早期発見!名医がチェック「これって病気ですか?」 2013年11月17日放送回

放送日 2013年11月17日(日) 16:00~17:15
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
16:00~

骨が破壊される病気とは!?

うつ病や間接リウマチ、C型肝炎、ADHDについて特集する。

徳光和夫が挨拶し、相談者の野々村俊恵らが紹介された。徳光は、出産を終えたギャル曽根に綺麗になったと話した。

キーワード
うつ病
間接リウマチ
C型肝炎
ADHD

関節リウマチ (バラエティ/情報)
16:03~

番組ホームページでは、お住まいの地域で関節リウマチの検査ができる病院が検索できる。ホームページをご利用出来ない人は、「これって病気ですか?」病院検索コールセンター(0570-666-747)まで、あすまでオペレーターがお近くの病院を検索する。

うつ病には痛みが!実は脳に原因が!?

ギャル曾根らが、骨が破壊される病気を予想。糖尿病や骨粗しょう症などの意見があがったが、今回は自由が丘整形外科の天本先生、戸田リウマチ科クリニックの戸田院長、茅ヶ崎東海岸クリニック・鈴木院長らが関節リウマチについて解説する。

関節リウマチのメカニズムや症状を紹介。男女別の割合では4対1で、圧倒的に女性が多い。鈴木院長は女性ホルモンや免疫の異常が関連していると話した。

東京在住の小宮山さんは、出産をきっかけに関節リウマチになった。その後、症状は進行し、人工関節を入れ、料理も家族の協力を得ながら励んでいる。

戸田先生は、関節リウマチは変形性関節症と間違われやすいため、初期に見極めることが大切だと話した。

キーワード
関節リウマチ
早期発見!名医がチェック ホームページ
糖尿病
骨粗しょう症
免疫
女性ホルモン
変形性関節症

うつ病 (バラエティ/情報)
16:18~

番組ホームページでは、お住まいの地域でうつ病の検査ができる病院が検索できる。ホームページをご利用出来ない人は、「これって病気ですか?」病院検索コールセンター(0570-666-747)まで、あすまでオペレーターがお近くの病院を検索する。

知らぬ間に進行するウイルス肝炎!

東京女子医科大学病院・坂元先生、上尾の森診療所・佐藤先生、アルバ・メンタルクリニック・海老澤先生が、うつ病について解説する。

坂元先生は、うつ病になりやすい人は強い弱いは関係ないと話し、佐藤先生によると日本では10人に1人がうつ病を発症するという。

うつ病の脳の内部を解説。神経伝達物質の働きに問題があるとされ、重荷セロトニン・ノルアドレナリン・ドーパミンが関係しているとされる。

坂元先生は、うつ病は何かストレスが関連しており、神経伝達物質のバランスが崩れ、脳の機能が低下してしまうと話した。また、研究が進められているが、解明されればノーベル賞は確実だという。

うつ病のチェックリストを紹介。野々村真は該当項目が、5つもあったと話した。海老澤先生も過食もうつ病の症状であり、過去にそのような患者さんもいたと話した。

うつ病には痛みもある。うつ病の症状には身体のだるさの他、肩こりや頭痛、など様々な症状がある。ある患者さんは転職をきっかけに、プレッシャーを感じ、手が震えたり、平衡感覚がなくなるまでに症状が進行した。診断から一年後にはもとの会社に復職した。

坂元先生は、痛みが伴うからといってうつ病ではないとし、仮説としてはセロトリンやノルアドレナリンの低下が痛みの原因とされると話した。

萩原流行は、22年前から妻・まゆ美さんとともにうつ病と戦っている。2009年には「Wうつ」を出版した。萩原さんは人に会いたくないなどの症状があったころもあり、現在は夫婦支え合って生活している。坂元先生は、なるべく規則正しい生活をするようアドバイスした。

キーワード
早期発見!名医がチェック ホームページ
うつ病
セロトニン
ノルアドレナリン
ドーパミン
ノーベル賞
セロトリン
Wうつ

肝炎 (バラエティ/情報)
16:37~

番組ホームページでは、お住まいの地域でウイルス肝炎の検査ができる病院が検索できる。ホームページをご利用出来ない人は、「これって病気ですか?」病院検索コールセンター(0570-666-747)まで、あすまでオペレーターがお近くの病院を検索する。

大阪府済生会吹田病院・岡上先生、虎の門病院病院・鈴木先生、東京大学医学部附属病院・四柳先生らがC型肝炎を解説する。

肝臓ガンの原因の80%がウイルス感染とされ、年間3万人が肝臓ガンで死亡している。B型ウイルス肝炎は母子感染とされていたが、ワクチンで予防されつつある。肝臓ガンの原因の65%がC型肝炎とされる。

岡上先生は、B型肝炎は慢性化の率が非常に低いが、C型肝炎は7割が慢性化すると話した。会社員の田村さんは献血で、軽度のC型肝炎であることが判明した。以前は注射器の使い回しでの感染が問題となったが、1988年以降は注射による感染予防には成功した。

鈴木先生は、C型肝炎は妊婦検診や人間ドッグで判明することが多いと話した。四柳先生は、インターフェロンに加えて3種類ほどの薬で治療を行うと話した。

五十川真さんは、29歳でC型肝炎が発覚した。その後、無事長女を出産したが、39歳でインターフェロンによる治療を開始した。娘や夫が、支えてくれ、3年後に完治したという。鈴木先生は、医師との相談のもと、治療を受けることが大事であり、ウイルスマーカー検査などが行われていると話した。

埼玉県内29店舗のローソンでは、埼玉医科大学の協力のもと、無料で肝炎ウイルス検査の申し込みができる。

キーワード
早期発見!名医がチェック ホームページ
ウイルス肝炎
大阪府済生会吹田病院
C型肝炎
肝臓ガン
B型ウイルス肝炎
B型肝炎
インターフェロン
ウイルスマーカー検査
埼玉医科大学
ローソン

ADHD (バラエティ/情報)
16:52~

日本発達障害ネットワーク理事長、錦糸町クボタクリニックの市川先生、日本医科大学ジ准教授、あいクリニック神田の齋藤先生、昭和大学附属鳥山病院の加藤院長らがADHDを解説する。

加藤院長は、ADHDは親の躾などは関係なく、うまれつきの脳の機能障害だとした。広野さんは、30歳の時、ADHDであることが発覚した。広野さんは昔から片付けが苦手だったが、不注意で家事も回らないことも多くあった。広野さんはADHDが原因でうつ病になった。結婚11年後には離婚に至った。

ADHDの脳の機能障害を説明。ニューロンで情報伝達が行われ、シナプスと次のニューロンを取り持つ神経伝達物質が適切に働いていない。脳内でドーパミンが不足してしまう。

広野さんは2人の娘と工夫をしながら生活をしている。娘は母が忘れてしまうため、メモ用紙を貼るなどして手伝っている。広野さんは現在、大阪府若者サポートステーションでADHD当事者の立場から相談者をサポートしている。

成人期のADHD症状チェックでは、野々村がいくつか項目に当てはまった。

キーワード
日本発達障害ネットワーク
ADHD
うつ病
ニューロン
シナプス
ドーパミン
大阪府若者サポートステーション

ADHD (バラエティ/情報)
17:10~

番組ホームページでは、お住まいの地域で成人期のADHDの検査ができる病院が検索できる。ホームページをご利用出来ない人は、「これって病気ですか?」病院検索コールセンター(0570-666-747)まで、あすまでオペレーターがお近くの病院を検索する。

昭和大学附属烏山病院・加藤院長のADHDへの取り組みを取材。この日は、ADHDと診断された人4人が集まった。中には、会議に集中できないことや通販で買い物をし過ぎてしまうという人もみられた

市川先生は、ADHDの治療法もいくつかできて入るため、治療して積極的な人生を送ってる人もいると話した。

キーワード
早期発見!名医がチェック ホームページ
ADHD

エンディング (その他)
17:13~

ギャル曽根は、検査に行ってみようと思うと話し、野々村真は、周りのサポートの重要性を学んだと話した。

スポット

スクール/教育

日本医科大学

美容/健康/医療

自由が丘整形外科
戸田リウマチ科クリニック
東京大学医学部附属病院
昭和大学附属烏山病院
錦糸町クボタクリニック
東京女子医科大学病院
上尾の森診療所
あいクリニック神田
茅ヶ崎東海岸クリニック
アルバ・メンタルクリニック
虎の門病院
  1. 前回の放送
  2. 11月17日 放送