マネーの羅針盤 [終]

『マネーの羅針盤』(マネーのらしんばん)は、テレビ東京系列で2012年4月7日から2016年3月26日まで放送されていた報道番組である。第一商品の一社提供。

出典:goo Wikipedia

放送日 2016年3月26日(土) 12:05~12:30
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
12:05~

オープニング映像。

マネーの羅針盤の公式Facebookテロップ。

司会の蟹瀬誠一、秋元才加が挨拶し今日が最終回であることを伝えた。

キーワード
マネーの羅針盤公式facebook

マーケット最新情報 (ニュース)
12:05~

NYマーケットの最新情報。今週は海外のテロもあり投資家のリスク回避の動きからダウは週間ベースで86ドルの下落。アメリカの10-12月期のGDPは前期比1.4%アップ、個人消費2.4%アップ。アメリカではイースターで週末過去最高の支出が見込まれている。

世界の株式や為替、日本の日経平均の動きを伝えた。

キーワード
ダウ平均株価
イースター
GDP
アメリカ
シカゴコーン
東京金
NY金
NY原油
上海総合
NYダウ
日経平均
FTSE

きょうの特集 (ニュース)
12:08~

政策研究大学院大学教授の大田弘子をゲストに向かえた。アベノミクスが始まり3年余りで日本経済復活への期待が大きくふくらんだが、ここへ来てGDP成長率は再びマイナスに転落。財政赤字は増え続けさらにマイナス金利導入への不安も広がっている。そこで番組でお馴染みの専門家に日本経済への提言を聞いた。

キーワード
アベノミクス
GDP

きょうの特集 (ニュース)
12:11~

日本経済への提言を専門家に聞いた。柯隆は「ビジョンとリーダーシップが日本経済の明日を決める」、藤戸則弘は「原点回帰」、政井貴子は「得意科目を作ろう」など提言した。中島厚志は「働く意識」、尾河眞樹は「厚み」、加藤出は「新陳代謝」など提言した。

ゲスト・大田弘子の日本経済への提言は「覚悟」。必要なのは労働市場改革で、廃業率と開業率は海外に比べ日本は低いので、転業・廃業の支援をしていくことがポイントだと話した。

スウェーデンでは積極的雇用政策が行われている。転職支援や、成長産業に移らせるための雇用助成金などが充実している。

出演者の日本の羅針盤。

キーワード
GDP
NISA
スウェーデン
積極的雇用政策

エンディング (その他)
12:24~

この番組は4年間放送された。最後に出演者たちが「長期的な視点」「ふりかえれば未来」「希望」など日本経済への提言を話した。

マネーの羅針盤の公式Facebookテロップ。

キーワード
マネーの羅針盤公式facebook
  1. 前回の放送
  2. 3月26日 放送