昼めし旅 2018年1月9日放送回

放送日 2018年1月9日(火) 15:54~16:24
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
15:54~

今回の昼めし旅は最盛期を迎えている北海道のジャガイモ農家のご飯調査。北の大地ならではのジャガイモ料理や地元農家が作るお手軽簡単料理などを紹介する。

キーワード
ジャガイモ
北海道

ジャガイモの町 北海道・小清水町 (バラエティ/情報)
15:54~

小林公太との結婚が決まって幸せいっぱいの片岡安祐美がやってきた北海道・小清水町はジャガイモ生産量日本一の北海道でも道内2位の生産量だ。そこで最盛期を迎えたジャガイモ農家のご飯を調査する。

道の駅 小清水町活性化センターでなんだこりゃスティックについて聞くと網走のかまぼこ・浜小清水のジャガイモ・知床のタコの名物を串にしたメニューだった。

驚きのなんだこりゃスティック!

キーワード
小林公太
ジャガイモ
小清水町(北海道)
道の駅 小清水町活性化センター
ヤナギダコ
なんだこりゃスティック

ジャガイモの町 北海道・小清水町 (バラエティ/情報)
16:00~

なんだこりゃスティックは小清水町で今年の4月に誕生し、各地の名物が一度に楽しめると地元の人や観光客にも人気になっている。小清水のジャガイモを試食した片岡は「甘くてしっとりしている」と話した。また道の駅で販売しているレッドムーンは1袋150円で片岡はやすさにビックリした。

ジャガイモ料理を提供している店を探しているとポテトニョッキグラタンの看板を見つけ「レストランOLANGO」に入店した。昨年7月にオープンした洋食店でシェフがこだわり抜いたメニューが話題となり地元の人が足繁く通う店だ。ニョッキとは団子状にしたパスタの一種、甘みのあるキタアカリとホクホクした男爵いもを練り合わせたニョッキはシェフの手作りだ。ポテトニョッキグラタンを試食した片岡は「すごいモチモチしている、でもちゃんとジャガイモの味がする」と話した。

片岡さんは『じゃがいも街道』に到着した。ここには約5kmの直線道路脇にジャガイモやダイコン等の畑が広がっている。片岡さんはじゃがいも街道特産物直売所に到着した。店の人に取材の許可をとった。店内では、大きなニンジンやレッドムーン等が売られていた。食用やでんぷん用等、用途の違う様々な品種のじゃがいもが作られている。例えば、キタアカリは甘みが強い為、スイーツ等に向いている。そして紅丸は、主にでんぷん用のじゃがいもとして栽培されている。

片岡さんは畑で作業をしている人達の下へ向かった。ここで栽培され品種だという。値段は男爵いもやキタアカリと同じ位だという。ここでは家族と従業員で栽培しているという。片岡さんは栽培の様子を見せてもらうことになった。ここの畑の広さは東京ドーム約1個分だ。重機でじゃがいもを掘り起こしながら収穫するが、重機に収まらない小さい小いもは女性達が歩いて拾っていく。責任者の阿部正一さんは、家族の作業全体の様子を見ているという。ベニアカリはクセがなく、ジャガイモ特有のイモ臭い匂いがしないという。すり潰してオリーブオイルをひいて塩胡椒で食べたりする食べ方が評判が良いという。カゴは10kgケースで約120ケース分あるという。片岡さんは阿部さの奥さんに「あなたのご飯見せて下さい。」と言い、交渉成立となった。

ご飯を見せてくれるのは、阿部さん夫婦。ジャガイモ作りは家族で行っている。子どもたちが小さい時には実家に預けて畑仕事をしていた。北海道で32年間苦楽を共にしてきた。阿部さんはゴボウの他にニンジンやゴボウを作っている。片岡さんは自宅にお邪魔して、ベニアカリのステーキやカレー等を阿部正一さんや阿部正一さんの長男の奥さんに作って頂いた。ベニアカリのステーキの味付けは塩胡椒のみだ。片岡さんはお手伝いでテーブルの上を拭いた。阿部正一さんは「テーブルを拭かせてしまいすみません。」等とコメントした。ジャガイモステーキを食べた片岡さんや阿部正一さんは「美味しい。」等とコメントした。カレーを食べた片岡さんは「メイクイーンが煮崩れしていなくて美味しい。」等とコメントした。阿部正一さん「1年間きちっと作業してきて良いものが獲れた時にやりがいを感じる。」等とコメントした。阿部瑞江さんは「毎日が楽しい。」等とコメントした。

このあと『ジャガイモ農家最大の危機』

「ヒャッキン!~世界で100円グッズ使ってみると?~」の番組宣伝テロップ。

キーワード
ジャガイモ
小清水町(北海道)
なんだこりゃスティック
レッドムーン
メークイーン
レストランOLANGO
ポテトニョッキグラタン
じゃがいも街道
テレビ東京
じゃがいも街道特産物直売所
ニンジン1袋
レッドムーン1袋
キタアカリ1袋
紅丸10kg
ダイコン
ニンジン
でんぷん団子
金時豆
ベニアカリ
キタアカリ
東京ドーム
メイクイーン
じゃがいも
ハッシュドポテト
コロッケ
男爵いも
カレー
胡椒
ゴボウ
プチトマト
すりおろしジャガイモのステーキ
ポテトサラダ

ジャガイモの町 北海道・小清水町 (バラエティ/情報)
16:21~

阿部正一さんは長年同じ土壌でジャガイモ作りをしていた事が原因でそうか病にかかったジャガイモが増えた為、ジャガイモ作りを一時休んでいたという。ジャガイモ作りは5年前に再開したという。阿部さんは昨年ベニアカリ作りを開始したが、それが成功し今年は北海道産の3分の1を生産したという。阿部正一さんは、夫婦円満の秘訣について「執着しないことだ。」等とコメントした。片岡さんは阿部さん家族と一緒に記念撮影を行った。

キーワード
ジャガイモ
小清水町(北海道)
ベニアカリ
ジャガイモステーキ
そうか病
  1. 前回の放送
  2. 1月9日 放送
  3. 次回の放送