日経スペシャル 未来世紀ジパング 〜沸騰現場の経済学〜 スペシャル【池上彰が行く、アジア沸騰街道900キロ!】

放送日 2015年12月7日(月) 22:00~23:24
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
22:00~

オープニング映像。

今日の番組内容紹介。「池上彰がインドシナ半島900キロを完全走破」「南部経済回廊で巨大市場の魅力と可能性を新発見」など。

池上彰が南部経済回廊について解説。かつて内戦の所で激戦地で地雷がいっぱい埋まっていたが、そこが現在通れるようになった。さらに今後EUに比べて人口の多いAEC(ASEAN経済共同体)がスタートする。

キーワード
インドシナ半島
ASEAN
EU
AEC

池上彰が行く!東南アジア街道900キロ (バラエティ/情報)
22:05~

池上彰らがベトナムホーチミンにあるベトナム戦争証跡博物館を訪れた。ベトナム戦争の軌跡として「安全への逃避」(沢田教一撮影/1966年ピューリッツァー賞受賞)などの写真が展示されていた。池上彰は写真について「ベトナム戦争をなんとか終わらせなければいけないという国際的な世論が生まれた」とコメントした。

池上彰が日本企業向けの習生人材育成学校エスハイを訪れた。レ・ロン・ソン社長は「工業を発展させるためにはまず中小企業が育つことが必要。中小企業が育っていくためには人材が必要。日本の企業は人材が確保できてベトナムは人材育成工業発展。補完し合える関係になるのではないかと思った」と話した。

池上彰らがカンボジアに入国した。秋元玲奈が「南部経済回廊ずっと走ってくるとちょっと風景変わりますよね」と話すと、池上彰は「カンボジア南部独特の風景ですよね。非常に背の高いヤシの木があるでしょう。葉っぱが扇の形に広がるので「オウギヤシ」」と解説した。

キーワード
ホーチミン(ベトナム)
ベトナム戦争証跡博物館
ベトナム戦争
安全への逃避
沢田教一
ピューリッツァー賞
エスハイ

池上彰が行く!東南アジア街道900キロ (バラエティ/情報)
22:15~

池上彰らがカンボジアネアックルンを訪れた。オニテナガエビやタガメやスズメなどの食材を使った料理が並べられていた。また池上彰らがメコン川にかけられた、日本の無償援助で建設された「つばさ橋」を超え、プノンペンカンボジア王宮を横目に、プノンペン経済特区を訪れた。

池上彰がハル・プノンペンコミックセンターを訪れた。ここには50万冊の日本マンガが集積されていた。日本の漫画喫茶などから回収した古本を再生し、再び日本に送られて漫画喫茶などで再利用される。

池上彰が日本企業カンボジア進出のメリットについて解説。労働コストが約10分の1となり人件費がかからず、優遇税制となっていて進出した場合法人税とか消費税に当たる付加価値税が全部免除となったり軽減になったりする。

池上彰らがキリング・フィールドを訪れた。池上彰は「カンボジアのポルポト政権時代、国民を大虐殺した場所があちこちにあった。そのひとつをみんなが見られるように保存している」と話した。ポル・ポトは1976年に「共産主義」政権を樹立して、知識人を敵視し大量虐殺恐怖政治を行った。

ポル・ポトは「肉体労働こそ素晴らしい」として原始共産制を目指し、知識人を敵視した。池上彰は「戦争が終わった後、国作りをはじめようとした時に、国づくりを担える人材がいなかった」と話した。UNTAC特別代表明石康さんが公正な選挙の実施を行い、カンボジア和平に尽力をした。この時日本初のPKOが派遣された。この時岡山県警の男性らが犠牲となった。

午前7時30分のプノンペンでは、車の荷台に乗った多くの若い女性が見られた。工場へと向かう集団出勤風景だった。

キーワード
オニテナガエビ
タガメ
スズメ
つばさ橋
ネアックルン(カンボジア)
メコン川
プノンペン(カンボジア)
カンボジア王宮
ハル・プノンペンコミックセンター
キリング・フィールド
ポル・ポト
UNTAC
明石康さん
PKO
岡山県警

池上彰が行く!東南アジア街道900キロ (バラエティ/情報)
22:34~

カンボジアでは道路の地雷探査が行われていた。内戦で大量の地雷が埋められ、現在も約600万発の地雷が眠っている。コンポンチュナン州にあるCMAC地雷対策センターでは、さまざまな地雷が展示されていた。日本政府はCMACに1998年から支援を開始し、250万発以上の地雷撤去などに貢献している。

山崎幸恵さんは1994年に青年海外協力隊でカンボジアに派遣されてからカンボジアに復興に携わることを決意した。山崎さんはカンボジアコンポンチュナン州で陶器づくりの支援を続けている。出来上がった作品はイオンモールプノンペンで販売されている。

キーワード
コンポンチュナン州(カンボジア)
カンボジア地雷対策センター
イオンモールプノンペン
青年海外協力隊

池上彰が行く!東南アジア街道900キロ (バラエティ/情報)
22:44~

カンボジアプノンペンには山崎さんが支援するカンボジア陶器特売店が存在する。山崎幸恵さんは「援助が必要な分野はある。教育・医療・保健など、自分たちが生ける糧を生み出していく中ではやはりビジネス。経済活動に乗った活動を広げることがいいのではないか、共に生きていく、援助のない形の生き方を模索してきたし、これからもそうしたい」と話した。

1965年に青年海外協力隊第一陣がはじまった。以来50年間で88ヵ国に4万人が派遣された。当初田中角栄首相がインドネシアやタイに行った時には大変な反日デモに襲われたことがあるほど、日本に対して経済侵略のイメージがあった。以来ASEANの人たちと一緒に経済発展するやり方を考えなければいけないと援助の仕方も変わってきて、日本に対する信頼が広がってきている。

プノンペンには日本の援助で造られた橋と中国の援助で造られた橋がある。布建国中国大使らが出席した橋の開通式典でカンボジアフン・セン首相は「先週習近平国家主席と会ってきました。そこで200億円の援助を受けることが決定しました。中国は私たちの友人です」と話した。カンボジアで今中国の影響力が急速に拡大している。

プノンペン市内にある中華学校「端華学校」では1万3000人の生徒が通っていて、そのうち4割がカンボジア人を占めている。楊金義校長は「中国政府の出資のおかげで授業料が安く出来ます」と話した。プノンペンにあるダイヤモンドアイランドでは中国資本による巨大プロジェクトが動き始めていて、シンガポールマリーナ・ベイ・サンズのような建物「ディーアイリビエラ」を建築しようとしている。

ダイヤモンドアイランドの開発資金を出しているのは、カンボジア最大の財閥「加華グループ」。中国政府系銀行から20億円を低金利融資で調達し高架道路の建設を行っている。方僑生総裁は「中国政府銀行とは資金を貸し借りする関係です。中国政府はカンボジアのインフラ開発を重視しています」と話した。

中国インフラ攻勢について解説。池上彰は「最近中国の不動産バブルが弾けたと言われている。中国国内に投資しても利益にならない。じゃあこれから発展する国に投資をしよう。「カンボジアに投資に来た」という人たちがいる。そこで次々にマンションが建つ高級リゾートができていく。「中国国内の不動産バブルよもう一度」今度は国外でと」と話した。また池上彰は「日本のためにインフラ整備をしてくれている。このくらいの発想の転換が必要なんじゃないか」と話した。

池上彰はタイバンコクを訪れた。池上彰が「運転席が左から右になりましたね。道路が日本と同じ左側通行になりました。道路が良くなりましたよね。ガタガタ揺られることがなくなりました」と話した。

現在タイでは、横浜大黒ふ頭から運ばれた、日本製の新車両「パープルライン」が準備されている。日本連合(丸紅・東芝・JR東日本)がタイではじめて受注に成功した悲願のプロジェクト。

キーワード
プノンペン(カンボジア)
青年海外協力隊
田中角栄首相
ASEAN
フン・セン首相
習近平国家主席
楊金義校長
端華学校
マリーナ・ベイ・サンズ
シンガポール
ディー・アイ・リビエラ
ダイヤモンドアイランド
加華グループ
バンコク(タイ)
大黒ふ頭
横浜市(神奈川)
丸紅
東芝
JR東日本
パープルライン

池上彰が行く!東南アジア街道900キロ (バラエティ/情報)
23:11~

タイバンコクの日本初新車両「パープルライン」は顧客ニーズに対応している。丸紅鈴木雅雄さんは「下に隙間があると、危険物を押し込まれる可能性がある。最後の最後で付けてほしいと言われ急きょつけたカバー」と話した。

APECやTPPなどの共同体について池上彰は「全部にASEANの国が関わっている。南北アメリカの国々やオセアニアの国々もこれからはアジアの時代である、こちらの経済圏と一緒にやっていきたい、そこに加わりたいと多くの国々が思っている。ASEANがこれからアジア太平洋の成長センターになる」と解説した。

キーワード
バンコク(タイ)
パープルライン
APEC
ASEAN
AEC
TPP

池上彰が行く!東南アジア街道900キロ (バラエティ/情報)
23:19~

池上彰は「これまでASEANの発展に日本が貢献してきた。ASEANの首脳たちも、日本の援助でここまで来られたと思っている人は大勢いる。日本が造った道路や橋が日本の援助だと分かっている人たちもいる。それをさらに生かしていくことがこれからの日本の課題ではないか」とコメントした。

「ビジネスオンデマンド」の紹介。

キーワード
ASEAN
ビジネスオンデマンド

エンディング (その他)
23:20~

日経スペシャル 未来世紀ジパング次回予告。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 12月7日 放送
  3. 次回の放送