ぎんぎつね

『ぎんぎつね』は、落合さよりによる日本の漫画作品。集英社の漫画雑誌『ウルトラジャンプ』2008年3月号・6月号に読み切りが掲載されたのち、2009年6月号より本連載を開始した。2話の読み切りと連載版は話が繋がっており、時系列も掲載された順番になっている。単行本では2008年3月号掲載分を第1話、6月号掲載分を第2話、連載版第1話を第3話とカウントして掲載している。とある町の小さな稲荷神社を舞台に、神社の十五代目跡取・冴木まことと、神使(しんし)の狐・銀太郎の2人が中心となって、神社や神々にまつわる存在を中心とした日常と、それらの出来事を通じてまこと達が成長する姿を描く話である。2013年現在、累計発行部数は100万部を超えている。2013年4月にテレビアニメ化が発表され、2013年10月から12月まで放送された。

出典:goo Wikipedia