モーニングチャージ! 2017年1月18日放送回

放送日 2017年1月18日(水) 6:40~ 7:05
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
06:40~

オープニング映像。

トップニュース (ニュース)
06:40~

幕張新都心できのう、千葉市と千葉大学による自立走行ロボットの実証実験スタートした。この自立走行ロボットはセンサーで障害物などを認識して自動で走行でき、将来的には人を乗せて自動走行する”パーソナルモビリティ”として活用する予定。幕張メッセでは東京オリンピック・パラリンピックで7種目の競技が行われることから、2020年までに実用化し、観光客の利用を目論んでいる。

一方、茨城県つくば市のベンチャー企業・Doogは、自動追従する運搬ロボットなど様々な自動運転システムを開発している。中でも、「モビリス」はラインに沿って自動走行や追従が出来る他、搭載されたGPSにより、スマホの地図で目的地を指定して走行することも可能。現在は動物園などの行楽地を対象としているが、将来的には交通インフラでの利用を目指している。

キーワード
千葉大学
幕張メッセ
東京オリンピック
パラリンピック
パーソナルモビリティ
Doog
美浜区(千葉)
つくば市(茨城)

BUSINESS HEADLINE (ニュース)
06:42~

このあとは ビジネスフォーカス「時計メーカーがスマートウォッチで逆襲」

今日のビジネスヘッドラインを紹介。「VW 夏にもEV ディーゼルも」「東芝 半導体事業を分社へ」などのニュースを伝える。

イギリスのメイ首相は17日、人やモノ、サービスの移動の自由を原則とするEU単一市場に「留まることは出来ない」として、EUから完全に離脱する意向を示した。EUとの経済的な結びつきよりも国外からの移民の受け入れを制限することを優先する形となったことで、イギリスへ進出した日本企業に影響が及ぶのは避けられない情勢。

フォルクスワーゲンは昨日、今年の夏に「ゴルフ」のEVを日本で発売すると発表した他、ディーゼル車を年内に投入する方針も明らかにした。フォルクスワーゲンのディーゼル車をめぐっては、2015年の排ガス不正問題でブランドイメージが世界的に低下し、販売に影響が出ていた。一方、ディーゼル車は燃費効率の良さなどから日本でも他のメーカーが販売を伸ばしていて、フォルクスワーゲンは日本国内でEVとディーゼル車を投入して競争の一角に割って入りたい考え。

東芝が主力のフラッシュメモリを含む半導体事業を分社し、ハードディスク世界最大手・米 ウエスタンデジタルから出資を受ける交渉に入ったと、今朝の日本経済新聞が報じた。アメリカの原子力発電事業で数千億円規模の損失計上を迫られる中、東芝は、分社による株式を売却すれば短期の資金が入る他、フラッシュメモリを軸とした成長戦略を描きやすくなり、将来的に本体の資本増強に繋がるとみている。

ホンダはきのう、去年12月に2003年製の小型車「フィット」が神奈川県で追突事故を起こした際、助手席のタカタ製エアバッグが異常破裂し、運転手が太ももに軽いやけどを負ったと発表した。事故を起こした車はリコールの対象だったが修理されていなかったという。国内のタカタ製エアバッグによる負傷事故は15年の日産自動車に続き2件目となる。

「カメラのキタムラ」を展開するキタムラが、今月から来月にかけて、全国にある約850店舗のうち少なくとも22店舗を閉店することが分かった。スマートフォンのカメラ性能が向上したことでデジタルカメラの需要が減少したことや、総務省によるスマートフォンの”実質0円”を禁じた値引き規制でスマートフォンの売れ行きが落ち、大量閉店に追い込まれたとみられている。キタムラは今後、市場の変化に合わせた店舗の統合や再配置を行っていくとしている。

キーワード
VW
東芝
メイ首相
EU
ロンドン(イギリス)
フォルクスワーゲン
ゴルフ
EV
ディーゼル車
ウエスタンデジタル
日本経済新聞
ホンダ
タカタ
フィット
エアバッグ
日産自動車
神奈川県
キタムラ
総務省
カメラのキタムラ
スマートウォッチ

ビジネスフォーカス (バラエティ/情報)
06:47~

2年前にアップルが発売して急拡大したスマートウォッチ市場。様々な機能が搭載されている反面、「機能が多すぎて使い勝手が悪い」という声も多く上がっている。そこで今、時計メーカーが、時計らしいデザインや機能にこだわった新しいタイプのスマートウォッチを続々投入している。シチズン時計は「エコ・ドライブ Bluetooth」を発表。アナログ時計のデザインにこだわったスマートウォッチで、スマートフォンの着信やメール受信などに機能を限定している。また、シチズン独自の光で発電するパネルを搭載しているため、充電や電池交換は不要だという。

一方、カシオ計算機の「WSD-F20」はアウトドアでの仕様に機能を限定している。高度やコンパスなどの機能の他、山登りのルート表示や、魚を釣った場所を地図上に記録するといったアウトドア向けのアプリも搭載。また、別売りのカメラと連動することで映像を確認しながら撮影が出来るという。カシオ計算機は、今回のアウトドア向け製品を皮切りに、新しいリストデバイスの展開を目指している。

キーワード
シチズン時計
スマートウォッチ
カシオ計算機
西東京市(東京)
アップル
エコ・ドライブ Bluetooth
渋谷区(東京)
WSD-F20

フィボナッチの向日葵 (バラエティ/情報)
06:51~

ローソンTOC大崎店では売り上げを上げるために、15センチ、陳列棚が高くなったという。150センチから165センチに。棚が1段増え、商品を400種類追加した。3500種類の商品を扱えるようになった。なぜ15センチなのか。ローソンの客は一日平均800人以上。スイーツや健康食品に力を入れ、女性の集客を狙っている。スペースが拡大しバリエーションを増やした。調味料の売り上げは2倍。全体では3%上がった。3500種類の商品が置かれるようになった。

このあと、発注忘れをなくすローソンのある秘策とは?

キーワード
ローソン
ローソンTOC大崎店

フィボナッチの向日葵 (バラエティ/情報)
06:56~

陳列棚を15センチ高くし、3500種類の商品を扱うローソン。発注忘れをなくす秘策。セミオート発注システムという販売データなどを基に、弁当・おにぎり・パンなど発注の多い商品の注文数を推奨してくれる。1時間かかった発注がわずか10分に。そのぶん、売場づくりに時間がかけられる。遠くのスーパーより、近くのコンビニで済むような品揃えをしたいとスーパーバイザーの千葉さん。15センチはスーパーに対抗する数字。

キーワード
ローソン
ローソンTOC大崎店
セミオート発注システム

HEADLINE PLUS (ニュース)
06:57~

インターネット広告の代金を不正に請求していた問題で、電通は社内での調査結果をまとめ、不適切な業務が997件、総額1億1482万円にのぼったと発表した。このうち40件は広告を企業の依頼通りに出向しておらず、338万円を過大に請求していた。電通は、担当の執行役員ら17人を処分するとともに、広告掲載を確認する専門部署を新設としている。

昨日、東京都港区で、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会は、マスコットの選定会議の初会合を行った。3月末までに選考方法を決定し、国際オリンピック委員会へ報告。マスコット発表は18年以降の見通し。

水産庁は昨日、30キロ未満の太平洋クロマグロの漁獲量が、16年7月から半年で271.5トンとなり1年間の上限243.8トンを上回り、規制上限を超えたとして、太平洋南部・瀬戸内海ブロックに、操業自粛要請を行った。太平洋南部・瀬戸内海ブロックは、東京~宮崎の太平洋および瀬戸内海に面する19の都府県から構成される。

キーワード
電通
中川翔子
東京オリンピック・パラリンピック組織委員会
国際オリンピック委員会
港区(東京)
水産庁
太平洋クロマグロ
東京都
宮崎県
南太平洋
瀬戸内海

ビジネスランキング (バラエティ/情報)
06:59~

このあとトップ3を発表。レスキュー隊並みにタフなG-SHOCKとは?

カシオ計算機によるG-SHOCK定番モデル売り上げランキング(税抜き) 。

G-SHOCK定番モデル売り上げランキング(税抜き) 10位 GRAVITYMASTER 、9位Gスチール、、8位カモフラージュダイアルシリーズ、7位スタンダードモデル。6位GW-M5610シリーズ、5位MUDMASTER、4位MT-G。

キーワード
G-SHOCK
G-SHOCK GRAVITYMASTER
G-SHOCK定番モデル売り上げランキング
G-SHOCK カモフラージュダイヤルシリーズ
G-SHOCK GW5610シリーズ
G-SHOCK MT-G

ビジネスランキング (バラエティ/情報)
07:02~

G-SHOCK定番モデル売り上げランキング(税抜き)10位~4位の一覧。

3位 Gスチール GST-W110D-1AJF。デザイン性が人気。

2位 FROGMAN GWF-D1000NV-2JF。水深200mまで耐えられる。

1位 MUDMASTER GWG-1000-1A3JF。パイロットやレスキュー隊にヒアリングして制作された陸海空を体感したいというシリーズ。

G-SHOCKは、国内では1997年にブームが到来。600万個の出荷。しかし、急激に失速。三分の一まで落ち込む。最近は、ブームが再来している。

4位 MT-G、5位MUDMASTER、6位 GW-M5610シリーズ、7位スタンダードモデル、8位カモフラージュダイヤルシリーズ、9位Gスチール、10位GRAVITYMASTER。

G-SHOCK定番モデル売り上げランキング(税抜き)10位~4位の一覧。

3位 Gスチール GST-W110D-1AJF。デザイン性が人気。

2位 FROGMAN GWF-D1000NV-2JF。水深200mまで耐えられる。

1位 MUDMASTER GWG-1000-1A3JF。パイロットやレスキュー隊にヒアリングして制作された陸海空を体感したいというシリーズ。

G-SHOCKは、国内では1997年にブームが到来。600万個の出荷。しかし、急激に失速。三分の一まで落ち込む。最近は、ブームが再来している。

4位 MT-G、5位MUDMASTER、6位 GW-M5610シリーズ、7位スタンダードモデル、8位カモフラージュダイヤルシリーズ、9位Gスチール、10位GRAVITYMASTER。

キーワード
G-SHOCK定番モデル売り上げランキング
G-SHOCK GST-W110D-1AJF
G-SHOCK FROGMAN GWF-D1000NV-2JF
G-SHOCK MUDMASTER GWG-1000-1A3JF

天気予報 (ニュース)
07:03~

東京スカイツリーからの映像を背景に今日の天気予報を伝えた。

キーワード
東京スカイツリー

エンディング (その他)
07:04~

明日の「モーニングチャージ!」の予告。明日のビジネスフォーカスは「あんこの価値 再発見」。

「ネットもテレ東キャンペーン&VOD」の告知テロップ。特集を毎週金曜日に無料配信。

キーワード
テレ東
VOD
あんこ
  1. 前回の放送
  2. 1月18日 放送
  3. 次回の放送