イチゲンさん おはつできますか? 堂本剛(Kinki Kids)

放送日 2016年6月26日(日) 21:54~22:48
放送局 テレビ大阪

番組概要

犬のしつけ職人への見たい件オファー (バラエティ/情報)
21:54~

博多大吉は「剛さんはVTRを止める回数が多い」とスタジオコメント。

犬のしつけマスターの宮坂百子さん。宮坂は警察犬を育てた日本屈指のドッグトレーナー。キャリア50年で様々な協議会で賞を獲得。アメとムチの使い分けが真骨頂。男好きのジルちゃん(プードル×チワワ)、おもちゃ執着犬のラリーくん(ボストンテリア)を紹介。

宮坂を依頼したのは海瀬さん親子。ゴールデン・リトリーバーのウィニーくん(1歳半オス)は破壊犬で犬の中は家具などボロボロに。制限時間はソファが搬入されるまでの3日間。宮坂が取り出したのはペットボトル入りのビニール袋で注意する。聴覚が優れているのを逆手に取った。そして伏せの状態の待てのしつけを服従心をつけるために行い、ボールなどの誘惑に負けないようにした。

しつけ2日目、宮坂は人がいる時にしつけをやったほうが良いと話す。3日目、家の中でしつけを行う。そして新しいソファーが搬入してくる日、ウィニーくんは伏せ待てが成功。搬入まではおとなしくしていた。

そして新しいソファーがある家に友人を招き入れた。お客さんはケーキを食べても伏せ待てでおとなしくしていた。しかし突如動き出したウィニー 。

キーワード
ボストンテリア
チワワ
プードル
ドッグトレーナー
ゴールデン・リトリーバー

犬のしつけ職人への見たい件オファー (バラエティ/情報)
22:15~

成長したウィニーは耐え切って伏せ待てを貫いた。お利口さん犬として家族の一員として暮らしていく。

取材メモでは若いころはモテたと宮坂さんが自慢していたことや、つまみ喰いしたケーキの残りは宮坂さんが食べたことなどいらない情報を紹介。ウィニーは現在もソファーを噛まずに暮らしている。

ダンボールアート職人へのみたい件オファー (バラエティ/情報)
22:18~

続いてのイチゲンマスターは戦車やスニーカーなどをダンボールで作るダンボールクリエーター・大野萌菜美。ダンボールアートに出会ったのは大学生の時だった。大野には友達が居ない。今回のオファーは「ダンボールアートで人を泣かせることができるのか、みたい」というもの。

大野がやってきたのは1904年創業の旅館「朝陽館」。旅館の主人によると7月に取り壊しが決まっているため思い出を残して行きたいという。大野のオファーは「ダンボールアートで取り壊しが決まった旅館を作りご主人を泣かせてほしい」というもの。

112年の歴史を持つ老舗旅館・「朝陽館」をダンボールアートで作る。3月に廃業、老朽化に伴い7月に取り壊す。昭和30年代に手塚治虫が執筆活動の場として利用していた部屋もある。大野は「気持ちがすごく重くのしかかってきます」と話す。

作品の発表は5日後。大野は自宅に引きこもり作業開始。自分ではなく人のためにものを作るという初めての挑戦に困惑していた。大野の希望で取材陣は一旦引き上げることにした。3日後、再び訪れると作品は完成していた。

ご主人にダンボールアートを披露。石垣から木々に至るまで繊細に再現。手塚治虫が使った部屋にもこだわった。しかし見たいのは笑顔ではなく涙。心には確実に響いていた。大野は「人に思いを伝えるのがすごく大変と学んだ」と話した。

堂本剛は「あれはきっと旅館のために泣かなかったんだと思う」、「一番は彼女が“人に思いを伝えることを学んだ”と言ったこと」とスタジオコメント。

キーワード
ダンボールクリエーター
ダンボールアート
朝陽館
手塚治虫

堂本剛が挑むおはつチャレンジ (バラエティ/情報)
22:37~

松原産業株式会社では、業務用発砲スチロールが300種類以上を扱い、1日約5万個もの商品を生産している。社内では前田高嗣さんが15段タワーを持ち上げることができる。今回、剛がチャレンジするのは10段の発砲スチロールタワー運びです。

キーワード
松原産業株式会社
前田高嗣
越前市(福井)

堂本剛が挑むおはつチャレンジ (バラエティ/情報)
22:40~

堂本剛による発砲スチロールタワー運びのおはつチャレンジです。

剛のおはつチャレンジは、何度か危機を乗り越えるも、結果は失敗に終わった。

テレ東音楽祭2016の番組宣伝。

エンディング (その他)
22:44~

次回は、クレーンゲームの達人が前代未聞のスゴワザにチャレンジする。

  1. 前回の放送
  2. 6月26日 放送
  3. 次回の放送