歴史の道 歩き旅 藤田朋子の東海道歩き旅「府中宿から丸子宿」

『歴史の道 歩き旅』(れきしのみち あるきたび)は、2016年4月4日から2017年3月31日までテレビ東京で放送された紀行番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2016年6月27日(月) 7:35~ 8:00
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
07:35~

オープニング映像。歴史ある道を月曜から金曜まで毎朝1人の旅人が歩く。道中では100年以上前から存在する珍しいモノも紹介する。

キーワード
東海道
奥の細道
熊野古道

東海道 府中宿~金谷宿 静岡が日本一の茶どころになった秘密を探る旅 (バラエティ/情報)
07:35~

今週は藤田朋子が府中宿から金谷宿 まで、お茶の産地を旅して静岡が日本一の茶どころになった秘密を探る。

府中宿は江戸時代、東海道きっての繁華街として栄えた宿場で、道幅は最大級。

108年続くもぐさ専門店「小山忠次郎商店」を訪問。もぐさの原料はヨモギの葉っぱで、水あめにして食べることもできる。試食した藤田は、「もぐさ感がない」などと話した。

徳川家康により大規模な治水工事が行われた、「安倍川」に到着。静岡駅から島田まで東海道歩きをしている男性に遭遇、手作りのマップを持ち今年に入って暇だから始めた、などと話した。

西城秀樹「ブルースカイブルー」

安倍川を渡り丸子宿に到着。江戸時代には峠を歩く旅人の休憩所として茶屋が多く並んでいた。本山地区のお茶が静岡茶の元祖で、聖一国師が中国からお茶の種を持ち帰り、広めたと言われている。100グラム1000円の「翠芳」を試飲し、「苦味があるがまろやかで幸せ」などと話した。

西城秀樹「ブルースカイブルー」

歌川広重の絵に描かれている「丁子屋」に到着。とろろ汁元祖の店で、慶長元年創業。松尾芭蕉が句を詠みとろろ汁を広めた。句をもとに広重が絵を描き、軒先には梅の木がある。

キーワード
東海道
府中宿
金谷宿
徳川家康公
静岡市(静岡)
島田市(静岡)
芭蕉
広重
府中(静岡)
小山忠次郎商店
切もぐさ(中・500粒入)
ヨモギ
徳川家康
西城秀樹
ブルースカイブルー
静岡駅
島田
安倍川餅
安倍川
丸子宿
松福園
聖一国師
翠芳
丸子(静岡)
歌川広重
丁子屋
東海道五十三次 丸子宿 名物茶屋
自然薯
江東区芭蕉記念館
丸子

東海道 府中宿~金谷宿 静岡が日本一の茶どころになった秘密を探る旅 (バラエティ/情報)
07:50~

このあと、自慢の100年モノが登場!

東海道丸子宿で400年以上続く丁子屋の名物とろろ汁を頂く。藤田朋子、少なめのウニご飯にとろろをたっぷりよそい、すするように食べる本来の食べ方にチャレンジ。藤田は後味がよくどんどん食べられると絶賛していた。

東海道を西へ向けて歩く藤田朋子、立ち寄ろうとしたカフェ「夢想庵」は休業中であったが厚意で開けてもらった。オーナーが自ら集めた骨董品のギャラリーを兼ねた喫茶。

キーワード
東海道
丸子(静岡)
丁子屋
丸子
芭蕉
広重
喫茶去 夢想庵

東海道 府中宿~金谷宿 静岡が日本一の茶どころになった秘密を探る旅 (バラエティ/情報)
07:56~

骨董品も楽しめるカフェ「夢想庵」での100年物を拝見。明治時代に作られたという酒器揃で、器の中に金箔が貼られている。

キーワード
東海道
丸子(静岡)
喫茶去 夢想庵

エンディング (その他)
07:58~

「歴史の道 歩き旅」の次回予告。明日は宇津ノ谷峠で謎のトンネル出現!?

キーワード
宇津ノ谷峠
  1. 前回の放送
  2. 6月27日 放送
  3. 次回の放送