ゆうがたサテライト 2017年12月11日放送回

『ゆうがたサテライト』は、テレビ東京系列(および関西地区の一部独立局)で2016年11月7日から放送されている平日夕方の経済情報・報道番組。放送時間は毎週月 - 金曜日16:54 - 17:20(全国ニュース枠は17:15まで)。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年12月11日(月) 16:54~17:15
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
16:54~

オープニング映像と出演者の挨拶。

ニュース (ニュース)
16:54~

あす最強寒波襲来!

所得税の控除の見直しを巡っては当初は年収800万円超の会社員を増税対象の案が浮上していたが、公明党などが反対意見が続出し、850万円超で所得税改革は決着した。

どのように生活が変わるのか財務省担当の滝田記者は、与党の考えでは850万円超は高所得者と位置づけられているが、都市部では本当に位置づけられているのかに疑問の声が上がっている。今回の増額で税収は約900億円アップする。そしてこれから所得税以外でも、国際観光旅行税、森林環境税など様々な増税が待ち受けているなどとコメントした。最近の税の動き個人に厳しく企業に優しいとポイントをまとめ、税収アップの背景には借金返済や防衛費の歳出拡大に使われていく、我々がチェックするのが重要だと締めくくった。

今夜7時から30分ほど東京スカイツリーをライトダウンするイベントを行うという。取材班はスカイツリーの足元にあるライトアップ用のLED照明を紹介した。2075台設置され、従来の照明機器と比べ約4割ほど省エネできている。電気代は伝えられないという。ライトダウンで広く地球温暖化対策、CO2削減の取り組みについて認知してもらうのが目的だという。

京都議定書から20年経ち、CO2は二酸化炭素やメタンの濃度を観測する衛生いぶきによると、2016年5月の分布は経済成長が著しいアメリカや中国などが排出量が多く、CO2濃度は去年過去最高を記録した。何も規制しないと2100年に全地球で気温が4度以上上昇し、干ばつや洪水など極端な気象現象が起こると予測されている。こうした中で国はエネルギー消費量を実質ゼロにする「ゼロエネルギーハウス」を後押しし、2020年までの実現を目指している。太陽光パネルや断熱効果が高いサッシなどを使い、毎月の電気代をゼロを可能にしたという。さらに余った電気を電力会社に売却し毎月約1万円の収入が得られる。ゼロエネルギーハウスの国内市場は2023年に8246億円を推測している。国内の部門別二酸化炭素排出量の割合グラフで、家庭部門では15%も排出している。

映画「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」公開前にスピルバーグ監督らが単独インタビューに応じた。スピルバーグ監督は今伝えるべき作品と語っている。映画の舞台は1971年にベトナム戦争に関する機密文書をめぐり、奮闘する記者を描く実話を本にした作品。当時ニクソン大統領は記事を差し止めようと訴訟を起こしたが、裁判所は報道の自由を重視し敗訴した。スピルバーグ監督は現在と71年の共通点は報道が攻撃されていることだが、現在は真実の話にフェイクニュースのレッテル貼っているなどとコメントした。

ロシア疑惑などで気に入らないメディアをフェイクニュースと批判するトランプ大統領。現在はリアルニュースという番組を自ら立ち上げて、キャスターに義理の娘を起用しトランプ大統領を称賛している。こうした状況に映画に出演したトム・ハンクス氏らは嘘がまかり通る状況となり権威主義体制になるなど警鐘を鳴らしている。ただスピルバーグ監督はトランプ大統領も国民も異なる意見や価値観に触れないことに大きな問題がある。前に進めない国になってしまったと懸念した。

キーワード
税制改正
公明党
自民党本部
所得税
森林環境税
国際観光旅客税
たばこ税
酒税
東京スカイツリー
ランドマークタワー
京都議定書
CO2
地球温暖化
LED照明
国立環境研究所
二酸化炭素
メタン
衛生いぶき
太陽光
産業革命
干ばつ
洪水
つくば市(茨城)
鶴ヶ島市(埼玉)
ゼロエネルギーハウス
ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書
ベトナム戦争
ニクソン大統領
フェイクニュース
トランプ大統領
リアルニュース
ララ・トランプ氏
エルサレム(イスラエル)
報道の自由

515天気 (ニュース)
17:13~

明日には寒気が南下し日本列島が覆われ全国的に気温が低くなり日本海側は大雪になるおそれがあるという。全国各地の気象情報を伝えた。

  1. 前回の放送
  2. 12月11日 放送
  3. 次回の放送