ウソのような本当の瞬間!30秒後に絶対見られるTV 2015年10月27日放送回

『ウソのような本当の瞬間!30秒後に絶対見られるTV』(ウソのようなほんとうのしゅんかん!さんじゅうびょうごにぜったいみられるテレビ)は、テレビ東京系列で2012年から放送されているバラエティ番組である。2015年10月27日から2017年9月5日まで、毎週火曜18:57 - 19:54枠でレギュラー放送されていた。特番第2回までは『ウソだと思ったらホントだった!30秒後に絶対見られるTV』(ウソだとおもったらホントだった!さんじゅうびょうごにぜったいみられるテレビ)というタイトルだった。

出典:goo Wikipedia

放送日 2015年10月27日(火) 18:57~20:54
放送局 テレビ大阪

番組概要

ウソのような本当の瞬間!30秒後に絶対見られるTV (バラエティ/情報)
18:57~

300年以上の歴史を誇る岐阜県重要無形文化財「手力の火祭」を紹介。快晴の長良川でフラダンスを踊る集団やキャラクター達が集まる中、男たちが担ぐ神輿が火の粉の雨を浴びていた。さらに、神輿に鎮座していたキャラクターも火の洗礼を受けていた。

バイクでポップコーンが作れる方法を紹介。トウモロコシの実をマフラーに投入しエンジンをかけマフラーを温めると完成。ポップコーンは100℃になったらコーン中の水分が水上機になって爆発してできるのでバイクのマフラーがフライパン代わりになる。

車が曲がりきれず観客席に衝突しても負傷者がいなかったカーレースの映像を紹介。

動物園で客がテナガザルをバックに撮影を行っていると、テナガザルが客めがけて大ジャンプしてくる映像を紹介。さらにゴリラがカメラに向かって突進する映像も紹介された。

猫に逆襲された男性の映像を紹介。ギターの演奏を自撮りしようとした男性が猫を蹴飛ばし、猫が階段を駆け上がると上の植木鉢が男性の頭に直撃した。

7色のレインボーカクテルの作り方を紹介。グレナディンシロップ、スウィート&サワーMIX、オレンジジュース、ウォッカ、ブルーキュラソーを順番に入れると7色のカクテルが完成する。手順はグレナディンシロップと氷を入れ、その上にスウィート&サワーMIXを注ぐやり方。甘い物ほど下にアルコール分が高いと上に溜まるのがポイント。

もえのあずき、アンジェラ佐藤、桝渕祥与が長野県のご当地メガ盛りに挑戦。桝渕が食べていた「大黒部ダムカレー」は500gの角煮が丸ごと1本使われており30秒で平らげてしまった。一行は「ふるさとの草苗」を訪れ7.24kgの「為右エ門そば横綱」に挑戦した。

キーワード
手力の火祭り
長良川
トウモロコシ
ポップコーン
テナガザル
ゴリラ
7色のレインボーカクテル
大黒部ダムカレー
為右エ門そば横綱
長野県

ウソのような本当の瞬間!30秒後に絶対見られるTV (バラエティ/情報)
19:20~

もえのあずきが「ふるさとの草苗」のデカ盛りメニュー「為右エ門そば横綱」に挑戦した。50分が経過した頃、もえあずの手が止まるが再び食べ始めるも6.22kg食べたあたりでギブアップしてしまった。続いて桝渕祥与にバトンタッチし完食した。

カツ40枚のメガ盛りどんぶりに挑戦!

キーワード
為右エ門そば横綱

ウソのような本当の瞬間!30秒後に絶対見られるTV (バラエティ/情報)
19:27~

アンジェラ佐藤が「そば蔵 宮田店」の「メガ盛りソースカツ丼」に挑戦した。40枚近くのカツを使いご飯とキャベツを敷き詰めており異なる肉を使う事で飽きずに食べられるようになっている。順調に食べ進んだ佐藤だったが1時間50分でギブアップしてしまった。

鳥の大群が木から一斉に飛び立った映像を紹介。

ヨハネスブルグ・ライオンパークのフードコートに現れるキリンを紹介。ライオンパークは1966年にオープンしたサファリパークで、人に慣れているため動物が自由に散歩できる。

ブルームフォンテーンでチーターと暮らす女性を紹介。リアナ・ヴァン・ニューンフィーゼンさんが飼うフィエラちゃんは9歳のメスで月の食費は18万円。テーブルの上で食事を行いランチの後は運動を行う。2006年にサバンナで孤児だったチーターを引き取ったリアナさんは動物保護施設チーター・エクスペリエンスを立ち上げ猛獣と暮らしているが、ここではトラやクロヒョウ、ライオンも同居している。

すぐに出来る実験!衝撃の瞬間3連発

キーワード
メガ盛りソースカツ丼
ヨハネスブルグ(南アフリカ)
ライオンパーク
キリン
チーター・エクスペリエンス
トラ
クロヒョウ
ライオン
ブルームフォンテーン(南アフリカ)

ウソのような本当の瞬間!30秒後に絶対見られるTV (バラエティ/情報)
19:42~

ハライチがシャワーをしながらビンターをされても痛くないかどうか検証。プロレスラーの入江茂弘がシャワーをしている澤部にビンタを行ったが澤部はダメージを受けなかった。シャワーにより皮膚にできた水の膜が衝撃を抑え痛みを感じにくくしている。

ららぽーとTOKYO-BAYでハライチの2人が大量のわさびをハッピーターンで挟むと辛くないかどうかを検証。大量のわさびをハッピーターンでサンドして食べてみたところ美味しかった。ハッピーターンには無数の小さな穴がありそこにわさびが浸透する事で辛さが分散する。

アンガールズの2人がトランポリンで跳んだ後にジャンプができなくなるかどうか検証した。パン食い競走用のパンに向かってジャンプをしてみせた2人は、トランポリンで跳んだ後に再びパンに向かって跳ぼうとしたが床に倒れこんでしまった。トランポリンはジャンプのために筋肉をほぼ使わない。その状態で体が慣れてしまうと脳が錯覚を起こし筋肉への指令が伝わらなくなる。

ヌンチャクの達人・HIROKIがヌンチャクでコーラの栓が抜けるかどうか検証。HIROKIは八角ヌンチャクを巧みに操り約1mmの栓を一瞬で抜いてみせた。

林麗奈がムチでスマートフォンを消音にできるか検証。厚さ約1mmの消音ボタンにムチを当て成功した。

HIROKIがヌンチャク、林麗奈がムチを使ってシャツのボタン外しに挑戦しどちらも成功。引き分けとなった。

長野県佐久市で行われている「榊祭り」を紹介。男達が8mはある巨大榊の木が乗った神輿を担ぎ、お互いをしばきあった後にケンカ祭りが勃発。救急車まで出動する事態に発展した。長野県佐久市で室町時代から続く伝統のお祭りで榊で軒先を払い家内安全・五穀豊穣を祈っている。

カブトムシはコーカサスオオカブト相手でも逃げない勇敢な昆虫だが、その上の巨大カブトムシロボットがいた。製作者の高橋均さんは小さい頃、ロボットとカブトムシが好きだったため巨大カブトムシロボットを作った。リモコンで操縦し31ヶ所が可動し実際に動く。高橋さんの職業はロボット開発で13年かけて作った。組み立てに7時間かかりイベントなどに出張展示。300円で搭乗もできる。

ロンドンで行われている「グレート・ゴリラ・ラン」を紹介。絶滅の危機にあるゴリラを守るチャリティーマラソンで参加費はゴリラスーツ込で約9万円。世界的超能力者のユリ・ゲラーも参加していたため、その場でスプーン曲げを披露してくれた。

イギリス・ケントの工事現場体験型テーマパーク「ディガーランド」を紹介。子供でも簡単に重機を操作したり重機を改造したアトラクションが楽しめる。重機メーカーが経営し、より重機を身近に感じてほしいとオープンさせた。

あばれる君が高知県・須崎市で悲鳴をあげる洗濯機を調査。「食事処 大吉」ではウツボを洗濯機で洗っていた。ウツボは全身にヌメリがありそのまま調理すると臭みが残る。主人の細川国男さんはインターネットでタコを洗濯機で洗う方法を知り、ウツボを洗濯機で洗うようになった。

あばれる君が高知県南国市でめでたすぎるぜんざいを作る女性を調査。棚野正さんはぜんざいに鯛丸ごと1匹入れた「鯛ぜんざい」を料理。れっきとした伝統料理で、鯛の吸い物のダシとなったものをぜんざいと合わせたもので、高知県南国市の農村では祝いの料理としてふるまわれていた。現在は棚野さんしか作っていない。

岩手県一関市で食事時に他人の家に上がり込む怪しいピンクのおばさんを調査。岩手県が脳卒中ワースト1になった事で、味噌汁の塩分を測定するためにアポ無しで抜き打ち訪問してるという。

男がタイヤに乗った状態でエアバッグが作動し吹っ飛ぶ映像を紹介。

股間を隠しながら芸をするアキラ100%が股間を隠しながらカレーを作ってみせた。

長野メガ盛り行脚!後半戦突入!

キーワード
わさび
ハッピーターン
トランポリン
ヌンチャク
コーラ
ムチ
スマートフォン
シャツ
榊祭り
佐久市(長野)
カブトムシ
コーカサスオオカブト
ロンドン(イギリス)
グレート・ゴリラ・ラン
ディガーランド
ケント(イギリス)
須崎市(高知)
ウツボ
鯛ぜんざい
南国市(高知)
脳卒中
一関市(岩手)
カレー

ウソのような本当の瞬間!30秒後に絶対見られるTV (バラエティ/情報)
20:32~

もえのあずき一行が「うしお」の「モンスターローメン」に挑戦。中華麺10袋を使いウスターソースとごま油で味付けを行い誕生以来7年間完食者はいない。マヨネーズ、カレー粉、ごま油、押す、一味唐辛子など様々な調味料で味に変化をつけて楽しめる。無敗を誇ったモンスターローメンだったが3人が完食し長野メガ盛り制覇の旅は終了した。

北海道!変なものを受け取るマラソン大会!

キーワード
モンスターローメン

ウソのような本当の瞬間!30秒後に絶対見られるTV (バラエティ/情報)
20:40~

北海道北見市で行われる「たんのカレーライスマラソン」を紹介。4人1組のチームで参加しそれぞれが肉・野菜・ルーを獲得しその具材でカレーを作って食べる。1986年から開催され現在では230チームが参加している。

北海道発見!とんでもない色のカレー

キーワード
北見市(北海道)
たんのカレーライスマラソン
カレー

ウソのような本当の瞬間!30秒後に絶対見られるTV (バラエティ/情報)
20:47~

北海道北見市にあるインド料理店「クリシュナ」で出される青色のカレー「オホーツク流氷カリー」を紹介。店主のマクスード・アラムさんは元はインド・チェンナイの5つ星ホテル「タージコロマンデル」でシェフを務めていたが9年前に来日した時にオホーツク海に一目惚れしオホーツク海をカレーで表現しようとし36種類のスパイス+植物から抽出した色素で青色のカレーを作った。更に2015年ミラノ国際博覧会に正式出品された。

キーワード
北見市(北海道)
タージコロマンデル
オホーツク流氷カリー
2015年ミラノ国際博覧会
チェンナイ(インド)
オホーツク海
  1. 前回の放送
  2. 10月27日 放送
  3. 次回の放送