マネーの羅針盤 2015年5月16日放送回

『マネーの羅針盤』(マネーのらしんばん)は、テレビ東京系列で2012年4月7日から2016年3月26日まで放送されていた報道番組である。第一商品の一社提供。

出典:goo Wikipedia

放送日 2015年5月16日(土) 12:05~12:30
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
12:05~

オープニング映像。

秋元才加が、「EdTech」の現場を取材。エドテックは教育とデジタルテクノロジーを融合させ新しいムーブメントをいう。この動きは世界中で起き、オバマ大統領も推進している。アメリカでは昨年、エドテックへ2239億円もの投資が行われた。

蟹瀬誠一らが挨拶。蟹瀬は安全保障関連法案が閣議決定され、これから日本の経済もいろんな方向にいくと思うと話した。

キーワード
エドテック
オバマ大統領

マーケット最新情報 (ニュース)
12:07~

ニューヨークから田中宏明が、アメリカの株式相場などを伝えた。ダウは2ヶ月半ぶりの高値で終了。小売売上高は市場予想を下回り、横ばいになった。またガソリン価格の低迷で一世帯の可処分所得が増えているにも関わらず個人消費に直結していない懸念が台頭している。小売売上高の発表後、アトランタ連銀は4-6月期のGDP成長率予想を0.8から0.7%に引き下げ、JPモルガンも2%に下方修正した。ミシガン大学消費者景況感指数は14年10月依頼の低水準となった。

NYダウ、日経平均、為替などを伝えた。

キーワード
ニューヨーク(アメリカ合衆国)
NYダウ
アトランタ連銀
ミシガン大学消費者景況感指数
日経平均
為替

きょうの特集 (ニュース)
12:11~

プロが教える投資のヒント ブルベア羅針盤

デジタルハリウッド大学大学院の佐藤昌宏をゲストに迎え、世界で急拡大するエドテックを特集する。

マイクロソフト創業者のビル・ゲイツは2010年にエドテックについて、「5年以内に最上の教育はウェブからもたらされるようになる」と述べた。秋元才加は東京・渋谷の株式会社スクーのインターネット生放送「schoo WEB campus」を取材した。生放送は無料で見ることができる。

秋元才加が、スクーのインターネット生放送「schoo WEB campus」を取材。この日は白ヤギコーポレーションのシバタアキラ代表取締役の統計学の授業が行われた。最大のポイントは受講生がリアルタイムで先生に質問できること。スクーへの登録者数は16万人に到達した。

ベネッセホールディングスやUdemyなどもEdTech領域で提携を発表するなど、エドテックに対する機運は高まっている。株式会社スクー・森健志郎さんは、インターネットで学ぶことがこれだけ素晴らしい体験ということを一番大切にしていて、まずはインターネットで勉強していただきたいと話した。

佐藤昌宏氏は、ソーシャルネットワークなどの技術革新が進んでいて、これを背景に、学習者が優良なコンテンツを安価に手にいれることができるようになったのが1つのビジネスチャンスと指摘。また、テクノロジーの普及に伴い、開発環境が安価に開発できるようになり、ベンチャー企業も多くでてきて、これが教育ビジネスの新時代になると語った。

テクノロジーの普及に伴い、大学の講義をだれでもどこでも受けれるようになり、「MOOCs」の利用者の中には、100点を得て、特待生として入学した人もいる。

日本も2020年に向け、小・中学校にコンピュータ、タブレットを1人1台配布することが閣議決定された。佐藤昌宏氏は、イギリスではプログラミングの授業が必修化されており、日本はその部分でも遅れをとっているとコメントした。

佐藤昌宏氏は、テクノロジーが普及し、学校や会社、塾に広がることによって、パソコンやスマートフォンに学習のデータ、ログがたまるようになり、 個々の学習の特性や学びたいものが自動的に解析され、レコメンドできるようになると語った。

佐藤昌宏氏は、「テクノロジーというものは万能ではなく、フェイス・トゥ・フェイスのメリットもあり、テクノロジーのメリットもある。これをいかに組み合わせて効果を出すことができるか、提供側が証明しなければならないと思います」とコメントした。

キーワード
エドテック
マイクロソフト
ビル・ゲイツ
スクー
渋谷(東京)
schoo WEB campus
白ヤギコーポレーション
ベネッセホールディングス
Udemy
MOOCs
ビッグデータ

ブルベア羅針盤 (ニュース)
12:22~

エドテック拡大のためには…

ユーロ圏の経済成長率見通しは、15年は1.5%、16年は前年比で2.1%ということで、ゆくゆくは改善していくという見方がされている。しかし、ユーロ圏のインフレ率は、数値が0に戻っただけで、ユーロが下落する要因もないとは言い切れない。

投資のヒントは「6月末の変動に備えよ」。尾河眞樹氏は、また注目を集めてくるのはギリシャ問題で、リスクはまだなくなったわけではないので、注意が必要ですとコメント。また、ユーロが売られ、円、ドルが上昇するということになるが、円の方がリスク回避で強くなるとみられ、円、ドルでみても円高が強くなるとみられている。

キーワード
ユーロ/円
ユーロ
円高
エドテック

エンディング (その他)
12:26~

来週の予定を発表。18日、3月機械発注。20日、1-3月GDP速報値、米FOMC議事要旨(4月28・29日分)。21日、日銀金融政策決定会合(~22日)。22日、米4月消費者物価。

佐藤昌宏氏は「今までは暗記型、覚えていく形が多かったと思いますが、答えのないことに対応しなければいけないということが大きな問題となってきます。テクノロジーをうまく使い、答えのない問題に取り組むことが重要だと思います」とコメントした。

番組Facebook 「マネーの羅針盤」で検索

キーワード
GDP
FOMC
消費者物価
エドテック
番組Facebook
  1. 前回の放送
  2. 5月16日 放送
  3. 次回の放送