家、ついて行ってイイですか? 2018年6月20日放送回

『家、ついて行ってイイですか?』(いえ、ついていっていいですか?)は、テレビ東京で放送されているバラエティ番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年6月20日(水) 21:00~22:00
放送局 テレビ大阪

番組概要

家、ついて行ってイイですか? (バラエティ/情報)
21:00~

茨城・大洗町の大洗マリンタワーで開催された「フリーマーケット青空市」で家、行ってイイですか?と尋ねる。

1万8千円で売る井戸のポンプを毎回持ってきているおじさんはNG。瀬戸物を探しに来たというおじいちゃんが快諾、買い物代のメロン2個1000円を代わりに支払い、大洗駅の近くにある自宅へついていく。大洗には7年、東京では食料販売所の米を配達や役場職員、果物屋で働いていた。2軒家があり道路に面したほうは貸してある。

自宅に到着。2棟450万、自宅にしている方は3LDKで築48年。座布団代わりに布団がしいてある。部屋やトイレにはバザーで買った絵画コレクションがあった。トイレはボットン便所。安く購入したカラオケ機や造花も飾ってある。2階にはぬいぐるみや政治家の色紙がある。果物屋では当時6日ほど働くと役場の給料が稼げたため、ベンツなどを乗り回していた。女性問題があったため妻子は小美玉市で別居。妻には養育費などを入れているが籍はそのまま。洗剤・殺虫剤などは多くバザーで購入。長く付き合う彼女から電話が来た。

部屋には競輪選手のサインもある。八百屋の世界では博打っ気がないとうまく行かないと話す。競輪、競馬、競艇では最高1億円ほど負けている。八百屋の時は年商1億。彼女から電話が来たので一緒に家に送ることに。

彼女は80歳、現在は3人ほどと交際。バレてもうまくくぐり抜けるのが男と語る。彼女さんは33歳の頃からの付き合い、年齢は85歳で家は小美玉市。当時は婿に来れば3千万やると言っていた。旦那の仕事は農業、女性は家政婦で亡くなる前から不倫していたが夫がいることは話していなかった。夫は昨年亡くなっている。2人の馴れ初めは馴染みの店。仲丸さんは酒は飲まないため、海鮮料理を食べに行こうと誘い暗い中を車で走っているとモーテルに着いたと話す。奥さんが立原さんの家に乗り込んだこともあった。立原さんは婿取りだったため愛情はないと話す。

立原さんの自宅に到着、5LDKの持ち家で築85年。ぬいぐるみや絵画は仲丸さんがバザーで買ったプレゼント。立原さんの息子らは2人の交際の事を知っているという。昼夜働き夜は3時間しか寝なかったという。男の世話になりたくなかったためずっと働いていた。婿に来れば3000万円やると行ったのは土地の話、売ってでも結婚したかったという。亡くなったご主人とは23の頃に結婚、相手は27歳で見合いの時の旅館から逃げ出し、働いていた洋品店の2階に3日間籠もったが結局見合い相手と結婚することになったという。仲丸さんには妻子がいるが今更相手を変えられないので我慢すると話した。たまにしか合わないが仲丸さんが居ないと心細いと語る。夫も気持ちは優しく働く、家のことなどしてくれたため感謝はしているとも。大洗で一緒に住みたいなどと話すが邪魔な時もあるだろう、そういう男だと思っているとした。

スタジオで、ダブル不倫は今でもある話などとトーク。

自宅は築25年のマンション。結婚して3階から13階の分譲が空いたため購入し住んでいる。自宅は引っ越し1か月、35年ローンで購入。

終電後の銀座駅で、自宅までのタクシー代を出すので家について行って良いか尋ねる。綿半で働く社員夫婦が承諾、新大塚駅近くにある自宅まで着いていく。日曜からミラノで見本市を視察しにいくという。夫婦は社内結婚し7年目、妻は本社の経営戦略室、夫は企画室の室長。現在は長野県の小売り、建設会社などと取引。逃げ延びた織田信長の家臣が1598年に創業、今年で420周年の会社。

キーワード
フリーマーケット青空市
大洗マリンタワー
大洗(茨城)
タイプライター
かき氷機
サザエさん
大洗駅
小美玉市(茨城)
石岡市(茨城)
綿半
銀座駅
新大塚駅
織田信長
ミラノ(イタリア)

家、ついて行ってイイですか? (バラエティ/情報)
21:32~

綿半に勤める夫婦の自宅は3900万円、35年ローンで月10万少し。床はウォルナット、石壁に変更。リフォームで350万かかっている。テレビは50万、液晶振動で音を出力する。仕事で外でも楽しく暮らすというのを行っているため、自分もそうでないとウソだと思いバルコニーを優先し家を決めた。バルコニーからは2大タワーと新宿が一望できる。大塚台は台地なので見晴らしが良い。ぐるっと回ると池袋が見える。LEDのテープライトを設置しバルコニーの間接照明に。シーリングライトは2万、通常の家でも取付可能。カウチソファは20万、古いテーブルの天板を再利用するなどしている。節約するところは節約、本当にほしいところは贅沢するようにしている。

お手洗いの壁も石調の壁紙。ウォシュレットのボタンは無線。冷蔵庫には旅行先で必ず買うマグネットを貼っている。寝室のベッドは背が高め。AKIRAが夜景のある生活の原点。妻は立教大学卒のためチャペルで15万ほどで挙げた。ドレスは2・3万で都民共済で借りたもの。1時間4万8000円のハマーをレンタルするなど、自分らのやりたい結婚式を家族に楽しんでもらった。リビングには綿半のフォトブックを設置。2人は現在空間デザイン業務に携わっている。最初に一緒に仕事を行ったのは妻29歳、夫35歳で3.11の時。

キーワード
スカイツリー
東京タワー
新宿(東京)
池袋(東京)
パキラ
グランドキャニオン
犬吠埼
AKIRA
立教大学
綿半
3.11

家、ついて行ってイイですか? (バラエティ/情報)
21:42~

結婚は3.11の頃、夫が我孫子から電車通勤していたが帰れず大塚近くで一人暮らしをしていた妻のところに行ったのがきっかけ。24時間一緒にいても自然体でいられたからだという。仕事のことでぶつかることもあるが寝て忘れる、起きてから仕事までの間にも仕事の話をすることがあるという。得意な部分が違うのでうまくいっている、お互い尊敬・尊重しているという。女王陛下のガーデンショーに出た際はコンテナを用いたガーデンを1ヶ月半かけて作り銀メダルをもらった。両方島国で大事にしているものは同じという気持ちを込め庭を作ったと話す。2人とも子どもを作ろうと思ったことはない。隣はデイサービスなので辛くなってきたら入るなどと話してくれた。

スタジオで、マンションは音がうるさいなどとトーク。今日のスタジオは河野さんの家。2度会ったのでOKしたという。1階では美容室を45年経営している。若い頃は明るい頭。現在86歳、中央大学法学部を卒業、結婚するまでは文部省に勤務。思い出のエジプト旅行ではラクダに乗りたかったため行ったという。外来語辞典で知らない言葉を調べるなどしている。

ロケ中のハプニング集を紹介。東京・蒲田駅では「月曜から夜更かし」が良かったなどと言われた。糖尿病なので歩けと言われている男性からOKが出たので、タクシー代を支払い矢口渡近くにある自宅に。仕事はライター、これから小説を書き賞を取りたいという。独身だとも。1.6km、730円を支払い自宅に到着。家の中はNG、自転車を忘れたので駅まで徒歩で戻ってしまった。

終電後の渋谷駅でタクシー代を出し家について行っていいかどうか尋ねる。自転車にのったおじいちゃんにボディタッチをされ、仕事じゃない時に1人で来いと言われ電話番号を教えた。4ヶ月後に再開。

キーワード
我孫子(千葉)
大塚(東京)
チェルシーフラワーショー
英国王立園芸協会
エジプト
中央大学
文部省
蒲田駅
月曜から夜ふかし
糖尿病
矢口渡
芥川賞
直木賞

番組宣伝 (その他)
21:56~

未来世紀ジパングの番組宣伝。

家、ついて行ってイイですか? (バラエティ/情報)
21:56~

自転車にのったおじいちゃんに4ヶ月ぶりに再開、全く同じ服だった。ボディタッチをされた。隣に引っ越すのでその後に来いと言われた。電話はされなかったが今度はすると言われた。前に渡した名刺は落としたという。ディレクターが頬や手の甲にキスされた。家にはついていけなかった。

河野さんは毎日家計簿を付けている。酒巻さんに100万貸し帰ってきた。本田さんは10000円を毎月借りガストで外食している。夫が結婚当初安月給だったため家計簿を付けていた。やりくりできるようになり、給料が上がると貯金が増え、現在は別荘を持っている。上野・東天紅で桜を見る会を主催し毎年100万を負担しているなどと話した。

次回予告テロップ。

キーワード
上野・東天紅
  1. 前回の放送
  2. 6月20日 放送
  3. 次回の放送