マゼランの魂 2012年9月16日放送回

放送日 2012年9月16日(日) 16:00~17:15
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
16:00~

オープニング映像。

「ジャルダン・デ・フルール」という花を置いていない花屋を紹介。お客様の目的やニーズを聞いた上で花を仕入れるという。リピーターが多いとお店の成田さんが話した。

古民家を改装し、お茶を飲みながら着物を選べる「花想容」という呉服店を紹介。敷居が高いフンイキの呉服屋だが、カフェでくつろいでもらおうというコンセプトになっている。

資生堂の挑戦 (バラエティ/情報)
16:05~

2012年7月にホテルパシフィックLE DAIBNAで行われた「資生堂 グローバル ビューティーコンサルタント2012 世界大会」の様子。ビューティーコンサルタントとは、一人ひとりに合った最適な商品を選び正しい使い方・商品の価値を伝えるという役割のことで、大会は4年に一度開かれている。中でも審査員の西島悦さんは世界に4人しかいないという、資生堂トップビューティースペシャリストの1人。

トップビューティースペシャリストの西島悦は女性の笑顔を引き出すのが化粧であり、持っている者の中でより美しさを整えることだと語った。西島さんは若いアーティストにもその技術を伝えていて、この日も講習会を行った。

キーワード
資生堂 グローバル ビューティーコンサルタント2012 世界大会
ビューティーコンサルタント
資生堂

資生堂の挑戦 (バラエティ/情報)
16:14~

資生堂のビューティーコンサルタントの歴史を紹介。1930初頭にミス・シセイドウを募集し、新しい時代の美容法を伝えるために全国を巡回した事が始まりだった。トップビューティースペシャリストの西島さんは、季節を感じる感性もビューティーコンサルタントには大事なことだと話した。

資生堂では「おもてなしの心」を基本に置いている。お客様の手におもてなしの心で触れる場合と無造作に触れる場合で脳を科学的に分析したところ、おもてなしの心で触った方がリラックス効果があることがわかった。

資生堂の歴史を紹介。1872年に福原有信が創業し、洋風調剤薬局としての取り組みを進めながら化粧品の開発も行った。初代社長の福原信三は1915年に本格的に化粧品事業に転換し、シックなパッケージにしたドルックスという化粧品もヒット。1966年には前田美波里らのポスターで健康的な女性像を提案し、時代を先取りしてきた。

塩田真弓が西島悦さんのメイクレッスンを見たことについてトーク。想像以上の説得力だったと話した。ショーンKはメイクのカウンセリングについて、美の提案をする一貫したプロセスなのではと話した。

近年、化粧品の販売はドラッグストアやネット通販が急速に売上を伸ばしている一方、百貨店・専門店などは苦戦を強いられている。

キーワード
資生堂
ビューティーコンサルタント
福原有信
福原信三
ドルックス
前田美波里
西島悦

資生堂の挑戦 (バラエティ/情報)
16:26~

資生堂は「watashi+」という次世代ビューティーソリューションサービスを構築。ネットを使ったビューティーコンサルタントのカウンセリングを受け、さらに最寄りの店舗や商品の紹介を受けることが出来る。他にも24時間利用できるビューティーチェックやメイクのシミュレーションもある。エルメ・ド・ボーテ銀座店など、店舗の活性化にも役だっている。

SHISEIDO THE GINZAにある「Mirai Mirror」という最先端の技術を使った鏡を紹介。化粧のシミュレーションをその場ですることができる。

SHISEIDO THE GINZAでは美に関する様々な空間がある。高度な教育を受けたスペシャリストによる有料カウンセリングも受けることができる。

資生堂ビューティーコンサルタント世界大会の結果をこのあと紹介する。

キーワード
watashi+
資生堂
Mirai Mirror
資生堂ビューティーコンサルタント世界大会

資生堂の挑戦 (バラエティ/情報)
16:36~

資生堂ビューティーコンサルタント世界大会2012のグランプリ発表の様子。末川久幸社長は、去年の震災でもメイクの人の気持ちを明るくする力を感じたと話した。

SHISEIDO THE GINZAにある「Mirai Mirror」について、時間短縮にもなって良いと思うと塩田真弓が話した。さらにショーンKは資生堂の取り組みについて、売るという体制を全方位で取っておかなくてないけないと感じたと話した。

キーワード
資生堂ビューティーコンサルタント世界大会
震災
資生堂
Mirai Mirror

リコーの挑戦 (バラエティ/情報)
16:40~

リコーの近藤社長は企業活動そのものがグローバル化し巨大企業と競合しなければならないと話し、時代の変化を読み取ることが大事だとした。

次に紹介する企業の活動について、あらゆる選択肢を処方するという形だとショーンKが話した。

コピー機世界最大手「リコー」の、コピー機に関する問い合わせコールセンターの様子を紹介。男性エンジニアが対応していて、更に他の部屋ではお客様よりも先にコピー機のトラブルを察知するというシステムがあった。

ANAエアフレームテクニクスでは「MDS」マネージメント・ドキュメント・サービスという、プリンターなどの使用状況を調べ機器の最適な配置・運用・管理、継続的な改善によって、無駄を削減し更には社員の意識の向上にも成功した。

リコーは新しい挑戦を常に続けている。伊勢丹新宿店では超小型プロジェクターで映像を店内に映し、テレビ会議システムというものも意外なところで利用されている。

キーワード
リコー
ANAエアフレームテクニクス
MDS
テレビ会議システム

リコーの挑戦 (バラエティ/情報)
16:52~

岡谷エレクトロニクスではテレビ会議システムを利用して会議を行なっている。リコーのテレビ会議システムは持ち運びが可能でカメラも自由に使うことが出来る。

「グリーン購入ネットワーク」という環境に関する企業でも、テレビ会議システムを使って地方の連携先で会議に参加できるようにしている。環境負荷削減にも繋がっている。

人気の飲食店「ballo ballo 横浜店」では、リコーのテレビ会議システムを使って仙台の「kawara CAFE&DINNING 仙台店」と連絡を結び、お客さん同士がコミュニケーションを取れるようになっている。

リコーの近藤社長は、マゼランのように新しいところを見つけていくのが開発や事業の面白さだと話した。

ショーンKが複写機における事業について、多岐にわたる処方を売っていかないといけないと話した。

リコーでは杉山大二郎さんを筆頭に営業改革を進めている。

キーワード
岡谷エレクトロニクス
リコー
テレビ会議システム
グリーン購入ネットワーク
マゼラン

リコーの挑戦 (バラエティ/情報)
17:02~

栃木県宇都宮市のリコー支社で、社員にタブレットが配られた。9月中に総計5000台のタブレットを営業マンに配布する予定で、杉山さんはその指導を全国でしている。

タブレットを使った営業の現場を紹介。保険会社のジェイアイシーでの営業では画像や資料をわかりやすく提示し、またピーシーフェーズではタブレットとプロジェクターを組合わせて使っている人もいた。面談率の向上や成約の単価に繋がっている。

キーワード
宇都宮市(栃木)
リコー
ジェイアイシー
ピーシーフェーズ

リコーの挑戦 (バラエティ/情報)
17:07~

リコーではタブレットを利用した営業を進めている。近藤社長はコア事業が半分、サービスの事業がを半分くらいにしたいと話した。

デジタル情報の普及で営業が高度化しているとショーンKが話し、提案力や処方のクオリティを上げていかなければいけないと話した。

キーワード
リコー

エンディング (その他)
17:13~

花を置いていない花屋「ジャルダン・デ・フルール」から、塩田真弓に花束がプレゼントされた。

  1. 前回の放送
  2. 9月16日 放送
  3. 次回の放送