マネーの羅針盤 スペシャル

『マネーの羅針盤』(マネーのらしんばん)は、テレビ東京系列で2012年4月7日から2016年3月26日まで放送されていた報道番組である。第一商品の一社提供。

出典:goo Wikipedia

放送日 2015年12月26日(土) 11:30~12:20
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
11:30~

秋元が、東京・江東区にある「パナソニックセンター東京」を訪れ、様々な人工知能を体験する。これは2030年 近未来の住宅をイメージした臨時施設となっている。宅配ボックスに何が届けられているかや、冷蔵庫にある野菜と組み合わせたメニューが紹介されるが、これが高度な人工知能が暮らしをサポートするものとなっている。体調や気分を表示する鏡や、メークの流ればど教える。担当スタッフが、「チアくない未来に私達の暮らしに入っているのではないでしょうか」?tコメント

今日の見どころをダイジェストで紹介。ここで秋元が人工知能を体験する。

オープニング映像。

キーワード
江東区(東京)

きょうの特集 (バラエティ/情報)
11:36~

スタジオ挨拶。今日は、日本の人工知能が世界を変える!?をテーマにすると発表。隣のスタジオから秋元がロボットを使って、写真撮影をした。またロボットについて川崎重工業の天澤誠二氏を迎え説明。特徴は2本の腕をもち人の作業が置き換えられるよう作られていると説明。また動きの特徴も様々ある事が紹介された。

人工知能についてVTR紹介。映画「アイ,ロボット 」では、未来の地球が高度に発達した人工知能であらゆるものを管理できる人間を超えた処理能力を持っている。ここでアメリカの番組「IBM Watson(ワトソン)」では2015年現在で、Wikipediaの全情報を活用可能。言語を理解し会話形式の質問に対応できると説明。

秋元は神奈川・川崎市中原区にあるNEC玉川事業所を訪れた。早速、繁田聡子さんと挨拶をしパソコンも人工知能技術のひとつと紹介された。通常、人工知能と言うと会話ができるロボットを想像するが、目でどんなものであるか認識する機能や、顔認証技術では特定の人物を認知し見分ける事も人口知能と呼ばれると説明。また実験で、秋元の顔写真を撮影、それをパソコンに取り込み防犯カメラ映像から秋元の顔が確認されると、四角い緑枠で表示される事が伝えられた。これはリアルタイムの解析も紹介された。

ここで実験。秋元が大きく表情を変えても人工知能は識出来るか?大きく表情を変えても認識される事が明かされた。今後、これらの人工知能はマーケティングやセキュリティー、高齢者見守りサービスなどへ活用される。

日本の「人工知能」について、最も世界に誇るのが産業用ロボットである。最先端、人工知能を研究する東大発ベンチャーが東京・文京区にあるプリファード・ネットワークスである。代表取締役 西川徹さんは「グーグルの次になることは出来るのではないかと思います」と語った。現在、自律運転を自ら学習するロボットカー「ディープラーニング」が紹介。これはロボットが失敗と成功を繰りかえし、その経験から自ら学んでいくと説明。

産業用ロボットの特徴が紹介。箱の中にランダムに入った部品をピックアップ、別箱への移動が出来るもで成功確率は約60%と伝えられた。ディープラーニング8時間後で実験すると成功確率が約90%になった。西川氏は「ちゃんとつかめるのかというのを機械が同時に学習し完成される」と説明。また従来、熟練プログラマーが3日間程度、プログラムを組み調整しているがディープラーニングだとロボット自身が8時間学習できると説明した。最後、西川氏は「ティーチング(調整作業)を限りなくゼロにする事が出来る」と発表。

千葉・千葉市美浜区にあるコマツレンタル 美浜機械センターで「人工知能」の一部を紹介。建設業界の油圧ショベルもロケット化されている。コマツレンタルの高橋義孝さんは「機械に設計データが全部入っていて、セミオートボタンを押すことで設計面を傷つけない作業ができる」と説明。これは油圧ショベルの知能化を高精度3次元設計データに基づき作業操作の自動制御を実現した。コマツレンタル 代表取締役社長 小野寺昭則さんは、「2020年から2025年くらいになると建設業の労働者というものがドーンと減っていきます。そういう意味で自動化というより省人化が必要になる」と語った。またドローンによる高精度測量も行われ、測量間隔20メートルから数センチに向上させた。

スタジオに東京大学 特任教授 松尾豊氏と経済産業研究所 理事長 中島厚志氏を迎えトーク。早速、日本の人工知能ポイントについてトーク。松尾氏は「日本はシリコンバレーに勝てる」、中島氏は「ソフト投資がカギ」と発表した。松尾氏は未来のロボットの人工知能についてアメリカは情報や言語で、日本は認知、運動に力を入れているがアメリカはインターネットのデータ処理がメインとなっている。また中島氏も「日本はものづくりの国だったが現代は、ソフトがメインになってしまった。」と語った。

ここで滝井アナが「インダストリー4.0」を説明。これは人工知能を世界と繋ぎ、自ら考える工場と判断しスピーディーに効率を考えた動きにもっていくと説明。今後について日本は産業用ロボットだけでなくマーケットだけでなく他にも考えられると語った。

イギリスのオックスフォード大学で調査した結果を紹介。それは人工知能が進むと仕事がなくなると感じる業種が発表。代わられにくい仕事は「最前線の機械」、建設 修理監督者、「医者」、「小学校教員」、「人事責任者」、「メークアップ・アーティスト」。また代わられやすい仕事とし、「電話勧誘員」、オペレーター、「保険業者」、「スポーツの審判」、「運転手」、「レストラン調理人」、「一般事務員」があげられた。

“ロボット画伯”似顔絵の出来は?

秋元が、川崎重工業の天澤氏に似顔絵の進捗を確認、早速できあがったとの事でスタジオ移動に入った。

キーワード
人工知能
川崎重工業
アイ,ロボット
IBM Watson(ワトソン)
NEC
川崎市(神奈川)
文京区(東京)
ディープラーニング
千葉市(千葉)
ドローン
東京大学
経済産業研究所
インダストリー4.0
イギリス
オックスフォード大学

きょうの特集 (バラエティ/情報)
12:00~

ロボットが書いた似顔絵が披露された。また書いている時の映像では片手で名前など字を書き片手で似顔絵のイラストを書いている様子が紹介された。

マーケット最新情報 (ニュース)
12:01~

NY最新マーケット情報の最新が伝えられた。

蟹瀬が、マーケットを振り返るともう少しのような気がするとコメント。田中氏も「今年も残り4日ですがマイナスのまま終えると金融危機のあった2008年以降は初めてとなる」と語った。

今後のNY株についてトーク。来年に向け、バロンズ発表でも素材価格の急落など三要素が潜在リスクとしてあげられる。また来年度予想で「S&P500」の1-3月期は+2.5%、4-6月期は3.9%と発表しているが、エネルギー増益率は1-3月期 マイナス41.5%、4-6月期は24.3%と伝えた。

世界のマーケット情報が伝えられた。

来年のマーケットについて、ゲストに大和証券 塩村賢史さん、為替で新生銀行 政井貴子さん、商品でマーケット・リスク・アドバイザリー 新村直弘さんを迎えトーク。最初に今年の株式について塩村氏は「相対優位」と題し、他国と比べ良かったと説明。ここで新村氏は「商品価格は下がっているのに株価が強いのはなんで?と質問。塩村氏は「企業収益でも日本は相対的に優位です。」と回答。為替について新生銀行 政井氏は「狭かった!」と表現。昨年2014年のドル/円は高値121円85銭 安値が100円87銭で21円以上の価格幅があったが今年は、10日以内の幅 10円程度の幅で推移する事が多かったと説明。狭さについて、黒田プットがあれば問題なかあったと説明。そして商品 マーケット・リスク・アドバイザリー 新村氏は「乱」と題し、WTI原油が一時は61.43円とあがったものの12月は34.73と幅が出来てしまった。また今年は生産調整が起きるはずだったが、そうならなかったのが原因、その理由はアメリカの悪天候から利上げの先送りとなってしまったと説明。

来年の予想についてトーク。株式 塩村氏は、「上値が22000円と予想、企業業績は約5%増益を予想、自社株買いが活発になるだろうと思い予想した。」と説明。ここで政井氏は、「低金利なら…株式市場は志向されやすいと語った。新村氏は「リスクの話が出てれば情報もあるだろう。これはリスクの時期予想は不可能だと思います」と語った。

2016年 為替 政井氏の大胆予想は最大128円の円安、118円の円高と発表。前半が円安になる傾向について「来年、1-3月に日本固有のイベントが集中している。それがマーケットを下支えとなる」語った。新村氏は「そこまでの円安は景気に悪影響が出るのでは?」と質問。政井氏は「だからこし賃上げが重要だと思います。」と述べると、塩村氏は「原油安がショックをマイルドにする」と語った。また、政井氏は後半を円高にした理由について「参議院選挙、アメリカが来年末までにEU離脱を問う国民投票の可能性が考えられる。」と明かした。

最後、来年の商品(原油価格)は?新村氏は、一言で「来年も大変…下は28ドル、上は65ドル」と述べ、年グラフも山谷の繰り返しとなっていた。乱高下の意味について新村氏は「変動性が高いという理解をお願いしたい、平均的に考えてほしい」と説明。

スタジオで2016年に日本経済について中島厚志と松尾豊を迎えトーク。中島氏は、原油安や通貨安…アメリカにとって金利が上がる事になりアメリカと日本のバランスがよくなれば良くなると説明した。

日本の人工知能が世界を変える!?

キーワード
S&P500
大和証券
新生銀行
黒田プット

エンディング (その他)
12:16~

スタジオで「人工知能」についてトーク。松尾氏は「そんなに大きな問題は起きないと思うが、社会全体としロボットや機械が急加速していくと思うのでチャンスを活かしていきたい」と語った。

キーワード
人工知能
  1. 前回の放送
  2. 12月26日 放送
  3. 次回の放送