Crossroad 小山進

放送日 2013年12月21日(土) 22:30~23:00
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
22:30~

パリで開催されたチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」で、パティシエの小山進は最高位の賞を2年連続で受賞した経験がある。また小山の店「パティシエ エス コヤマ」は連日行列となっていて、中でも「小山ロール」はロールケーキブームの火付け役となったほどの逸品。そんな小山氏は前代未聞のプロジェクトを立てていた。

キーワード
サロン・デュ・ショコラ
小山ロール

“奇跡のパティシエ”小山進 (バラエティ/情報)
22:32~

三田市にある「パティシエ エス コヤマ」は開業から10年が経過し、開店前から店には行列ができていた。客のお目当ては「小山ロール」で、ここでしか購入できないこともあって他県からやってくる人もいる。小山ロールでは材料を混ぜあわせる工程が肝で、なめらかなクリームとふわふわした食感が特徴。小山氏は商品の味を細かく吟味していて、常に最高の味を追及し続けているために新たに支店をオープンさせることは断り続けている。

パティシエの小山進が自然の景観が魅力的な三田市に「パティシエ エス コヤマ」にオープンさせた。当初は300坪の敷地だったが、暑さ寒さの中で待ち続けるお客のためにカフェをオープンさせるなど増築を重ねていった。他にもお菓子作りを間近で見られるガラス張りの工房も作った。そして10周年を迎えた今年、チョコレートショップ「ロジラ」をオープン。店名は小山が好きだったゴジラと路地を組み合わせた造語で、極上のショコラが販売されている。

パティシエの小山進は京都市の町中を散策しつつ、京都屈指の人気店 レストランよねむらを訪れた。京都の食材を用いて和と洋を表現したメニューが特徴で、小山は料理を堪能するたびにメニューの発想が生まれてくるという。小山は京番茶、ふきのとう、大徳寺納豆などを使ったチョコレートを作った。

キーワード
三田市(兵庫)
前田昌宏
小山ロール
ふきのとう
大徳寺納豆

“奇跡のパティシエ”小山進 (バラエティ/情報)
22:44~

今年11月、パティシエの小山進は子供しか入れないお菓子屋をオープンさせるという挑戦をしていた。子供の頃に通っていた駄菓子屋のような場所を作りたい思いを抱いていて、小山は子供が他の人に紹介したいと思えるようなお店を目指したいと話した。空間デザイナーの橋本夕紀夫や久住有生を招聘し、建設が進められた。

小山進は3児の父親で、忙しい合間を縫って昼間は自宅で食事を摂っている。またお店では新しいお菓子の試作づくりが行われていたが、理想の食感まで到達していなかった。ふんわり感を高めようと小麦粉を減らすも逆に食感が損なわれてしまい、小山は材料を寸分単位まで調整しつつ試行錯誤を続けた。「未来製作所」のオープン前日、店内には来店した子供が楽しめる創意工夫が施されていた。

“奇跡のパティシエ”小山進 (バラエティ/情報)
22:52~

エンディングテーマ:「Always」Superfly

パティシエの小山進は小学生以下の子供しか入れないお菓子店「未来製作所」をオープンさせた。店内にはお菓子の実験室のような工房があり、お菓子の試作室も兼ねている。子どもたちは「夢ふっくら」といった商品の調理工程を興味津々に見ていて、外で待っていた大人は待ちぼうけを食っていた。店から出ていた子どもたちは店内の様子を両親に伝え、小山氏はお菓子屋として自分の感じていることを表現して、お客に伝えることができれば良いと話した。

キーワード
Superfly
Always
夢ふっくら

エンディング (その他)
22:57~

Crossroadの次回予告。

  1. 前回の放送
  2. 12月21日 放送
  3. 次回の放送