追跡 LIVE! SPORTS ウォッチャー ▽東京五輪へ!最新のスポーツ情報!!

放送日 2019年6月26日(水) 23:58~ 0:12
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
00:00~

オープニング映像。

プロ野球 (ニュース)
00:00~

レッズとエンゼルスが対戦。5試合ぶりのスタメン出場となったエンゼルス・大谷翔平選手が、第3打席で二試合となるヒット。1アウト2塁のチャンスで迎えた第4打席では大きな当りもレフトフライ。しかし、相手のレフトが3アウトと勘違いし、その隙に二塁ランナーが一気にホームイン!大谷選手は7試合ぶりの打点でチームの勝利に貢献した。試合は5-1でエンゼルスが勝利。大谷選手は明日、復帰後初のブルペン入りをする予定。

テーマ曲:SMASH IT!

キーワード
大谷翔平選手
レッズ
エンゼルス
ロブレス選手
アナハイム(アメリカ)
SMASH IT!

スポーツニュース (ニュース)
00:01~

福岡市の博多の森陸上競技場で陸上 日本選手権がいよいよ開幕!2017年に日本人で初めて10秒の壁を破った桐生。今シーズンはアジア選手権と布勢スプリントで優勝、ゴールデングランプリで2位に入るなど絶好調。今日の練習では1時間程度の軽めの調整を行った。桐生は「コンディション的にとても良い。自信も去年やおととしと違ってあるかなと思います」とコメント。一方、桐生の日本記録を破り9秒97をマークしたサニブラウン選手は、約1年半ぶりの日本へ。今日は雨のため外での練習はできなかったが不安な様子は全くなし。「自分が出る日本選手権は全部雨が振っている。慣れっこなので大丈夫だと思います」と笑顔を見せた。男子100mは明日に予選と準決勝が、明後日に決勝が行われる。

キーワード
桐生祥秀選手
サニブラウン選手
福岡市(福岡)
博多の森陸上競技場
日本選手権
SEC Network
日本学生選手権
アジア選手権
ゴールデングランプリ
布勢スプリント

特集 (バラエティ/情報)
00:04~

体操の花形種目・鉄棒に一大ムーブメントが来ている!その名は「ストリートワークアウト」。鉄棒・平行棒などの器具を用いるトレーニングの総称で、決められたルール内で演技する新スポーツとして発展したものだ。2011年に世界連盟が発足し、世界70ヵ国以上・競技人口1億5000万人以上と世界で人気沸騰中。体操と同じ採点競技だが、最大の違いは重力を無視したかのような静止技。このスポーツで活躍するのが2018年日本チャンピオンの矢野優人。

ストリートワークアウトの2018年日本チャンピオンの矢野優人。高校時代は帰宅部、卒業後は車の部品製造業に勤務し仕事漬けの日々を送っていた。しかし2年前、動画サイトでストリートワークアウトと出会い生活が一変!週7日で公園に通いトレーニングを始めたのだ。やりたいことに全力で取り組み楽しむというストイックさで、なんと2年足らずで日本チャンピオンに。世界大会にも日本人として初出場し、ベスト12という成績を残したした。日本唯一のストリートワークアウト施設「カムイパーク」は矢野を成長させてくれた大切な場所だ。誰でも利用できる施設で、矢野は毎週末に片道4時間かけて通っている。最初は初心者だった矢野も、今は日本チャンピオンとして競技の楽しさを伝える立場に。しかし、このジムを立ち上げた小山カムイさんはストリートワークアウトの将来を案じている。日本国内で活動する団体が増え徐々に広がりを見せているが、鉄棒で遊べる公園が減少しているのだ。矢野は「世界の舞台で活躍すればより多くの人に楽しさを伝えられる」と考え、ストリートワークアウトの未来のために戦う。次は7月の世界大会inモスクワだ。

キーワード
ストリートワークアウト
YouTube
カムイパーク
国土交通省
ストリートワークアウト 世界大会inモスクワ
第2回ストリートワークアウト日本大会
ストリートワークアウト ワールドカップ スーパーファイナル

スポーツニュース (ニュース)
00:10~

FIFA女子ワールドカップ フランス2019の決勝トーナメント1回戦で、日本とオランダが対戦。前半43分、長谷川唯がゴールを決めて同点に。その後も果敢に攻めるが得点にはつながらず。終了間際、ハンドによりオランダにPKを献上し、これを決められ日本はベスト16で敗退。試合は2-1でオランダが勝利。

プロ野球フレッシュオールスターゲームの出場選手が発表された。日本ハムの吉田輝星投手、ロッテの藤原恭大選手、中日の根尾昂選手など42選手が出場。甲子園のスターによる熱い戦いに注目!

蔚山文殊フットボールスタジアムで行われたアジア・チャンピオンズリーグのラウンド16で、浦和と蔚山が対戦。興梠慎三が前半41分、後半35分にゴール!自らが持つ日本人最多得点を23に更新した興梠の活躍で、試合は3-0で浦和が勝利。2戦合計も4-2で浦和が勝利し、ベスト8進出を決めた。

今日、日本生命セパ交流戦のMVPが発表され、7本塁打・14打点と勝負強い打撃でチームを優勝に導いたソフトバンク・松田宣浩選手が受賞した。賞金の200万円は球団スタッフのために使うという。

キーワード
岩渕真奈
長谷川唯
FIFA女子ワールドカップ フランス2019
日本ハム
中日
ロッテ
広島
吉田輝星投手
根尾昂選手
藤原恭大選手
小園海斗選手
浦和
蔚山
蔚山文殊フットボールスタジアム
興梠慎三
フレッシュオールスターゲーム
日本生命セパ交流戦
MVP
ソフトバンク
松田宣浩選手
  1. 前回の放送
  2. 6月26日 放送
  3. 次回の放送