日経スペシャル 未来世紀ジパング 〜沸騰現場の経済学〜 スペシャル

放送日 2013年12月23日(月) 21:30~23:18
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (バラエティ/情報)
21:30~

池上彰とSHELLYが、ダッカ・シャージャラル国際空港からダッカのスラム街へ向かった。人口の43%が貧困層でアジアの最貧国と呼ばれている。

バングラデシュにユニクロが進出、今年7月に1号店がオープンしすでに5店舗を拡大している。店の前には行列ができるほどだが、店舗自体は日本のコンビニ程のサイズ。日本のユニクロと一見変わらないが、バングラデシュの民族衣装も販売、客層は庶民が殆どで珍しい試着室が人気という。シャツが数百円など今までにない低価格路線をとっているが、ユニクロは「ソーシャルビジネス(社会貢献活動)を最貧国であるバングラデシュで」と話す。

オープニング映像。

バングラデシュはソーシャルビジネスの聖地と化しており、小学校では子どもたちにユーグレナが開発したミドリムシのビスケットが配られていた。ユーグレナは、将来的にはビスケットを低価格で販売し、ソーシャルビジネスとして展開するこ計画をしている。

バングラデシュは親日国として知られる。しかし、取材中には爆発音がし、反政府勢力の活動も見られた。一方でレイテ島の台風による被害が深刻なフィリピンでは日本の自衛隊による救援活動が行われていた。

出演者挨拶。池上彰がSHELLYとともに国際協力の現場を報告する。バングラデシュのユニクロで買ったという、同国のデザイナーが作ったシャツには”日本も苦しい経験をして成長、我々も目指そう”といったメッセージが込められていた。バングラデシュの人口密度は世界一、昔は東パキスタンだったが独立戦争が勃発。日本はバングラデシュにとって建国以来最大の援助国という。

キーワード
ダッカ・シャージャラル国際空港
バングラデシュ人民共和国
ダッカ(バングラデシュ人民共和国)
ミドリムシ
ビスケット
栄養失調
ソーシャルビジネス
ユニクロ バングラデシュ店
レイテ島(フィリピン共和国)
台風
バングラデシュ

知られざるニッポンの“貢献力” (バラエティ/情報)
21:42~

池上彰とSHELLYがバングラデシュのヴェガ・スタイル・ファクトリーを訪問。ZARAを始めとしたファストファッションの生産拠点となっている。

池上はダッカ郊外の縫製工場の放火事件跡に向かった。現場にはギャップやネクスト、アメリカンイーグルなどのタグが残っており、火も残っていた。バングラデシュは反政府戦力による全国ストライキが頻発していた。

池上は取材中、街に民間の救急車をよく見つけた。池上のよると、民間企業が安全のために救急車を装っているという。

キーワード
ヴェガ・スタイル・ファクトリー
ZARA
バングラデシュ人民共和国
ダッカ(バングラデシュ人民共和国)
GAP
ネクスト
アメリカンイーグル

知られざるニッポンの“貢献力” (バラエティ/情報)
21:48~

池上彰がバングラデシュ・ダッカにて、庁舎周辺で道路が封鎖されている様子をリポートしようとした際、反政府勢力による小型爆弾爆発が起きた。現場には生々しい爆発跡が残っており、容疑者とされる男が連行された。

バングラデシュ・ダッカの国民に日本のイメージについて質問すると「友好国で教育水準が高い」「友達だよ」「日本はバングラデシュ建国のときにいち早く国家として承認してくれた」など好意的な意見があがった。

池上がバングラデシュを取材した日は、来年1月の総選挙の立候補の届け出の締切日で爆弾事故があったという。池上はバングラデシュは1947年にイギリスから独立し、その後パキスタンができたと説明した。

バングラデシュが親日な理由は、ボンゴボンドゥ記念博物館にある新聞記事に書かれている。記事には1971年に独立したばかりのバングラデシュを日本が国家として承認してくれたと書かれていた。博物館には1973年に当時の田中角栄総理のもとをラーマン初代首相が訪れた写真が残されていた。しかしラーマン元首相は2年後に凶弾に倒れた。この博物館は元々ラーマン元首相の自宅だった。その後1974年に飢饉で3万人が死亡するなどバングラデシュは苦難の連続だった。

池上が日本の援助により作られた橋を紹介。橋の交通量は増加し、日本は新たな資金の融資で新しい橋をかけることを計画しており、ODAは他にも500もの橋を建造している。

スタジオ解説。バングラデシュのお札に載っているジャムナ橋は、日本によるODAで造られたという。日本はこれまでに1兆4803億円をバングラデシュに援助、これは戦後の日本も海外からの援助で復興したその恩返しでもあり、東海道新幹線や東名高速道路などは世界銀行からの融資で完成した。日本は1990年まで融資金を返していったが、ゆとりが出てくると並行して貧しい国への援助も行った。バングラデシュでは現在政治が不安定なため、NPOやNGOなど民間団体が援助介入をしており、ユニクロもその一つ。現地ユニクロのロゴは同国の銀行、グラミン銀行のロゴと融合しており共同事業であることを示している。

また、日本の400億円の資金融資により最新式の火力発電所も完成した。発電所には日本の援助により造られた証がプレートに書かれている。発電機の中には三菱重工のタービンがあり、最新技術が導入されている。

池上とSHELLYがバングラデシュ・ダッカにあるユニクロを取材。店内には、ユニクロとグラミン銀行が一緒になったタグが付けられた商品が販売されていた。

キーワード
ダッカ(バングラデシュ)
バングラデシュ人民共和国
バングラデシュ
ODA
パキスタン
田中角栄総理
イギリス
ラーマン初代首相
ジャムナ橋
飢饉
東海道新幹線
東名高速道路
黒部ダム
三菱重工
宮澤喜一元総理
ボンゴボンドゥ記念博物館
ダッカ(バングラデシュ人民共和国)
ユニクロ
グラミン銀行

知られざるニッポンの“貢献力” (バラエティ/情報)
22:07~

ユニクロとグラミン銀行のソーシャルビジネスを紹介。グラミンユニクロのスタッフが、近所の人などにユニクロ商品を販売するグラミンレディに訪問卸売をする。売上の1割がグラミンレディの収入、女性の経済的自立を促す一環となっている。グラミン銀行創設者のムハマド・ユヌス氏は2006年にノーベル平和賞を受賞した。

池上が、グラミン銀行の創始者でノーベル平和賞を受賞したムハマド・ユヌスを紹介。ムハマド・ユヌスはマイクロクレジットで貧しさから脱出する手法を開発した。

バングラデシュでは、ダノンやアディダス、インテルなどの企業がグラミン銀行と組み、ソーシャルビジネスを展開している。

ソーシャルビジネスを展開するグラミン 雪国まいたけの事業を紹介。バングラデシュでは緑豆の栽培を手がけているが、原料となる中国産緑豆の価格上昇と需要減少がきっかけになった。緑豆栽培を農家に委託、作物を市場より高く買い取ることで農家が現金収入を得られるが、始めた当初は農民からの理解や賛同が得にくかった。それから2年、契約農家は100人から8000人に急増し、ある農家は緑豆を売ったお金で電化製品や農耕用牛を購入したという。グラミン銀行のムハマド・ユヌス氏は「日本と友好関係を積み重ねてきた結果」と話した。

キーワード
ムハマド・ユヌス氏
グラミン銀行
グラミン ユニクロ
ムハマド・ユヌス
ノーベル平和賞
マイクロクレジット
バングラデシュ人民共和国
ダノン
アディダス
インテル
グラミン 雪国まいたけ
グラミンレディ
ソーシャルビジネス

知られざるニッポンの“貢献力” (バラエティ/情報)
22:18~

新潟県・南魚沼市の雪国まいたけの工場に、バングラデシュから緑豆が届けられた。緑豆でもやしが作られ、「もやしのきずな」にはムハマド・ユヌスの顔写真が描かれている。

池上とSHELLYがバングラデシュを取材。池上らはリキシャに乗車し、住民にインタビューした。住民は生活はとても大変だと話した。

リキシャワラの生活を紹介。リキシャワラはガレージに住み込みながら働いており、中には田舎に帰りたくても帰れないという男性もいた。北島さんはリキシャワラの生活改善に取り組んでおり、リキシャレースを行ったという。

ソーシャルビジネスの日本企業進出についてトーク。バングラデシュにてソーシャルビジネスを展開している雪国まいたけが発売するもやしを紹介し、池上彰は「日本企業だけでなくグラミン銀行のネットワークがあるからこそ参入できる」「ユニクロにとっても、バングラデシュでのソーシャルビジネスが成功すれば他国にも応用できる」と述べた。

キーワード
雪国まいたけ
緑豆
もやし
バングラデシュ人民共和国
もやしのきずな
ムハマド・ユヌス
南魚沼市(新潟)
リキシャ
リキシャワラ
グラミン銀行
ユニクロ

知られざるニッポンの“貢献力” (バラエティ/情報)
22:28~

パトリック・ハーランは、北島さんの努力があるからこそ支援が成り立つと話した。北島さんは最終的にはリキシャたちが自ら開催しようとすることを目標としている。

バングラデシュにて、北島亜美さんがリキシャレースを企画。市内ルートを走るリレー形式で順位を競い、優勝したチームには日本円で13万円が贈られた。北島さんは立案から資金集めまで全て担当、来年の開催に向けスポンサーを探す模様を紹介した。またレースを映画化し無料上映会を開催、リキシャワラに来年の参加を呼びかけた。前回レース優勝者の1人は賞金で野菜販売業を開始、「人生が変わった、多くのリキシャワラの希望となる」と話した。

自衛隊員たちはトモダチ作戦をフィリピンで行うこととなり、水や食料の他、ファミリーテントなどを被災者のもとへ運んだ。各地には日本から運ばれた青いデントでテント村が出現していた。

台風から一ヶ月が経ったフィリピン・レイテ島のタクロバンを取材。街は東日本大震災を彷彿とさせる光景となり、遺体の捜索が行われていた。アメリカは水や食料などの支援をし、他16ヵ国の部隊もフィリピンに駆けつけた。日本の梅崎さんら自衛隊も護衛艦 いせに向かい、作戦を行っていた。

輸送艦おおすみも伊豆大島からフィリピンに直行し、作戦に加わった。おおすみには、東日本大震災の救助経験のある隊員たちが乗り込んでいた。

日本の災害支援援助について紹介。先月発生した台風30号によるフィリピン被害は6000人以上の死者を出したが、特にレイテ島の被害が大きかった。自衛隊によるトモダチ作戦をこのあと紹介する。

キーワード
リキシャ
海上自衛隊
護衛艦いせ
トモダチ作戦
バングラデシュ人民共和国
輸送艦おおすみ
台風
タクロバン(フィリピン共和国)
東日本大震災
リキシャワラ
護衛艦 いせ
フィリピン
レイテ島
伊豆大島(東京)
台風30号

知られざるニッポンの“貢献力” (バラエティ/情報)
22:43~

自衛隊によるフィリピン台風被害のトモダチ作戦の模様を伝えた。ホバークラフトのエルキャックは陸走行もできるため、港がない島への物資や大型車両の運搬が可能。防疫支援隊が衛生状態が悪化している被災地にて、デング熱などを媒介する蚊の駆除を行った。地元の住民からも「これを待っていた」との声があがった。

池上は、自衛隊は食料等を自分たちで確保し完結しているからこそ、支援活動が出来ると話した。また、SHELLYはフィリピンは東日本大震災の翌日にいち早く救助隊を派遣していたため、今回はその恩返しもあると話し、池上はフィリピンとの関係強化が政治的にも非常に意味があると述べた。

レイテ島は太平洋戦争の激戦地でもあり、レイテ沖海戦が起きた地でもある。戦艦武蔵も送り込んだが撃沈され、9万人の犠牲者が出た。池上によると、マッカーサーがレイテ島に上陸した光景は演出でもあったという。

フィリピンセブ島マヤ村を取材。1人も医師がいない無医村であるマヤ村では、日本赤十字社の医師看護師など13人が活動を行っている。臨床心理士である森光玲雄さんも、宮城県石巻市など東日本大震災の被災地で被災した子どもたちを癒やしてきた経験を活かして、子どもたちから災害の暗い気持ちを忘れさせる活動を行っている。

フリオーナちゃん4歳は祖母と2人で暮らしている。父親は船員で海外に、母親も出稼ぎに行っている。台風の被害に遭ってから性格が変わってしまったフリオーナちゃんをどうすべきか森光玲雄さんは思い悩んでいた。

フリオーナちゃんについて森光玲雄さんは「自然に緊張を少しずつ和らげながら安心させていくことが大事」と語り、一緒に縄跳びをするなどした。

キーワード
自衛隊
東日本大震災
マッカーサー
太平洋戦争
レイテ沖海戦
戦艦武蔵
日本赤十字社
トモダチ作戦
レイテ島
フィリピン共和国
レイテ島(フィリピン共和国)
エルキャック
マヤ村(フィリピン共和国)
セブ島
石巻市(宮城)
フリオーナちゃん

知られざるニッポンの“貢献力” (バラエティ/情報)
23:00~

フィリピンセブ島マヤ村を取材。笑顔も言葉も失ってしまったフリオーナちゃんが臨床心理士森光玲雄さんの活動を経て無邪気に笑っていた。森光玲雄さんは「この子に合った遊びをそれとなく誘導してあげるのが大事」と話した。

SHELLYは「東日本大震災の経験が世界に役立つということですよね」と話した。池上彰は「日本のさまざまな援助が生きている」と話した。

キーワード
マヤ村(フィリピン共和国)
セブ島
フリオーナちゃん
東日本大震災

知られざるニッポンの“貢献力” (バラエティ/情報)
23:06~

池上彰の未来予測発表。「貢献力が最大の外交カードに」池上彰は「資金、技術、民間、人、災害支援、こういう力を日本は持っている。国際関係の中で存在感を発揮していく可能性を十分秘めている」と解説した。

知られざるニッポンの“貢献力” (バラエティ/情報)
23:10~

ケニアモンバサ港では日本政府が融資をして港の拡張工事を行っている。またオルカリア地熱発電所では日本政府が融資を行い地熱発電計画を行っている。池上彰は「結局日本に利益がある、情けは人の為ならず」と話した。

キーワード
ケニア
モンバサ港
オルカリア地熱発電所

エンディング (その他)
23:13~

日経スペシャル 未来世紀ジパングの次回予告。

  1. 前回の放送
  2. 12月23日 放送
  3. 次回の放送