マネーの羅針盤 2015年11月14日放送回

『マネーの羅針盤』(マネーのらしんばん)は、テレビ東京系列で2012年4月7日から2016年3月26日まで放送されていた報道番組である。第一商品の一社提供。

出典:goo Wikipedia

放送日 2015年11月14日(土) 12:05~12:30
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
12:05~

マンション傾斜問題で杭打ちを担当した旭化成建材が会見を開き、調査済みの2376件の内266件の不正が判明し、50人以上がデータ改ざんに関与していたことを発表した。これにより杭打ちデータ流用は37都道府県に拡大した。横浜マンション建設には他にも三井不動産レジデンシャル・三井住友建設・日立ハイテクノロジーズが関与している。榊敦司さんは表に出てきているのはほんの一部だと語った。

オープニング映像。

キーワード
三井不動産レジデンシャル
三井住友建設
日立ハイテクノロジーズ

ニュース (ニュース)
12:06~

フランス・パリで連続銃撃爆発事件が発生し犠牲者は少なくとも153人と報道されている。オバマ大統領は緊急声明を発表し、我々が共有する普遍的な価値観を狙ったものだと話した。アメリカでは主要地点の警備を強化している。

ダウ 1週間を伝えた。10月小売売上高が0.1%上回るも、市場予想3%を下回った。またコア売上高も市場予想を下回っている。メーシーズ 8-10月期の売上高は前年比の5%減59億円で、CEOはアパレル全般の売上の動きが鈍く外国人観光客の消費も停滞している。16年1月期見通しは1株利益4.20~4.30ドルである。

秋元才加さんは東京に疲れた時は温泉に行ってリフレッシュしているという。温泉がないニューヨークでは、ニーナ・ケニアリーさんが始めた「お母さん代理サービス(1時間40ドル)」が話題となっている。

NYダウ、日経平均、FTSE、上海総合、為替などを伝えた。

キーワード
オバマ大統領
パリ(フランス)
ダウ
メーシーズ
ニーナ・ケニアリー
ニューヨーク(アメリカ)
NYダウ
日経平均
上海総合
為替

きょうの特集 (バラエティ/情報)
12:11~

オラガHSC 牧野知弘さんをゲストに迎え、「なぜ相次ぐ?欠陥マンション問題の核心」に迫る。

マンション欠陥問題は去年から続発しており、三菱地所が販売し鹿島建設が施工した東京・港区のマンションは配管の孔が開いていないことが発覚し、契約が解除され解体し建て直しが行われている。三井不動産が販売し清水建設が施工した川崎市の物件は梁や柱にひび割れが見つかり一部を解体し補強工事を、熊谷組が施工した横浜市の物件は傾いてしまい住民が退去し補強工事を行なっている。全て業界大手の物件で、榊敦司さんはこれは氷山の一角に過ぎないとした。首都圏のマンション契約率は2ヵ月連続の下落となった。

牧野知弘さんは、欠陥マンション問題の背景には”マンション版ガラパゴス”があると話した。工事の完成前にマンション販売を行なうことを”青田売り”と言う。消費者は不動産価値が上がるのを見越して買うためできるだけ早く手に入れたいと、一方売り手は完成までの間にお金が入れば開発に伴うコストを低減できると考えている。しかし、工期と売上が決まるため大きな工事の変化を行なうことができない。またマンション事業は売上高に対する純利益率が低いのも実態。

本来は開発業者が設計者とゼネコンに発注するのだが、日本のマンションの多くの場合は価格を安くするために設計と施工を一括してゼネコンに発注するケースが多い。アメリカでは警察と泥棒と表現し、お互いがチェックできるように必ず分けて発注する。オフィスビルは分けている案件が多いとのこと。

設計と施工を分けて工事を行ない、消費者は建物が完成してから購入を決断するのが1番の改善策だと牧野知弘さんは語った。しかし完成売りは工期が長引き、消費者は上乗せ分も負担しなければならない。7~8年が経つと問題がわかってくるため、中古マンションを買うのもありである。

ブルベア羅針盤 いつまで続く?原油安

キーワード
三菱地所
鹿島建設
三井不動産
熊谷組
港区(東京)
川崎市(神奈川)
横浜市(神奈川)
青田売り

ブルベア羅針盤 (ニュース)
12:21~

「いつまで続く?原油安」について新村直弘さんが解説する。供給過剰の状態が続き、新興国の景気が悪くなったことを受け、原油の価格低迷が続いている。原油価格の急落に合わせて、産油国の財政収支は悪くなっている。イスラム国と戦うためにサウジアラビアは軍事費を維持する必要があり、財政維持には100ドルが必要。非OPECの減産がポイントで、来年の夏頃が目安となる。

”新築信仰”をなくすためには?

キーワード
OPEC
イスラム国

エンディング (その他)
12:26~

15日はG20首脳会議が開かれ、16日には7-9月 GDP速報値が、17日には10月 消費者物価指数が発表される。18日には日銀金融政策決定会合が開かれ、FOMC議事要旨が、19日には10月 貿易統計が発表される。

欠陥マンション問題の背景には、”青田売り”と設計と施工の一体化がある。住宅の税制や住宅ローンの金利などの影響で新築信仰が生まれている。牧野知弘さんは、中古住宅と新築住宅をイコールにし平等に比較できるようになって欲しいと語った。

Facebook「マネーの羅針盤」を検索。

キーワード
G20首脳会議
GDP
消費者物価指数
日銀金融政策決定会合
FOMC
貿易統計
青田売り
住宅ローン
マネーの羅針盤
  1. 前回の放送
  2. 11月14日 放送
  3. 次回の放送