歴史の道 歩き旅 秋本奈緒美 富士山の魅力や謎を徹底調査 富士吉田市

『歴史の道 歩き旅』(れきしのみち あるきたび)は、2016年4月4日から2017年3月31日までテレビ東京で放送された紀行番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年2月15日(水) 7:30~ 8:00
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
07:30~

今週は秋本奈緒美が山梨県河口湖で絶景の富士山めぐりの旅をする。年間登山者数20万人以上の富士山は江戸時代「神の山」として崇められ、富士詣が人気だった。今週は河口湖から富士宮まで歩き、富士山の魅力と秘密を発見し、絶品料理を堪能する。吉田揚げ出しうどんとは?、室内で富士詣?

キーワード
世界文化遺産
富士山
山梨県
富士宮(静岡)
河口湖

世界遺産 絶景の富士山とその魅力に迫る旅 (バラエティ/情報)
07:31~

このあと、うどんなのに揚げ出し?

金鳥居は富士山に登拝する人々を迎え入れる門として、また、俗界と神聖な富士山の結界として建てられた。

御師 旧外川家住宅を訪れた。御師とは御祈祷師を縮めた言い方で、富士信仰を広めるための祈祷師である。江戸時代には86軒の宿坊があった。宿坊に泊まれたのは寺でいう檀家。長旅を癒やすためにご馳走でもてなした。現在と同じように昔から富士登山は楽しい旅行の一つだった。

研考練を訪れた。一般的な吉田のうどんはコシの強い麺にキャベツや馬肉を乗せるのが定番である。しかし、研考連は揚げ出しうどんという変わったうどんである。

キーワード
金鳥居
富士吉田(山梨)
富士山
御師 旧外川家住宅
外川義直
研考練
吉田のうどん

世界遺産 絶景の富士山とその魅力に迫る旅 (バラエティ/情報)
07:39~

研考練を訪れ、揚げ出しうどんを試食した秋本奈緒美は「揚げ出し豆腐みたいで美味しい」と話した。富士吉田市内にはうどん店が50軒以上あり、食べ比べもおすすめである。

さらに散策を続けていると、「ふじさんミュージアム」発見。信仰面での資料など展示しているそう。さっそく「木花咲耶姫像」を眺めた。江戸時代に作られた貴重なものである。続いて復元された鳥居を見付け、「冨士山と書くんですね」と指摘した。点は神様にあたり、見えない存在のため書かれないらしい。タッチパネルで今昔を勉強。写真や動画で当時と比べられる。現在の登山客は自由な服装だが、江戸時代は白装束がルール。そこへお守りの意味を込め、直接御朱印を押していた。山頂は神仏の世界だったので、死装束として着られていたとか。ガイド兼荷物持ちの「強力」を紹介。布団など30~40kg担いで登っていたとのこと。なおはぐれないように旗で先導していた。旅費は5日間で約30万円。「富士講」という積立グループも流行ったそう。それでも全員行けるわけじゃないと聞き、秋本さんが驚いていた。「登りたいですか?」と聞かれ頷く。すると今から登ることに。

キーワード
研考練
特製揚げ出しうどん
富士吉田(山梨)
ふじさんミュージアム
富士山
木花咲耶姫
富士講

世界遺産 絶景の富士山とその魅力に迫る旅 (バラエティ/情報)
07:51~

案内されたのは「ミニ富士塚」。冨士山の溶岩など持ち帰って作られたものだ。これで子供や老人も冨士山のご利益に与れる。秋本さんも「まさか登れるとは」と手を合わせた。富士塚は全国に900以上あるそう。

続いて富士浅間神社にやって来た。山道には樹齢300年のスギなど並ぶ。木造鳥居で日本最大の、冨士山大鳥居に感動。参拝前にお清めすることに。富士の地下水を引く手水舎で洗った。いよいよ本殿へ。夫婦円満などのご利益があるそう。すると登山口の看板を発見。

♪人生の空から 松山千春

キーワード
富士吉田(山梨)
ふじさんミュージアム
富士山
富士塚
富士浅間神社
松山千春
人生の空から
木花咲耶姫
彦火瓊瓊杵尊
大山紙神

世界遺産 絶景の富士山とその魅力に迫る旅 (バラエティ/情報)
07:56~

登山門に辿り着いた。「みんなここから登ったんだね」と感動した。江戸時代、ここから12時間かけ冨士山を目指した人々。

キーワード
富士吉田(山梨)
富士山
富士浅間神社

エンディング (その他)
07:57~

「歴史の道 歩き旅」の次回予告。明日は山中湖へ。焼き立て絶品タルト、今だけのダイヤモンド富士などを紹介。

キーワード
山中湖
ダイヤモンド富士
  1. 前回の放送
  2. 2月15日 放送
  3. 次回の放送