世界!ニッポン行きたい人応援団 2018年9月3日放送回

『世界!ニッポン行きたい人応援団』(せかい!ニッポンいきたいひとおうえんだん)は、2016年(平成28年)4月14日からテレビ東京系列で放送されているバラエティ番組。2017年(平成29年)10月23日から月曜20:00 - 21:00に放送されている。レギュラー化する以前に、『日曜ビッグバラエティ』枠で「世界!ニッポン行きたい人グランプリ」として3回放送していたことがある。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年9月3日(月) 20:00~21:00
放送局 テレビ大阪

番組概要

世界!ニッポン行きたい人応援団 (バラエティ/情報)
20:00~

今回日本に招待するのはジョージアに住むマリアムさん(20)。将来日本で働きたいと日本文化センターで日本語を勉強中。ご両親と妹の4人暮らしで、日本に興味を持ったのは小さい時から日本人に似ていると言わ意識するようになっていたという。最も夢中になっているのは折紙で、今や折紙は世界の共通語で、NASAでは人工衛星のソーラーパネルを折り紙の技術で開発されるなど科学技術にも応用されている。このマリアムさんはまだ日本に行ったことがないという。

ジョージアへの取材から4か月後にマリアムさんの元を訪れ日本に招待することを告げる。マリアムさんは大喜びで、日本語で登録されているお母さんに電話して喜びを伝えた。そして念願のニッポンに初来日。マリアムさんが会いたいのは世界的な折り紙作家である川畑文昭さんに会いたいという。川畑さんは日本の折り紙作家からも憧れの存在。そしてマリアムさんにウェルカムサプライズ。

マリアムさんを案内したのは愛知県尾張旭市。このここで川畑さんが展覧会を開いている川畑さんもいる。しかし、目の前に川畑さんがいるのに気づかない川畑さんだったがスタッフの助言によりようやく気づいたマリアムさん。川畑さんの作品を見て「紙でここまで表現できるのは人間業じゃないです」と感動する。そんな川畑さんにマリアムさんから、どんな技を駆使しているか質問。川畑さんは数学の手段や昔からの造形の手段など出来た形が綺麗に見えるようにしているとのこと。マリアムさんは川畑さんから最後にプレゼントをもらい、お礼を言ってお別れした。

続いてマリアムさんは京都に行き和紙を購入したいという。折り紙に使う和紙は千代紙という1000年の歴史を持つ。そんな千代紙を作っている浅井長楽園の浅井さん夫婦の元を訪れた。早速、千代紙を見させてもらったマリアムさん。浅井さんは小紋と言われる着物柄の型を使って千代紙を作っている。そしていよいよ千代紙作り。

キーワード
栃ノ心
ジョージア
折紙
川畑文昭さん
尾張旭市(愛知県)
リュートを弾く天使
千代紙
歌川国貞
小紋

世界!ニッポン行きたい人応援団 (バラエティ/情報)
20:19~

千代紙を作っている浅井長楽園の浅井さん夫婦の元を訪れているマリアムさん。お土産でジョージアの伝統的な菓子「チュルチヘラ」をプレゼント。そして早速、千代紙作りを見せてもらい伊勢型紙と越中和紙を使い作る。マリアムさんは和紙の上に型をセットし、ヘラで顔料を塗っていき作る型紙を作らせてもらった。その千代紙を折り紙用にしてもらい貰うとマリアムさんは折り鶴をその場で作った。するととし子さんがメスの鶴を折りつがいの鶴が出来た。とし子さんは千代紙で小物を作っており、その中からポチ袋や箸袋の作り方を教えてもらった。

夕方マリアムさんはとし子さんと一緒に巻き寿司を作る。そしておばんざいも加え、3人で食事をすることに。するとマリアムさんはジョージアから持ってきたワインをプレゼント一緒に堪能した。マリアムさんは一番美味しかったのは自分で作ったお寿司だと話し「食べ物は全部美味しい、ここで住んでいたい!」と語った。ここでマリアムさんがジョージアの伝統舞踊を披露する!

キーワード
ジョージア
折紙
千代紙
小紋
チュルチヘラ
伊勢型紙
越中和紙
ポチ袋
箸袋
手巻き寿司
おばんざい
型刷り

世界!ニッポン行きたい人応援団 (バラエティ/情報)
20:37~

マリアムさんが浅井さん夫婦に感謝の気持ちを込めてジョージアの伝統舞踊を披露した。そして翌朝、浅井さん夫婦とお別れ。浅井から様々な千代紙と、とし子さんと一緒に作った小物をプレゼントしてもらった。

続いてマリアムさんは千代紙の工場「和染工芸」を訪れた。ここは千代紙を作って70年以上になる和紙染め工房で、全国的にも珍しい刷り方をしている。千代紙は型刷りと型染の2種類あるのだが、珍しい型染をしている。そして川勝さんと工場長の小林さんから型染のやり方を見せてもらった。そしてマリアムさんも挑戦する。このあと糊を落とすと模様が浮かぶ!

キーワード
ジョージア
折紙
千代紙
型刷り
型染

番組宣伝 (その他)
20:48~

「世界ナゼそこに?日本人〜知られざる波瀾万丈伝〜」の番組宣伝。

世界!ニッポン行きたい人応援団 (バラエティ/情報)
20:48~

続いて豆乳を一から作り、豆乳を顔料に混ぜ和紙に塗っていく。これは接着剤の代わりにもなるという。そして一晩乾かすと驚きの模様が。

翌日、型染紙の仕上げをする。まずは水洗いをし余分な糊を落としていくと、和紙から模様がうかびあがってきた。マリアムさんも自分で糊を塗った和紙を水で洗い流すと、キレイな模様が浮かびあがり感動。そして50℃以上の乾燥機で3分乾かせば完成した。この千代紙はご好意で貰えることになった。そして、その他も気に入った10枚の千代紙をプレゼントしてもらった。逆にマリアムさんから、ジョージアの絶景が入ったマグネットをお返しにプレゼントし、お別れした。

実はマリアムさんは和染工芸のスクリーン型を作っている藤木友禅型製作所の制作現場も訪れていた。そこで作成の工程を見学させてもらうと、強力シャワーで洗い流したスクリーンに模様が浮かび上がった。そして次に「勝ふみ」で、夢だった舞妓にしてもらい写真を撮影してもらった。

折紙を通じていろんな人と出会ったマリアムさん。日本滞在を刺激的な毎日だったと振り返り、改めてニッポンで働くという夢を実現させたいと思ったと語った。

「世界ナゼそこに?日本人〜知られざる波瀾万丈伝〜」の番組宣伝テロップ。

キーワード
ジョージア
折紙
千代紙
型染
豆乳
舞妓

エンディング (その他)
20:59~

エンディング映像。

「世界!ニッポン行きたい人応援団」次回の番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 9月3日 放送
  3. 次回の放送