所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ! SP

放送日 2017年5月20日(土) 12:00~13:55
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
12:00~

今回はニッポン&世界あっと驚くすごい暮らし2時間SP。

ニッポン&世界あっと驚くすごい暮らし2時間SP (バラエティ/情報)
12:00~

巨大ホームセンターで、U字工事とスタッフが突撃取材。ハンガーを物色している女性に話を聞いた。女性が見ていた「のびのび7連ハンガー」は、横に伸びることでかけたものが乾きやすくなるだけでなく、洗濯物を素早く回収できる。スーツ姿の男性は、虫除けキャンドルバケツを物色。25時間連続で点灯できる。

珍しい趣味のため買い物をする主婦2人組を発見。村林さんと木曽さんはDIY仲間で、ママ友の依頼を受けて勉強机を作るために木材を物色していた。作業の様子を見せてもらった。まず木材をボンドで仮留め。するとボンドが乾かないうちにネジ止めした。村林さんはこれまでにママ友の依頼で、これまでに勉強机を2つ材料費だけで作っている。その後机の天板を固定したら外へ運び出し、机全体をやすりがけした。やすりがけの後、机全体に保護剤を塗った。作業開始から3時間、勉強机が完成した。

カートいっぱいに商品を詰め込んでいる人を発見。山上さんと座木さんは、オープン前の店舗のトイレを改装するため、様々なものを購入していた。後日、許可をもらいトイレの改装の様子を見せてもらった。黒のトイレをDIYで爽やかな白に改装するという。洗面台は買って来たタイルを割り、ランダムに貼り付けて接着剤が乾いた後、隙間を目地材で埋めて装飾。壁には漆喰を塗り、扉や細かい部分は漆喰と同じ色のペンキで塗装した。ボタニカルフェンスは壁の飾りにしていた。

歴史ある懐かしいマシンを、現代の最新技術で蘇らせる。滋賀・彦根市に住む岩根治美さんを紹介。自宅は彦根市の文化財に指定されていた。築160年以上で、岩根家は江戸時代には合羽を販売していたという。この家に、90年前のアイスクリーム製造機が残されていた。桶の裏側には買った金額と思われる51円の文字が。昭和初期の大卒者初任給が50円だったため、当時はとても高価なものだった。アイスクリーム製造機はハイカラ好きだったという父を象徴するもので、岩根さんはこの製造機を使って作ったアイスクリームを食べたいという。

日本にアイスクリームが入ってきたのは約150年前。1900年代には一般的なものになり、新聞に家庭用のアイスクリーム製造機の広告も出るようになった。今回復活させるアイスクリーム製造機とほぼ同じものを所蔵している横浜都市発展記念館を訪れ、製造機を使ったアイスクリームの作り方について話を聞いた。原料を筒の中に入れて周りの部分に氷と塩を入れ、ハンドルを回すことでアイスクリームが出来上がる仕組みになっている。

アイスクリーム製造機の問題点をチェック。オケのタガが外れて底板が緩み動力部分を固定できないこと、金属部分が全てサビてしまいハンドルがスムーズに回らないこと、などが分かった。そこで、この製造機を修復できるスゴ腕の職人を招集。桶職人の中川周士さん、金属加工を行うシンコーメタリコンの宮路正男さんと中森一也さんを紹介した。

出川哲朗の充電させてもらえませんか?の番組宣伝。

キーワード
ジョイフル本田千葉ニュータウン店
のびのび7連ハンガー
虫除けキャンドルバケツ
DIY
ワトコ ティンバーガード
ボタニカルフェンス
うま~くヌレール
彦根市(滋賀)
岩根豊秀さん
朝日新聞
横浜都市発展記念館
Konoha
シンコーメタリコン

ニッポン&世界あっと驚くすごい暮らし2時間SP (バラエティ/情報)
12:25~

90年前のアイスクリーム製造機を復活させる。まず職人3人が桶の状態をチェック。桶職人の中川周士さんは、桶を解体して木材の状態を確認した。幸い木材はそのまま利用可能だということが分かり、工具で桶についているサビを削り取った。続いて、桶の隙間をなくすため板の接地面を削っていった。中川さんは、側面の板の角度を測る正直型という道具を80種以上使用。さらに300種以上のかんなを使い分けている。

90年前のアイスクリーム製造機を復活させるため、桶職人の中川周士さんは桶の修復に取り掛かった。中川さんは底板を桶に合わせて削り、金槌で打ちしっかりとはめ込んでいった。

動力の要となる金属部分の修理を、宮路正男さんと中森一也さんが行った。まずはセラミックの粉末を吹き付けて表面のサビをとっていく。さらに高温で溶かしたアルミニウムを吹き付けていった。

作業を終えた職人たちが岩根家に集合。まずは桶部分を確認した。桶のタガは木の収縮に合わせて伸び縮みする洋白という金属で締め直され、現代的でシャープな印象も加わり見事に蘇った。続いて金属部分を確認。錆だらけだった金属部分は、アルミニウムでコーティングされて生まれ変わった。これで30年は錆びないという。アイスクリーム製造機の部品を組み立て、当時のレシピ通りにアイスクリームを作った。

90年前のアイスクリーム製造機を復活させるため、桶職人の中川周士さんは桶の修復に取り掛かった。中川さんは底板を桶に合わせて削り、金槌で打ちしっかりとはめ込んでいった。

90年前の貴重なアイスクリーム機 匠の技で復活できるのか!?

ニッポン&世界あっと驚くすごい暮らし2時間SP (バラエティ/情報)
12:37~

90年前のアイスクリーム製造機を復活させる。当時のレシピ通りにアイスクリームを作ってみると、見事にアイスクリームが完成した。岩根さん姉妹は、父との思い出を存分に味わっていた。

アメリカ・ミシシッピ州に、ノッチが降り立った。ノッチがやって来たのはミシシッピ州最大の都市、ジャクソン。まずは街の人に巨大生物について聞いた。ミシシッピ川を始め、川や湖が多い湿地帯のこの地域には蛇やワニなどの危険な生物が多い。ノッチは巨大生物ハンターのもとへ向かった。

キーワード
ミシシッピ州(アメリカ)
ジャクソン(アメリカ)
ワニ

ニッポン&世界あっと驚くすごい暮らし2時間SP (バラエティ/情報)
12:45~

アメリカの湿地に潜む巨大生物を探すノッチ。巨大生物ハンターのもとへ向かった。ハンターの中でも数多くの巨大生物を狩ってきたというドウェインさんは、ハンター歴25年の大ベテラン。家族とともにキャンピングカーで暮らしながら、巨大生物を追い求めているという。

アメリカの湿地帯に潜む巨大生物を狩りに来たノッチ。巨大生物ハンターとともに、ロス・バーネット湖に到着した。ハンターのドウェインさんとともに勘を頼りにポイントへ向かうと、ドウェインさんはそのまま湖に飛び込んだ。

出川哲朗の充電させてもらえませんか?の番組宣伝。

アメリカで巨大生物を狩る!ノッチが向かったのは…。

キーワード
アメリカ
ロス・バーネット湖

ニッポン&世界あっと驚くすごい暮らし2時間SP (バラエティ/情報)
12:53~

アメリカのロス・バーネット湖で巨大生物を探すノッチ。ハンターのドウェインさんが、巨大生物の卵を発見した。巨大生物の正体はブルー・キャットフィッシュ。生息している場所は岩や木の間にある巣穴で、ドウェインさんは巣穴に自分の腕を入れてブルー・キャットフィッシュを釣り上げていた。200年以上前、アメリカ南部の先住民が始めたとされている。この狩りに、ノッチが挑戦する。この狩りは指や腕を食いちぎられる恐れがあるため、全米50州のうち38州で禁止されているという。

浅い沼でナマズを触れないでいたノッチをドウェインさんは、ノッチをナマズに慣れさせるためにナマズ養殖場へ連れてきた。ミシシッピ州はナマズの養殖業が盛ん。アメリカ全土の約60%のナマズを生産している。養殖のナマズ「ハイブリッド・キャットフィッシュ」は鋭い歯やトゲは無い。ここでナマズの捕まえ方を練習させた。ナマズが噛んだ時は手を離さずに口をしっかり掴むのがポイント。なんとかナマズの捕まえ方を覚えたノッチは地元のナマズ料理を堪能した。

翌日、ドウェインさんは水温からより巨大なナマズがいそうなサーディス湖に場所を移した。ケガをしないようノッチはグローブを着用して挑んだ。ドウェインさんは足で穴を塞ぎ隙間からノッチが手を入れ巨大なナマズを掴む方法で狩りに臨むも、巣穴の億が広くナマズが手に食いつかない状況が続いたが2時間後、巨大ナマズを捕らえ真の勇者になる事ができた。この日、ノッチが捕まえたナマズは113cm13.4kg、ドウェインさんが捕まえたものは98cm11.5kg。ノッチは巨大ナマズのホイル焼きを堪能した。

2016年4月30日、東京江戸川区小岩で営業していた「純中華料理 中央亭」が43年の歴史に幕を下ろした。ボロボロに破れた看板にアブラまみれの換気扇。井川鎬さんは妻・美佐子さんと一緒に店を切り盛りしてきた。開店2時間前にいつもと変わらず料理の仕込みを行った。長崎・雲仙に生まれた井川鎬さんは中学卒業後、料理人を目指し大阪・東京で修業を重ね同郷で美佐子さんと結婚。2年後に独立し1973年、中央亭を開業した懸命に働きながら2人の息子を育て上げた。11時30分の開店時間を待つ美佐子さんは壁に感謝の言葉を書き込んだ。開店すると開店当初の客だった夫婦が来店。次々と客が訪れPM0時15分になるとほぼ満席になった。

お客さんの芝山隼人さんは3歳から店に通いつめていて、剣道部にいた中学時代は大会の前に験担ぎでカツ丼を食べていたという。夜勤明けのタクシー運転手・坂本敏光さんも「おかげさまで元気に過ごさせてもらいました」と話した。中央亭はPM2時に昼の部が終了した。

命がけ!素手で巨大ナマズを狩る ノッチは勇者になれるのか?

43年続く夫婦の名店最後の日 名物ちゃんぽんで満席…なぜ閉店?

キーワード
アメリカ
ロス・バーネット湖
ブルー・キャットフィッシュ
ミシシッピ州(アメリカ)
ナマズ
ハイブリッド・キャットフィッシュ
サーディス湖
純中華料理 中央亭
中央亭

ニッポン&世界あっと驚くすごい暮らし2時間SP (バラエティ/情報)
13:23~

店舗兼自宅として借りてきたこの建物は築50年近くになり老朽化して危険なためやむなく立ち退く事になった。別の場所で出直す余裕もなく長い付き合いをした客と別れたくなかったという。10年ほど前、店に出ていた井川鎬の体に異変が起きた。ろれつが回らなかったため病院を受診したところ脳梗塞だった。早い発見だったため1月ほどで退院したが美佐子さんには心配かけっぱなしだった。夜6時までの休憩の間、鎬さんは趣味で作った自作の歌を聴かせてくれた。PM6時、最期の営業が始まった。既に席につく客の他、再びタクシー運転手の坂本さんやたくさんの常連客が集まってくれた。そしてPM9時、客主導で行った三本締めをもって閉店した。

キーワード
純中華料理 中央亭

ニッポン&世界あっと驚くすごい暮らし2時間SP (バラエティ/情報)
13:34~

営業を終えて、井川鎬さん夫婦は突然店の外へ出て感慨深く建物を見続けた。

西武新宿線武蔵関駅近くにある猫付きのシェアハウスを紹介。「東京キャットガーディアン」という保護団体が行き場を無くした猫を世話するため始めた。3階建て5LKの住居に4人の住人と4匹の猫が暮らしている。家賃は6万円。猫専用の出入り口が設けられ、次の引っ越し場所が猫が飼える場所であればお気に入りの一匹を連れていける。

スギちゃんが訪れた築60年の古い一軒家はやりたい放題シェアハウスだった。天井をぶち抜いたり漆喰を壁に塗ったりやりたい放題。築60年で改築する予定もない一軒家はオーナーから許可をもらいやりたい放題シェアハウスになった。間取りは4LDKに4人が入居している。家賃は約5万円。原遼兵さんの趣味は絵画で床は汚し放題、壁も描き放題だった。2階の山田優子さんも押入れを改造しており、粘土アニメのクリエイターのためどんどん部屋を改装していくという。

東京都杉並区にあるシェアハウスでは男子部屋が6名、女子部屋が2つに各4名が住んでいる。約8畳に2段ベッドが3つあり家賃は4万円。激セマハウスだが何故か人気が高い。

キーワード
純中華料理 中央亭
西武新宿線
武蔵関駅
東京キャットガーディアン
杉並区(東京)

ニッポン&世界あっと驚くすごい暮らし2時間SP (バラエティ/情報)
13:46~

就活生だけが入居できる就活シェアハウスを紹介。ここに住んでる人は地方から就職活動のために上京している学生ばかりだった。ウィークリーマンションでは宿泊費がかさむが、ここに住めば安いので地方学生が就活費用を大きく節約できる。さらに学生同士で就活の情報を共有する事が出来る。

シェアハウスでは洗面台と洗濯機は1台だけなので忙しい朝は争奪戦になる。さらに浴槽にお湯を貯めるのは禁止になってるので全員シャワーで済ませている。

3LDK14人の就活シェアハウス 驚きの激セマ生活!に密着。

エンディング (その他)
13:49~

所ジョージが児嶋一哉から借りた携帯電話と水をこぼしそうなほど傾けたペットボトルを盆に乗せて持ってきた。その様子を見た児嶋はびっくりしていたが所が細工をしているいたずらだった。児嶋は芸能界で生き抜くためにコント、芝居、歌、キレ芸、全てを手に出しどんどん色々な事をやる「全手増加」という言葉を披露した。

出川哲朗の充電させてもらえませんか?の番組宣伝。

芸能界ちょっとイイ話SP 私を救ってくれた人の番組宣伝。

所さんの名言を番組HPで公開!

キーワード
所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!番組ホームページ
  1. 前回の放送
  2. 5月20日 放送
  3. 次回の放送