日曜ビッグバラエティ 日本→米国20000km“自動車輸送船に乗せてもらいました”

日曜ビッグバラエティ(にちようビッグバラエティ)日曜ビッグバラエティ (テレビ東京) - テレビ東京で放送中の単発番組枠。日曜ビッグバラエティ (日本テレビ) - 日本テレビで放送していた単発放送枠。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年6月9日(日) 19:54~21:54
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
19:54~

オープニング映像。今夜は昨年デビューしたばかりの新型船「ベルーガエース」に密着。ルートは太平洋を横断しアメリカまで35日、航海距離2万キロの航海で船長の松本さんら総勢24名の乗組員が運航する。

キーワード
ベルーガエース
メキシコ
アメリカ
太平洋
パナマ運河
大西洋

日本→米国20000km 自動車輸送船に乗せてもらいました (バラエティ/情報)
19:59~

航海初日、広島港ではベルーガエースでは新車の積み込み作業を行う。船内では高さを変えることができるデッキがあり、無駄なスペースを無くす工夫がされている。積み込む車は降ろすことを考えてバックで駐車し、ドライバーが降りるのを確認して次の車が入ってくる。その作業は1台13秒くらいで1フロア約300台が約1時間で終了し、約2000台が積み込められる。その日の午後6時30分に出港。経費節約のため着岸は短時間で行う。翌日には中関港で2日間かけて約3000台の車を積み込む。車の積み下ろしをするチームは「ギャング」と呼ばれサイドミラーをみないで車を駐車していく。

フロアには穴が多数あり、これは車を固定するためのベルトフックを引っ掛けるものとなっている。最終的には通路も駐車スペースとして活用。車には降ろしやすいように順番を指定したカードを置き、ベルーガエースには計約5000台の車が積み込められた。

積み込み作業が終了したベルーガエース。クレーンを使って食材などが積み込まれている。ベルーガエースには3つの冷蔵・冷凍庫があり、日本を出港後メキシコで補充する。燃料は重油で満タンで2000トンを入れる。車の出入りするランプウェイが閉じたら海面近い所が出入り口なる。さらには船内にはエレベーターが設置されている。操舵室は高さ45mの所にあり船長の松本さんらが出港準備が進められていた。そして、午後6日30分に山口・中関を出港した。

ベルーガエースの操舵室には最新鋭の機器が設置されている。操舵を行う機器のハンドルは小さく、自動そうだモードにより設定進路を入力する事で船の進路を保針するようになっている。船は無人で操舵はするが見張りの当直は人の目で確認している。船の受ける潮の流れなどを確認し調整のため進路を変えたりしている。

ベルーガエースにある船員たちがどのように過ごしているのか潜入。大島さんの部屋には机やベッド、トイレ・シャワーなどが設置されており、船の揺れ対策もOKとなっている。船長の部屋は大型テレビなど豪華な使用となっている。船長室からは操船の様子も確認できミニ操舵室となっている。松本さんは船乗りになったキッカケは大阪湾で開かれた帆船祭りで帆船に乗りたいと学校に入ったと話す。そんな松本さんは10年前に妻が病死してしまい残された娘のために船を降りたが、母が世話を引き受けてくれ再び船乗りに戻った。

このあと、エンジンルームに緊急事態発生!!

キーワード
広島港
ベルーガエース
中関港
広島県
山口県
メキシコ
大阪湾

日本→米国20000km 自動車輸送船に乗せてもらいました (バラエティ/情報)
20:20~

大型船密着シリーズ第2弾。前回と同じメンバーで放送するが、大人の事情で良純さんは不参加で、代わりに木下ほうかさんが番組に参加。木下さんは小型船舶操縦士免許2級を持っている。ちなみに天野さんと神田さんは1級、ウドちゃんは船舶免許なしという状態。収録場所はシミュレーションルーム行われている。

広島港から出港してから4日目。食事風景をみせてもらった。食事は船内の食堂&ラウンジで取り、この日はピーマンの肉詰めなど。夕食は和食が中心で日替わりとなっているが飽きさせないため中華やイタリアンの日もある。厨房ではオスカーさんをはじめ3人のフィリピン人の方が調理を担当。メニューは曜日感覚を養うため日曜日は肉料理と決められている。調理場のコンロは電気コンロが使用されている。また、食堂のテーブルにも船の揺れ対策がされている。

広島港から出港してから7日目。船員立ちは約5000台の車をチェックしている。船は横揺れ以外にもジュゲに揺さぶられる時があり、その場合ベルトが切れ車がぶつかり何十台という損傷も発生した事例がある。車のチェックを終えた永井さんは海面に近い部分で波の様子を確認した。

エンジンルームに潜入すると運動不足解消のため毎日行われているビデオ体操が行われた。エンジンにはスクリューがあり船を動かしている。そんなある陽、エンジンルームでアラームが鳴る。このままだと船の電源がすべて落ちる可能性があるという。3つある電源のうち1つに原因があるようで予備のものに切り替え危機は回避した。そんなエンジンルームのトップである機関長の三宅さんはプラモデルから始まりいろいろ作るような事が大好きで繋がっているなど話す。そんな三宅さんは後輩の育成にも力を注いでいる。

このあと、積荷の自動車が大ピンチ!!

キーワード
良純さん
小型船舶操縦士免許
日村勇紀
広島港
ベルーガエース
太平洋
ガンプラ

日本→米国20000km 自動車輸送船に乗せてもらいました (バラエティ/情報)
20:33~

広島港から出港してから9日目。ベルーガエースは暴風雨に襲われる。操舵室では11本あるワイパーがフル稼働。その頃永井さんは積荷をチェック。船内には波が船体を叩く音などがし、目視も大切であるがこれらの音で正常か異常かというのも判断するという。寒冷前線を通過し事なきを得た。ベルーガエースは日付変更線をまもなく通るところだった。食堂では誕生日の進められていたその相手は乗船している「ベルーガエース」だった。料理に出ていた生野菜は船内で栽培されていたもので海水を汲み上げ、蒸留して船内すべての水をつくっている。

ラウンジにやってきた古賀さん。ラウンジにはWi-Fiがあり世界中どこからでも電話ができる。古賀さんは彼女さんに電話していて、下船したら結婚しようといろいろと進めていると話した。当直は24時間体制で交代している。出港から13日目、船内では掃除が行われていた、船内には焼却炉があり燃えるゴミは650℃の熱で焼却している。また、潮風でサビるためペンキ塗り欠かせない作業となっている。また、アッパーデッキにはバスケのコートがあり、船内にはトレーニング部屋などがあった。

問題 「トレーニングルームの中で機関士2人ですることは?」と出題。正解は散髪だった。トレーニングルームで散髪するのは床がフローリングで掃除しやすいためである。

広島港から出港してから18日目。メキシコが近づく中線内ではトラブル発生していた。このままだとメキシコで車を降ろした際船が傾く危険性がある。1等機関士の猪熊さんが配電盤を確認する

キーワード
広島港
ベルーガエース
日付変更線
バラスト水

日本→米国20000km 自動車輸送船に乗せてもらいました (バラエティ/情報)
20:50~

このあと、カリブの海賊!その結末は…。

広島出港から19日目、バランス装置に異常が発生、不安を抱えて航海する中、猪熊隼人さんは虱潰しに原因を調べるも特定できず。20日目、故障箇所が見つかり部品交換をするとバラスト装置が立ち上がった。21日目、イルカの大群が歓迎してくれた。航海中はイルカやクジラなどと出会える。ラサロカルデナスから無線が入り1隻の小型船が急接近した。メキシコの水先人・クルーズ・セブラさんが乗り込んできた。水先人とは世界の港や海峡で船長をサポートする専門家で海域の地形などを知り尽くし出入港を助ける。出入港の時、タグボートが牽引する。

最初の寄港地ラサロカルデナスは経済特区に指定されている産業の街。日本から満載してきた車の積み下ろしではメキシコのギャング100名が集まり、日本のギャングが車を降ろす順番を指定したカード通りに素早く車を降ろしていく。船に乗せられた約5000台のうち約1000台がメキシコに降ろされた。午後8時、メキシコで野菜や果物などの食料を補充。午後9時、船員たちは広島を出て20日ぶりに上陸した。港近くの屋台街へ行きわずか2時間、買い物や食事を楽しんだ。午後11時、港に戻ると船には煌々と光が灯っていた。

中米のメキシコシティでは世界各国の外資系自動車メーカーが販売合戦を繰り広げている。高級住宅街で日本車を探してみると多くの数がある。取材を行っているとプエンテスさんが乗り心地を紹介。1年半乗っているが変な音は全くしないとコメント。他の国の車では半年すれば障害が出てくると語る。道路があまり整備されていないメキシコでは壊れにくい日本車は大人気とだという。友人の日本車好きの男性のコルテスさんは、子どもたちからも愛されていたとスマホの写真で紹介した。

広島出港から26日目に自動車船のベルーガエース号で、5時間もかけて燃料を切り替える作業を密着。パナマ運河やカリブ海では環境保全のために燃料を軽油にしなければならない。重油のタンクをとめ、軽油を流し養分を少なくしていくという。エンジン・ボイラー・発電機に使う重油を軽油に替える作業を紹介。その間も走り続け、パナマ運河に到着。全長80kmの道を超える。パナマ運河は水位を調整する閘門でカリブ海に出るという。100年前に着工し1914年に開通。多くの船が待つ中、船は順番待ちをせずに通行できる権利を購入。その際には小さい船に注意をしなければならない。いかりは9tで鎖は約340mという。降ろすと船が接近し、パナマ水先人と打ち合わせを行う。通航待ちの船をみながらパナマシティの近くを通る。入り口にはアメリカ橋もある。この先にパナマ運河を通過した後、パナマ運河の通行料について問題が出された。

天野ひろゆきは日本の経済が成り立っているのはこうした人達が頑張ってくれているからと語る。通行料についてウドは870万円と予想。パナマと掛けているとコメント。天野ひろゆきは5000万円。木下ほうかは2800万円と予想。パナマ運河の通航料は約3000万円という。船の重さや長さによって変わると語る。 マゼラン海峡ルートでは20日かかりその間の燃料も節約できる。

自動車船のベルーガエース号がパナマ運河を運行する様子を伝えた。ミラフローレス閘門を通過するためが、ベルーガエース号は大きいために両岸の隙間はわずか65cmしかないという。船のエンジンを停止させ、ロックセラーと呼ばれる人がロープを投げ、電気機関車に結び付け牽引させる。小さなミスでも大事故に繋がりかねず、実際に事故担っている様子などが伝えられた。水門を閉じ水を注ぎ、水位を合わせて、水門を開き前進させる様子を伝えた。その後ペドロミゲル閘門を通り、チャグレス川を通り、ガツン湖を通りガツン閘門を通り同じ工程を通る。ドックの幅もギリギリとなっている。約8時間をかけて船を通過させるという。

その後カリブ海を出て、ベルーガエース号はアメリカのジャクソンビルを目指す。船上ではプールもある。そしてカリブ海と言えばキャプテン・フィリップスなどで代表される海賊。実態についてカリブ周辺では被害が増える一方。油を盗む海賊もいる他、人質などさらって船ごとどこかに持って行く海賊が恐ろしいと語る。

キーワード
広島県
ラサロカルデナス(メキシコ)
イルカ
クジラ
アカウミガメ
メキシコシティ(メキシコ)
ベルーガエース
パナマ運河
太平洋
カリブ海
パナマシティ(パナマ)
アメリカ橋
ミラフローレス閘門
ペドロミゲル閘門
ガツン閘門
ガツン湖
ミラフローレス湖
チャグレス川
大西洋
ジャクソンビル(アメリカ)
キャプテン・フィリップス

日本→米国20000km 自動車輸送船に乗せてもらいました (バラエティ/情報)
21:28~

このあと、バミューダトライアングルを無事通過できるのか?

カリブの海賊の対策に対し、防弾チョッキと防弾ヘルメットを常備している。さらに船を守る装備として、レーザーワイヤーと呼ばれるはしごをかけて入り込まれないようにする取り組みもある。さらにマネキンについても見張り役が甲板にいるように立たせるという。

レーダーで「182」と記すものを発見。藻の塊を発見。イルカを確認するが海賊には遭遇しなかった。

ベルーガエース号が通らなければならない危険地帯を紹介。天野ひろゆきは渦潮と予想。ウド鈴木はタンカーが渋滞していると予想。木下ほうかはバミューダ海域を予想。正解はバミューダトライアングルと呼ばれる場所と紹介。フロリダ、バミューダ諸島、プエルトリコの三角形と説明。1945年にアメリカ海軍のアベンジャーズ機が消息不明となった。以降魔の海域と呼ばれた。

キーワード
ベルーガエース
カリブ海
レーザーワイヤー
イルカ
フロリダ(アメリカ)
プエルトリコ
バミューダ島
バミューダトライアングル
サイクロプス

日本→米国20000km 自動車輸送船に乗せてもらいました (バラエティ/情報)
21:35~

ベルーガエース号がバミューダトライアングルを走行。方位磁石を確認すると正確だった。過去には台風などの気候に左右された状況をもあったという見解を紹介。その後バミューダトライアングルを突破した。

広島出港から30日が経過。その後非常アラームが鳴り、アメリカでは厳しい審査を受けることになり、引っかった場合は船が止まってしまうという。チェックはアメリカ沿岸警備隊(USコーストガード)によるもの。アメリカ沿岸警備隊のチェックは前回の入国から約1年後に行われる。その後ジャクソンビルに到着。エンジンを止め停止。午後8時30分のギャングと呼ばれる車の降ろしを行う。早く下ろせば停泊料が抑えられる。しかしなかなかアメリカ沿岸警備隊は来なかった。

キーワード
フロリダ(アメリカ)
プエルトリコ
バミューダ島
バミューダトライアングル
サイクロプス
ジャクソンビル(アメリカ)
アメリカ沿岸警備隊

日本→米国20000km 自動車輸送船に乗せてもらいました (バラエティ/情報)
21:44~

操舵室から連絡が入り、アメリカ沿岸警備隊が今回は来ないことがわかったという無線が入ったという。その後約1500台を降ろす。

ベルーガエースは最終目的地ボルチモアへ。終えると1か月も2週間ほどと感じるほど忙しく結構疲れたと語る。

ベルーガエースは広島出港から33日目に最終目的地ボルチモアへ。星条旗発祥の地でもある。午前8時30分に積み下ろしを開始。古賀翔一さんは積み下ろしを終え、落ち着いた航海がしたいと語り、結婚式を控えている中、婚約者に準備を進めてもらっていると語る。その後作業終了し、番組の密着取材を終える。その後エンジンルームを訪れ、挨拶を行った。

キーワード
アメリカ沿岸警備隊
ボルチモア(アメリカ)
ベルーガエース
ジャクソンビル(アメリカ)

日本→米国20000km 自動車輸送船に乗せてもらいました (バラエティ/情報)
21:51~

ベルーガエースで松本茂船長はる。その後エンジンルームを訪れ、挨拶を行った。その際帰路はベルギーを経由し80日間の航路になると紹介。

「有吉ぃぃeeeee!~そうだ!今からお前んチでゲームしない?」の番組宣伝。

キーワード
ボルチモア(アメリカ)
ベルーガエース

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 6月9日 放送
  3. 次回の放送