所さんの世界のビックリ村! こんなトコロになぜ?

放送日 2012年8月24日(金) 21:00~22:48
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
21:00~

オープニング映像。

所さんはオープニング映像の村を見て、前回に続きまだビックリ村があるのかと驚いた。

世界のビックリ村! (バラエティ/情報)
21:01~

カメルーン共和国の葉っぱの村を紹介した。まず、首都ヤウンデを出発し、地元女性に案内されパックというもので川を渡った。

熱帯雨林を抜けると、葉っぱの村があった。葉っぱの村には、バカという民が住んでおり、10世帯33人が暮らしている。彼らの身長は平均150センチである。

家は、木と葉でできているが、雨漏りで困ったことはないと住民は話した。また、排煙することで虫もやってこない。

狩りに出かけるときは、罠を仕掛けカモシカの仲間のブルーダイガーを持ち帰った。女性は、バンブーという果物を集める。また、葉っぱの村の民たちは炭を用いハチミツの巣を食べる。

葉っぱの家の作り方を紹介した。また、葉を使い帽子やコップを作っている。また、100種の葉を使い分けし薬としても役だっている。

葉っぱを用い、調理する。また、食事は年長者からであり、それから公平にみんなでいただく。また、生活で使う葉を集めるのは子供たちで刃物の使い方は年上から教わる。

子供たちは週に5日、小学校でフランス語などを学んでいる。村に帰ると葉っぱを使い、文字の練習をしている。

女たちが踊って、ジェンギという森の神を歓迎した。

キーワード
カメルーン共和国
ヤウンデ(カメルーン共和国)
パック
バカ
葉っぱの仮面
葉っぱの髪飾り
葉っぱの腰飾り
マラリア
ブルーダイガー
ジェンギ
蜂蜜の巣

世界のビックリ村! (バラエティ/情報)
21:23~

バカの民は、自身が森の一部であるため住み続けていると話した。

斗鬼正一教授は、ジャングルは緑の砂漠でありバカ族は暮らしていくために葉っぱを使っているとコメントした。また、自然環境の中に目印を探していると続けた。

高田延彦さんが、ミャンマー連邦共和国・ヤンゴンから水に浮かぶ村を目指した。まず、インレー湖へ向かうためニャウンシュエから船に乗り継ぐと、村が見えてきた。

湖上の民・インダー族は道がないため移動はすべて船である。インレー湖には17以上の村があり、みな水上で生活をしている。水上保育園や水上小学校などもある。

キーワード
世界遺産
バカ
ジャー動物保護区
カメルーン共和国
江戸川大学
ミャンマー連邦共和国
インレー湖
インダー族
ニャウンシュエ(ミャンマー連邦共和国)
ヤンゴン(ミャンマー連邦共和国)

世界のビックリ村! (バラエティ/情報)
21:35~

インレー湖の水の上で生活する村は、竹を主に使って家を作っている。高田延彦さんが訪問すると、中は涼しいが踏んだところがきしむので心配だと話した。しかし、村人は落ちた話を聞いたことがないと話した。また、村人は3年毎に作り直すと話した。

食生活は、主に魚である。インダー族の伝統的な漁法の、足で船を操りながら魚をとる。魚以外の食材は、浮き草で畑をつくっているため沈むことがない。インダー族が育てているのは、トマトであり、ミャンマー全体の生産量の半分を占めている。高田延彦さんは、インダー族の料理魚の唐揚げなどをいただいた。

インレー湖には、ほかにパダウン族も出稼のためにやってきた。

インレー湖は電気がほとんどないため、夜は暗いままだが、バッテリーにより電気を使うことが出来る。

キーワード
インレー湖
パダウン族
インダー族
トマト
ミャンマー
魚の唐揚げ
魚とトマトの煮込み料理

世界のビックリ村! (バラエティ/情報)
21:48~

インレー湖の研究者は、ミャンマー南部に暮らしていた民族が争いから逃げるためにインレー湖にやってきたと話した。インダー族は、母なる湖を守るために湖で生活していると話した。

斗鬼正一さんは、水上に適応した農耕民族であるため高度であると話した。

市毛良枝さんが、ペルー共和国にある天空の村を取材する。

市毛良枝さんたちは歩き出して4時間後、地図にものっていない天空の村が姿をあらわした。村にはクチュア族が、9家族58人いる。また、近くの湖が氾濫するため小高い丘に家は建てられている。

村長の家は、石とカヤが使われている。家の中は、暖房器具のかわりとしてかまどを使っている。

ケチュア族は、ほぼ毎日片道2時間半かけて畑へとやってくる。畑にはインカのめざめの原種とされる、じゃがいもをとりにくる。ケチュア族は、雲の下に畑を作っているので雨がふるのでそれで育っていると話した。

夕方には、チューニョとコルを使い、チューニョのスープ・じゃがいもの蒸し焼きを作った。料理の際、アルパカのふんがかまどの燃料になる。

昼夜の温度が20度以上差があるため、ケチュア族は暗くなると寝てしまう。

このあとは、標高4500メートルに住み続ける理由に迫る。

キーワード
インダー族
ミャンマー
マチュピチュ
高山病
ペルー共和国
アンデス山脈
クスコ(ペルー)
ヤナルマ村(ペルー共和国)
ケチュア族
アルパカ
イチュ
インカのめざめ
チューニョ
コル
じゃがいも
チューニョのスープ
じゃがいもの蒸し焼き

世界のビックリ村! (バラエティ/情報)
22:12~

村の青年は、ケチュア族独特のアルパカのふんを燃やした炭で歯磨きを行なっていた。また、ケチュア族にとってアルパカは欠かせない存在である。

ケチュア族は、雪山の神アピが宿る神聖な山であり、先祖は神に近づくことができるこの山に住みはじめた。村長は、この村には生きるために必要なものが揃っており、町と違ってお金が必要ないため理想郷だと話した。

斗鬼正一さんは、標高1000メートルから5000メートルへの移動を行なっている家族がいると話した。また、標高にあわせて畑を使い分けていると話した。

このあとは、壁の中に人が住む村をお送りする。

キーワード
アルパカ
ケチュア族
アピ
中国

世界のビックリ村! (バラエティ/情報)
22:20~

中国・慶陽市は黄河文明が栄えた場所である。照英さんが、壁の中に人が住む村ヤオトンを取材した。村には、32世帯83人が生活している。

照英山は村の人に家の中を案内してもらった、中は家具もあり、広々しているが柱がないことが不安だった。しかし、村の人は今まで崩れたことはなかったと話した。黄土高原の土は乾燥するとかたくなり、ヤオトンはそれを用いて家を作っている。

キーワード
黄河文明
ヤオトン
黄土高原
北京(中国)
上海(中国)
慶陽市(中国)
チー会芳
チー鴻亮

世界のビックリ村! (バラエティ/情報)
22:29~

各家庭は5つから7つのヤオトンを使い分けており、ヤオトンの構造上中で行き来が出来ないため外から行き来する必要がある。台所に水道がないため、山の上まで水を取りに行く必要がある。手押し車で、共同水道からドラム缶に200リットル入れて下る。家畜は牛などで、家畜の収入が大きい。気候上小麦が豊富で、村人たちを支えている。

食事は、火を薪でおこすが壁の中に煙突があるため家の中にはこもらない。家の中は冷房がないにも関わらず、外気よりも7度くらい低い。

キーワード
ヤオトン
サンラータン麺
やぎ
小麦
甘粛省(中国)
チー俊平

世界のビックリ村! (バラエティ/情報)
22:39~

張建平夫妻は長男夫婦と孫の5人で生活していたが、息子夫婦が出稼ぎで町に住んでいるため離れ離れになっている。現在この村は、快適に過ごせる町に住みたがる若者が増えている。

この村に住み着く理由として、村人は先祖が住み始めたためこの土地で住み続けると話した。

キーワード
甘粛省(中国)
甜甜
ヤオトン

エンディング (その他)
22:45~

所さんは、このように珍しい村には悪い人が出来ようがないと話した。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 8月24日 放送
  2. 次回の放送