主治医が見つかる診療所 【目のお悩み解消!老眼ストップ&ドライアイ対策】

『主治医が見つかる診療所』(しゅじいがみつかるしんりょうじょ)は、2006年4月10日から2008年9月22日までテレビ東京系列で放送され、その後2012年4月23日から同局系列で放送されている医療番組。開始当初は毎週月曜20:00 - 20:54(JST)の放送だったが、2006年10月2日からは毎週月曜19:00 - 19:54に枠移動した。その後、2012年からは再び月曜20時台で放送されていたが、2017年10月19日から毎週木曜19:58 - 20:54に枠移動した。2005年に3回単独放送された後レギュラー化された。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年3月2日(土) 11:00~11:55
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
11:00~

オープニング映像。老眼からドライアイまで目の悩み徹底解消スペシャル。ゲスト3人の目を最新機器で徹底チェックした。

キーワード
老眼
ドライアイ

目の悩み 徹底解消スペシャル (バラエティ/情報)
11:01~

目の病気には失明の危険があるにも関わらず、自覚症状がないものもある。アイドックは、最新の医療機器を使った約2時間の検査で、目の病気を早期発見。東京・原宿にあるアイクリニック表参道で、沢田亜矢子らゲスト3人がアイドックを受けた。検査は全部で12項目。

見える範囲が狭くなっていき、放っておくと失明の恐れもある緑内障。初期段階では症状がほとんどないことも多く、40歳以上の約5%が緑内障を発症している疑いがあるという。緑内障の早期発見に役立つ特徴は、眼球が硬くなること。緑内障には眼圧がかかり、眼球が硬くなるタイプがある。検査では、目に直接空気を当てて眼球の硬さを測定する。眼圧の測定の他、視神経や視野など、いくつかの検査を総合して緑内障の判定をする。緑内障検査の結果、3人とも問題はなかった。

自宅でできる緑内障チェック。数字が大きめのカレンダーを用意し、カレンダーの中心が目の高さにくるよう調節したら、視界全体にカレンダーが入るくらいの距離に離れる。片目をしっかり塞ぎ、中心付近の数字を見つめ、視界に入っている全ての数字が分かれば問題なし。一部が見えなかった場合は、視野が欠けている疑いがある。中心の数字から視線をずらさないこと、必ず片目ずつ行うことがポイント。

目以外の病気も発見できる最新検査。薬で瞳孔を開いた状態で三次元眼底解析装置を使い、目の奥を調べる。眼底検査の結果、ゲスト3人とも問題なかった。

最近近い物が見えなくなってきたという沢田亜矢子。本や台本を読む時は老眼鏡を使っているという。高田延彦は、「目の不具合でストレスが溜まるどうもしっくり来ない」と述べ、東貴博は「目に問題ないと思う」などと自信を見せた。

糖尿病網膜症を起こした状態の眼底の画像を紹介。赤い斑点は血管から漏れた出血で、黄色い斑点はタンパク質や脂肪が血管から漏れている部分。糖尿病が原因で、血管が弱くなっていることが分かる。丁宗鐵医師は、「現代の東洋医学では目の情報を非常に大事にする。内蔵の血管を直接見られるのは目だけ」と話した。

アイドックでの老眼のチェック方法。近点検査表を使い、近くのものがどの程度見えているかを調べる。また、近づいてくる気球にピントを合わせ続ける調節機能検査では、ピントを合わせるための筋肉がしっかり働いているかを調べる。老眼検査の結果、ゲスト3人全員が老眼だった。

自宅で簡単にできる老眼チェック。腕を大きく伸ばして人差し指を立て、ピントを合わせる。人差し指をゆっくり近づけていき、指がぼやけたり二重に見えたらストップ。目から指が30cm以上離れていたら、老眼の可能性が高い。

アイドッグでドライアイをチェック。涙を吸収すると色が変わる専用の糸で、涙の量を測定する。糸の変色部分の長さが10mm以下だと、ドライアイの疑いがある。またBUT検査では、目に特殊な薬をつけて青い光を当て、傷や涙がどれくらいで乾くかを調べる。

アイドッグでのドライアイ検査の結果、沢田亜矢子と高田延彦がドライアイであることがわかった。

アイドッグでのドライアイ検査で、ドライアイと診断された沢田亜矢子と高田延彦。川島素子医師によると、ドライアイの潜在患者は2000万人に及ぶという。目を10秒間開けていられるか、まばたきするとドライアイの疑いがある。年齢とともに涙の量は自然と減っていくため、目が乾くなどのいくつかの原因が重なってドライアイになる。ドライアイを放っておくと、角膜が炎症を起こしたり視力が低下したりする危険性がある。涙の量が少なくなった人は、意識的にまばたきをして涙を出すことが大切。

これまで高齢者に多いとされてきたドライアイだが、最近では若い世代にもドライアイの患者が増えているという。原因とされているのが、パソコンやスマートフォン。慶應義塾大学の坪田一男教授らが行った研究によると、パソコンやスマートフォンの画面を見ている時と見ていない時のまばたきの回数を比較したところ、画面を見ている時はまたばきの回数が3分の1以下にまで減少したという。スマホやパソコンを頻繁に使う人は、目を休ませることが重要。画面を2時間見た場合、必ず10分間休憩することが大切。

涙の量だけでなく、涙の質にもドライアイの原因がある。まぶたのふちにあるマイボーム腺が脂分を分泌し、その脂分が涙を覆って蒸発を防ぐが、マイボーム腺の出口の穴が詰まり十分な脂分が出なくなると、涙が蒸発してドライアイになる。

目を温めることでドライアイの予防になる。温めるアイマスクなどで脂分を溶かしたり、湯船に使って体を温め血行を良くすると、マイボーム腺に詰まった脂分が溶けて流れやすくなる。

最新の研究で判明した、まつ毛ダニが原因のドライアイ。まつ毛ダニはまつげの毛根にすみつくダニで、皮脂がたくさんある場所を好むため、そこで増殖すると炎症を起こす。顔を洗えば増殖を防げるという。まつ毛ダニはアイラインが落としきれていなかったり、洗顔ができていない人に多い。

外部からの情報の80%以上は目から入る。そのため、中山久徳医師によると、目の健康が損なわれると認知症になりやすくなるという。また姫野友美医師は、「疲れ目は自律神経失調症を引き起こす。疲れ目は侮れない」などと話した。

ドライアイの予防 期待できる涙ツボ

次回の「主治医が見つかる診療所」の番組宣伝テロップ。

次回の「主治医が見つかる診療所」の番組宣伝。

キーワード
緑内障
加齢黄斑変性
白内障
老眼
ドライアイ
原宿(東京)
アイクリニック表参道
久喜かわしま眼科
安めぐみ
糖尿病網膜症
BUT検査
慶應義塾大学
坪田一男教授
パソコン
スマートフォン
マイボーム腺
まつ毛ダニ
認知症
自律神経失調症

目の悩み 徹底解消スペシャル (バラエティ/情報)
11:19~

自宅で簡単にできる老眼チェック。腕を大きく伸ばして人差し指を立て、ピントを合わせる。人差し指をゆっくり近づけていき、指がぼやけたり二重に見えたらストップ。目から指が30cm以上離れていたら、老眼の可能性が高い。

アイドックでドライアイをチェック。涙を吸収すると色が変わる専用の糸で、涙の量を測定する。糸の変色部分の長さが10mm以下だと、ドライアイの疑いがある。またBUT検査では、目に特殊な薬をつけて青い光を当て、傷や涙がどれくらいで乾くかを調べる。

アイドックでのドライアイ検査の結果、沢田亜矢子と高田延彦がドライアイであることがわかった。

外部からの情報の80%以上は目から入る。そのため、中山久徳医師によると、目の健康が損なわれると認知症になりやすくなるという。また姫野友美医師は、「疲れ目は自律神経失調症を引き起こす。疲れ目は侮れない」などと話した。

ドライアイの予防 期待できる涙ツボ

アイドックでのドライアイ検査で、ドライアイと診断された沢田亜矢子と高田延彦。川島素子医師によると、ドライアイの潜在患者は2000万人に及ぶという。目を10秒間開けていられるか、まばたきするとドライアイの疑いがある。年齢とともに涙の量は自然と減っていくため、目が乾くなどのいくつかの原因が重なってドライアイになる。ドライアイを放っておくと、角膜が炎症を起こしたり視力が低下したりする危険性がある。涙の量が少なくなった人は、意識的にまばたきをして涙を出すことが大切。

これまで高齢者に多いとされてきたドライアイだが、最近では若い世代にもドライアイの患者が増えているという。原因とされているのが、パソコンやスマートフォン。慶應義塾大学の坪田一男教授らが行った研究によると、パソコンやスマートフォンの画面を見ている時と見ていない時のまばたきの回数を比較したところ、画面を見ている時はまたばきの回数が3分の1以下にまで減少したという。スマホやパソコンを頻繁に使う人は、目を休ませることが重要。画面を2時間見た場合、必ず10分間休憩することが大切。

涙の量だけでなく、涙の質にもドライアイの原因がある。まぶたのふちにあるマイボーム腺が脂分を分泌し、その脂分が涙を覆って蒸発を防ぐが、マイボーム腺の出口の穴が詰まり十分な脂分が出なくなると、涙が蒸発してドライアイになる。

目を温めることでドライアイの予防になる。温めるアイマスクなどで脂分を溶かしたり、湯船に浸かって体を温め血行を良くすると、マイボーム腺に詰まった脂分が溶けて流れやすくなる。

最新の研究で判明した、まつ毛ダニが原因のドライアイ。まつ毛ダニはまつげの毛根にすみつくダニで、皮脂がたくさんある場所を好むため、そこで増殖すると炎症を起こす。顔を洗えば増殖を防げるという。まつ毛ダニはアイラインが落としきれていなかったり、洗顔ができていない人に多い。

次回の「主治医が見つかる診療所」の番組宣伝テロップ。

「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」の番組宣伝テロップ。

次回の「主治医が見つかる診療所」の番組宣伝。

キーワード
老眼
ドライアイ
BUT検査
認知症
自律神経失調症
慶應義塾大学
坪田一男教授
パソコン
スマートフォン
マイボーム腺
まつ毛ダニ

目の悩み 徹底解消スペシャル (バラエティ/情報)
11:34~

丁宗鐵医師が、ドライアイの予防が期待できる涙ツボを紹介。目の真下で頬のくぼみ部分にある四白というツボを押すと、ドライアイに効果があるという。四白を1秒おきに10~20回、目が疲れたと感じた時に押すと効果的。

平松類医師によると、老眼の進行を遅らせる3か条があるという。その3か条を教わるため、沢田亜矢子が二本松眼科病院を訪れた。1か条目は目を温めること。約40℃のタオルなどで5分程度目を温めれば、目の疲れや慢性頭痛、肩こりの改善効果が期待できるという。2か条目が人差し指トレーニング。人差し指を目から30cmほど話して立て、人差し指にピントを合わせる。次に2m以上離れた物にピントを合わせる。これを毎日10回程度繰り返すだけ。遠くと近くを交互に見ることで、ピントを合わせる筋肉を動かすことができる。3か条目は、ガボールパッチを使うこと。

次回の「主治医が見つかる診療所」の番組宣伝テロップ。

キーワード
四白
ドライアイ
老眼
二本松眼科病院
江戸川区(東京)

目の悩み 徹底解消スペシャル (バラエティ/情報)
11:41~

平松類医師によると、老眼の進行を遅らせる3か条があるという。3か条目は、ガボールパッチで脳を鍛えること。今まで、視力を回復させるには目の部分を鍛えることが唯一の方法と考えられてきたが、最新研究により目から情報を受け取る脳を鍛えることでも、視力が回復する可能性があると分かってきたという。カンザス大学の研究によると、ガボールパッチ・トレーニングを40~50代の男女18人に1回30分、週に2~3回、合計30回行ったところ、近見視力が平均で0.3アップしたという。

上山博康医師は、「ボケている映像を脳が作ろうとして、処理能力が良くなるから相対的に視力も良くなるのでは」などと話した。秋津壽男医師は、「我々はちゃんと焦点を合わさずに生きている。普段から意識してピントを合わす努力をしていることが大切。ウォーリーをさがせ!がオススメ」などと述べた。スタジオで、人差し指トレーニングを実践した。

沢田亜矢子が、老眼ストップの最新極意3か条を1ヶ月間実践。すると、驚きの結果が出た。

次回の「主治医が見つかる診療所」の番組宣伝テロップ。

キーワード
老眼
ガボールパッチ
カンザス大学
ウォーリーをさがせ!

目の悩み 徹底解消スペシャル (バラエティ/情報)
11:49~

沢田亜矢子が、老眼ストップの最新極意3か条を1ヶ月間実践。近見視力を検査したところ、実践前の0.6から、実践後は1.0に改善していた。平松類医師いわく、2か月程度続ければ多くの人に変化が見られるという。

「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」の番組宣伝テロップ。

次回の「主治医が見つかる診療所」の番組宣伝テロップ。

来週の「千原ジュニアのタクシー乗り継ぎ旅」の予告テロップ。

エンディングテーマ:「失恋ピエロ」/純烈

キーワード
老眼
失恋ピエロ
純烈

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 3月2日 放送
  3. 次回の放送