はなく政権運営の手腕は未知数である。

ドイツの1月から3月期のGDP成長率の改定値は、前の期に比べて0.3%のプラスで、速報値と変わらなかった。プラス成長とはななったが、2016年7月から9月期以来の低い伸び率となった。輸出がマイナス1.0%となるなど、貿易が低調で、成長率の押し下げ要因とみられる。

スタジオでは中国が自動車の関税を引き下げると言っていて、それに続き消費財も引き下げる事、対米赤字を減らすためと思われる。一方で米国は関税を上げている。菅野雅明はもともと中国は貿易制限措置があったが、関税が全般的に下がってくると中国の貿易量はますます増えてメリットをアジア経済全体が受けてくる。同時に中国の存在感が世界で高まってくる。サービス面でもAIやシェアリングエコノミーが進んでいるため、中国が世界をリードする面が増えてくるのでは」などと分析、若生寿一は「日本にとってメリット、米国は米国で物を作ってくれと言っている。中国で関税を引き下げられると中国ではメイドインジャパン製品の人気が高く、日本で作ってくれという話になる、日本の生産が増える効果はあるかもしれない」と解説した。

キーワード
安倍総理
関税
GDP
プーチン大統領
国際経済フォーラム
イタリア
サンクトペテルブルク(ロシア)
ジュセッペ・コンテ
フィレンツェ大学
平和条約
ドイツ
ブルームバーグ
中国
シェアリングエコノミー
国連安保理
北朝鮮
AI
アメリカ

NYマーケット (ニュース)
06:07~

ダウなどNY株式の終値を伝えた。

NY証券取引所から中継で、株価の終値を伝えた。米朝首脳会談の中止を発表したことで午前中ダウが大きく下落したが、その後は将来的に会談が実施されることが示唆されたことから、下げ幅を縮小した。

NY証券取引所から中継:ドットフランク法の修正案にトランプ大統領が署名し成立した。市場は大幅な修正を期待していたが抜本的な改善にはなっていない。システム上重要な金融機関の条件見直したが、地方銀行などの中小企業が恩恵を受ける一方、引き続き規制の中心となる大手企業にとっては影響が限定的となる。金融規制改革がこれで終わった訳ではない。今回の法案で規制緩和の対象外になっている大手銀行についてもFRBやSECなど5つの規制当局が自己戡定取引の規制緩和案を月内に公表すると報じている。銀行株には他の好材料がある。来月にはストレステストの結果発表があり、株主還元の増額が期待されそう。クオールズ副議長が先月のストレステストの要件緩和を提案しており早ければ来年から適用される見通し。

為替、金利、商品、欧州株式の終値を伝えた。

米中関係の将来は?

キーワード
ダウ
ナスダック
S&P500
NY株式
FRB
為替
米10年国債
米2年国債
NY原油
NY金
CRB指数
イギリスFTSE
ドイツDAX
フランスCAC
日経平均株価
米朝首脳会談
FOMC議事要旨
ドットフランク法
OPEC
NY証券取引所
SEC
ストレステスト
クオールズ

プロの眼 (バラエティ/情報)
06:13~

佐々木さんが「トランプ政権の通商政策に不透明感が漂っているんですが、米中関係の今後はどうなるのかキーワードで読んでいこうと思います。」と言った。キーワード”「ツキジデスの罠」+「文明の衝突」=戦争?”について菅野さんは「過去の歴史を紐解いてみると、この2つのキーワードが同時に起きると実際に戦争になったケースがあるので、最近また注目が集まっている。」と話した。ちなみに「ツキジデスの罠」というのは新興勢力が台頭し、既存勢力の不安が増大するとしばしば戦争が起こる、ということを意味する言葉なのだそう。これは古代ギリシャのツキジデスという歴史家が、当時の「覇権国家・スパルタと新興国家・アテネが戦争に至った理由は、アテネに対するスパルタの恐怖心からだった」と記したことに由来する。ここに当てはめると”覇権国家”がアメリカで”新興国家”が中国、ということになる。中国がこのまま成長すると、2030年にはアメリカとGDPが逆転する計算になる。先端技術についても 現在米中間で覇権争いが行われている。欧米は「民主主義」「個人主義」で中国は「秩序・序列」「個人<社会」となっている。菅野さんは「いくら国際化していても、景気が良くないと政治的に戦争に行きやすくなる。ですからこのまま景気が失速するような状況になると実際に覇権国家同士が争うと調停国が現れなくて不安心理が高まって戦争が起こりやすい。そういう自体もあり得るので注意したほうが良い。」などと話した。

キーワード
ソニーフィナンシャルホールディングス
日銀
GDP
習近平

日経超特急 (ニュース)
06:18~

政府は在職老齢年金制度を見直す方針を固めた。これは働いていても厚生年金を受け取ることができる制度だが、高齢者の給与と年金の合計額が一定の推進を越えると厚生年金の一部の減額や支給が停止される。受け取る金額が減らないよう労働時間を意図的に短くする高齢者がいるため廃止も視野に制度を見直し、2020年度の法改正を目指す。(日本経済新聞)

政府は保有データを民間に前面公開するオープンデータの取り組みを推進する。目玉のひとつが自動運転の技術開発の促進で、交通事故の発生場所などに関する情報を2020年度にも公開する。デートを活用しやすくし、企業の新サービスの普及などを後押しする狙い。(日本経済新聞)

世界の上位15位の2017年度の純利益は1年前にくらべ、2.2倍に拡大した。自動車や建設向けに需要が好調の中、中国の過剰生産能力が削減され需給が引き締まり、単価が上昇。ただ、トランプ政権が3月に鉄鋼へ追加関税を課すなど、世界の鉄鋼需給には不透明な要因が増えている。(日本経済新聞)

米輸入車税↑ 影響は?。

キーワード
日本経済新聞
年金
在職老齢年金制度
AI
ディープラーニング
中国
日本

株価 きょうの見通し (ニュース)
06:23~

5月24日の世界の株価を確認。

NY株式、株式先物の終値を伝えた。

AIが予想する今日の日経平均株価は、「寄り付きは小雨。下げて始まりそう。日中の予想レンジは22212円から22414円。主要な内外指標のうち、5月24日のニューヨーク市場ではS&P500指数は小幅下落、ダウ平均は小幅下落。いずれも日経平均にネガティブに働きそう」。

予想レンジは22150円~22450円。若生さんは「米朝の会談中止、それから自動車の関税問題、これの余波をどう消化するかという点で、AIより値幅を少し広めに取ったっていう感じですね。何もなければ22300円台で底固めというふうに考えています」と説明した。

キーワード
日経平均
上海総合
SENSEX
MICEX
DAX
FTSE100
ボベスパ
ダウ
日経平均株価
日経先物
大阪取引所
シカゴ取引所
ナスダック
S&P500
NY株式
AI
ニューヨーク市場
S&P500指数
ダウ平均

きょうの株価材料 (ニュース)
06:25~

地銀7行が金融とITを融合するフィンテックの新会社を来月設立する。決済データを解析する新しいシステムを開発し、有望な中小企業の融資先の開拓を目指す。

キリンビールがイオンのPBビールを受託生産する。イオンのトップバリュから販売されている第三のビール「バーリアル」の生産を引き受ける。キリンはアサヒに抜かれ、工場の稼働率を維持する狙い。

UMCエレクトロニクスは公募増資などで最大108億円を調達すると発表。設備投資や子会社への投融資などにあてる。

富士電機は10月1日付で株式5株を1株にする株式併合を実施すると発表。

今後の株価について若生さんの注目ポイントはアメリカの25%関税の影響。トランプ政権は自動車の輸入関税を引き上げることに検討を始めたことで昨日の日本の自動車株は大きく下がった。今後の展開は不透明だが最悪の影響を考えると価格競争力はなく、売れなくなるほどだと思われる、等とトークされた。

アフリカにもネット通販の波。

キーワード
フィンテック
キリン
イオン
UMCエレクトロニクス
富士電機
トヨタ
バーリアルラガー ビール
日本経済新聞
池田泉州
山陰合同
群馬
四国

日刊モーサテジャーナル (ニュース)
06:32~

ウォール・ストリート・ジャーナルがアフリカでオンライン販売が拡大していると伝えている。その中核になっているのが西アフリカのナイジェリアを拠点としたベンチャー企業「ジュミア」。ジュミアはドイツの投資会社の資金を受け2012年に設立。去年の売上高は約5億ユーロで14ヵ国でサービスを展開しており、アフリカ最大規模のネット通販企業になった。成功の秘密はネット販売を増やすため、個人商店にも資金貸与、取引先は7万にものぼっている。さらに各地に商品を受け入れる拠点を構築し、代金引換も可能で利用者は数百万人に増えている。こうしたアフリカのオンライン市場にはアリババやアマゾンも参入を狙っている。(ウォール・ストリート・ジャーナル)

OPECのサウジアラビアと非加盟国のロシアの担当閣僚が減産の緩和を協議するため、週内にもロシアで会合を開くもよう。アメリカのイランに対する新たな制裁をうけ、さらに原油価格が上昇する可能性もあるなか、北海ブレント1バレル80ドル前後の価格水準を維持できるかが重要になるとエネルギー担当エディターは指摘している。(フィナンシャル・タイムズ)

原油価格の調整に関して、若生氏はOPECが協調減産していることから供給余力はあるとし、増やす話しになると原価が下がる可能性がありそこをロシアとサウジアラビアがうまく読み切れるのかが難しいと話した。

アフリカの潜在力について菅野らは、インフラがこれからである事、これからの環境に合わせられる事、ネット決済で行われる事、先進国のように負のレガシーが無い事、などを伝えた。

アメリカのスポーツ界で国歌斉唱で起立すべきかどうかの問題についてまだ尾を引っ張っており、NFLが23日に発表した新しい規則について「国歌斉唱の際にフィールドにいる選手は必ず起立して国旗への敬意を示す必要がある。規則に従わない場合、罰金が課せられる」という。この問題は2年前にNFLの黒人のスター選手が人種差別への抗議を示すため、国歌斉唱で起立せず膝をついたことが発端。その後同様の抗議を示す選手が続出してトランプ大統領が「愛国心がない」と各チームのオーナーに起立しない選手の解雇を求める事態になった。ニューヨーク・タイムズは今回の新規則決定の背景にはこうした政治的議論に嫌気が差した“ファン離れ”があったと指摘。試合の視聴率は2シーズン前に比べておよそ20%下がったという。起立したくない選手はロッカールームにいることもできるそうだが既に選手側からは「一方的だ」と反発も起きている。

キーワード
FT
原油
NFL
ウォール・ストリート・ジャーナル
ジュミア
レガシー
アフリカ
トランプ大統領
ニューヨーク・タイムズ
アリババ
アマゾン
ナイジェリア
ドイツ
OPEC
北海ブレント
エド・クルックス氏
イギリス
ロシア

ニュース (ニュース)
06:37~

水素で走る燃料電池車の普及拡大へ新たな動きがあった。トヨタ自動車は、燃料電池車の基幹部品となる、燃料電池と高圧水素タンクの生産設備を拡充すると発表しました。2020年ごろの稼働開始を予定している。トヨタは燃料電池車を2020年以降に世界で年間3万台以上販売する目標を掲げていて、今回の投資で供給体制が整うとしている。

サッカーJ1のヴィッセル神戸は、スペインの代表選手で強豪バルセロナに所属するアンドレス・イニエスタ選手が完全移籍で加入すると発表した。3年契約で、年俸はおよそ32億5000万円とみられ、Jリーグの歴史では群を抜く高額年俸となる。獲得には、ヴィッセル神戸の親会社である楽天の三木谷会長兼社長が自ら現地入りしていました。楽天はグローバル戦略の一環として、バルセロナのスポンサーにもなっているとの事。

決済代行サービスのネットプロテクションズは、これまでネット通販のみに適用していた、後払い決済サービスatoneを10店舗にも展開すると発表した。客はスマートフォンにダウンロードした専用アプリを使用し商品のQRコードを読み取れば決済が完了。代金は1ヶ月分がまとめて翌月に請求されコンビニで現金払いする。クレジットカードを持たない人や手持ちの現金がない時も買い物をしたい人に普及するのではという。

フレーバー水 “透明”の秘密。

atoneは日本に浸透するかどうか…日本はまだまだキャッシュレス化になっていない。キャッシュレス化に進むときに色んなテクノロジーを使って今回の例も1つの例だが、そこで色んな技術が発展すると、さらに色んな企業間の取引きに応用されるので、消費者の方への便利さを体験してもらうとキャッシュレス化に進みやすくなるという。

キーワード
トヨタ
QRコード
ネットプロテクションズ
atone.
ヴィッセル神戸
バルセロナ
アンドレス・イニエスタ
楽天
三木谷

売れるエンタメ (バラエティ/情報)
06:44~

今日の主役はフレーバーウォーターのい・ろ・は・す。元々は天然水だけだったが、2010年に味のついた商品を開発し、これまでに25種類以上を販売してきた。無色透明なのに味がついた、いわゆるフレーバーウォーターの市場規模は拡大している。い・ろ・は・すをプロデュースしてきた高木さんに「なぜフレーバーウォーターなのか?」について話を伺った。味の決め方について聞くと、「味の決め方というよりも、お客さんに良いサプライズを持ってもらう。そういう閃きですね。」と回答した。一番大事にしていることは「まず美味しくできるかどうか。子どもからシニアまで口にした瞬間に「美味しい!」と思って頂いて、「本物より美味しい!」と錯覚する美味しさの実現が一番のポイントです。」とのこと。来月発売の「い・ろ・は・す ライチティー」にはライチと烏龍茶のエキスが入っている。これからの暑い時期に向けて満を持して打ち出したフレーバーウォーター。実は一つの商品を出すためには1年以上前から開発を始める。開発担当者はい・ろ・は・ならではの難しさがあるという。味のついた透明な水で消費者を驚かすには大変な苦労がある。今回の新商品は、思わせぶりなネットCMも公開しており、再生回数は80万回となって発売前から期待が高まっている。い・ろ・は・すにとって「売れるエンタメ」とは「遊び心」と高木さんは答えた。

佐々木さんは「驚かす遊び心が必要なのかもしれませんが、コカ・コーラは500種類以上とも言われるブランドを世界展開しているんですが、この「い・ろ・は・す」はほぼ日本のみの販売にも関わらず10億ドルを売り上げるヒット商品なんだそうです。」などとコメントした。

キーワード
日本コカ・コーラ
い・ろ・は・す
みかん
メロンクリームソーダ
い・ろ・は・す ライチティー
い・ろ・は・す ツイッター
渋谷区(東京)

ニュース (ニュース)
06:50~

アメリカのトランプ大統領は24日、北朝鮮の金正恩委員長に対し、来月行われる予定だった米朝首脳会談を「現時点では開催しない」と通告した。会談の取り止めを巡って、ホワイトハウスの高官は北朝鮮への不信感を顕にしている。しかしトランプ大統領は米朝首脳会談に対し、「北朝鮮の出方しだいで予定された首脳会談があるかもしれないし、後日開かれるかもしれない」と含みをもたせた。このまま完全に決裂すれば、軍事的緊張が再び高まるという展開も考えられ、米朝の駆け引きは不透明感を持ちながら続きそう。

ロス商務長官は「輸入車の割合は乗用車の48%にのぼっていると指摘し、雇用への影響など経済問題も広い範囲しわって国家の安全保障に含まれるとの見解を示した上で「経済安全保障は軍事安全保障だ」と強調した。商務省は自動車の輸入の増加が安全保障上の驚異かどか通称大法232条に基づく調査を開始している。トヨタ自動車は24日、60年間で230億ドル以上をアメリカに投資し、関連雇用は13万人以上。来ようとs経済成長に貢献している、とトランプ大統領に反論する声明を出している。またフォルクスワーゲンなどが加入するドイツ自動車工業会も懸念を抱くとともに「動向を注視する」との声明を発表した。声明では「ドイツの自動車メーカーはアメリカでの現地生産を拡大し、雇用に貢献している」と強調した。EUのカタイネン副委員長も「WTOのルールに違反している。安全保障上の驚異とは理解しがたい」と批判した。

ECBが24日に公表した4月の定例理事会の議事要旨で「見通しの不確実性が明らかに高まった」との懸念が示され、「経済指標を注視する必要がある」との見解で一致していたことがわかった。参加者はから「ここ数ヶ月間一部の国で輸出が減少した」といった指摘や「貿易摩擦は為替などに動揺を招く」との警戒感が示された。

速報。北朝鮮の朝鮮中央通信は先程、豊渓里の核実験場を廃棄した際の映像を納めた写真を公開した。坑道や観測所と見られる史跡が爆破されるのを多くの海外メディアが見守る様子が確認できる。北朝鮮の核兵器研究所は全ての坑道を爆破し、崩落させて坑道の入り口を完全に閉鎖と説明している。

アメリカの司法省はビットコインなどの仮想通貨の取引をめぐり、トレーダーによる価格操作がないか捜査を開始したとブルームバーグが報じた。ビットコイン市場では、見せかけの大量注文や取り消しを繰り返す見せ玉や、自己売買による仮想取引で第3者を欺くウォッシュ・トレードなどの不正行為が蔓延しているとの指摘もあり、監視を強化するものとみられる。

佐々木さんは「北朝鮮が各施設爆破の写真を先ほど公開しました」と伝えた。若生さんは「北朝鮮としては、こっちはやることやってるんだよっていうアピールなのかなという気はするんですけど。トランプが要求しているのはそれじゃなくて、もっとちゃんとした兵器の廃棄とか、そこに対しての査察をさせろということですから、やっぱり要求水準が全然違うなって印象がありますよね」と語った。佐々木さんは菅野さんに、「ECBですけども、ちょっとヨーロッパ景気の先行き不透明でてきました?」と質問。菅野さんは「ヨーロッパ少し減速してる、そして一方でインフレ率も少し低下しはじめたので、ECBの出口戦略も少し後ズレするんではないかと、そういう見方が増えてますね」と話した。

キーワード
ロス商務長官
トヨタ自動車
ECB
ビットコイン
司法省
朝鮮中央通信
ブルームバーグ
見せ玉
豊渓里(北朝鮮)
ウォッシュ・トレード
トランプ大統領
北朝鮮
米朝会談
金正恩委員長
商務省
ホワイトハウス
マティス国防長官
ケリー首席補佐官
ペンス副大統領
文在寅大統領
ポンペオ国務長官
フォルクスワーゲン
ドイツ自動車工業会
EU
カタイネン副委員長

気象情報 (ニュース)
06:58~

全国の天気予報を伝えた。

キーワード
京成バラ園
八千代市(千葉)

エンディング (その他)
07:00~

きょうの予定を伝えた、安倍総理がロシア・サンクトペテルブルクで公演、アメリカでは4月の耐久財受注、FRB・パウエル議長が討論会、との事。

プロの経済視点を伝えた、菅野は”米(朝)中関係”との事で「今回の会談中止かも、について中国がどう反応するか、北朝鮮はやはり中国を頼りにしている。最終的には北朝鮮をどうするかを米中で話し合う形」と解説した。若生は”7気連続増益”とのことで「過去最長が83~90年度の最長、これで増益となれば当時のバブルを上回る、バブルではなく企業の努力と力でこうなったのは見栄えが良い」と解説した。

キーワード
安倍
耐久財受注
パウエル
連邦準備制度理事会
サンクトペテルブルク(ロシア)
アメリカ
スウェーデン

エンディング (その他)
07:04~

「Newsモーニングサテライト」月曜日の予告。

  1. 前回の放送
  2. 5月25日 放送
  3. 次回の放送